安田純平さんへの批判の声に反論「危険を冒して取材する人の価値が高まっていく」


 25、3年、4かぶりに解放されたフリージャーナリスト安田純平さんが帰した。機内では「24時間身動きがとれない恐怖があった」と拘束生活を振り返り、機内での食事は肉料理を選び、ビデオを見るなど落ち着いた様子だったというが、体調を考慮し、この日は出迎えた家族とともに々に空港を後にした。


 そして空港では安田さんに代わり妻の深結さんが『大変なお騒がせとご心配をおかけしました。おかげさまで事帰することができました。ありがとうございます。可な限り説明をする責任があると思っています。折を見て対応させていただきますので、今日のところはご理解ください』とのメッセージ読み上げた。


 ネット上では安堵のがあがる一方で、


 「退避勧告が出ている所へ行って拉致されたのだから自己責任だ」

 「解放されたのは良かったけど、謀にも危険地域へ渡航して、武装勢に捕まったら命乞いをし、支払われた身代がまたテロとなる」

 「彼が捕まったのは今回が初めてではなく捕虜常習者。また行ったら助けるの?」


 と、厳しい批判もくすぶっている。安田さんの解放にあたって、カタール政府が日本によるODAの一部を武装勢に支払ったという一部報道もあるからだ。

 25日放送のAbemaTVAbemaPrime』に出演した漫画家江川達也氏も「"自己責任"とまでは言わないが、なぜ行っちゃいけないと場所に行かないでいられないのかなと思う。支払いがあったとすれば組織の資にもなってしまう。すごい情報が取れればいいが、拘束中の状況について以外、あまりいのではないか。軍隊がしっかりしているではジャーナリストではなくスパイなどが潜入する。戦前日本もそうだった」と批判的な姿勢を示す。


 これに対し、東京工業大学教授柳瀬博一氏は「こういう問題では必ず自己責任論が出てくるが、安田さんの是非を問うのはさておいて、リスクをとって取材に行く価値というのは非常に高まっている」と話す。

 「色んな制約があって詳しい場所は言えないが、実はも危険地帯に取材しに行ったことがあり、そのの腕章をしていたにも関わらず警察官に6、7時間くらい拘束されたことがある。向こうのスタッフの横にいたのに、"このから絶対に出さない"とまで言われた。あるいは取材中にの前に火炎瓶が投げられて爆発したこともある。そもそも政情不安ので"絶対"はありえないし、々が暮らしているところとは根本的に違う。そんな場所にリスクを取って取材しに行ってくれる人がいないと、真実は伝えられない。今はスマートフォンを使ってでも情報発信ができるが、それは簡単に情報操作もできてしまうということ。だからこそ、現地にジャーナリストが行って検するのが非常に重要だと思う。一般の方は知らないと思うが、かつてにべ、日本の大手メディアが危険地帯に記者を行かせなくなったので、もはや現地に行ってもそういう人たちに会うことはほとんどない。そうすると、安田さんのように危険を冒して取材してくれる人が重要になってくる」。


 その上で、「日本人はこういうことが起きないと関心を持たない。今後は、安田さんからどれだけ情報を得られるかというのが政治で非常に重要になってくる。外務省メディア安田さんの経験から学べるよう、自身も情報を発信してもらうことが重要だと思う」と述べた。(AbemaTV/『AbemaPrime』より)


▶放送済み『AbemaPrime』の映像は期間限定で無料配信中



(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

ウマルの発言に誰でも接することが出来るこのご時世に、そこに言及しないジャーナリストなんぞ所詮似非って事よ。 真実(笑)


批判に反論したいだろうけど考えておけ 日本は世界有数の債権国で外国は国民全員が金持ちという認識だ 拉致して身代金せしめれば一気に金が入ると考えているから拉致されたら迷惑かけずにそこで*れてろ


批判に反論するなら、安田の過去の発言を知ってください。


安田はもういいよ。ニコニコニュース的にはコメント稼げるんだろうけどさ


実際に*れてしまったカショギ氏には自己責任だとか批判の声なんて無いのに、安田には批判しかない。それが全てだと思いますがね


>安田さんの是非を問うのはさておいて、リスクをとって取材に行く価値というのは非常に高まっている ←そもそもジャーナリストとしての仕事は一切してませんし、テロリストとグルなんだからリスクもないんですけど・・・。


笑えるくらい論点ずらしてらwさっすが碌に調べもせず簡単に情報操作をする天下のテレビ様で御座いますなwwww


危険犯せばいいってもんじゃないだろ。無事に帰ってこなければ報道はできない。いたずらに危険*てテロリストにとっ捕まってれば迷惑なだけ


安田純平の是非を問うのはさておいてって、是非を問わない時点で批判に反論ではなく、只の論点ずらしだろ。マスゴミは都合が悪くなると、すぐ論点をずらして誤魔化そうとする。


自己責任と言うが、結局責任なんて取れないんだから責任もへったくれも無い。また、こういう人達は自分達がテロリストの金蔓になっている事をどう考えるのだろうか?。


批判派はジャーナリストという職の話しとらんやろ、安田の人間性やきな臭さの話してんやろ、それともあれか?ジャーナリストは過剰演出やら人の不幸でメシウマやらの自覚があるから焦って過剰反応しとんのか?


安田のニュース自体、安倍首相の中国詣で関連の記事が紛糾しないように流されてる感ある


そもそもこんな危険地帯に行ってくれって誰が頼んだんだよ?誰も頼んでないだろ?経験も実績もない人間なんて送り込まないでしょうに。


擁護する人は鹿島の南防波堤という死者がたくさんでる危険な立入禁止場所にいく釣り人が絶えないがコレを肯定する行為と同じに感じる。「どんな魚が釣れるか調査しなくちゃ。」


他の戦場ジャーナリストは叩かれずむしろ概ね尊敬されてるだろ、なぜこいつだけ叩かれ、自己責任論が多数派なのかを少しは考えてみろっての


危険を冒して手に入る情報を持ち帰らなかったから批判されるのでは。


でも、この人にそんな能力ないじゃん。交通事故常習者がお前はもう運転するな、ペーパーでいろと言われるのと同じ。


そりゃ5回トライして1回でも結果が出りゃ価値を認めるのもいいが…つか安田某から取れる情報って一体…お花畑じゃなかったら工作員の発想だな。


ジャーナリストには価値はあるだろうけど、ウマルやマスゴミに価値はねえよ。


>今はスマートフォンを使って誰でも情報発信ができるが、それは簡単に情報操作もできてしまうということ。だからこそ、現地にジャーナリストが行って検証するのが非常に重要だと思う。←そのジャーナリスト()が信用できない、っていうか出来なくなりましたって話だからね。アホか


鉄道写真家が線路内に入って写真撮るのもジャーナリズムw自己責任だからいいんだろっ!列車と接触事故おこして救急車で運ばれて健康保険を使用して治療する。規模をものすごく小さくするとこんな感じ?


ジャーナリストが情報を操作していないとは誰にも言えませんよね。検証()。信頼の置ける人物であれば検証にも耳を貸す人はいるでしょうが、アレではね()


自己責任論はあっていいんだよ。言っていいんだよ。無いほうが不健康だ。もちろん個人を誹謗中傷と紙一重かもしれない事は分かってないといけないが。


>今後は、安田さんからどれだけ情報を得られるか。←凄く楽しみです。そういえば荷物がないんでしたっけ。


安田さんの是非を問うのはさておいて←さておいてじゃねぇんだよ。他の方も書いてるけど、戦場ジャーナリストは他の人もいる、その人達は引き際っての自己判断しっかりしてるから、掴まらないんじゃないの?いちいち韓国人だと名乗ったりする意味も全く意味不明。よかったね で、済ますから助長すんだろ。


そもそも日本はオールドメディア自身がリスク取らないからフリーが危ないとこに行く羽目になってるんじゃないのか?その事を隠したいが為に擁護するオールドメディアが多いんじゃないのか?だとすると卑怯だろ。


話はもう自己責任論の是非で収まるレベルじゃない。自称ジャーナリスト・ウマルの言動がおかしい、酷い環境に数年いたように見えない、から始まり遂にはテロリストと組んで身代金搾取という、一般人の情報操作どころでないやらかし疑惑まであるのに。それを検証するどころか論点をずらして「彼は英雄!素晴らしい!自己責任なんて以ての外!」と繰り返すだけの野党式弁論術はもう沢山だ!


「危険を冒して取材する人の価値が高まっていく」← いやいや、どうでもいいし


個人的なリスクならいくらでも背負ってどうぞなんだが、国や民間人にリスクがかかるような事はするなと言いたい


言っちゃ悪いけど、結果を出せなければ何の意味も価値もない。普通の会社で5回もプロジェクトに失敗したチーフを重用できないのと同じこと


価値があるのは慎重に動いて捕まらずに貴重な情報を手に入れて自分の足で戻ってきた人だけ。簡単に捕まるような人はジャーナリストでもなんでもない、ただの迷惑な人


もう拉致られた間抜けなジャーナリストには一銭も払わんでいいやろ。もっと有意義な事に使えや、アホなんか


偉そうに物を言うならその情報とやらを公開して言えば?・・・だから「日本のマスゴミはー」と叩かれるだろ。


でもそう言ってる人間が自分で同じ事をやろうとはしない時点で察しがついちゃうけどね。所詮自分も安全圏にいての話。言うは易しですよ。自分も行った事があると言いはしても何処に行ったかが言えないんじゃ真偽も分からない*。>危険を冒して取材してくれる人が重要になってくる


そもそも野次馬が、他国の対岸の火事を興味本位で取材しに行く必要ある?現地メディアに任せておけばいいのでは?


マスコミが好きな言葉を使うと、安田氏のジャーナリストとしての資質が問われてるんだよ。こういえばわかるだろ?


こっちに関わりないなら関心持ってもらう必要ないんじゃないの?下手に関心持たれてこいつみたいに危険地帯にのこのこ行くような奴増えたら迷惑なだけだろ


有益な情報を持ち帰ろうが、テロ組織に資金を与えるキッカケを作り支援する結果になった事実は消えない。つまりこのバカは許されるべきではないね


…で、その情報にテロ組織に数億円もの資金を握らせる価値があったのか?もっと辿れば、被災地で撮影犯が炊き出しの横取りやスタンドの割り込み、果てはヘリで救助活動の妨害までして現状を伝える必要性があったのか?


叩かれてんのは本人の態度によるものだから擁護する余地なんかないんだよなぁ。ネットに全て残っちゃってる時点で弁解しようがない。


そもそもこの人って本当に捕まって虐待を受けてたの?それにしては元気すぎるようにみえるんだが


捕まったのが渡部陽一ならまた違った反応だったろうな。安田純平っていう”木”の話をしてるのにジャーナリストっていう”森”の話をしてるから批判される。ていうか安田の妻が割りと美人さんなのがムカつく(聞いてないw)


例えばマスコミだって政治家だの有名人だのが何回も同じ失敗をしたら非難するだろ?安田氏も同じだよ。なのに何故に英雄扱いしないといけないんだ?


警告する日本政府をチキン呼ばわりして自己責任だからほっとけと言った奴をどう擁護しろと?wコイツを助けるために支払った5億がどんなテロ資金に使われるのか考えた事もないのだろう。本当に胸*悪い。それと危険地帯への取材が本当に必要ならフリーではなく自社の記者を責任持って向かわせろよ。


お前らメディア、ジャーナリスト連中はフリーとはいえその危険な地域に行って来るジャーナリストの保護を政府に丸投げしてる状況をどうするのかを、いい加減議論しろよ。いつまでネットと遊んでんだよ。好きで行ってんだからそんなものは知らんと思ってんだろがお前らにも責任はあんだぞ。安田みたいな素人に毛が生えた程度の奴が何回も戦場に行ける状況をどうすんのか考えろよ


「リスクをとって取材に行く価値というのは非常に高まっている」というなら、現地の視聴者から提供されてる被災動画とかは当然、高価値だから無碍には扱わんよな? …まさかタダで提供してもらう! とか言わんよな? 高価値なんだろ?w


別にネット民が言ったんじゃなくて、この人自身が言ってたからネットで皮肉られてるだけ。しかも*ときてる。


安田純平は渡部陽一さんの足元にも及ばない三下迷惑野郎なんだから擁護とか片腹痛い


この批判ってそもそも論点がずれてない?今回の件で問題なのはツイッター等の言動と実際の行動にまったく「一貫性」がないことだろ。それに海外に仕事で取材にいかないといけなくて不運にも拘束された人と、拘束せれる可能性大のところに自分で言って挙句拘束される場合のように前提条件無視で全部いっしょくたにまとめて「自己責任」的な流れは主張に無理がない?


一万歩譲って「さておいて」やるけれど、このウマルは何の危険も冒してなければ何の情報も持ってきてない上に現地の情報なんて現地人や現地マスコミがバンバンゆうつべに流してますが、何か?


だから戦場ジャーナリスト自体は誰も批判してねーっつってんだろボケが。叩かれてんのはウマル個人だっつーの


中東にススキを自生させた男。


あと「安田さんのように危険を冒して取材してくれる人が重要になってくる」のはわかるけど、それってようはハイリスクハイリターンで危険なほど金になるってことだろ。リスク(命を取られる)ことは享受したくないけど、金だけは欲しいっていうのはどの分野にしたってなりたたねえだろ。


自己責任で批判?むしろ狂言誘拐を疑われていて身の潔白を証明しろとか言われているんですがそれは


今のところ生ぬる~~~~~い虐待受けた情報しか来てないんだが…ホント何しに行ったんだ?


戦場ジャーナリストを叩いているわけではなく、安田さんを叩いてるんですよ。出国前の言動とか今までの拘束歴とかね。そもそも自己責任論を持ち出したのは安田さん本人だよ。


https://news.nicovideo.jp/watch/nw4101044?news_ref=search_searchまだ疑惑の段階とは言え何人の記者が質問するのだろう? それとも同業者だからスルーするのかな?


マスコミ共は論点をすり替えるな。戦場ジャーナリストを否定しているのではなく、安田氏の日頃の言動が批判されているのだ


待って待ってwwなんでジャーナリストは情報操作しないことになってんの?wwwこの人ピュアすぎるだろwww


(´・ω・`)今回の件で戦場カメラマンの渡部陽一氏の株が相対的に爆アゲっす。


政府が「危険だから渡航しないでください」と言っていたのにそれに耳を貸さないどころか「日本政府チキン過ぎ」等と暴言を吐いて無理やり現地に行ったあげく人質になったのに、そのうえまだ日本のことを批判するというまさに非国民、非日本人のクズ野郎を擁護する意味が分からない。たしかに現地に直接取材に行く重要性は分かるがこいつはただの日本のことをなめ切った愉快犯だろ


NHKの捏造貧困の時もそうだったけど、批判してる人間は個人の行動の批判をしてるのに、なんでこの手の奴らは全てを批判してるかのように論点をずらすの?別にほとんどの人間は戦場ジャーナリスト自体は、批判してないだろ。何度も拉致され、日本政府を非難し、結局テロリストに資金を渡す手助けをしたウマル個人への批判なんだよ。


そんな無理せんでも逃げてきた難民にでも話聞きゃあ生々しい真実なんて幾らでも出てくるわ。それと拘留期間が猛烈に長い割にピンピンし過ぎなんだけどテロ組織と組んで自作自演してない??それなら「何度も言って捕まる」理由も納得なんだけど。


その危険を*てまで得た真実とやらで日本国民に何の利益があると言うのか?軍隊のない日本じゃ何も出来ないよ。まさに「無駄」の一言。お前らマスゴミの飯の種になるぐらいが関の山だろう。


危険を冒して取材する人の価値が高まっていく ←安田のせいでむしろ価値が下がったわ 危険冒しても何の成果もなく周りに迷惑をかけたあげく大金払わされたうえその金が武装勢力の勢力増強に繋がるなんてたまったもんじゃない


ところで、何か取材できましたか?(小声


なんでお前らマスゴミの飯の種の為に国民の血税使って救助活動なんかしないといけないの?


今回、安田某は有益な情報を持ち帰ったでしょうか? さて、マスコミの皆さん「取材したけど、何の情報も得られずにお金だって使っておめおめ帰ってきました」なんて、叱責か最悪クビでしょう? それに加えて、過去・現在の言動。こんなのを擁護する意味が見当たりませんね。


それさぁ…あんたらの身内が、あんたらの制止を振り切ってヤクザの取材に行って、その結果捕まって監禁されて、その上何の成果も出せないで身代金だけ払わされて、それでオマエ怒鳴らないでいられるのか?アンタらには無理だろ。出来ないこと口にするんじゃねえよ下衆が。


それさぁ…あんたらの身内が、あんたらの制止を振り切ってヤクザの取材に行って、その結果捕まって監禁されて、その上何の成果も出せないで身代金だけ払わされて、それでオマエ怒鳴らないでいられるのか?アンタらには無理だろ。出来ないこと口にするんじゃねえよ下衆が。


マスゴミがおのれの立場しか通用しない「正義」をふりかざす度に一般国民からの信用を失って行くのだ。そしてそれは今取り返しのつかない所まで来ている。


確たる功績を上げて現場で壮絶な死を遂げた山本美香女史からしたら、これといった取材もぜずにテロ組織にとっ捕まって命乞いして身代金出してもらった「自称」ジャーナリストに対して「危険を冒して取材する人の価値が高まっていく」なんて噴飯モノであろうな。


国民の信用が得られないマスゴミなど必要だろうか?あえて言おう!カスであると!


反論しないで安田さんと一緒に弁護士事務所へって相談するのが一番ですよ


だが待って欲しい。 『今後は、安田さんからどれだけ情報を得られるかというのが国際政治で非常に重要になってくる。』 これって外堀から埋めて行ってるとも取れるのでは? 埋まるだけに。


自己責任を振りかざして勝手に突っ走って勝手に捕まっといて身代金だけ払わされておめおめ帰ってきといてあの態度を擁護しろって言うなら無理でしょ  ぶっちゃけ夜道刺されてもおかしくねえんだぞコイツ


だから軍隊のない日本じゃそんな情報の価値なんか*ほどもないんだってw


危険を冒して行った結果過去に何回も捕まって国に大迷惑かけたくせに日本はチキン国家とか暴言を言ったりしているし。それに問題になってる自己責任云々は過去にこの安田がツイッターかなんか自己責任で行くって自分で偉そうに発言してたやん、あと危険を冒して取材する前に人様に迷惑をかけるなと言いたいわ。それにテロリストに何回も捕まってる時点でジャーナリストして三流以下やろ


せいぜい「可哀想ねぇ」って同情煽って終わりよ。マスゴミの報道のネタになるだけ。


別に帰ってきたことはいいんだよ?後の行動で滅茶苦茶言ったのをマスコミが全部スルーして強引に消してるのが問題なんだよ


お前何回目だよっていう


この記事、主語を大きくするな。「危険を冒す人」を批判してるんじゃない、「安田純平」を批判してるんだ。例えばあの八か条はデマだったが渡辺さんは尊敬している。他の順序を踏むジャーナリストも尊敬する。何度も捕まって、政府の注意も無視し、解放された後も凝りていない「安田純平」を批判してるんだ


「リスクをとって取材に行く価値というのは非常に高まっている」アルジャジーラやロシア国営放送に取材を外注した方がより精度が高くてより高品質な情報をより安価かつより早く手に入れられるだろうな。まともに取材ができないウマルに頼る必要性は一片もない。そういうことで、「さておいた」是非の話に移ろうか?


なんか、メディアが安田氏に関して必死に本質部分から目を逸らさせようとしている感があるんだよな。同じコメントを何度取り上げる気だと。


取材してねぇーだろWWW


安田純平ウマルの健康に異常がないっていうのが一番不思議なんだが、なんでこの東京工業大学の教授様はそれを指摘しないんだろうか?リスクをとって取材に行く価値というのは非常に高まっては無いです人質の価値は高まっているの間違いでは?


安田純平の人間性なんて論じて何の意味があるんだ?どんだけ暇なんだよ。ただ気に入らないから叩いてるだけじゃん。所詮お前らも感情や好き嫌いを基準にすることでしか物事語れんのだな。


自己責任以前に演技の自作自演疑惑あんだからまずそれをなんとかしろ


「人の為に」と云えその代償に「己の命」だと云うなら嘘だ。同じ命がけでも自分の命を大切に考ない人間に真に他人の命を思ってるとも思えず。もし本当に「悲惨」と闘うならば他に道はある筈で急進的。哲学で無く、己の命で沢山の人を救うと思う事自体幻想。もし救えると云うなら目の前の一人でも良いが「宿命」とも云える「現実」を変えてみよ。所詮人間は各人のそれと闘っているのだから


戦争やテロ被害の悲惨さを伝えるのが戦場ジャーナリストの仕事だろ?それは大事な仕事かもしれないけど、テロ組織に捕まって身代金渡すってことは、紛争を長引かせて犠牲者を増やすってこと。そしてそういう人たちの姿を飯の種にしている以上、安田ウマルのしたことは一つのマッチポンプだ。そんな自覚もない二流すら一括りで持ち上げるようならジャーナリストという人種に価値は無いな。


「パスポートを取り上げられたが『自己責任』で行くのだから国に止める権利は無い」と勝手に出国したのは安田氏本人である。なお、監禁を行っていたとされる旧ヌスラ戦線からの声明では。彼らは「我々は安田氏を拘束・監禁していないし、彼が我々から解放されたという報道を聞いて驚いている。」と言っている。


そこまで庇い立てする価値がウマルにあるのか甚だ疑問


非難してる人はジャーナリスト全般を非難してるんじゃなく、安田さん個人の過去の発言や行動を見て「安田さん個人だけ」を非難してるだけです


安田氏に関しては既に「本当に武装勢力に拉致監禁されていたのか」という疑惑の段階に至ってるのに、いまだに戦場ジャーナリズムの是非を話してるのか・・・。ジャーナリストとしての安田氏に関しては「何の成果も得られないどころか自分の身一つ守れない無能」で結論出てるだろうに、安田氏にひっかけてジャーナリズム全体の話をするのがそもそも論外じゃないのか?


ジャーナリズム自体を否定する気は毛頭ないが、この場合論点はこの人は周りの静止を振り切って渡航したにも関わらず、皆に迷惑かけるような結果しか出せなかったと、その一点に尽きるだろうよ。同機が何であれ一個人の想いに皆が付き合わされる道理はないんだから、危険に挑むならそれを成し遂げられるだけの力をつけてからにしてくれよと。我を通すならそれだけは肝に銘じておけよ。


シリアのコバニには欧米からもアジアからも記者が入っていて、フェミニストの若い女性やら学生メディアやってる大学生やらまで集まっているが、日本は経験ある記者がコバニ行っただけで警察が家にまで電話かけ、ガジアンテプからまで即刻退避しろと言ってくるとか。世界でもまれにみるチキン国家だわ。安田純平の過去ツイッターでの発言や庇護する奴はこの事を知ってるんか


めっちゃ胡散臭い、身代金詐欺で調べてほしい


マスコミが必死こいて擁護してるけど…


地雷原に足を踏み入れるなら相応の準備をして然るべきじゃん? それなのにコイツは何の下準備も無しに踏み込んだ挙句、見えている地雷を踏みつけて「助けてください」 そりゃ批判も出るだろう。  日本はテロリストの金蔵じゃねーんだぞ。


戦場に勝手に行ったのだから自己責任、と言うからにはパスポート没収とか家族や職場に嫌がらせしたりとかで行かせないようにする日本政府を「自己責任なのだから口や手を出すな」と徹底批判しないといかん。 安田純平の過去ツイッターその2それと、こいつは絶対にまた同じ事するわ。その時こいつを庇護している奴は今回と同じように庇護するのか??




この記事へのコメント

人気記事