ケンタッキーフライドチキン、底なしの連続大幅客減少で赤字転落…復活は困難か


 ケンタッキーフライドチキンKFC)が売り上げの減少で苦しんでいる。全店売上高は7月こそ大幅減だった前年同反動で大きく上回ることができたが、6月まで9カ連続で前年割れを起こしていた。直近では、6月が3.1減、5月が4.9減、4月が6.3減と大幅な減収だった。2018年3月期は前年1.7減、173月期が0.9減となっており、売上高の減少が止まらない状況にある。

 KFCの18年3月末時点の店舗数は1153店だが、そのうちの約3割が直営店で、残りの約7割がフランチャイズFC)店だ。このうち直営店に関しては既存店の客数を表しており、それを確認してみると、近年、客離れが起きていることがわかる。これが全店売上高を押し下げる要因となっている。

 全店売上高同様、直営既存店客数は7月こそ前年同を上回ったものの、6月まで9カ連続で前年割れとなっている。6月が5.5減、5月が8.1減、4月が8.5減と大幅な減少となった。18年3月期は前年4.2%減、173月期が2.5減となっており、客離れが長らく続いている状況だ。

 運営会社の業績も厳しい。8月8日に発表された日本KFCホールディングスの18年4〜6月連結決算は、売上高が前年同期18.7減の154億円、本業のけを示す営業損益は5.1億円の赤字(前年同期は1億円の赤字)だった。最終的なけを示す純損益は、3.2億円の赤字(同6.3億円の黒字)となっている。

 約370店を展開していたピザハット事業を昨年6月12日に売却したことが減収の大きな要因となったが、それに加えKFC事業の不振も影した。KFC事業の不振は減益要因にもなっている。

 同社はピザハット事業を1991年から始めたが、経営は困難を極めた。変則決算や事業セグメントの変更などがあるが、この10年でセグメント利益が黒字だったのは2回だけだ。不振が長らく続き、収益の善が見込めないことから売却に踏み切ったとみられる。

 ピザハット事業を売却したことで事業の柱がひとつなくなってしまったわけだが、それに代わる事業が別にあれば、ことさら騒ぐ必要はなかった。しかし、KFC事業とピザハット事業以外には手が回らず、第3の事業を育てることができていなかった。2大事業のひとつがなくなった今、経営の不安定さが増している。

 とはいえ、まったく何もしていなかったわけでもなかった。バル形式のKFCの店舗展開を16年3月から始めたほか、同年11月からはサンドイッチなどの食事メニューが加わったKFCの新業態店「KFC plus」を、178月からは総菜専門店「THE TABLE by KFC」を始めるなど、新たな試みを行ってはいる。ただ、どれも店舗数が限定的で業績への貢献は小さい。

 第1の事業であるKFC事業も安泰ではない。店舗数は長らく1100店台で推移し、伸びが見られない。飽和状態にあるといえるだろう。KFC事業の売上高はここ数年、600億円台と概ね横ばいで推移しており、売上高も伸び悩みを見せている。

 同事業のセグメント利益の低下も致命的だ。11年3月期には、事業売上高に占める割合が10にもなる74.9億円の利益を稼ぎ出していたが、その後は縮小傾向を示し、18年3月期は4.9億円の赤字に陥っている。競争が化したほか人件費などのコストがかさみ、利益を圧迫していった。

 内ではKFCの規模を現状以上に拡大させることは難しいだろう。もし拡大させるのであれば、KFCの競争を今以上に高める必要がある。商品のフライドチキンハンバーガーなどと違い、アレンジしづらい商材のため付加価値をつけづらく、競争を高めることが難しい。そのため、KFC plusのようにフライドチキン以外の食事メニューを開発するといった新な施策が必要だろう。KFC plusを増やしていくことも十分考慮の余地がある。

以外の商品開発に着手する例が増加

 ここで一旦、視点KFC外に移してみよう。専門店が商品に限界を感じ、専門外の商品を充実させるケースが増えていることに注したい。

 たとえば、ミスタードーナツ商品のドーナツ限界を感じ、1711月から「ミスドハン」と名付けてトーストパイといった食事メニューの販売を始めている。現在パスタホットドッグなども加わり、メニューが充実してきている。ミスドハンの販売は好調だという。

 スシローくら寿司など、大手回転ずしチェーンサイドメニューを強化しているのもそうだろう。すしはフライドチキンと同じく付加価値をつけづらい商材で差別化が難しいため、各社はラーメン牛丼などの食事メニュースイーツを販売し、新規客の開拓やリピーターの確保に努めている。

 ミスタードーナツや大手回転ずし各社のように、KFCでも食事メニューを強化することが考えられる。ただ、KFC世界規模で展開するチェーンのため、統一したブランドイメージ世界全体で確立する必要があることから、日本KFCだけがラーメンなど突飛な食事メニューを展開することはなかなか難しい。

 そうなると、重要となるのが「新業態」の確立だろう。KFC事業は内では大きな成長が望めない。そしてピザハット事業を売却した今、期に第2の事業の礎を築く必要がある。

 KFC plusやTHE TABLE by KFCのようなKFCベースとした新業態ではなく、従来とはまったく異なる業態店を新たに開発したり、M&A(企業の合併・買収)によって新たな事業の柱を手に入れる必要があるだろう。もっとも、日本KFCホールディングスはそのことをよく理解しており、成長戦略の一環としてM&Aを推進していくことを15年に表している。

 海外市場の開拓も急務だ。同社は16年に、タイKFC運営する会社に対し、日本KFCホールディングス初となる海外投資を行っている。出資した会社は、別の会社が運営していたタイ内のKFC130店を譲り受けている。以後、店舗網を広げていく方針を示しており、20年までに230店にまで拡大させる考えだ。

 KFC事業の競争が低下している今、同事業のてこ入れに加え、新業態の確立海外市場の開拓が急務となっている。
(文=佐藤/店舗経営コンサルタント

佐藤 店舗経営コンサルタント立教大学社会学部卒。12年間大手アパレル会社に従事。現在株式会社クリエイションコンサルティング代表取締役社長企業研修講師。セミナー講師。店舗ビジネスの専門。集客・売上拡大・人材育成のコンサルティング業務を提供

ケンタッキーフライドチキンの店舗(撮影=編集部)


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

たまに食べたくなるんだけど、手が脂でギトギトするからって結局食べない。 バーガー類ならマシだけど、それならマックやモスあたりでいいやってなっちゃう。


ケンタッキー買って帰ったら、何故かチキンの上に紙が置いてあって、湯気が籠ったせいでチキン食べたら皮がベチョベチョで食べる気失せた。それから2度と行ってない。


やっぱ米だよ。オリジナルチキン丼とオリジナルチキン茶漬け出して


ヘルシー志向な風潮の中、低カロリー高タンパクな「鶏肉」のノウハウはものっすごい強いと思うんだけど…なんで揚げてカロリー上げちゃうかなぁ?(´・ω・`)(ケンタッキー “フライド” チキンの社名には反するけど)


セブンかファミマのチキンに勝てる要素あるの?


ちょっと近所のケンタッキーの様子見てくる


客去りて 積もるはクルーの 骨の山


まあ、良くも悪くも所詮は鶏の唐揚げ屋だしなぁ~


マックみたいにクーポン出したり時間、曜日限定で割引したりとかの工夫が必要。海外では単なるファストフードなのに日本では何故か顧客、経営側双方からブランドイメージがあるかの様な印象が根付いているから経営も殿様商売的になっている。


値段設定が微妙。安くもないし高くもないからマクドみたいに底辺層にも受け入れられにくいし富裕層にも受け入れられない


ラップサンドが発売当初から見て半分以下になっちゃったのがなー(´・ω・`)


手が油まみれになるし、今時マクドナルドでもやってない作り置きして冷めた肉は不味いし、肉の部位は選べないし、高いし、良い所が何もない。もう何年も食べてない。


クリスマスの一発屋みたいなとこあるからな


サイやドラムが欲しいのにいつもリブやキールばかり入れるからね


昔あったきのこグラタン復活して欲しい人気なかったんだろうか


ファミチキとかのコンビニで手軽に手に入るようになった部分もあるだろうね


オリジナルチキンが一番美味いのに高すぎる。


水曜日のバーレル無くしたのおっきいよ??あれずっとやっててよ


ケンタッキーの味付け粉を売ればもうかるんじゃね?


大分県中津市の話題かと思ったら日本全国か。ちなみに今は中津市にも一件だけKFCあるが、人が入ってるのを見たことがない。




この記事へのコメント

人気記事