神戸市でイノシシに突進され警官がケガ 神戸で“イノシシ遭遇”は珍しくない?


 神戸市灘区の路上で、巡回に当たっていた兵庫県警灘署の巡査長(49)がイノシシに突進され、右脚に軽傷を負うという事件が起きた。報道によると5日午後3時前、巡査長は住宅街で路上を歩いている成獣のイノシシを発見。徒歩で後を追ったが、突如イノシシが方向転換し、向かってきたという。イノシシは山の方向に逃げていったとのことだ。

 この事件に対し、ネットユーザーからは「神戸でイノシシが出るのは日常だから」「灘区は特に多い」といった意見が見られた。神戸でイノシシと遭遇することが「日常的」というのは、真実なのだろうか。神戸生まれ神戸育ちの男性に話を聞いた。

 「イノシシとの遭遇は日常ですね。学生時代から、学校にイノシシが出現したなんていうことはザラにありました。『イノシシ出没注意』という看板があるぐらいですし。自分もイノシシと実際に遭遇したことがありますよ」。驚いてしまうが、この意見を裏付けるデータがあった。神戸市によると、出没エリアとして特に知られている東灘区では、イノシシ関連で2016年4〜8月に住民から受けた問い合わせは63件もあったという。

 イノシシと遭遇し、襲われる事件は兵庫県以外でも起こっている。栃木県では10月29日午前、足利市巴町の住宅の庭で66歳の男性がイノシシに襲われ、尻や左手などをかまれる被害に遭った。男性は左手の親指を粉砕骨折する重傷を負った。同市中心部を流れる渡良瀬川ではイノシシが相次いで出没しているとのことだ。

 警察が「イノシシに注意を」と呼びかけている地域は多い。今回の事件が起きた兵庫県警灘署では、イノシシに遭遇した際は刺激せずにその場を離れ、警察や市の鳥獣相談ダイヤルに通報してほしいとしている。これはどの地域でも同様。イノシシと遭遇しても、近づかずに相談窓口に通報するよう呼びかけている。

 イノシシに遭遇するのが地域によっては日常的であるということは事実のようだ。イノシシに遭遇した際には個人で対処しようとせずに、専門家に任せることが大切なのは間違いないだろう。

文/大久保

画像はイメージです


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

神戸のあたりって、山と海に挟まれた狭い地域だもんな


乙事主様!


猟師のなり手がいないのも関係してそうだな、給料が良ければ猟師になりたい若者も増えるだろうに。


拳銃何発も撃ったら、また*どもが騒ぐ奴かな


絶滅させりゃあいいんじゃない?誰も気にしないどころか喜ぶでしょ


そりゃゴリラ、クマ、チンパンジー、ワニ、カンガルー、カバとイラストで対処法が知られている動物と違ってイノシシは対処法書かれてないからな・・・(催促


人間様が勝手にイノシシの住処を減らして荒らしてるだけなのに、絶滅させろとか何様気取りなんですかねぇ


ご先祖様・・・(うっとり)


三宮辺りから西宮方面に2号線走ってたらイノシシ見かけることすらあるくらいには兵庫のあの辺りでは珍しくないな


六甲山登りに行くと山中はもちろん街中でもよくみるけどイノシシも人間馴れしてるのか、特にこちらに警戒もせず堂々としてるけどな。刺激しなけりゃ危険性は低いし、襲われたとしても死につながるほどの脅威ではない


あんなでかい野生動物相手に注意しろと言われても


福岡でもサラリーマンがイノシシに襲われたって動画あったよね?イノシシに遭遇したら場合によっては*可能性もある危険な害獣だよね。例の砂防ダムの一件、本当に保護する必要があったんだろうか?


人間様がイノシシのすみか荒らすどころかイノシシの方が大繁殖して越境しとるんやぞぬるいことぬ*な私の地元に限っていえば縄文時代から人間の方が先に住んでんだよ(イノシシの骨がでるのは弥生中期からだった)


来年は亥年だからね、ちょっと早く来過ぎたんだよ。山降りてきたらまだ戌年だったから、おまわりさんに挨拶して照れ隠しもあって急いで山へ帰ったんだ。あと2か月もすればまた来るよ。


野生のイノシシへの餌やりが問題になっているのを知っているぐらいにはそこそこ見かけるニュース。ケガをした警官は気の毒だと思うが、野生生物を相手に生身では太刀打ちできない事を知っておくべき。


イノシシの住処を荒らすどころか、人の居ない地域が増えてイノシシの生活圏が広がった結果なんですけど。イノシシは毎年6割を捕まえないと、個体数が増加するって知ってますかね。


怪我で良かった


ああ、うん、昔灘の方でゴミ捨て場をあさる結構大きめのイノシシを車から目撃して「!?」となったが親に「あーこの辺ならありうる」というコメントをもらったよ同じく神戸の逆方向の端のほうにいるけど狸も蛇も普通にいる*ぇ


注意したところで夜中に飛び出してきたらどうしようもないから祈るしかない^q^


傘で撃退


リアルBloodbrone


こないだ六甲病院の近くで猿が出たわ


シモ・ヘイヘの本職が猟師だったように、猟師は優秀な狙撃手にもなるから猟師の募集や育成に力を入れるべき。


ああ、そうか…神戸って港町というイメージが強いけど大部分は人の手がほとんど入ってない山なんだな…


3日前に会ったわ、イノシシ


「汚らわしい人間どもめ 我が苦しみと憎しみを知るがいい…」


イノシシに狙われたらどう逃げればいいんだろ?やっぱ直線は駄目なのかな?通報も大事だけど、逃げる方法も一緒に広まると助かるなぁ


英雄復活というわけか


 いち神戸市民として言わしてもらうならばイノシシが現れたとか人間襲ったとかそういうニュースなら正直驚くにも値しない、海泳いでポートアイランドとか六甲アイランドにあらわれたとかいう段階で初めてちょっと話題になるレベル。神戸市以外の人が騒ぎ過ぎなんだと思う。


性犯罪者に脱走されて一月半捕まえられなかった(正確には捕まえたのは民間警備員)、室内犬以下の国家の犬に、野生の猪を対処できるか…?答えはCMのあとで。


おっこと主の兄弟が!


人が近寄る場所は電気柵で封印捕まえていい地域なら罠設置かな、猪がかわいそうって人は自力で捕まえて誰も居ない山林に逃がしてやればいい危険だから自分の身で


なんで自慢げに「いち神戸市民として驚くに値しない(ドヤァ、よそもんが騒ぎ過ぎ」とか言ってる*がいるんですかね?わざわざ騒いでニュースにして注意喚起してる意味も分かんないんだろうか


猪突猛進こそ我らの本領よ!! 敵にいかなる奇計奇策があろうとも、 力で打ち破ってくれるわァッ!!


瀬戸内の植生について。アメリカ原産のニセアカシアが、もともと貧弱で低栄養であった瀬戸内の山を変えた。一見して良いことにも見えるが、この植物はトゲが多く、元々にいて帰ってきてほしい動物(キツネなど)は敬遠する。伐採しても切株・根からの発芽率は在来種の比ではなく高い。もともと山に生えるヤマモモやドングリが人間の近くで生え、神戸に至っては代表種・マツはほぼない。


20年以上前に住吉の山頂ちょい手前あたりにある団地に住んでたけど、ちょこちょこイノシシは見てたなぁ。両親からはとりあえず近づくなと言われてたから、それなりに距離とってすぐにその場を離れれば特に問題は無かったけど。出会ったイノシシが子持ちなら絶対近づいちゃいけない、わかってるとは思うけど。


ありゃあ鎮西の乙事主だ…


ニセアカシアはもともと乾燥地帯に生息する。地中海性気候にはもってこいであり、しかも開花が、ほぼ梅雨の時期とリンクする。開化という本体ダメージがある作業を、梅雨が助ける。マメ科であり、種も多い。瀬戸内最強のこの植物の進撃は、とどまることを知らない。


地区によるな、どっちかと言うと山寄りに住んでるけど実際会った事は無いイノシシは海岸側の区に出る事が多い


山が近い所だと普通にイノシシいるよね。私の住んでいる所もイノシシ対策で職場から鈴が配布されて朝は鳴らしながら来てくださいって言われる(職場の真後ろが山)


唐辛子爆弾とかカプサイシンスプレーとか持ってると暴徒から野生動物まで汎用性高くて良いんじゃないかね


警察が所持している銃じゃイノシシに致命打を与えるのは難しい、奴らは想像以上にタフ


うちの田舎じゃ爺ちゃん婆ちゃんが狸から猪までクワで頭カチ割って仕留めてたけど結構危ないことだったんだな…。


「なら、棍棒はどうだ?振って当たれば痛痒にはなるだろう。少なくとも刃こぼれは無い。楽だ」


野生動物が人里に下りてくるのは、餌になる植物などの当たり年、外れ年の影響で住処の大小は関係ない。


クマ被害もだけどさ、神経を麻痺される系の毒エサって使っちゃダメなん?害虫には殺虫剤を使っていいんだから、害獣にも毒を使っていいんじゃない?銃も要らないしさ


猪が突進してきた場合、警察の持ってる豆鉄砲じゃ絶対止まらんわ


イノシシは肉の弾丸だからなぁ。突進されたらひとたまりもないよ。しかもあいつらは小回りまで効くから、逃げるのはなかなか難しい。


スヤァ


住処を失ったのは人間のせい、みたいな意見よく見るけど。野生動物が人里に降りてくる原因は、人間が山林から離れて管理が甘くなって荒れたせいだからね?環境破壊とか全くのお門違い。




この記事へのコメント