【賛否】テープで補強されたようなこの靴の値段が6万円でプチ炎上!


ぼろぼろのスニーカー?

時にファッションとは、常人には理解できないレベルのものが存在する。

先日、スニーカーで有名なブランドゴールデングースが発売したあるアイテムが話題となっている。

それがこちら。

靴のつま先の部分がテープで補強されているようなスニーカー。しかも値段はおよそ6万円。まじかよ…

※中古ではありません

この靴はれっきとした新品の靴。古着屋やメルカリなんかで買ったものではない。

元々ゴールデングースは、使い古したようなスニーカーを発売してきた。それでも「ちょっと汚れてるかな~」というレベルのものであった。

今回発売した、スーパースター・テープドスニーカーは見るからに”ちょっと”というレベルではない。もちろん、本当にテープで補強しているわけではないが、それでもパッと見た人は、あの人の靴、大丈夫かな…と心配してしまうだろう。

「貧しいということを賞賛しているみたいだ」

このスニーカーが発売されると、ネット上で賛否両論が上がった。「理解できない」「貧しいということを賞賛しているみたいだ」「ブランドコンセプトだと考えるべき」などの意見が飛び交った。

新しい靴を”あえて”ぼろぼろにすることをデザインの1つ捉えるかどうか、というところが問題だろう。読者の皆さんはどう思いますか?

ちなみにこのスニーカーは売れ切れてしまっているところが多い。どうしても欲しいという人は、偽物に気をつけて色々なところを探してみて欲しい。

参照元:MORDSTROMCNNNDTV

【賛否】テープで補強されたようなこの靴の値段が6万円でプチ炎上!


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

ダメージジーンズなんかも自分には理解できないけど好む人は多いし別に好きな人が買えば良い。ただ人前でボロ雑巾のようなデザインのハンカチで顔を拭うようなもんだし、これを履いて「高かったんだ」と言われても苦笑いしかできないがね。


童話の裸の王様そのものだな。誰かがダサいと指摘すれば容易く崩れるブランド信仰


批判してる奴がダメージジーンズ履いてる事考えると胸熱


こういう誰も傷つけない炎上商法は商売としては成功しているし欲しいやつが納得して買ったなら批判する理由はないな


商品説明と実物があっている以上、気に入らない場合はただ買わないだけにとどめるべきだと思う。自分の感性と違うものをみんな批判対象とする人はとても危険。


普通のスニーカーにテープまけば安上がりじゃない?


作品としてなら兎も角、商品となると「う~ん」てなる。只、現実に売れてるんだから商売としては正しい訳で、個人の嗜好の問題かぁ。


昔俺が履いていたスニーカーもこんな感じやったぞ。俺のはガムテ補修だけど


自作しちゃいかんのか


べつに騙してるわけでも押し売りしてるわけでもないんだから嫌なら買わなきゃいいだけの話だ。ダメージジーンズ含め俺には理解できない世界だが


作業ブーツをダクトテープで補強してメルカリで売ろう


海外での販売なら強盗対策によさそう。フランス方面とかネットも携帯も出来ない貧困な奴が生活のためにやってる事多いから。同じ金持ち同士かつ、この靴知ってればアレ買ったのかよwとバカにされることはあっても本物のボロ靴や自作ボロ風靴履いてるやつみたいに不審者扱いされて距離を置かれることはないだろうし


昔読んだ漫画で布テは便利なんだといいつつこんな感じに靴応急修理してる場面があったの思い出した ま、買いたい人がいるならいいんじゃね


これは元からあるボロスニーカーを模倣してるんだから、この商品を模倣したとしてもパクリにはならんのだよね?


分かる人はこれを履いてるのを見て「すげー!これが6万!?納得ー!」ってなるんかー。


貧乏人は黙って同じようなもんを作ればいい


ソシャゲに何万何十万と突っ込んでるアホと似たようなものでは アホ向けの商売だろう


ほら、ブランド物だぞ。喜んで買えや。


松居一代とか泰葉とか美元ですら結婚する奴がいるんだから、このスニーカー程度なら余裕で買い手がいるだろ(笑)


コレ履いて街中歩いたらヒソヒソ……クスクス……って後ろ指差されるよな。


服や靴の値段なんてあってないようなもんだからな。500円のTシャツと5000円のTシャツを見分けられる人なんてそうそういないし。本人が値段に納得して買うなら他人が批判する必要はない。


こんなもんでいちいち目くじら立てるほうが頭おかしいこれに6万出してもいいという需要があるなら別になんの問題もないだろうに


ほしいやつにとっては適性価格なんだろう。また、売れなきゃメーカー側がバカな値段設定したで終わる話。私なら100分の一の値段でも要らんが。


自作してメルカリに出す人いそう


自分には理解できないけど、メーカーの価格設定にいちいち文句つけなくていいでしょ価値と価格が釣り合ってないと思うなら買わなくてもいいわけですし


服は適当でも靴だけは綺麗なものを履けって躾けられたので買いませんわ


最近 いろんなブランドのデザイナーの感覚がおかしいのではないかと思う商品が多数販売されてるよね。日本の100均商品を知っていたら販売しないのではというレベルのが。


新品の車に錆塗装して遊んでいる有名人(63歳)がいるんですよ~


単に貧乏臭くてクソダサいから笑い物にされてるだけであって誰もこんなゴミに目くじらなんて立ててないと思うよ


ブルーカラー用の作業着だったジーンズが若者向けのファッションになったように時代や価値観によってはこれがいいものにみえるんだろう


これ履いて「おしゃれだね」とはならんやろ…


見た目だけボロボロっぽくした靴なのか。好きな人は好きだろうがそれにしても高いなぁ


穴が空いたボロボロのジーンズを有り難がって着ている人も多いのだから、こういうのもアリなのではなかろうか。


デザインは趣味の問題だから別に良いんだけど、高いのはよくわかんない。登山靴やランニングシューズみたいに性能や機能とかが優れてて高いのは理解できるんだけど、デザインに6万払えって話?自作したら良いんじゃないの?それとも、この見た目で驚くべき耐久性と履き心地を実現してたりするんだろうか。


ほしけりゃ買うし、ほしくないなら買わないから、そこは個人の嗜好次第で良いじゃろ…


販売終了時にこれが何個売れたか知りたみある


人それぞれ価値観は違う。買い手がいたとしてもいいだろう


世の中に本当の意味で値段がつくものなど一つもない。普段見ている値段というのは、売る側が便宜上付けただけのもの。いま100円で売っているものを最初から1000円で売ったとしても何の問題もない。


好きな人しか価値が分からないって意味では、フィギュアやアニメやゲームなんかの趣味と変わらないだろ。良いと思ってるものを偏見でバカにしたり何がいいか分からないみたいな否定意見で叩くのって、オタクが自分がされたら毛嫌いするような行為でしょうに


ジーンズは、破れ放題ボロボロのをたまに見かけますが、「ジーンズの襤褸は良い、けどスニーカーはダメだ」と言うことも無いでしょうしw


大企業の社長が末端の営業所に変装して行って接客を抜き打ちチェックするというドッキリに使うところまで想像しました。


ピカソの絵を前知識なし初見で見て「これは芸術だ」って言える人と言えない人がいるのと同じじゃね?


らくがきやぼろのビンテージを有難がって、俺は物知りアピールお前は知識がないだけってのは昔から意識高い系に購買意欲焚きつけるもんだしな最近なら情報商材あたりもそうやって洗脳していく


茶の湯の世界だな。大金持ちが厳選したショボイ道具で山奥の隠士の真似っこしてワビサビに浸る。


買いたい人が買えばいいだけのこと。


今のファッションってゴミのつぎはぎでも奇抜なデザインってことで通りそう感あるそれくらい理解が追いつかない


 この靴を履いて、ドレスコードのあるお店に入るYouTuberがいそう その様子を録画して、止められたら「これ有名ブランドの高い靴だ」というような感じで


國鐵廣島?


一体どこの本部の上司がこんなデザインにGOサイン出したんだ・・・


昔はこれに加えて、膝に潰した空き缶をガムテで貼ってだな…




この記事へのコメント

人気記事