植物にウサギのDNAを混ぜたら「生きる空気清浄機」になった 


Point
■室内用の鉢植えのポトスにウサギの遺伝子を組み込むことで、空気中に含まれる揮発性有機化合物を分解し、無害の副産物に変える植物が誕生
■動物の肝臓でアルコールが分解されるプロセスを活用し、2E1酵素の遺伝子のコピーをポトスに注入
■この技術は、多くのエネルギーを必要とせず、環境に優しい

ハイブリッドな空気清浄機の登場です。

室内用の鉢植え植物にウサギの遺伝子を組み込むことで、空気中に含まれる有害物質をろ過する植物が生まれました。この新技術は、動物の肝臓でアルコールが分解されるプロセスを活用しており、住環境をより安全なものに変えてくれるでしょう。

住宅などの建物の中には、ベンゼンクロロホルムなどの微細な汚染物質「揮発性有機化合物」が蓄積しています。揮発性有機化合物は、人間の日々の活動やタバコや家具などから発生します。これらが空気汚染を引き起こしているという事実は見落とされがちですが、実はガンの要因になるほど人体に有害なのです。

ワシントン大学のスチュワート・ストランド氏らは、遺伝子操作技術と、哺乳動物が自ら生み出す「2E1酵素」が有害物質を除去する作用を利用して、これらの汚染物質を除去する物質を開発しました。この物質は、ベンゼンクロロホルムを分解して、無害の副産物に変える作用があります。

Greatly Enhanced Removal of Volatile Organic Carcinogens by a Genetically Modified Houseplant, Pothos Ivy (Epipremnum aureum) Expressing the Mammalian Cytochrome P450 2e1 Gene
https://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/acs.est.8b04811

わずか6日間で汚染物質が検出不可に!2E1酵素の驚くべき効果

2E1酵素は、ヒトを含むすべての哺乳動物に共通して存在しますが、肝臓がアルコールを分解する際にのみ生産されます。そこでストランド氏らは、この酵素が動物の体内に限らず、空気中の汚染物質からも私たちの体を守る作用を、植物に掛け合わせることで実現できないかと考えました。

研究チームはまず、ウサギの2E1酵素と同じコードを持つ遺伝子のコピーを作成し、家庭用の鉢植え植物としてポピュラーなポトスに注入。するとあっという間に、ポトスの各細胞が2E1酵素のミニチュア工場に早変わり。「緑の肝臓」が誕生したのです。

次に、この装置の「生きる空気清浄機」としてどの程度機能するかを確かめるため、彼らはベンゼンクロロホルムで満たしたガラス菅の中に装置を入れてみました。その結果、わずか6日間でクロロホルムは事実上検出不可能な値まで下がり、ベンゼンは8日間で4分の1に減少。驚くべき効果です。

比較対象として、遺伝子操作を加えていないポトスでも同じ実験を行ってみたところ、汚染物質の量には一切変化が見られませんでした。

ストランド氏らは、この装置の家庭での実用化に向け、タバコの煙や床材などに含まれるホルムアルデヒドなどの別の有害物質に対する効果を調査しているところです。また、別の遺伝子を掛け合わせたらどんな効果が現れるかも調べています。

これらの汚染物質は安定しているため、単に除去しようとすると高エネルギーの処理が必要になるそうです。それに比べて、汚染物質の分子を分解する酵素を一つの植物にまとめて入れてしまうこの技術は、省エネで環境に優しいのです。

また、「遺伝子操作を加えたポトスが拡散して、生態系に変化をもたらすのでは?」という懸念の声もありますが、ポトスは温暖な気候では花が咲かないため、遺伝子操作を加えたポトスの花粉が野生のポトスに受粉する危険性は低いとのこと。良いことばかりです。

 

ただでさえ、私たち動物が生きていくために不可欠な酸素を生み出してくれる植物。それに加えて、空気までも綺麗にしてくれるなんて、ありがたい限りですね。

 

植物は「おさわりNG」だった。遺伝的防衛反応が明らかに

 

referenced: independent, bgr/ written by まりえってぃ / edited by Nazology staff

 

植物にウサギのDNAを混ぜたら「生きる空気清浄機」になった 


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

耳寄りな話ですな


これは・・・バイド?


有害物質を取り除くウサギかぁ


>>これは・・・バイド?  魔道力学までは入ってないのでセーフ


いや、植物の話だろ…


ウサギの「肝臓にある酵素の」DNAじゃねーか。まーた誤解を招くタイトルをつけよってからに


勘のいいガキは嫌いだよ的ななにか


君のような勘のいいガキは嫌いだよ


パックンフラワー作れそう


ドラクォのニーナかな


沢口靖子とバラのDNAも混ぜよう


これがストレイキャット誕生への第一歩であった


そのうち本気でビオランテ作りそうな記事だなこれ・・・


アルバトロス配給のモンスターパニックにありそう


話しかけないと死にそう。


455< G細胞も入れないと。


ウサギソウに怒られろ


どこに導入したのかわからんが…多肉植物に導入してC4回路と一緒に動かしたら量産できるんかな?


なんちゅーもん作るんだ。こええなあ


後の空調怪獣ウサギフラワーである


薔薇に強い怪獣の遺伝子組み込んだら枯れなくなってよくね?


人体錬成でもやりだしそうだな


兵器転用までの道程は意外と短そうだな…


SFと混同して騒ぎ立てる人のヒステリーなんか気にしないでこの手の研究はどんどん進めてほしい。本当に心配するのはSFが現実のものになってからくらいでいい。


冗談抜きでバイオハザードが現実味してきたな‥既に起きてそうな気もするが


詐欺の話じゃなくてウサギの話?


「鉢植えビオランテ」という単語が脳内をよぎった。


始まったな。青き清浄なる世界のために!


前に植物に触るとストレス反応を示すって記事があったが、うまくすると防犯植物とか作れるんじゃないか?


画像にとんでもないレベルの悪意を感じる。しかしいい研究だな


これで中国のDNA操作は非道だと非難するんだから人間って分からないよなぁ


植物に動物のDNAを混ぜたみたいな文章は翻訳元の記事みたいだから仕方ないとはいえ紛らわしい


何でうさぎなんだろ?他の動物じゃだめなの?


ポトスより肝臓を部屋に置きたいね。


ウサギ由来のDNAの一部を植物のDNAに組み込んだんだからタイトル詐欺ではないと思う


また生類創研か


ウサギを選んだ理由はなんだろう?全ての哺乳動物に存在するのなら、より肝機能が強い生物などののほうがよさそうな気もするけど…。


ウナギの遺伝子と空目した


成功例はどんどん報道されてくれ。失敗例は自分が*まで報道しないでくれ。


※にナウシカが出てこないあたり俺も年をとったな


ゴジラはいないし、ビオは大丈夫じゃね?(適当)


同じくウナギと読んでにょろにょろ動く植物でもできたのかと思った。


BOF5のニーナみたいな生物が生まれてしまうのか…


こういう技術が発展しすぎてある日突然変異が起こってからのーアウトブレイクからのーバイオハザードだろ、俺は詳しいんだ


植物に人の遺伝子を組み込んでバイオベースが出来てしまう(´・ω・`)


次はバラにゴジラ細胞のDNAだな


逆かと思った


観葉植物ウサギ装備


モンスターパニックものの導入部だな。


そのうち生物兵器がうまれそう?


収容しないと(使命感)


ウサギをウナギに空目した……


日生研「ごめん^^;」


腐海の植物より他作品出てるあたりオッサンになったなぁ


じゃあ植物の遺伝子を動物に・・・。倫理的にまだ駄目なのかな


無害の副産物ってなんだろう?


思い知るがいい!三角定規たちの肝臓を!!


パラジクロロベンゼン?


その内、沈墜勁使うヒョウモンダコや、ナルシストのホヤが見れる様になるな。


いっそオーガナイザー移植でも


DNA導入は生物学の世界ではわりと普通のことなんだけどなぁ。


日本はこの手の研究にさっさといも引いたからなあ。今はどうなんだろ。


>餠(※旧字体)>ウサギの「肝臓にある酵素の」DNAじゃねーか。 まさかとは思いますが、酵素にDNAあるとか思ってませんよね?酵素は生き物ではないですよ。


早食い卯から草食い柳に戻った!?


メタルマックス不可避


遺伝子操作を加えたポトスの花粉が野生のポトスに受粉する危険性は低いとのこと。ないとは言い切れません。


有害なほどVOCが溜まってる環境って普通はないだろうから「化学物質過敏症」だとかの人向けかね。詐欺商品が出てこないことを祈るよ。


あ、どっちかっていうとトイレとかの臭い物質を分解できるやつを作った方が実用的なんじゃないかな。でもトイレはふつう暗いからちゃんと育たないか。


生物と植物のDNA融合出来るのか・・・もうすぐ新生物の創造という神の領域までたどり着くんじゃないか?。こういっちゃなんだがバイオハザードの可能性が無くて人権や倫理的にアウトな事案(中国のエイズ耐性人間とか)でなければ勝手に研究が進むだろうし、やるんならとっとと庶民に恩恵をもたらして欲しいもんだ。


魔改造開始w


放射能分解するのも頼みます


そんなん造物主にばれたら叱られるぞ


祖父禿株のゴリ押しCMに出てきたキモ植物を思い出した… 「デザインチャイルド作製」自慢した中華研究者を笑えない日は意外と早く来るのか?


ゴリラのDNA入れて筋トレしまくりたい


異種発現もだいぶ進歩してきてるないずれは創薬により貢献できるようになるだろうな


色んな動植物に発光遺伝子組み込んでるし販売までされてるけど


この手の危ない遺伝子合成の研究なら、今までもアメリカでは結構やってたはずだけどね?話に出ないだけで。施設から検体が逃げ出して自然界に存在しない遺伝子がばら撒かれたら、冗談抜きでバイオハザード的な事になりかねないから、施設の研究員と検体の隔離具合がものすごいらしいけどね。


そのうち光合成の効率が数倍になった植物も生み出されるんだろうなぁ。人工光合成の成功とどっちが早いかな。


…そういや、『マッチョな牛』とか『肥大した魚』も今年話題になってたっけかw


クソみたいなタイトルやめろ。引用元ぐらいまともに読んでから書け無能。


植物のDNAをウサギに組み込んだのかと思ったゾ


ストレイラビット!もう一弾喰らわせろ!


植物のDNAを人間に移植してナメック星人みたいに光合成できるようになったら、体壊してまで働かなくても食うのに困らなくなってなんかのんびり暮らせそうだなぁ。とか唐突に思ってしまった。~~をモルモットにとか~~を植物にとかはそこそこできるのに、人体ではなかなかままならない難しさ


大丈夫か?そのうち瘴気を吐き出し始めないか?腐海に飲み込まれちゃうんじゃないのか!?


ストレイキャット(チラッチラッ


うーん、興味深いね。とても興味深い。


この技術使ってプラスチック分解する生物の遺伝子組み込んだ藻とか出来ないもんかね


???「おや?」


2E1酵素とやらをググっても100件くらいしかヒットしないんですがそれは


めざせ宇宙大怪獣アストロモンス!!


トリフィドの日は近い……


DNAは自然界でもウイルスが生物間移動させて進化促してるという。ただこう言う自然にいい触れ込みの新種はかつて導入時もてはやされた外来種と同じ道を辿りそう。


えええ……え、えええ……!? ええー……


ウサギを選んだのは、実験動物である、ある程度の大きさがある、哺乳類で扱いやすい、遺伝子研究が進んでいる方、とかそんな感じかね。たかが遺伝子組み込んだだけで生態系なんて早々壊れたりしないと思うがなぁ


コンニチワ、ケダモノ


わたくし根っからの文系で、高校での選択も化学だったから生物のことはまるでわからん! でも、記事というのはそんな人間にも誤解を生じさせないような文章で書くことが大事なのではなかろうか。(ふう、うまくごまかせたぞ~)


ビオランテ誕生の一歩手前


空気中から汚染物質は消えたが実は植物内で濃縮されていて…、的な展開になったりしない?大丈夫?


当時危険性が認識できず後日回収した薬品や素材あるよね?遺伝関係は拡散したら回収容易じゃ無いよね?危険性認識してからで間に合うのかって事で慎重にならざる得ない。


ビオランテ誕生への一歩で草




この記事へのコメント

人気記事