なぜ『めちゃイケ』は生き残れなかったか


今年3月22年続いた人気番組『めちゃ×2イケてるッ!』が終了した。熱心なファンがいたにもかかわらず、なぜ生き残ることができなかったのか。お笑い評論家ラリー遠田氏は、「『めちゃイケ』の根底には“青春”感があった。だが20年以上たって出演者が大人になり、視聴者側がそこに思い入れを持てなくなってしまった」と分析する――。

※本稿は、ラリー遠田『とんねるずと『めちゃイケ』の終わり 〈ポスト平成〉のテレビバラエティ論 』(イースト新書)の第1章を再編集したものです。

■『めちゃイケ』は青春番組として始まった

『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)はなぜ終わってしまったのか。この問いに答えるためには、そもそも『めちゃイケ』とはどういう番組だったのか、というところから考える必要がある。

めちゃイケ』という番組のコンセプトをひと言でいうと、ナインティナイン岡村隆史の言葉を借りて「青春」と表現するのがふさわしい。『めちゃイケ』はそもそも、「何も持たない若者たちの逆襲」というようなコンセプトで始まった。『めちゃイケ』がスタートした当初、ナイナイ以外のレギュラーはほとんど名に近い状態だった。

吉本芸人アイドルユニット吉本天然素材」の一員として人気のあったナイナイですら、上の世代のとんねるずウッチャンナンチャンダウンタウンべれば、格としては何枚も落ちると思われていた時代だ。この番組ではナイナイだけを特別扱いせず、あくまでもレギュラー全員等に扱った。彼らは番組最後のスタッフロールでも「おだいばZ会」というくくりで紹介され、番組内では「めちゃイケメンバー」と呼ばれていた。

■岡村隆史が体現した『めちゃイケ』の流儀

すでにテレビスターだったダウンタウンとんねるずが、それぞれの強な個性を生かして自分たちの番組をつくっていたのに対して、キャリアが浅いめちゃイケメンバーは「チームとしての一体感」を重視していた。それを別の言い方で表現すると、「青春」ということになる。何も持たない若者たちが、その若さだけを武器にして全でぶつかることを番組のコンセプトにしたのだ。格落ちの寄せ集めメンバーゴールデンタイムの「土曜8時」で戦うためには、それ以外に方法がなかった。

そんな『めちゃイケ』の流儀を体現していたのが岡村である。岡村は、多くの企画で中心的な存在となり、体をって困難に立ち向かっていった。「オファーシリーズ」では、芸人離れした身体を買われて、ひたすらダンスパフォーマンスの腕を磨き、アイドルライブ乱入したりした。岡村の奮闘が多くの視聴者を巻き込む熱狂を生み出した。

めちゃイケ』の前身となったのは、土曜深夜に放送されていた『めちゃ×2モテたいッ!』である。ゲストスタジオに招いたトークコーナーと、岡村がさまざまなスポーツの難しい技に挑戦したりするロケコーナーが番組のメイン企画だった。豊富な素材30分番組に凝縮させたようなつくりで、テンポが良くて面い番組だと私は思っていた。

しかし、ゴールデンに上がった『めちゃイケ』を初めて見たとき、『めちゃモテ』が好きだった私は、ちょっとした違和感を抱いた。番組のターゲットが変わり、予算も増えたことで、番組のテイストががらりと変わったように感じたのだ。番組のなかで出演者や演出サイドチームとしての一体感をやたらと強調するようになったのも、『めちゃイケ』が始まってからではないかと思う。

ほとんどの期間で演出を務めた片岡飛鳥は、ドキュメンタリー的な手法を駆使して、岡村を含む出演者たちを精的に極限まで追い込むことで、その素顔を引き出そうとした。だから、『めちゃイケ』では出演者が本気で怒ったり、泣いたりするような場面がたびたびあった。

めちゃイケ』では、ひとつの企画が行われた後に、出演者がそれに向けていかにに努していたか、などということがナレーションられたりすることがある。率直にいって、個人的には『めちゃイケ』のそういうところが苦手だった。「実は裏でこんなにがんばっていたんです」などということをバラエティ番組の中で明かす必要があるのだろうか、と疑問に感じていたのだ。

■根底の「なんでもさらけ出す青臭さ」

出演者が努した結果、面いものが生まれたのであれば、その「面いもの」だけをそのまま見せてくれればいい。それが生まれるまでに努した過程を見せてほしくはないし、見せるべきでもないのではないか。マジシャンが見事なマジックを披露したあとに、舞台上でそのタネ明かしを始めるなどということがあるだろうか。漫才師が面漫才を演じたあとに、ネタづくりの苦労についてるということがあるだろうか。

めちゃイケ』でそういうものを見せられるたびに々しい気持ちになり、私はいつしか『めちゃイケ』の熱心な視聴者ではなくなっていた。個々の企画で面いと思うことはあっても、『めちゃイケ』の根底にある「なんでもさらけ出す臭さ」みたいなものには最後までなじめなかった。

■『めちゃイケ』が終わった理由

片岡が、出演者を「洗脳」に近いくらい精的に追い詰めていたことは業界内では有名な話だ。『めちゃイケ』の構成を務めた高須光聖と『水曜日のダウンタウン』などの演出で知られるTBS藤井健太郎の対談でも、こんなことがられている。

高須そうそう。
ストイッック(原文ママ)と言うかなんと言うかもうある種“宗教”かな。
だから演者もディレクター飛鳥)がそこまでやるならくくってやらなしゃ~ない。
藤井片岡飛鳥教”の話、たくさん聞きたいですね~
やっぱり内部の人に聞くとめちゃくちゃ面いんですよ。
いつか本とか出して欲しいです。ご本人が、ってより言集みたいな。
高須やーすごいよ。
演者の追い込み方とか、モチベーションの上げさし方とかえぐいで。
だって山本極楽とんぼ山本が10年ぶりにめちゃイケに出た時の収録)の回とか、ある意味全員トランス状態にまで持っていくからね演出をえて、もう洗脳やね(笑)
(『高須光聖オフシャルホームページ 御影屋』より)

めちゃイケ』の最終回で、レギュラーメンバーが「あなたにとってめちゃイケとは何ですか?」という質問に答えている。そこでオアシズの靖子は「宗教」、加藤浩次は「組(くみ)的な感じ」と答えている。『めちゃイケ』は、スタッフと出演者が精をすり減らして番組づくりに向き合う「宗教」的なバラエティ番組だった。だからこそ、時にはそこに犠牲をともなうことがある。その最も大きなもののひとつが、2010年に起こった岡村の休養騒動だろう。

■片岡飛鳥がつくった“岡村隆史”像

当時の岡村は、通常のレギュラーに加えて映画の撮影や一人芝居の仕事が重なり、多忙をきわめていた。そのせいで精的に追いつめられ、休養に入ることになった。ずっとを食いしばり、慢して慢してトップを走り続けてきた男が、ついに慢の限界えたのだ。岡村が精的に追いつめられたのは『めちゃイケ』のせいである、などというつもりはない。ただ、それがいくつかある原因のうちのひとつであるのは明らかだろう。片岡ナインティナイン矢部浩之の対談でも、2人の口から、こんなことがられていた。

片岡めちゃイケ』では、世間のイメージはたぶん「何でもできる岡村」みたいな。
矢部これは変な意味じゃなくて、全に飛鳥さんがつくった岡村隆史なんですよ。『めちゃイケ』の「できる岡村隆史」は。
(『クイックジャパン』vol.113太田出版2014年

めちゃイケ』で片岡岡村プレッシャーをかけて、厳しい課題を与えてきた。岡村は、毎回並外れた努によってそれを乗り越えて、笑いを生み出してきた。そうやって、片岡の期待に応えて「できる岡村隆史」を演じ続けてきた岡村は、一時的に仕事が急増したことで、そんな自分のイメージを支えきれなくなり、体調を崩してしまった。

めちゃイケ』の精的支柱だった岡村突然抜けてしまったダメージは深刻だった。このときには、岡村を埋めるべく、大規模な新メンバーオーディションが行われた。「ピンチのときこそ、あえて一歩前に踏み出す」という『めちゃイケ』らしい決断だった。そこでオーディションを勝ち抜いたジャルジャルたんぽぽらが新メンバーとして加わることになった。

ところが、岡村はわずか5カ間の休養を経て、事に帰ってきてしまった。これにより、岡村を埋めるはずだった新レギュラーの役割が宙に浮いた状態になった。レギュラーの人数が増えすぎたため、それぞれにスポットを当てることができなくなり、見るほうもそこに思い入れを持つのが難しくなってしまった。

■新規視聴者にはハードルが高くなった

また、番組が長く続いたことで、旧メンバーの芸界におけるポジションにも大きな変化があった。加藤は『スッキリ!』での顔となった。オアシズの大久保佳代子はアラフォー女性芸人の代表格として数々の番組に出演。鈴木紗理奈は女優として活動していて、2017年にはスペイン・マドリード映画祭で最優秀外映画女優賞を受賞した。個々のメンバーがほかの番組や仕事でも自分の持ち味を出して活躍するようになってきた。その結果、彼らの実像と『めちゃイケ』でめられるキャラクター微妙なズレが生じてきた。

テレビを見ている一般の視聴者にとっては、『めちゃイケ』もそれ以外の番組も同じだ。ほかの番組では楽しくはしゃいでいる大久保が、『めちゃイケ』では妙ににはまっておとなしい、などということがあれば、不自然に見えてしまう。『めちゃイケ』における大久保キャラクターをきちんと理解できるのは、長年番組を見ている人だけだ。『めちゃイケ』の視聴率が徐々に下がっていったのは、新しく見ようとする人が楽しむにはハードルが高い番組になってしまったからではないか。

めちゃイケ』では、レギュラーメンバーはいつまでも「青春」ぶっていて、挑戦者として困難に立ち向かうというスタンスを崩さない。宗教的な熱狂のなかで、感情を高ぶらせて、時には涙を流す。しかし、20年以上の歳を経て、出る人も大人になってしまったいまでは、視聴者が『めちゃイケ』に特別な思い入れを持つことが難しくなっている。

レギュラーメンバーも、もはや一枚岩ではない。そのことを徴する事件があった。2017年11月11日放送回で、岡村メンバーに番組終了を告げて回るという企画が行われた。そこで、メンバーのひとりである鈴木紗理奈が普段『めちゃイケ』を見ていないことが判明したのだ。その場にいた片岡鈴木問い詰めると、彼女は慌てて弁明した。

すいませんテレビを本当に見ないんです」

■タレントとしての青春時代の終わり

テレビがいちばん面ゴールデンタイムと言われる時間は、私、いちばん忙しいんです。晩御飯、宿題しなさい、で、寝る、で、8時にベッド入れて、こうでああで、いちばん私が私じゃない時間なんです」

そう言い訳をする鈴木の下には、「『めちゃイケ』が終了する社会背景。」というテロップが出ていた。『めちゃイケ』はいまや、視聴者だけではなく、当の出演者自身からも見限られていたというのだから、なんとも皮な話である。『めちゃイケ』は、岡村をはじめとする出演者にとって「青春」そのものだった。制作者や熱心な視聴者にとってもそれは同じだろう。

そんな『めちゃイケ』が終わったというのは、出演者のタレントとしての青春時代が終わったということを意味している。同時に、「王道バラエティ」の典だった『めちゃイケ』の終わりは、テレビバラエティ青春時代が終わったことを徴しているともいえるだろう。

----------

ラリー遠田(らりー・とおだ)
ライターお笑い評論家
1979年生まれ。東京大学文学部卒業テレビ番組制作会社勤務を経て、ライターお笑い評論家として多方面で活動。お笑いムックコメ旬』(キネマ旬報社)の編集長を務める。な著書に『なぜ、とんねるずダウンタウンは仲が悪いと言われるのか?』(コア新書)、『逆襲する山里亮太 これからのお笑いリードする7人の男たち』(双葉社)、『とんねるずと『めちゃイケ』の終わり 〈ポスト平成〉のテレビバラエティ論 』(イースト新書)など多数。

----------

『めちゃ×2イケてるッ!』公式ホームページより。


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

岡村「嫌なら見るな!」


つまらないから


それでも、極タウンは足元どころかめちゃいけの影すら見えないまさに極タウン


いやなら見るななんて普通のことをいつまでも根に持つ*はほっといて、めちゃイケは笑いに対するハングリー精神が演者とスタッフからなくなってしまったことで、オールドファンに見捨てられたことが原因でしょ。


追加メンバーオーディションで完全に見るのをやめた


時代が代われば笑いの受ける要素も変わるでしょ。それがわからないまま昔のバラエティをずっとやってれば視聴者が離れるのの当然じゃないの


むしろ十分生き残った方じゃね?めちゃイケ放送中に生まれては消えたバラエティいくつあったよ。


>>神様 お前はアホなの?嫌なら見るなと言った結果、つまらないから見るのが嫌な視聴者が増えただけだろ。根に持つとか、何一人で妄想を繰り広げてんだ。


外野の批判に屈してしりとり侍を止めたときの失望感と不甲斐無さは今でも忘れないからな


面白くないから終わっただけでしょうに。ジャルジャルとかたんぽぽとか新メンバーが入ったころから急激に面白くなくなってまったく見なくなったもの。


新メンバーがことごとく既存のメンバーの劣化コピー。新しくする気がないので自然消滅した。


そこまでして続けるほどの番組だったか?こち亀があっさり終わってめちゃイケが無駄に長く続いたのは今でも理解できない


「嫌なら見るな」発言こそ、まさにプロ失格と批判されても仕方ない発言でしたね。


嫌なら見るなの発端が韓流推し批判だったからなあ、完全にフジはそっち側だと思われた。まあ柔銀の禿に買収された時点でそっち側なんだけど


長ったらしい文章だな……めちゃイケがダメになったのは、「中嶋PからカガリPになってから徐々につまらなくなる→岡村が鬱→テコ入れで新レギュラーを加えたら大誤算。ますます視聴者が離れていった」だと思うけどね。


ただ単につまらなくて見る人が減っただけでしょう


「面白さ」の質が酷くなったからじゃないの。芸能人だからって笑いの範疇でおさまらない傷害や迷惑行為のような芸風にドン引きしてから見なくなった。


youtubeとかニコニコとか選択肢が増えたからね テレビ一強の時代はもう終わったよ


原因は簡単で新メンバー加入と嫌なら見るな


全盛期すらあまり見てなかった。クラスメイトみんな見てたから話題に乗りたくて一時期頑張って見てたけど、人をコバカにして笑いを取ろうとするやり方が受け付けなかったな。


新規メンバー加入あたりから見なくなったなぁ…やっぱり山本がいた時が全盛期かな


あのプロレス事件といい、陰湿なことばかりしてる集団ってイメージしかもうつかなかった。いい歳した大人がテレビの前で集団いじめみたいなことばかりしてて胸*悪い連中


全盛だった時期に極楽山本があの事件で抜けて減速、新メンバーでなんだこれ、「嫌なら見るな」じゃあ見ないわ、終わり。韓流偏重でデモまでされたのを「モー娘やりすぎた」って責任転嫁してたのは「そら終わるわ」と思った。DASHも抜けた穴埋めようと頑張ってるけど同じ道辿りかけてる、長寿番組でも性的不祥事だと風当たり強いなって。


良くもたせた方だろう。10年前に終っていても不思議じゃないよ


(フジテレビが)嫌なら見なきゃいいのには俳優に充てたコメントだったと思うけど、なぜか視聴者に向けて吐いたセリフに変換されたな。


自分の感覚ですが、初期の頃は企画に100%力を出し切る若手の必死さがあったように感じるが、後半は言われた企画をこなして80%ぐらいで落ち着かしてる印象を持ちました。


原因は新メンバー追加とガリタ


めちゃめちゃイケてなくなったからだろ


そもそもフジが嫌われてる 嫌なら見るな 三中公開処刑(ただ出演してるだけか黙ってクビならまだ許されてた)この三つで有責三等分


>>マンガ肉大王 番組がつまらないから見るのが嫌な視聴者が増えただけなら、嫌なら見るなって言わなくても皆見なくなってるから、嫌なら見るな発言は関係ないやん?


初期の頃って、みんな楽しくワイワイやってたよね。それがすごく印象的に残ってる。アドリブミスなんでも笑いになってた。年取るとそういうのが無くなるんだよね。それはもうどうしようもないんじゃないかなと


韓流ゴリ押し


22年ってテレビ番組としては十分生き残った方だと思うけど。


だってさ、私物を破壊したり、*だチビだって、あんなもんで笑えるかいね?昔のフジの笑いって出演者が心底楽しんでた。笑う男とかお笑い対決企画なんかは大袈裟だけどめちゃイケの代表作だと思うんだ。極笑で「現場だけ楽しもうぜ!」って言ってたほんこんさん。あれが終盤皆無だったと思うんだ。あくまで個人の感想です。


次は「イッテQ」だな


例の発言や新メンバーの前から、いつかテコ入れ無きゃ感はあったけど、入れるテコが悉くだった気が あのままじゃむしろ生き残る方が苦痛になる 仮にやっても特番位でいい


飽きられたから。それ以外に何がある・・・。


飽きたから以外にあるか、んなもん。


誰得の新メンバー加入だな元々出演者の数が多いのにメンバー加入して*じゃないかと個性が目立つ番組だったのに自ら薄くしてどうすんだって思ったわ


新メンバー企画がウンコだった


初期の頃から山本がアレで抜ける前ぐらいまでは何も考えずに見てて笑えてた。(一部笑えないようなこともあったけど)見なくなった原因はバラエティ、お笑いなのに変にシリアスを入れすぎる所と同じことを繰り返しているからでしょ。


嫌なら見るな山本が抜けた岡村が鬱新メンで空回り三中がクズ


岡村がゴミ化したから。


20年も歳とれば世間と合わなくなるは仕方ない。しかし、ふと思ったが、岡村の後継者ってオードリー春日じゃないだろうか?オファーすればどんな無茶でもやってそれなりの結果出すし


その昔加藤某の相方の淫行したデブが半裸で油まみれになってるのを見て、この番組見るのやめようって思ったのは覚えてる


新規メンバーがほとんど入らず固定のレギュラーで20年続いたなら十分生き残った方だと思うんだけどね。


めちゃイケてないから


2010年、入院明けの腑抜けた状態で岡村隆史を登板させ、2011年3月の震災以降、急に感動路線に舵を切った時点でめちゃイケは*だのだと思う。


めちゃイケに限らず、バラエティはみんな昔の方が面白かった。ごっつとかワンナイとかも。放送コードとか教育委員会とかなんか色々なところからの、クレームによる規制規制規制が最大の原因じゃないか。守りに徹しすぎた結果って感じがするがな。


何でもそうだけど10年もてば良い方で、逆にそれ以上続くと出演者の一新や路線変更して対応しないと、年齢や世代的に色々無理が出てくるのはどのコンテンツにも言える話。40代で若者ターゲットも無理があるし、初期女性メンバーはお局化する


みんな言ってるけど新メンバーでしょ。一新ならまだしも追加だったから、単純に増え過ぎてとっ散らかった。キャラ覚えられんからイマイチ付いて行けない。あと個人的にさんちゃん関連。つまらん素人でも1回きりなら笑って見られるけど、何度も出てくるなんてただ辛い。プロの中に素人混ぜるなよと。


昔から見てた視聴者が大人になった


不快になる番組をわざわざ見ません


最終回だけ久々に見たけどみんなすごい無理してる感があったんよなんでめちゃイケ終わってから他の番組でメンバー見るけどすごい生き生きしててこの番組が足枷になってたんじゃねーかなとは思ってる


加藤vs宮迫とか、パンイチでぬるぬるとか、相撲にぶっ飛ばされるとか、セクハラ女子プロレスとか、まともな大人が見て眉をしかめそうな企画が最高に好きだった。地上波レギュラー番組ではもう二度と見れない気がする。


テレビ見てないからどうでもいいです


とりあえず何歳になっても雛形はエロい。何しててもエロい。その為に見てました(小声)


22年てすごいじゃん!でも若さや青春を売りにするには長すぎるね


面白さのズレもあるけど、岡村が鬱になってテレビに出なくなったときが止めどきだったんじゃないかな。そこからの惰性感がひどかった。




この記事へのコメント

人気記事