りゅうちぇるタトゥー騒動で芸能界は「個人の自由」か、「批判は当たり前」か


「タトゥーを入れることに関しては個人の自由」「見せるんだったら批判の声も受け入れないと」―。

タレントのりゅうちぇるさんが両肩にタトゥーを入れたとインスタグラムで公にしたことが、ネット上で物議をかもしている。2018年8月26日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)で、松本人志さんや指原莉乃さんらが自身の見解を述べた。

指原莉乃「批判される覚悟がないと」

指原さんはタトゥーを入れたことには「別にいい」としたうえで、後日りゅうちぇるさんが予想以上に「冷たいコメント」が多かったことに驚いたとインスタグラムで発言したことが気になったと話した。

「ファッション的なタトゥーが最近増えているのもわかるので、入れるのは別にいいと思うんです。載せるのも別にいいと思うんです。でもそれって批判の声があるのももちろんじゃないですか。わかっていると思うので、批判の声も当たり前だと思ってます。ただ、批判の声に対して、『そんなに批判の声上がるんだ』(とりゅうちぇるさんが後日インスタグラムで言った)というのが気になりましたね。それって当たり前じゃない?見せるんだったらそういう(批判の)声も受け入れて、そういう覚悟がないと、タレントさんだし見られる人だし、応援される人だから、それは言わなくてもよかったんじゃないかなと思います」

松本人志「なんでもかんでもタトゥー禁止ってなるのは...」

松本さんも指原さんと同意見だという。

「指原の言うてたことがだいたい正解だと思いますよ。自分で○×つけてほしいからわざわざSNSに出してるわけで、それで×が多かったからといってそこで恨みつらみいってもしょうがないよね。だったら最初から出すなよって話で。でもタトゥーを入れることに関しては個人の自由やから」

ただ、松本さんは続けて、プールや温泉などがタトゥーをしている人の入場を禁止していることについても、考え直す必要があると話す。

「あと観光客がどんどん増えてきているんでね。なんでもかんでもプールじゃなんじゃかタトゥー禁止ってなるのは、僕はなんかちょっと考えたほうがいいかなあって。」

これに司会の東野幸治さんが「最近温泉とかでも入れるっていうところも増えてきている」と返すと、松本さんは

「さすがに『Kill you』って書いてあるのは嫌ですけど、なんかちょっとかわいい(見た目のタトゥー)みたいなものが入ってたら、それ見て恐怖心は抱かない」

とタトゥーの中身によって見方が変わるとの見解を述べた。

9割が「後悔」との調査結果も

作家で、番組コメンテーターの乙武洋匡さんは「タトゥーを入れるのは個人の自由」としたうえで、「ファッションや流行とは相容れないもの」だとして、「入れるのには覚悟が必要」だと話す。

「タトゥーって1回入れたら途中でやーめたってできないものなので、一生付き合っていくものなんですよ。一生付き合っていくものと、流行りすたりって正反対のものなんですよ。どこまでタトゥーと付き合っていく覚悟があるのかというのを、周りの人が入れる前に教えてあげて、(その後は)『お好きに』でいいんじゃないですか」

美容外科「東京イセアクリニック」(東京都新宿区)のタトゥーに関する調査によると、タトゥーを入れた人にその後の感想を「後悔」「満足」「何とも思わない」の3択で聞いたところ、「後悔」が最多で90.9%。「満足」は10%ほどだった。調査は2017年9月12日~13日にインターネットを通して、20代から40代の男女350人を対象に実施された。

松本人志さん、指原莉乃さんの見解は…


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

松本は一時期彫り物柄のTシャツよく来てイキってたな。紳助と番組やってた頃


批判する自由はある。何でもかんでも「受け入れろ」は常軌を逸している。連中は現状を理解して行っていたのだから、とやかく言う必要はない。いつも思うのだが、刺青が世界で受け入れられてるって数字で統計出せた人居るか?否定的な数字なら幾らか散見されたが…。あるって側が論証せにゃならんのは、もう皆知ってるよな!


日本人は本当に偏見と差別で出来ている。本当はりゅうちぇるの事なんてどうでもいいのに、みんなが叩いているから叩くのだ。弱者はいじめられる差別される。性的少数者LGBTやアイヌや琉球朝鮮人などへの少数民族差別、部落差別もそう。批判する人は相手が人間ではないかのように叩く。しかし本当に人間ではないのは世界から嫌われている日本人だ。


 こういう意見が発信されて良かった(失礼だが、指原さんは意外だった) 各方面への理解と、それに対しての説明があってこそのものだと思う(今回の件は特に) まあ、イメージは簡単に払拭出来ないけど


オタクが叩かれるのに似てる。人間は自分たちと違うことがあると、とりあえず叩く。それなのに自分が当事者になると手のひらクルクルさせる。周りにどう思われるかじゃなくて、自分がどう思うかを優先していけばいい。


タトゥー入れるのは自由、批判するのも自由でいいだろ。


受容する方にも拒絶する方にもそれぞれに自由があって、片方が片方に押し付けるものではないってだけ。


りゅうちぇるの場合、自分からSNSで公表して火をつけておいて、大炎上すると差別だ偏見だと被害者面してるのが気に入らん。


アジア大会の競泳を観てたけど、結構タトゥー入れてる選手多かったよ。外国の選手が来た時に、日本のプールはタトゥー駄目ですって言えるのかな。


批判されるのが嫌なら最初からSNSなんてするな 日本では刺青のイメージはよくない?世界中でだろ


「タトゥー批判してるやつは自由に振る舞う人間に嫉妬してるだけ」とか言ってる奴もいたな。わざわざ不自由に生きることを選択した人間に、何も縛られていない自由市民たる我々が何を嫉妬するというのか。ほんと笑*の上手いよな、あの界隈の人間は。芸人になればいいのに


入れる・入れないは個人の勝手だが、それを「受け入れろ!」と強要するやり方は正直いただけない。


タトゥー認めろと旭日旗認めろは大差ないような気がしてきた


てかタトゥー入れる人は周囲に批判されたいんでしょ。自己顕示欲満たせてウィンウィンじゃん。


「基本、タトゥー(刺青)はダメです。」これは差別ではない、日本で古くから受け継がれてきた考え、価値観なのだから。海外だってタブーなことはいくらでもある。でもそれを守って海外旅行、移住するだろうが。それと何が違うの?


それとも、現地で「海外でのタブー」をひたすら批判して、受け入れられなかったら「差別だ、私はこれからも戦い続ける。」っていうのか?それは違うと思う。


入れ墨を嫌うのも自由


一般常識として不快、というのが差別というなら、イスラム圏で日本の常識を声高に叫んで、どうぞ。相手の自由を尊重できない人間が主に刺青をしてイキってるのに、責任を非難する側に押し付けるのはまるっきりやくざの手法だわな


因みに、銭湯や温泉で「入れ墨の方お断り」なのは、入れ墨入れた直後の人が湯舟入ると、かさぶたが浮いちゃったりするからって事もあるらしい。


入れ墨出禁のルールに従うならいくら入れたっていいよ。殆どの場合は差別を武器に出禁の場所に乗り込み、カタギ相手に威張り散らして襲いかかる奴ばかりでな




この記事へのコメント

人気記事