筋トレに取り憑かれた男性はうつ病のリスクが高まる(ノルウェー・アメリカ共同研究)


iStock-533554488_e

 何事も過ぎたるは及ばざるがごとしだ。様々なものに依存性が認められているが、筋肉トレーニングにも依存性がある。

 ノルウェー科学技術大学とアメリカハーバード大学の研究によれば、やたらと筋トレが好きな若い男性はうつ病になるリスクが高まるという。

―あわせて読みたい―

筋肉?髪の毛?さあ究極の選択だ。筋肉トレーニングとプロテイン飲料が薄毛を加速させる可能性(英専門家)
国によって基準が違う。世界12か国の「理想の男性像」を比較してみた
筋肉は裏切らない?筋肉の弱い人は早死するリスクが50パーセント高いという研究結果(米研究)
体を鍛えたい?ならば猫だ。猫で筋トレをするカナダのイケメンモデル
その筋肉と体つきはまさに超人ハルク。イランのハルクとの異名を持つ男

男性の10%が自分の体型を過剰に気にする

 この研究では、男性の10%が身体に対する著しい認知の歪み(ボディ・イメージ障害)を持っていることが明らかになっている。

 ボディ・イメージ障害は、本来健康的な体型なのに、勝手に太りすぎや痩せすぎであると思い込んでしまう障害だ。

 また若い男性の3人に1人が過去にダイエットした経験があることも分かった。そうしたダイエットは太っているわけでもないのに行われているのである。

 少年や若い男性が、これまで考えられていた以上に、自分の体のイメージに悩んでいることをはっきりと示唆する結果である。

iStock-657020526_e

スポーツ選手のような体になりたくて・・・

 その結果筋トレにとりつかれてしまうわけだが、そうなった男性は、うつ病リスクはもちろん、週末に深酒をする傾向があることもわかった。更に、合法・違法サプリメントやステロイドの使用する確率が4倍アップするそうだ。

 「胸の筋肉が足りない」「筋トレをサボると罪悪感が……」「ステロイドでも飲もうか考えている」

 こうした発言は、今回研究の対象となった18~32歳の男性2460人を対象とした研究で聞かれたものだ。

 多くの若い男性がスポーツ選手のようなムキムキの体になりたいという願望を持っていることが窺える。

 「仕事、学業、家庭を大切にしなければならない普通の若い男性の理想の体型が、サッカー選手のような職業アスリートのようなものになってしまうことは問題です」

 「(サッカー選手の)ロナウドのような体になるには、フルタイムの仕事のように筋トレに励まねばなりません。でも、彼はスポーツでお金が稼げるほんの一握りの人間なんですよ」とノルウェー科学技術大学のTrine Tetlie Eik-Nes氏は話す。

 「女ならスリムでくびれウエスト。男なら広い肩幅とムキムキの筋肉。最近の若い人たちはこうした狭隘な理想の中で育ちます。でも、女性にとっても、男性にとっても、現実的なボディイメージではありません」

man-461195_640_e

筋肉は女性にとってのお化粧のようなもの

 これまでの研究からは、太りすぎか痩せすぎの少年は、若い男性の中ではボディ・イメージ障害を発症するリスクがもっとも高いことが分かっている。

 このことは、ムキムキの体になりたいという男性の願望は体重とは関係がないという今回の研究の結果からも裏付けられている。

 Eik-Nes氏によると、筋肉に取り憑かれた男性にとって、それは一種の化粧のようなものだという。

 彼らが体を鍛えるのは、スポーツの成績を伸ばすためや健康になるためではない――筋肉を鍛えるために筋肉を鍛えるのだ。

 また自分の体に満足できない人たちは、学歴とは関係なしに存在する。むしろ高等教育を受けた人々こそ、自分の体に満足していないことが明らかになっている。

男子の筋トレは女子のダイエットと同じ

 「どうにかしてムキムキにという気持ちは、若い男性がまだ生き方をきちんと理解していないのに、分かったつもりになっているサインです。女の子が太らないよう食べては吐くという行為を繰り返すことがありますが、男の子の場合、極端なくらい筋トレをしてしまうような感じです」

 Eik-Nes氏は、運動自体は健康にいいと念を押す。だが、それにとりつかれ、生活の中で何よりも最優先されるようになれば問題だ。

iStock-997752170_e

 「自分のお子さんが、毎日ジム通いをして、鶏肉やブロッコリあるいはプロテインやサプリメントしか口にしないようなら、注意が必要です。彼らの話す話題が筋トレばかりなら、親御さんは話し合う時間を設けるべきでしょう。たとえば、何のために運動をしているのか? と訊いてみてください」

対岸の出来事ではない

 なお今回、調査の対象となったのはアメリカ人の若い男性だ。しかし今日、西洋世界における文化や模範となるモデルは、ほとんど同じようなものだ。

 Eik-Nes氏はノルウェー人だが、同様の調査をノルウェーで実施したとしても、同じような結果になるだろうと予測する。西洋世界の価値観に慣れ親しんでいる日本も他人事ではないだろう。

 この研究結果は『International Journal of Eating Disorders』に掲載された。

References:Men who are obsessed with body image struggle with binge drinking and other woes

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52267490.html
 

こちらもオススメ!

―料理・健康・暮らしについての記事―

オランダの小さな蒸留所発。チューリップの球根からできた珍しい「チューリップ・ウォッカ」がナウオンセール!
最先端の便秘治療。モーター内蔵のカプセルを飲み機械的な刺激で便意を引き起こす「バイブラント・カプセル」
ニュースの数字に騙されないために。3つの統計原則を知りデータを見抜く方法
秋から冬にかけて発症するうつ病「季節性情動障害」発症のリスクを高める遺伝子が特定される(米研究)
アメリカのナッツ専門ブランドがビール界に初進出。ピーナッツ風味のビールがイリノイ州の一部で販売中

―知るの紹介記事―

美少女すぎる12歳の少年。完璧なメイクアップで妖艶な雰囲気を演出(タイ)
お金に困っていた未亡人女性がガソリン代を全部小銭に支払おうとしていた。それを見た男性が愛ある行動に(アメリカ)
筋トレに取り憑かれた男性はうつ病のリスクが高まる(ノルウェー・アメリカ共同研究)
チャッキーかな?母親からクリスマスプレゼントにもらった不気味な人形がボーイフレンドを襲う(ペルー)
検挙率に大きく貢献しギネス記録保持者となった法医学アーティストの描いた犯人の似顔絵と実物比較画像
筋トレに取り憑かれた男性はうつ病のリスクが高まる(ノルウェー・アメリカ共同研究)


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

フィットネスジムだけで体を鍛える人は「引篭もり」と一緒だよ。一空間で全部完了するから。それも同じ考えの持ち主が集まるから、一層酷くなる。筋肉ばかり付いて生活すら異常をきたす様になる。結局、筋肉だけ付ける人ってどこか「ニート」に似ている。運動なんて屋外でも簡単に出来ます。ママチャリでも1時間.2時間と走れば体力付く。筋肉バカほど自己満足しか居ない


というかうつ病になりやすい思考ルーチンを持ってる人が強迫観念的にのめり込みやすいんだと思うわ、たぶん筋トレ関係ない


健康とか体力のためじゃなくて、筋肉をつけるためだけに筋トレしてるような人ならそんな傾向があっても不思議じゃない


そもそも体作りを真剣にしている人はアルコールを摂取しない。筋トレに無理やりこじつけたいだけだね。


歳をとると意識的に運動しないとあっというまに体がたるんでのぅ…サボりグセもつくから、やや過剰気味に運動するくらいのつもりでないといかんと思う。 個人の価値観によるけど、鬱病リスクより中年太りによる(周りの目や健康被害等の)弊害のほうがよほど、大きいと思う


努力できないガリガリかおデブの言い訳にしか聞こえないよ。


バーベル買って好きなペースで筋トレしてたけど、最初はすぐに筋肉が付くから面白いんだよね。でもある程度付くと計画的に負荷を掛けていかないと付きにくくなってくる。そうなると予定してた筋トレが出来なかったときに妙な喪失感が湧くんだよね。今日サボったことで数日分の筋トレを無にしてしまったのではないかって感じの喪失感。最初は健康が目的だったのにね。


ああ・・・昔の自分だわ。体脂肪測定の数字気にしたり、雑誌ターザン読み漁ったり。筋トレやめた今は腹ぶよぶよだけど気楽に過ごせてる。


意外とチャラチャラと陽気な体育会系みたいのばっかりじゃなくて内向的な陰キャみたいなの多いよね自分が高尚だと思いこめる趣味ならなんでもいいんだろうね


おそらくだが、一種の依存状態に陥っているからだろうな。アルコールやドラッグに依存するよりは遙かに健康的だろうが、それでも、依存は依存だからなぁ。  依存状態にさせているストレスの根っこを絶たないとダメなんだろう。 でも運動や筋トレ、それ自体はストレス発散には効果的だし、生活習慣病の改善にもなるから、メリットはメリットとして存在する。


筋トレ続けてると、やがてそれが生活の一部になるんだよ。いわば「歯を磨く」ような、「風呂に入る」ような感覚。これが依存なら全ての行動が依存だと思うけどなぁ…


筋力に比べて精神力が貧弱すぎひん?


武田真治さんも、筋トレする理由として妙なことを言ってた気がするが大丈夫だろうか


筋トレ辞めたら今まで頑張ってきて育てた筋肉が落ちるから辞められないという一種の強迫観念はあると思う。そもそも理想のボディになりたくて筋トレ始めたんなら付けた筋肉は一生残しておきたいと思う気持ちも理解できるわな


まあ「何かをするために筋肉が必要だから筋トレをする」って用途の方で目的意識があった方がいいのかもね。強い体を作る、とかどこまでだよって話だし。なんていうか「埋める為に穴を掘る」みたいな感じでもある。


筋トレ民のヒステリー具合からみて確かに納得。フェミ、ビーガン、共産党員、筋トレ民、気が狂ったように他人を攻撃する輩。


過度な筋トレにのめり込むのを止めるなら、男性だけでなく女性にも注意喚起すべきでは?あと、これって単に過度に筋トレやってテストステロン値が下がっただけじゃ?


マッスル北村のようにストイックにやりすぎて餓*る人がいる*


「筋肉は女性にとってのお化粧のようなもの」と書いてあるんだから化粧しすぎると鬱のリスクも高まるんだよね?


体や心に良い運動てのは散歩やストレッチ程度の運動の事で、それ以上の運動はストレスの元、活性酸素により老化の原因等滅茶苦茶体に悪いからな。ダイエットにしても過度な運動はそりゃカロリーは消費されるけど即リバウンド行きだし


>らっきぃ☆アナゴさんへ いや、アナタの言ってることも正しいんだけど、私が考えるのは、何らかの逃避とかで過剰に筋トレに期待や依存してる状態がまずいっていう主張です。例えば会社のストレスのせいで自宅でアルコールを飲みまくるとかのパターンまずいよねっていうのと一緒。らっきぃ☆アナゴさんのように生活の一部で、自分でコントロールしている状態なら、健全かと。


強迫観念を持つタイプの人が筋トレにガチハマりしたらヤバイってだけの記事じゃん、別に対象が筋トレじゃなくても同じ事


マッチョ体型の男性は明るい方が多いように思うのだけど。元々そういう思考に陥りやすい人なのでは?


まあ、何事も程々が一番だよね…。


引きこもったりぶっ弛んだり*じゃったりするより100倍マシだと思うが。


程度の差があれ○○をしないと禁断症状が出るというのが依存症だと思うね。コメントにある風呂の例だと1日3回は必ず入らないと気が済まない。徹底的に肌をこすらないと気が済まない。なんかだと思うね


要するに完璧主義者がうつになりやすいってことだよね。


根はネトゲなんかと同じやね。今まで積み上げた分を台無しにしたくないからサボれなくなる→強迫観念に変わる。私も月・木が上半身、火曜が下半身でトレやってるけど仕事で出来なかった日はなんか焦るもんw


筋トレ民がネタっぽく使う「筋肉は自分を裏切らない」って言葉からほのかな闇を感じてた


自分も筋トレを生活習慣に取り入れているが、登山のために必要な身体能力を維持するためだからなぁ…、必要な身体能力さえあれば体形とかはどうでもいい、そのくらいのいい加減さがあれば心身の健康に貢献すると思うぞ。


筋トレサボると罪悪感…ありますねぇ!まぁマッシブになりたいわけじゃないから鬱とは無縁っぽいけど。


わかる、筋トレってやってもやっても終わりがないっていうか、健康のための体「作り」なのに筋トレに取り憑かれて不健康に体「壊し」してる人ばっかり、プロテインがぶ飲みし始めたらアウト


1人ぼっちで筋トレやってると鬱になりそうだよなぁ。筋トレは友人とやったほうがいいよ。学生時代に部活でやった筋トレで鬱になったやついないだろ?論点ずれるけど、話し相手がいるかどうかだと思うの


「健全なる精神は健全なる身体に宿る」なら、追い込みすぎじゃないかなと


「筋トレをサボると罪悪感が……」「ステロイドでも飲もうか考えている」ここまでいくとたしかに精神に悪影響が出てるな


身体はムキムキなのに思考は貧弱ってのも皮肉な話だ




この記事へのコメント

人気記事