レギュラー放送の『99人の壁』も? クイズ好きが考える「面白かったクイズ番組」4選


freie-kreation/iStock/Getty Images Plus写真イメージです)

10月27日からレギュラー放送されるクイズ番組『超逆境クイズバトル!!99人の壁』フジテレビ系)。

佐藤二朗の迫あるMCと「自らの得意なジャンル」に挑戦し賞を得るスタイルが好評で、満を持してのレギュラー化となる。5問連続正解で100万円という緊感、そして一般人が参加できることも人気の要因だ。

■クイズ番組の人気は?

現在視聴者参加クイズ番組」は減少傾向にあるものの、芸人出演のクイズ番組は数多い。クイズ番組の人気はやはり高いのだろうか?

そこで、しらべぇ編集部では全20代60代の男女1,363名を対クイズ番組についての調を実施。

(©ニュースサイトしらべぇ)

結果、「好き」と答えた人は全体で35.9%。世代別に見ると60代の割合が高く、46.5%となっている。一方、30代は好きではない人が多く、世代で意識が異なる結果となった。

一口にクイズ番組といっても様々な形式があり、連想するものが違う。30代は面い番組に出会えなかったのだろうか。

■面白かったクイズ番組といえば…

数多く放送されてきたクイズ番組のなかには、現在伝説としてり継がれているものも。クイズ番組ファンに、そんな「面かったクイズ番組」を聞いてみた。

(1)『アメリカ横断ウルトラクイズ』(日本テレビ系

アメリカを横断するというスケール、知だけではなく体や運も必要とされる番組。年に1回の放送で、お祭り感があって好きでした。

独自の演出も良くて、押しクイズには憧れましたね。『大人になったら出よう』と思っていたら終わってしまって、残念です」(40代・男性

(2)『マジカル頭脳パワー!!』(日本テレビ系

「問題が文字通り頭を使うもので、出演者と一緒に色々と考えるのが楽しかった。とくに『マジカルバナナ』は大流行で、当時通っていた学校でみんなやっていました。

人出演のクイズ番組では、一番面かった気がする」(30代・女性

■現在放送中のあの番組も

(3)『クイズ$ミリオネア』(フジテレビ系

「やっぱりクイズ番組というと、自分たちの世代は『ミリオネア』かな。『ファイナルアンサー』ってみんな言ってましたし。みのもんた会ぶりも良かったと思います」(20代男性

(4)『パネルクイズ アタック25』(ABCテレビテレビ朝日系

1975年から放送され、今も続いているのは凄いこと。児玉清さんが亡くなられたのは残念ですが、浦川泰幸アナを挟んで現在谷原章介さんが会を担当し、初期からのテイストを受け継いでいる。

クイズも面いし、パネルの争奪戦も頭を使う。シンプルだけど楽しい番組ですよね」(40代・女性

数多くの歴史を重ね現在に至るクイズ番組たち。『99人の』にも、後世に残るような番組になってもらいたい。

・合わせて読みたい→レギュラー化決定のクイズ番組『99人の壁』 本日放送の第3弾にはしらべぇ編集長も参戦

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

【調概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調期間:2018年8月31日2018年9月3日
:全20代60代の男女1,363名 (有効回答数)

レギュラー放送の『99人の壁』も? クイズ好きが考える「面白かったクイズ番組」4選


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

タイムショックの「いま何問め?」は最凶最悪の問題だったな~w


人生ゲームハイ&ローはすごろくと組み合わせるっていうのが面白かったなぁ


世界まるごとHOWマッチは好きだったな~


一般人クイズは、芸能人クイズと違って「ワザと頓珍漢な回答をする」という事が無い(と思うw)ので、真剣みが有って良いです。


100万円クイズハンター。父子チーム同士がゲーム機内蔵テレビを互いに強奪しあう展開は今でも忘れられない。


クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!かな いまいち内容は覚えてないけど、横取り40萬だけは妙に覚えている


※まあ個人的には一番面白かったのは「ご長寿早押しクイズ」ですがw  (もっとも、あれは仕込み・台本でワザと頓珍漢な答えをしてる、という説もありますが)


100人に聞きましたやクイズダービーも結構おもしろかった。カルトQもおもしろいっつーか「なにこれwwwなに言ってんのか全然わからんwww」ってインパクトはあったな。


クイズグランプリ……文学歴史の10!


地味ではあったけど、ヒントでピントが好きだったな。ゲストがほとんど答えないのに賞品もらえたりするのがちょっとうらやましかった。あと16分割で浅井さんがボタンを押したときの決定力と来たら、もうねぇ。


なんでや。クイズ面白ゼミナールとわくわく動物ランドが入ってないやん。


クイズタレント名鑑に決まってるだろ-が。


100人に聞きましたはとても好きでした。今やると・・・咳口「新大久保の日本人100人に聞きました。答えは1つ。好きな鍋料理は?」 回答者「う~ん豆乳鍋!」 あるあるある! ブー だろうな(正解は想像通り)


ミリオネアは初期の頃はガチの視聴者参加型のクイズ番組で面白かったけど、途中から芸能人が出るようになったのを境にヤラセが目に付く様になり見るのをやめた。


ベルトクイズQ&Qとか、夏休み子供大会の商品が良かったのよな~


はらたいらさんに3000点! ことクイズダービー


「なるほど・ザ・ワールド」はないのか。「天才!ヒポカンパス」も地味に好きだった。


世界ふしぎ発見。クイズそのものは面白くないが、好奇心を満たしてくれるから好きだった。


クイズグランプリだなあ。純粋に知識と教養を求められたのはあの番組くらい。アタック25も回答数以上にパネルゲットできるし、ゲーム性高かった。あの番組は予選会のほうが難問も多く突破するの大変だった


ダウトをさがせ!っていう間違い探しのクイズは好きだった。


赤っ恥青っ恥とか好きだったなぁ、ちゃんとクイズしてて


名古屋の人しか知らないだろう、天才クイズというのが有ってだなぁ。出場するのがここらの小学生の憧れだったんよ。


クイズダービーはどうした?


クイズ番組って今のも含めて改変されるたびにおもしろく無くなって行くイメージがある。


天才クイズって斉藤ゆう子が出てた○×の帽子かぶるやつだろ?長野県民の自分も知ってる


正に、今のいってQにクイズ要素を付けたのが、なるほどザワールド。


連想ゲーム、ヒントでピント、初期タイムショック、霊感ヤマ感第六感…いずれも軽快な司会が好きだった


クイズとはちょっと違うかもだけど、部屋や本棚から性別、年齢、職業を当てる、誰もいない部屋は好きだった


懐かしいねぇ、SHOW by ショーバイ。物の製造過程を見て何が出来るか早押しするやつとか面白かったな。良質な教養番組でもあったよ。


NGワードという言葉を生み出した、クイズ年の差なんて・・・


今のクイズ番組はスタッフの指示で動いてる感じがありありと伝わってきて嫌


ワシの歳ではクイズ番組と言ったらクイズダービーじゃな!


平日の正午にやってた「スーパーダイスQ」。DON マークが怖かった。


平成教育委員会は?


ここまでIQサプリなし・・・途中から大幅に路線変更してクソ番組になったけど全盛期は面白かったんやで~


クイズ番組は概ね『一般視聴者参加番組』だから人気だったのに芸能人大会をやらかして自ら没落する印象、タイムショックとかミリオネアとか。そんな意味でアタック25は最後の砦


ヒントでピントの浅井慎平が神に見えた


ベルトクイズQ&Q!夏休みこども大会にでたかった、ラテカセほしかったなぁ


ダウトを探せ! 小学生のころ毎週の楽しみだった


赤っ恥青っ恥は家族で一緒に見るほど好きだったな。SHOW by ショーバイも、最終問題で外国の入れ物に100円玉(または500円玉)が一杯に流れ落ちて金額を当てるのを家族でよく予想して楽しんでた


100万円クイズハンターとか面白かったな獲得した物を奪い合うハンターチャンスとかあったよね。今思うとあの時代は凄かったな平日ほぼ毎日やってたのに豪華商品バンバン出てたもんな。毎回勝者チームにはハワイ旅行のチャンスあったし本当に凄い時代だった


クイズヘキサゴンは好きだった終わったの本当に悲しかったなぁ


世界一周双六ゲームだなぁ。あれでブエノスアイレスという都市名を覚えた


昔の平成教育委員会と、頭脳王の放送1回目は考え甲斐があって好き。逆に嫌いなのは番宣がらみのクイズもどき。まぁ、特番のクイズ番組なんてそんなもんだけどさ。


ヘキサゴンだって初期のガチ勝負っぽさはよかったのに気がついたらお*芸能人番組になってた。出川哲朗がクイズ番組にでて「空気読めよ」みたいなこという今の芸能人番宣ヤラセクイズではなぁ…


なーほーざわーるど!


Showbyショーバイがすきです でも東大王に出てる鈴木光ちゃんのほうがもっとすきです


団体戦だった頃のQさまかな


チコちゃんに叱られる!は面白い。一番ドハマリしている。


三枝の国盗りゲームが好きでした。坊主が出た時のあの衝撃といったらまぁ。


NHKでやってた。クイズ面白ゼミナール


逸見さんの司会はみんな面白かったなぁ


「クイズ面白ゼミナール」が無いぞ!!あのハテナトロフィーの形状もよかったよな。そして鈴木健二アナウンサー。 ~知るは楽しみなりと申しまして…


チコちゃんに叱られる!はクイズ番組なのか・・・?(面白いけど)


赤っ恥ー、青っ恥ー


アメリカ横断ウルトラクイズは一般人参加型のクイズ番組としては最高峰だったと思うけど、ガチのクイズ研究会連中が番組を潰したんだよ。あいつらのせいで、出題が雑学レベルから専門知識レベルに引き上げられて、「よく知ってるね。よく分かったね」とお茶の間で楽しめていた番組が、「そんなん知らなくて当然だろ。分かるわけねーわ」になって一気に白けた。


クイズ番組はどう足掻いても視聴率のために芸能人使ったり高学歴のやつ使って競技レベル上げようとするのでアタック25くらいの分かるか分からないかくらいのやつで丁度いいと思う


和風総本家は? ゲストから『番組内容はとても良いが、クイズがダメ』と言われたあの和風総本家は?




この記事へのコメント

人気記事