DNA鑑定で99%一致して死亡を確認されたはずの男性が、葬儀の2カ月後に元気に帰宅する


死亡したはずの男性が葬儀の2カ月後にひょっこりと帰宅し、家族を驚愕させるという出来事がカザフスタンであった。

死んだとされていた人が実は生きていたというニュースは、決して珍しくない。しかし、今回の出来事は、DNA鑑定によって死亡が確認されていたという点で奇異な事件と言える。

出稼ぎに行った63歳の男性

海外メディアの報道によると、事の起こりは4カ月前の7月9日カザフスタンTomarlyという村に住む63歳の独身男性Aigali Supugalievさんが行方不明になった。

実は、Supugalievさんは遠方の農場に4カ月契約で働きに行っていたのだが、村に住む親類たちはそれを知らず、警察に失踪届けを出したという。

Supugalievさんの自宅付近で死体が見つかったのは、それから2カ月後のこと。親類たちは当然、最悪の事態を予想した。死体は損傷が激しく身元の特定が困難だったため、DNA鑑定が行われた。

DNAが99.92%一致

鑑定の結果は、Supugalievさんと死体のDNAの99.92%が一致というもの。つまり、死体は同様の確率でSupugalievさん本人ということになる。

この結果に基づいて正式な死亡診断書が発行され、親戚一同は葬儀を執り行い、Supugalievさんの遺体はアティラウ市近郊にある墓地に埋葬された。

ところが、その2カ月後、死んだはずの人間がぴんぴんして帰って来た。

Supugalievさんが帰宅した時のことを、兄弟のEsengaliさんは海外メディアにこう話している。

その時、娘のSauleがいたのですが、娘は「死んだ」伯父さんが元気に帰って来たのを見て、ほとんど心臓麻痺を起こしそうでしたよ。

彼の死はDNA鑑定で確認されたものです。私たちはそれを信じて、お金をかけて盛大な葬儀を行いました。でも、お金のことはどうでもいいんです。私たちが埋葬したのは誰なんでしょう? その人の親類たちは、その人を探しているのではないでしょうか。

鑑定ミスなのか?

親戚一同からは、鑑定方法にミスがあったのではないか、それならば葬儀費用を補償してもらおうという意見が上がっているそうだ。

今回の鑑定を行ったAkmaral Zhubatyrovaさんはこう話す。

DNA鑑定の結果だけから、死体の身元を完全に特定することはできません。可能性がどれだけ高くても、残りの0.08%を忘れてはいけないのです。

ところで、元気に帰宅したSupugalievさんは、自分の墓石に埋め込まれるはずだったプレートを持って写真を撮るというちょっとしたブラックユーモアを披露している。

DNA鑑定で99%一致して死亡を確認されたはずの男性が、葬儀の2カ月後に元気に帰宅する


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

クローンかな?


じゃあその限りなく本人に近い人は誰なんだよ


漫画の設定みたいな、生き別れた双子の弟とかかな?


スワンプマンかな?


*だ人間が実は生きていた。男塾ではよくある事さ。


とはいえ0.08%じゃあなぁ… 理論上ありえる、ってもさ…


せつねぇ…。火葬した人にも探してた人がいたのかなとか。映画みたいな話だ


まって、*だ人は一体・・・


鑑定を適当にしただけだろ


死亡確認!


こういう事が海外では割とあるのでDNA鑑定は未だに精度に疑問がある


どこでもドアの話思い出した


確率的にSSR引く感じか。ありえなくはないな


王大人が鑑定したんだろ


そもそもDNAの99.92%一致ってのはどういう意味なんだろ。確率として99.92%本人ですって意味なら解るが、本来100%同一でなければならないものが0.08%違うって意味なら当然別人だと思うんだが


男塾かよ!


本物と入れ替わったドッペルゲンガーだったりして。


ええ…(困惑)


生き別れの双子説を推したい


玄海「勝手に人の墓をつくるんじゃないよ」


一部だけマッチングして計算してるだけだから本当に99.92%の確率で本人ってことだよ


王大人の仕業だな。


謎が深いな…


これが犯罪の話だったらなぁ DNA鑑定で99%一致で犯人と断定、みたいなこともあるんだろうな…


日本だと100億分の一くらいの精度で出るらしいから、地球上に二人はいるかも、ってレベルみたいだけどね。


インスティチュートの仕業に違いない・・・


王大人「死亡確認」


実はこれは親族によって行われた殺人事件で、出稼ぎに行っていた人物は既に死亡していると考えた親族が、自分が殺害した人物の体組織を鑑定用の検体として提出することで死体を合法的に処分する事を思いついた。というミステリのトリックを思いついた(ガバトリックなんで実際にそうであった可能性はあまり無いように思うけど)


単に使うデータ間違えただけじゃないの?


絶対王大人コメあるなと思いながら来たら案の定。ともあれ、DNA鑑定もここに書かれてあるように「残りの0.08%」てのがあるわけだが、DNA鑑定を過信してはいけない理由のひとつにチンパンジーと*・サピエンスのDNA一致率ってのもあってな(少々こじつけ臭いが)


財団さんスワンプマンの収容違反起きてますよ


コナンに有ったな。実は生き別れの双子の兄妹が婚約までしたけど自*た回


写真の表情に味があるなwww


<*だ人間が生きていたというニュースは珍しくない・・・ いや、珍しいだろ


男塾ならそう不思議な事ではない…


ところでその死体は誰なんだ。100%でないとはいえ、超DNA近い人が外部から偶然その村に来るものか?親戚の誰かですらなかったのかな?


きっと人造人間だなって書こうと思ってたらもう書かれてた


実は俺とお前らもさ、DNA99.92%ぐらいは一致してんじゃね?特に日本人とか事実上の単一民族国家やし……(疑心暗鬼


DNA鑑定で100%にならない(出来ない)のって、チリとかの異物がどうしても付着するから完璧な鑑定は出来ないって事かと思ってたけど違うのか・・・


科学は万能じゃないぞw妄信してはダメ


生き別れの一卵性双生児


まってそんなに一致したDNAを持ったその死体は誰だ?損壊が激しいとか何かあったとしか考えられないんだが。


この帰ってきた人のDNA鑑定をしないと!


ファイアーエムブレムなら良くある


並行世界から来た本人だったんでしょ(適当)


『家族が全員入れ替わってる説』を推奨します。


犯罪の匂いしかしない。


ほぼ一致が99%だとしてもさ、たまたまそいつの死体を引き当てる確率は別だろ?まともに鑑定せずに適当な事言ってんじゃないの




この記事へのコメント