難病児に「養護学校が合う」=市教育委員が発言、辞職-兵庫・宝塚


 兵庫県宝塚教育委員会は31日、教育委員だった男性72)が6月小学校を視察した際、難病で人工呼吸器を利用している小学4年の女児(9)に「養護学校の方が合っている」と発言したと明らかにした。教委は発言を差別認定し、男性7月に辞職した。

 教委によると、女児は全身の筋が落ちる脊髄性筋萎縮症で、人工呼吸器やたん吸引などの医療的ケアが必要。両親らの要望により、内で初めて看護師を配置した小学校に通っている。

 男性6月1日、特別支援学級の教室で、女児母親に付き添われながら看護師のケアを受けている前で「環境も整っている養護学校の方が合っている」と発言。母親が「本人がこの学校に通いたいと言っている」と答えると、「本人はそうかもしれないが、周りは大変でしょう」と話したという。 



(出典 news.nicovideo.jp)


(出典 img.sirabee.com)



<このニュースへのネットの反応>

差別発言なのかこれ?俺にはただ提案をしただけに思えるのだが。本人の意思も大事ですけど、本人はもちろん周囲の人のことも考えるなら設備とかいろいろ揃ってる場所のほうが不安も少なくなるんじゃない?


まさに自分の母親がこのタイプのモンスターペアレントだった、問題を起こすまでは障害持ちの妹と一緒に登下校しても何も思わなかったけど、普通学級に入れろ運動を始めて目立ち出してからは自分まで避けられて卒業まで完全に孤立した、本当に地獄のような小学校生活だった。差別だ偏見だという声に負けて普通学級編入の前例作った奴を恨むよ、産んだ親と兄弟ではこれぐらい感じ方も違う


(知的障害じゃないから普通の小学校で学びたいらしい)親と本人の気持ちは分かるが、これは完全に個別サポートが必要な障害。受け入れる側の負担は半端じゃないから、教育委員がそう発言するのも分かる。差別かどうかは、彼がどんな態度でどういう言い方をしたのか次第。差別なのか提案に過ぎないのか、微妙な案件だ。


「本人はそうかもしれないが、周りは大変でしょう」と話したという ← この発言のどこが差別に当たるのか知りたいな


権利ばかり主張してないで周りのことも考えなされ


「環境も整っている養護学校の方が合っている」 ← これは差別発言じゃないと思うけどなぁ~


 いくら看護師を配置した学校とはいえ、人工呼吸器や痰吸引が必要な状態となると自分は色々な意味で不安だわ あと、そこまでこの学校にこだわる理由って何だろう 友達?先生?


こういう事実を事実で発言すると差別っていうの止めて欲しいよね。じゃあ、看護婦つけてもらってない子供は差別受けてるじゃね?この子の親もそうやってこの子が自分と同じ年、それ以上になるまでついて騒ぐ気かな?周りに自分がいたら大迷惑だと感じる。自分達で何とかしてくれ


こうやって騒ぐのも相模原のイカレ野郎みたいなのが出てくる一因かもしれない


差別の定義が壊れる


女児本人の前で言ったのは不味かっただろうな。ただ、この人が言ったことは間違ってないし差別でもないと思うわ。


養護学校ってそういう就業困難な生徒のために作られたのではなかろうか?


養護学校ってそういう就業困難な生徒のために作られたのではなかろうか?


この手の話が出るたびに、怪談の「まるはっちん」を思い出すよ…。


むしろこれを差別発言とすることで養護学校を差別してるように聞こえるんだけど。


やべぇ日本じゃ何も発言できなくなる時代が来る


正論ではあるんだが、配慮が足りない発言ではあったな。周りに対する迷惑なんて子を持つ親は常に抱えてるだろうし、そこを無闇に刺激すればヒステリックにもなる。正論だけでは、人は救えない。


これを「批判する日本人にこそ養護学校が似合う。」朝鮮人韓国人は。すべての弱者と女性の味方だ。ヘイトスピーチは許さない。


親ってのは現実を直視しないからな。ダウン症で学力が小3ぐらいで止まってる中1の面倒を見させられたことがあるが、普通の高校への進学を望んでたからな。そして彼の学校のテストの点数が壊滅的だったのを俺のせいにさせられた


差別がどうこう以前に「本人が」の部分の真偽が問われる気がするけどな。親の顔色を窺って、実質的に言わされてる場合も本当に多いからなぁ・・・




この記事へのコメント

人気記事