ついに「不気味の谷」を超えたか?24時間戦える人間そっくりの人工知能(AI)がニュースキャスターになる時代に


ai1


 中国の国営通信社・新華社通信はこのほど、2人の新人ニュースキャスターデビューさせたようだ。

 中国語担当の男性と英語担当の男性がいて、どちらも人間そっくりのビジュアルの、AI(人工知能)のニュースキャスターだ。

 人間に近いが100%ではないロボットに嫌悪感を抱くことを「不気味の谷現象」と呼ぶが(関連記事)、ここまで人間そっくりだとついにそれを超えたかな?

―あわせて読みたい―

不気味の谷への挑戦再び。最新型のロボットに顔をつけたところヤバイ感じに...
不気味の谷、超えたかな?イタリアの科学者が開発した子供型自律走行ロボット
不気味の谷越え、ロボット人体頭部の表情の動きがすごくリアル
人間は不気味の谷を克服し、アンドロイドと恋に落ちることは可能なのか?
ロボットが人間にどんどん近づいてくることで起きる「不気味の谷現象」を検証してみる

実在の人物をモデルにした人間そっくりの見た目

 新華社通信が中国の検索エンジン会社・Sogou(搜狗)と協力して作り上げたというAIニュースキャスター

 11月初旬、浙江省烏鎮で開催されたワールドインターネット・カンファレンス(World Internet Conference)で初公開され、その人間そっくりぶりが大きな話題となった。

 AIニュースキャスターに使われている技術についてはっきりしたことは分かっていないが、実在するニュースキャスターニュースを読み上げる映像をレンダリングしてデジタル合成したものと見られる。

 なのでヒューマノイドタイプロボットというわけではなく、あくまでも映像で合成されたヒューマノイドのようだ。

 「中国語担当」はQiu Haoさん、「英語担当」はZhang Zhaoさんをモデルにしており、それぞれにかなり人間に近づいた感じになっている。

ai2


24時間戦えるAIニュースキャスター


 新華社通信はAIニュースキャスターについて、
彼らはさまざまな場所で24時間活躍することができる。そのため、ニュース制作のコスト削減や効率アップにつながるだろう。我々は彼らを立派なメンバーとして認識している

コメントしている。

 YouTubeで公開されている「英語担当」の自己紹介を視聴する限り、見た目は人間にかなり近づいてはいるものの、表情や喋り方がロボット寄りかな?

ai3


「ディープフェイク」がますます容易になる可能性も


 しかし、これを技術の進歩と喜んでばかりはいられないようだ。

 海外サイトによると「ディープフェイク」がますます容易になることを懸念する声もあがっているらしい。

 「ディープフェイク」とは、偽物とは簡単に見抜けないほど作り込まれたニセ動画のこと。AIを使って自然に画像合成が行われるため、偽物とは気付けないことが多いそうだ。

 今回のAIニュースキャスターのような技術が一般的になれば、有名人の顔を使って偽物の情報や偽物のニュースを流すなど悪用することだってできてしまうわけだ。

 新華社通信のAIニュースキャスターだって、画面越しにパッと見ただけだと、AIって気付かないかもしれないものね。この技術がさらに進歩すると・・・そら恐ろしい気もするな。

 話は変わるが、私が今お気に入りの漫画、ORIGIN (ヤンマガKCスペシャル)は、最先端の技術を駆使して作られたヒューマノイドロボットが、戦いと守るべき人を通して人間の感情を育てていくというストーリーのSFアクションものだ。

 「セントラルドグマ」がロボットの生き方にどういう影響をもたらすのか?何をきっかけにロボットは感情を持つようになるのか?とか見事にポイントをとらえていて、「今、目の前にある逃げたいもの」から現実逃避するにはもってこいの作品なのでおすすめなのだ。

 てかロボットが現実と向き合っているのにお前は逃げるのか?とか言わないでロンリネス。

References:Mashable / YouTubeなど / written by usagi / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52268046.html
 

こちらもオススメ!

―サイエンス&テクノロジーについての記事―

鳥だ! 飛行機だ! いや、ジェットマンだ! ジェットの翼で空を飛ぶ戦闘機の元パイロットチーム
不思議と謎があふれている。地球上にある15の「なんだこれ?」
「アレクサ、犯人は誰?」殺人事件の現場にあったスマートスピーカーに出廷命令が出される(アメリカ)
ダチョウの脚がモチーフの美脚二足歩行ロボット「キャッシー」がスターウォーズのAT-STのコスプレ姿を披露していた!
こういうの好き!週末の48時間で高速道路の下に70メートルのトンネルを作る工事を早回しで

―知るの紹介記事―

いつ食べたいかで方法を選べる。固いアボカドをやわらかくする5つの方法
交通事故で入院中、隣人に愛犬(セラピー犬)を預けたはずが、たらい回しにされ行方不明に。ついに感動の再会。
国際宇宙ステーションで潜在的に危険な細菌が発見される
オランダの刑務所事情。受刑者不足で閉鎖が相次ぎ、ホテルやアパートへの改装が進む。その理由とは?
完食したら賞金6万4千円ゲット!いまだかつて成功者なしの直径約81cmの超巨大ピザ(アイルランド)
ついに「不気味の谷」を超えたか?24時間戦える人間そっくりの人工知能(AI)がニュースキャスターになる時代に


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

超えたというよりベクトルが違う気が…


そもそも現実の人間に寄せる必要があるのだろうか… 他の分野ではより人間に近い者が求められる場合もあるんだろけど


表情等の造形の話であって、肝心の人工知能の方は決められた受け答えしかできないって言うね


ホントにターミネーターできるかもな


AIのもつ意味が許容限界を超えていると思う今日この頃です。


成程 適当に*要素を混ぜて 不気味の谷を回避か で・・誰得?


不気味の谷を越えたとは思わん・・が、誰が見ても美男美女という、ある意味において理想像を目指そうとすると、むしろ不気味の谷は深まるのかもしれんな、とは思った。


声がイメージと違う


不気味の谷って「人間に近い存在が人間と違う行動をする」から起きる現象なんだけど、人間に近づけただけ起きるわけじゃないし、100%に近付けば消える訳でもないんだよ


ボイスチェンジャーは、今、どのくらい、多種多様、可能なんだろ、声の人工技術


軸が安定しすぎだろ。


で、都合が悪くなると「俺は今人生について考えているんだ」って言うんですね解かります。←中国で政府批判につながる事を言いそうになった時の回避方法


中国が製作した所為か、顔付きが中国人っぽいな。


明らかに強烈な不気味さを放ってるんだが。人間はこんな風に一定の幅で体を揺らさないし、目線が一定であることも無い。全てが何かの枠内で決まってる動きだ


ニュースキャスターは真っ先にAIになると思ってた。今は人間でも同じように淡々と読むだけだし


『“人気アニメキャラでこれをやろうずw”』


あっ!それただの、Vtuberか・・・・w


最後に自分のお気に入り漫画の宣伝をぶっ込んで行くスタイル


歌って躍ってもらってもいいですか?


キャスターに人間性は必要ない。淡々と情報を読み上げるのが本来の仕事なんだから。キャスターがヘタに個人の主観を交えてニュースを伝えると情報の純度が下がる。


責任の所在を、より不鮮明にできる利点


もっと可愛いのが良い


一方日本ではアニメキャラがニュースキャスターになったという


男はいらぬ(´・ω・`)


実は私もAIなのです。


このモデルが流出したらフェイクニュースし放題


ウェザーロイドは?


すっげえなコレ…


その漫画の方が気になるわ


ボトムアップ型をどうぞ。


「人工知能」とかいう表現のせいで余計に期待されて本人も緊張してるだろうな…


ほーすごいなぁ


これ実は本物の人間にAIモデルっぽくしてもらってるんですよwwwって言われても、もう区別つかないレベルだな




この記事へのコメント

人気記事