小人症の男性、料理学校への入学を断られる「他の生徒の邪魔になる」(英)


障がいを抱えているからこそ将来の自立は大切だと考え、夢を持って料理学校に通うことを楽しみにしていた小人症の男性。しかし一旦、入学許可した学校側から今になって「安全性においてリスクがある」と断られ、男性メディアに不満を訴えた。『Metro』などが伝えている。

英ウスターシャー州に住むルイスメイクピースさん(18歳)は軟形成症を患っており、身長116.8cmの小人症だ。しかしルイスさんは幼い頃からイタリア料理が好きで、将来はシェフになりたいという夢を持っていた。そして今年の8月16日、同州にある「Heart of Worcestershire College(ハートオブ・ウスターシャーカレッジ)」でホスピタリティケータリングコースを条件付きで入学許可され、ルイスさんはそこで学ぶことをとても楽しみにしていた。

イタリアシェフジーノ・ダカンポの大ファンであるルイスさんは、料理の腕を磨いて将来はケータリング業界で仕事を得ることを夢見ていた。ところがカレッジ側が急遽、受け入れを拒否してきたのだ。ルイスさんがカレッジの上層部に苦情を訴えると、カレッジ側はルイスさんの身長が低すぎることを理由として挙げ、他の14人の生徒らの足元に混乱を招き、安全面においてリスクが生じる可性があると言及した。障がいを理由に差別と侮辱を受けて入学を断られたことにショックを受けたルイスさんは、このように話している。

やる気をくじかれた気持ちでいっぱいです。これまで私は自信を持って学校生活を送ってきました。友人もたくさんいたし、障がいは問題になりませんでした。でも、こんなふうに断られたら自信喪失してしまいます。今後、どうやって仕事を見つけて自立していけばいいのかと思うし、障がい者だからという理由で世間から切り離された気持ちになりました。好きなことをさせてもらえないというのは間違っているし、にでもに機会が与えられるべきではないでしょうか。私には普通にできることも多いのです。他の生徒の邪魔になるし、安全面においてもリスクがあるなどと言われて侮辱されるのは非常に不愉快です。」

ルイスさんの母親ポーリンさん(56歳)もカレッジのコース導者に掛け合ったところ、「将来、レストラン厨房に立つことができないなら、息子さんがこのコースに通う意味はない」と言われたという。ポーリンさんく、数年前にルイスさんと同じ疾患の男子生徒がいた時には、カレッジ側はキッチンの調理台やコンロの高さを調節した設備を整えたようだ。今回もそうした設備のもとでルイスさんが料理を学ぶことができると思っていたが、カレッジ側から「別のコースを見つけたほうがいい」と告げられたそうだ。ポーリンさんは、このように吐露した。

「カレッジが低めの調理台などをえて取り付けるには、7週間ほどかかるそうです。そんな長い期間、待てないというのが本音でしょう。しかも新しい設備が学校に導入されるまでの間、ルイスは自宅でビデオを見るなどして練習することができるとも言いました。ですがそれでもカレッジ側は言い訳ばかりして、NOと言い続けるだけです。あんまりですよ。」

ポーリンさんは息子の夢のために引き続きカレッジに掛け合い続けており、返事を待っているところだ。これに対しカレッジ側は「今は検討中であり、コメントは差し控えたい」としている。

このニュースを知った人からは、「このカレッジの対応は酷いと思う。障がいを差別して拒否するなんて恥もいいところ。ルイスさんの夢がいつかうことを願ってるわ」「かひとりのために設備を買いえるのは確かに費用がかかるけど、数年前に低めのキッチンが設置されたというのなら、今もあるはずでは? なぜルイスさんはそれを使わせてもらえないんだろう」「やる気がある生徒をこんなふうに扱うことは、社会であってはならないと思う。障がいがあるからというのは受け入れ拒否の理由にはならないはず」「もしこのカレッジが受け入れなくても、どこか他のところで入学できるといいね。頑って!」といったがあがっている。

画像は『Metro 2018年8月27日付「Dwarf ‘banned’ from college cooking course because he would ‘get under peoples’ feet’」(Picture: SWNS)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 エリス子)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

そんな差別するとこじゃないちゃんとした学校に行くほうがいいと思うけど。ちゃんと一人の料理人を目指すものとしてみてくれる学校に


本当にやりたいなら支援者から金貰って自分のレストラン作れよ。他人に求めるな。


免許の問題もあるしやりたいなら自分でやれってのも違うような。ただその身長での実習は想定されていないから受け入れられないってのは仕方ないっちゃ仕方ない。受け入れ可能な他の学校探すのが現実的。


実際に受け持って分かる苦労や大変さと報酬が釣り合わなかったんだろなぁ…。専属かマンツーマンで習えるところへ相談してみるほうが良さそうだ。家に設備があるなら先生を呼ぶ方が良い


一人の為だけに設備増やしてもね?完全に特別扱いだし、課程終了したら設備腐るし?我侭は良くないよ。


別に、本人が免許なくてもメインシェフ雇えばできるだろw


その将来自立するために、料理学校に通って腕を磨こうとしたいたと1行目から書いてあるのに、料理素人(資格的な意味で)にいきなり「自分のレストラン作れ」「他人に求めるな」とか意味不明なんですが


自分のレストラン作ってそこで修業すればええやんってゆってるんだが。修業するだけなら家でもできるし、免許無くても修業してから免許取ればええやん。本気で目指すなら。


身体という前提条件がすでに違うのに平等を求めるなよ


調理って結構危険だからなあ、難しいところではある


免許無くてもバイトくらいはできるんだから実際にやってみてから自分に向いているかを理解してから考えて欲しいな。この男性には。


バイトで皿洗いでもして、何が身につくんだろ。結局リソース余分に使うか、非効率な方法取れってことじゃないか


効率的な方法を求めるのか・・・。向いてないからやめとけw


イギリスの教育って「嫌ならアメリカ行けば?」が通じるから、底辺からチャンスを掴もうとする人には結構保守的で厳しいんだよなぁ。


効率を求めれば、やめろって意味不明。人生は何かを成すにはあまりに短いぞ


許可出しておいて突っぱねるのは学校側の落ち度だな。将来いい料理人になれることを祈るよ。


「身長が低すぎる」という理由を批判する人はジェットコースターの身長制限も批判しなければならない。障害の有無は関係ない。


支援者に金貰うほうが他人に求めてんじゃねーか、それはそれで批判する奴出てくるだろうし。てかいきなりレストラン作ってどうすんだよw、18歳の子だぞ、まだ未熟者だろうに、そっちのが成功*ーだろ、経営と飲食舐めてんのか。バイトしろとかいって結局教わることに意見変えてるし、なに言いたいかわからん奴いるなあ。


まあ俺は学校側にも断る権利くらいあってもいいとは思うけどね、そんなところより別の学校探したほうが良くないかな。


この男性がハンデを持っているということは才能の差・ハンディキャップとして捉えざるを得ないところがあるけれど、「平等な機会」を与えることさえ否定するのはおかしいと思う




この記事へのコメント

人気記事