「発達障害」取材した私も「当事者」だった…「生きづらさ」受け止める社会を願う


ライター桂さん31)は今発達障害だと診断された。当時を振り返り、「ショックでした。ただ、これが私の『生きづらさ』の原因だったのかと納得する気持ちもありました」とる。

野さんは、自身が当事者だとわかる前から、東洋経済オンライン発達障害についての連載を担当していた。インタビューした当事者は22人。このほど、その連載と自身の体験談をまとめた初の単著『私たちは生きづらさを抱えている』(イースト・プレス )を出版した。

発達障害は一見してわからないこともあり、ただの『困った人』と思われやすい。当事者の実情や本音が、定発達(発達障害でないこと)の人に伝われば、私も含めて生きづらさの緩和につながるのではないかと期待しています」(野さん)

「繰り上がりがあると、今も暗算ができない」

野さんは小さい頃から本を読むのが好きだった。学校の成績は良い方だったが、算数、特に足し算、引き算が苦手だった。「今でも2桁以上の繰り上がり、繰り下がりのある足し算と引き算の暗算ができません」と言う。

発達障害は、生まれつきの発達が通常(定発達)と異なることに起因する。自閉症スペクトラム障ASD)、注意欠如・多動性障ADHD)、学習障LD)の大きく3つに分けられ、野さんはLDだった。読み、書き、算数などのうち、特定のもの(野さんは算数)の習得・使用に困難のある状態のことだ。

しかし、野さんが子どものころ、「発達障害」は、まだまだ一般に知られていなかった。元塾講師だった父親は、野さんに何度も計算ドリルやらせた。しかし、うまくいかず、怒鳴りつけられた。

「いくら勉強してもできないわけです。下半身不随で車椅子に乗っているのに自歩けと言うようなものです。それがわかっていれば、あんなに算数の勉強で苦しまなくてもよかったのに…」

自己肯定感を育みづらい幼少期…生きづらさが増す要因に

野さんは、LD以外にも、ASDとADHDの傾向もあると診断されている。それぞれ、冗談をに受けてしまったり、優先順位がつけられなかったりする傾向があるとされる。野さんは、自営業になるまでは集団になじめず、いつも「浮いている」と感じていたそうだが、こうした傾向も「生きづらさ」につながっていた。

取材した当事者も、ほとんどは大人になってから発達障害がわかった人だった。小さい頃、診断を受けていたのに、親が教えてくれなかったという人もいた。

結果として、本人は苦手なことに正面から立ち向かい、失敗を繰り返す。周りも「」や「努」の問題だと捉え、適切なサポートができない。ただでさえマイノリティで生きづらいのに、自己肯定感が下がり続け、より生きづらくなる構図がある。

発達障害トレーニングによっても、症状を緩和できる可性がある。野さんのように、得意分野で才が開することもある。

「(発達障害に限らず)生きづらさの原因はくわかるに越したことはない。わからないと選択肢すらありませんから」と野さんは言う。

取材した人の中には、うつ病依存症などの「二次」に苦しんでいる人もいた。自己肯定が低下する中で、「自分はダメ人間だ」「怠け者だ」という「認知の歪み」が起き、より生きづらさが増してしまうことがあるという。

もが抱える「生きづらさ」…「つらさ自慢」より「歩み寄り」を

「生きづらさ」は発達障害に限らず、しもが少なからず抱えている。そもそも「グラデーション」と表現されるように、発達障害の当事者の考え方や症状も十人十色だ。だからこそ、発達障害のつらさを発信することで反感を買ったり、「つらさ自慢合戦」に発展したりすることがある。

野さん自身も、一度このにかかった。まだ発達障害と診断される前、ある当事者の話に「努が足りないのではないか」と思ってしまったのだ。自分も同じようなことで悩んでいると感じたのが理由だった。

しかし、自身も発達障害と診断され、過去の苦労が、努ではどうにもならなかったことを知ったとき、「人の苦しみは本当には理解できない」と思ったという。「だからこそ、歩み寄りが大切だと思うんです」。野さんは強調する。

人の生きづらさに「そんなのは大したことない」と返す社会よりは、それぞれの生きづらさを受け止めてあげる社会の方が生きやすいーー。

本の副題は当初、「発達障害じゃない人に『知ってほしい』当事者の本音」の予定だったが、「伝えたい」に変えた。22人と自分の「生きづらさ」に、読者が歩み寄ってくれることを期待しているという。

弁護士ドットコムニュース

「発達障害」取材した私も「当事者」だった…「生きづらさ」受け止める社会を願う


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

教師が「この子はバカです」って言えていれば助かった子供がたくさん居たんだろうな。


俺はずっと発達障害だと知らなければよかったと思ってる


生きづらさを受け止める社会にするというけど、単に怒鳴るしか能のない屑な父親をどうにかできれば良かっただけ。社会以前の問題で、こういうのは大抵両親が、勉強できないのは本人が悪いと決めつける屑なだけ。


私の知っている中学生もADHDで、ただ勉強に関しては能力があり過ぎです。授業中は校庭を駆けまわったりしていますが、それを認められない新任の数学の先生が罰と思ったのか2週間分くらいの課題を出したところ、翌朝には全て終えて職員室に持ってきて周囲を唖然とさせたことがあります。


俺も2桁以上の暗算できないけどな。でも病気だからって言い訳に逃げたくないから出来なくても置いて行かれない立ち回りを見つける。努力するんじゃなくて


日本社会は一定のレールに乗る事ができる人しか要らないから。それ以外の人はどんなに優秀でも追い出すのさ。それが団塊の世代のルール、団塊の世代なんて必要以上の人間が居たから、排除しても仕事は回っただけ、でも今は必要以下の人数しか居ないから変な奴でも雇うしかない。でもその変な奴を教育できる上司が居ない。只それだけ


診断で自分が発達障害だと知っていると「他人に対して『自分の取り扱い説明書』を提示できる」って表現した障害の人がいて、なるほどと思った。それだけでだいぶ楽になるんだって


つらさ自慢とか言ってるがそれは成功した奴だけだよ。不幸な奴が俺こんなにつらい人生送ってんだぜ!言うわけない。成功しているからこそ俺のほうがもっと苦しかったとか自慢するんだよ。結局は自分次第!勝つか負けるかの問題でしょ。負け続けて自信を失えば生きるのがつらいのは当たりまえ。個人に合わせてというならもっと膨大な教育管理と費用が掛かる。自分の人生自分で何とかしろ!


自己責任厨が跋扈しそうな記事ですね・・


発達障害関係なく生きづらくない人生なんて無い


自分だけだったらいいけど自分のせいで身内が酷い目にあってたのがショックだったなぁ


「生きづらくない人生」にも色々あって、その中の一つがこういう事なのです。


力になりたいとは思うけど少しでも対応を間違えたら総叩きに遭うのが現代社会だからね。善意からの行動も簡単に否定されるし生きづらいのは必ずしも障害の有無に関係してるとは限らないよ。話しかけただけで障害児童を虐待したなんて騒がれる恐れすらあるし・・・


自分が低能なのを発達障害と思い込む→診断で異常なしと出て肩を落とすみたいな奴もいるからな。まずただの無能と病気で苦しんでる人をしっかり区別できるようにして後者を助けていけるようにしないと誤解ばかりが広まってしまう


義務教育ってのは教育する機会を与えることであって、学校に行かせることじゃないのよ。「学校」で教育できないなら、特別な学校なりホームスクーリングなり適切な教育を与える義務があるのよ。


障碍者のクレーム率の高さは半端ない。同時に暴言も多すぎて殴りたくなる。


法律や医療機関が認めてもなお「根性論じゃ解決しない、適切な対処が必要」という事実を受け入れられない無自覚なキチがドヤ顔で跋扈してる現実。アレルギーもそうだけど、自分の無知や無理解を棚に上げて「キアイガー」「コンジョウガー」を*の一つ覚えよろしく唱える奴が絶滅しない限り何も変わらないよ


発達障害だと思って診断受けたら後天的な精神病だったケースも多々あるので、とにかく受診率の低さと精神科の少なさを改善しないと社会が前に進んでいかないんだよな…


何でもかんでも病気と言うことにしたので、一億三千万総病気時代だな。


そもそも現代社会は誰もかれも自分のことで手一杯で周りの人の事情まで気にできるほどの余裕すらありはしない。効率と便利さを求め過ぎた弊害だな。ホント発達障害の人たちには生き辛い世の中になったもんだよ。


世間体で認めない保護者も多いんだよ


26の時に発達って診断されて8年経ってわかったのが、『健常者』って人種でも常識がなかったり、人の平気で踏みにじるのがいたりして世の中でまともな人に出会う事はそんなに無いってこと。


発達障害というネーミングが良くない。あまり言葉狩りしたくないけど、発達障害の類型度合い全てが必ずしも障害ではない。パワハラする人とかの方がよほど性格か何かに障害がある


社会生活に支障があるかどうかが、最終的な診断のポイント


営業の仕事はできるが管理職は困難って人もいる。片付けが困難って人も。自分が苦手な事にどう向き合うのがいいのかを知る為で甘や*のではいけない。


障害のある無しに関わらず、己を知る事が大切。何が出来て何が出来ないのか。出来ない事は出来ないとして、出来る事を伸ばす方が気持ちは楽になる。出来ない事にチャレンジするのは余裕が出来てからで良い。


はいはい、発達障害、発達障害


高機能発達障害が多すぎて、逆にまた気質扱いされそうな流れが生まれてるんだけど。


数十年前に「鬱」というものが病に認められた。近年になってからは「発達障害」という病が認められるようになった。今現在普通の延長線上にいる人の中には、今は病として発見されていない数年後に病名認定される症状を抱えている可能性もある。実のところ、私たちはまだ多くの病を存在として認識していないだけで、この世の誰もが実のところ病に罹っているのかもしれない。


健常者って本当はいないんじゃないのって思う。みんな何かしらの障碍を持って生きている。それとどう上手に付き合っていくか? それが大事なんじゃないの?


53歳なんだけど、先日20年間通っている精神科から「発達障害」と言われました。


そもそも普通の社会人だって今の日本は生きやすい社会でもないのに、なんで発育障害が生きやすいと思ったんだよ


発達障害でも「自分の特性」を活かして成功した人間は歴史上何人かいる。現在、彼らは「天才」と呼ばれているが、自分と違う「凡人」を否定したり排除したりはしなかった。だが、その逆は凡人にとって日常だ。


障害の度合いはピンキリだからね。ギリ健は世間が考えてるより多いと思うよそう、あなたも


『己を知り的を知れば百戦危うからず』ってこの問題に関していい言葉だと思う。何も戦うわけじゃないけど、その気持ちがあるだけでお互いスムーズにやりとりできる。自分や他者の性質を理解しようとしないまま我を押し通そうとするから、トラブルが頻発して荒んでいくんじゃないかな。


脳にいろんな部位があって、人によって発達する度合いが違う。生活に支障が出る場合が発達障害と規定されるが状況は様々。ほら、あなたも自分の能力に心当たりがあるのではないでしょうか?




この記事へのコメント