橋下徹三角関数は絶対必要な知識なのか


三角関数は絶対必要な知識なのかどうか。橋下徹氏の発言に対し、「三角関数絶対必要派」がネット上で猛然と批判を浴びせかけた。国民大多数の現況を顧みず、狭い自分周辺の感覚だけで物事を判断する人々はどこが危険なのか。天皇譲位が迫る中、橋下氏が本質的な問題を指摘する。プレジデント社の公式メールマガジン橋下徹の『問題解決の授業』」(1月8日配信)から抜粋記事をお届けします――。

■他のメディアには出さなかったコメントをここに書きます!

明けましておめでとうございます。今年も、このメルマガで、ちょっとひねくれた僕の視点から社会を論じていきます。単なる社会・政治評論にならないように、社会や政治を論じながらも、課題を見つけ出してその解決方法を探っていく《問題解決の授業》を展開していきます。よろしくお願いします!

さて、いよいよ本年5月1日には新天皇が即位される。

今上天皇の譲位にあたって、色々なメディアからコメントや寄稿を求められたけど、全て断った。各メディアは内容が内容だけにという理由などで取材料や原稿料は0円と主張してくるけど、こちらも時間を取られるので0円というわけにはいかない。さりとて、このような内容で金額交渉するのもいやらしいので、それなら、僕はメルマガで自分の考えを述べればいいやと思い、今号から書きます。

(略)

■三角関数は生きて行くために絶対に必要不可欠な知識じゃない

僕は大学生の頃は天皇制に反対だった。少し本を読みだした大学生にありがちな、青臭い頭でっかちな理屈を基にしてね。いわゆる大学という狭い世界に閉じこもったり、本を読んで知識を持っていることが立派だと勘違いしたりした者が、世の中を語るとおかしな方向に行ってしまう典型例。

そういうインテリ連中の多くは、国民のことを「大衆」などとバカにし、国民の感覚で政治を行うことを「ポピュリズム」と批判するけど、教育レベルがある程度高い国においては、自分たちは賢いと信じているインテリたちの感覚よりも、国民大多数の感覚の方が賢明なことが多い。

お正月AbemaTVNEWS BAR 橋下」のスペシャルで教育が話題になったときに、「三角関数なんて大人になってから使ったことがない。国民全員が絶対に学ぶべき義務教育と、さらに深く勉強する教育は分けて、後者は選択制にすればいい」旨、僕は発言し、その発言概要がネットで出回った。

そしたら僕を批判する連中が、世の中で三角関数は使われている! 建築、建設の現場で三角関数は使われている! 俺は料理をするときにも三角関数を使っている! 人生の選択の幅を広げるためにも三角関数は必要だ! 三角関数くらい人間の教養として必要不可欠だ! なんて喚き始めた。

中には、難しい数学の世界や物理の世界の話を持ち出して来て、「俺は三角関数を知っているからこういう話の面白さを理解することができるんだ、凄いだろ?」とその道のプロの学者でもない一般人が悦に入っているものも多くあった。

この人たちの話を聞くと、あー、三角関数を知っていることで優越感を持ちたいんだな、と感じたね。

三角関数が世の中で使われていることくらい、知ってるよ。僕が番組で発言したのは、「三角関数は世の中で生きて行くために絶対に必要不可欠な知識じゃない。国民全員が深く知っておくべき知識ではない。興味がわかないなら、無理やりやる必要はない。授業内容を理解できないまま席に着くことは拷問以外の何ものでもないし、三角関数ができないくらいで劣等感を抱く必要もない」ということ。

今回、「三角関数は、国民全員が絶対に勉強しなければならない!」「これくらいのことを知らなければ恥ずかしい!」と叫ぶ人たちの姿をみて、僕は「あー、こういう人たちは世の中のことをほんと知らないんだな」とつくづく感じたね。

三角関数なんか深く知らなくても人間的に立派な人、仕事を成功させている人、人生を謳歌している人たちはたくさんいる。むしろ、ここで三角関数は絶対に必要だ! と喚き散らしている人たちよりも、仕事面でも、収入面でも、生活面でも人生充実していることの方が多いんじゃないか? 僕は自分の人生の中で、そういう人たちをたくさん見てきた。だから「人生において三角関数は絶対に必要不可欠な知識ではない」と断言できるんだ。

ところが、一部狭い空間だけで人生を過ごしてしまうと、そういう人生の充実者に出くわすことが少ないのか、三角関数が絶対的なものになってしまうんだろうね。そういう知識を持っているか否かで優劣が決まってしまう世界しか知らなければ、なおさらだ。

そして、三角関数は万人が絶対に勉強しなければならないものだと言い張るような連中、すなわち国民大多数の現況よりも、自分の周辺の状況を絶対的な基準としてしまう連中が政治に携わってしまうと、多くの国民の感覚から乖離した政治をやってしまい、国民からソッポを向かれてしまう危険性が高い。イギリスをはじめとするヨーロッパアメリカ、さらにはブラジルまでもが、インテリ連中から言わせると「ポピュリズム政治」に陥っているらしいが、それはそれらの国々のインテリ気取りの政治家連中が、自分の周辺のインテリ連中に嫌われないようなカッコつけの政治をやってきた結果、多くの国民の感覚をすくい上げることができずに、いま国民からしっぺ返しを食らっているに過ぎないだけだ。

三角関数が世の中、特に理系の分野で使われていることくらいは誰でも知っている。しかしそれが、国民全員が知っておかなければならないことなのか、三角関数を知らない人たちは人生の敗者になってしまっているのか、多くの国民は三角関数を活用しているのか、という広い全体的視野を持つことが、国全体を動かしていく政治家に必要な能力だろう。一部インテリたちに好まれるような政治ばかりをやっていれば、必ず国民から痛い目に遭わされる。

■人生経験を積んで見えてきた「天皇制の意義」

ここまで政治の話を絡めて小難しく言わなくても、さっきも言ったように、三角関数を知らなくても人生に成功して、人生が充実している人をどれだけ知っているか、三角関数を知らなくても人間的に素晴らしい人をどれだけ知っているかという人生経験の多寡によって、三角関数の必要性についての認識が変わってくるんだろうね。

こういう三角関数的知識を重視する連中に限って、橋下は無知だなんだと罵ってくる。人生弁護士しかやったことのない弁護士、特にちょっとテレビコメンテーターを務めたことを自慢に思っているプライドの高い弁護士なんかがよく罵ってくるんだよ。会ったこともないお前らに無知呼ばわりされる理由はないし、こう罵ってくる連中よりも、僕は人生それなりの経験をして、それなりの勉強をしてきたという自負はある。あえて言うけど、こういう三角関数的知識重視の連中に限って、人間的な魅力がないんだよね。三角関数を深く知るよりも、まずはもっと世間を知れっていうんだよ。

僕が大学生の頃に天皇制に反対だった話に戻すと、司法試験の勉強を始め、憲法を突っ込んで勉強すればするほど頭でっかちになっていき、天皇制と憲法の矛盾に頭を悩ませるようになってきた。そして周囲も憲法を必死に勉強している連中ばかり。ほんと狭い世界で考えていたよね。そうなると現実の国民の感覚、社会の実際からかけ離れた方向にどんどん自分の考えが進んで行ってしまう。おそらく学者の世界ってこんな感じなんだろう。

天皇・皇室を特別な地位にすることは平等主義とどう整合するのか。天皇は政治的権能を有しないとしつつ、選挙で選ばれていない者が一定の政治的役割を果たすことは、国民主権とどう整合するのか。

日本の長い長い歴史や今の国民の感覚からかけ離れてしまい、ただただ憲法の世界の中で考えてしまう。そして人生経験が乏しいと、この憲法の理屈に引っ張られて、天皇制と憲法の矛盾を乗り越えられず、最後には天皇制反対となってしまうんだよね。

それが社会人になり、人生経験を積んで世の中がだんだん見えてくると、天皇制の意義を理解してくるようになるんだよ。

他方、学生でもないのに、いまだに天皇制に絶対的に反対している人たちもたくさんいるけど、そういう人たちは、頭でっかちの学生のまま大人になってしまった人か、人生経験が乏しい人なんだろう。まさに三角関数絶対必要派みたいに、多数の国民のこと、実社会のことをよく知らない人たちなんだろうね。

(略)

(ここまでリード文を除き約3200字、メールマガジン全文は約1万400字です)

※本稿は、公式メールマガジン橋下徹の「問題解決の授業」》vol.1341月8日配信)を一部抜粋し、加筆修正したものです。もっと読みたい方はメールマガジンで! 今号は《【迫る天皇譲位(1)】国民主権とどう整合するのか? 社会経験を積んで見えてきた天皇制の意義》特集です。

橋下徹公式メールマガジン「問題解決の授業」
【ご購読はこちらから→】 http://hashimoto.president.co.jp/
橋下徹と直接議論できるサロン橋下徹の激辛政治経済ゼミ』
【参加お申込はこちらから→】 http://ch.nicovideo.jp/toruhashimoto

※写真はイメージです(写真=iStock.com/Tom-Kichi)


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

職種による、


微分積分を解くときは逆に便利だったりする。さらに振動数、回転速度が何かを知る上では必要。


寺子屋で読み書き算盤で済んでた時代と、殆どが高校まで行く時代では、社会の基本的知識基盤が違う。三角関数は今の時代では基本的知識基盤にはいると思う。


義務教育に組み込むべきなのはネットリテラシー教育とか早急に必要なものも入れないと駄目だろうな・・・(三角関数も必要だけどさ)


公式は波形で使うならともかく計算で出せるという知識さえ知っていればいい 今はネットでも簡単に答えは出せるからな 趣味でたまに使うが毎度公式忘れるから助かってる その分の時間少しでも正しい近現代史や日本人にとっての皇室の意味や民族教育、詭弁を見抜ける国語教育、職業体験などに使う方がいい


そもそも義務教育の数学の内容に無い三角関数をなぜ持ち出したのか?


数学の成り立ちから考えると大前提に近いし、学んでもよいかと。ただ「絶対必要不可欠ではない」ってのは同意。だけど、それを言い始めると「絶対必要不可欠な知識」って何?って話になるけど。


実際に必要なくても可能性を広げるための教育は必要 高校生の時点で将来の職業が決まってる人なんてそう多くない


学んでほしいのは三角関数どうのではなく、「身近なものがどうなっているか不思議に思う気持ち」なんだぜ。それを学ばない人間は、周りの仕組みに従って生きるしかない。それを良くすることができると考えることすらできなくなってしまう。この筆者みたいに使わないから捨てちゃえ、と短絡的な発想をするようになる。


まあ、引力・電磁力・大きい力・小さい力など、過去の人たちは知らなくても何の支障なく生きてきましたからね。知らなくても生きてはいけますが、知らなければ過去の人以下、過去の人を超えるためには必要、という知識はたくさんありますね。でも、自分は知らなくても、隣の国の人には常識、というのは、どうでしょうかね?


単に三角関数重視の人が居る環境に居ないだけなのでは?あたかも普遍的なように言うのはちょっとなぁ。"賢明なことが多い"だとか、詭弁扇動一歩手前じゃないですかねぇ…まぁ弁護士政治家なんて古代ローマからそんなもんだけど。ただ本を数冊読んだ程度のにわか知識を振り回すスノッブが多いのは感じる。いやいつの時代でも居たんだろうけどネットや情報技術のおかげで目につくのは確か


曲線描くためには絶対必要ですわ


必要だぞ。司法、立法、行政この3点を結ぶ三角形の間に国民がいるのであって、決して、どれか一つだけが、頂点に立とうとすると、枠からハミ出る国民が出たり、三角形が極端な形の状態の枠の中で生き残らないといけないからな。バランス、突出してませんか?


三角関数よりも三角形の面積の求め方のほうが重要であるのは言うまでもない。学校で平行四辺形の面積の計算の仕方を、どう教えているのか、きちんとしたチェック体制が重要であるとも言える。


最低限の職業的分野と、専門的な学術的分野に、学問を大きく切り分け直す時期に突入したのかと。何の為に、算数と数学が分かれているのか。そういう普遍的な所に着目するのも面白い試みだと。


少なくとも橋下の様な*を確認する事が出来るなぁ、、、


今は、両班がコミュニケーション能力を駆使して、三角関数を研究している白丁奴隷の成果だけを、暴力でカツアゲしているようなもんだから、いらないよ。 もう中国に全部追い抜かれればいいんじゃないかなー


三角関数が不必要な職や生活を送ってる人が多いのは事実。また人生で必要になったことが無いと言う人も多いのも事実。この観点から見て学ぶ必要が無いと思うのは不思議でない。コメントに不思議だと思う気持ちを養うことが大事とあるけど正にその通りかと。でも今の教育の場ではそれがされてなく、ただ押し付けて覚えろ、テストで点を取れ、あとはもう必要ないになってるのが大問題かと


三角関数できなかったら物理できないじゃん


押し付けて覚えさせられただけでテスト以外に知識を使用した場が無いのであれば不必要だと考えてもおかしくはないよね。知識活用方法なんて教育されないし、しかもこういったところで使われてるだなんて誰も教えない。ただ「三角関数はこうだ。はい覚えろ。テストに出すからな」じゃ教育の意味とは?ってなる


義務教育に入ったとたん(小学校1年生)で、生涯の職を選択させ、そのための知識だけ勉強させられる。そんなディストピアじみた教育を望むのか?


生きていくのに必要な知識じゃないって?知識って生きていくためだけに絞ったら、色んな意味でものすごく貧しい人間になるぞ。それこそ法律だって「生きるのに必要な知識」になりえるのって橋下徹のような職の人間だけでしょ?人生を豊かにするために知識はあるのだから。


「三角関数」ならまだ微妙だからなんとか押し通せると思った? 実際は「This is a pen」すらいらないっつったんだぞ? 例文に向かって何言ってんだ?って話 じゃあ「1+1=2」も実際の社会で使うことないからいらないって言ってることになるね。


日常生活では不要な知識でも学校で教えないと、その道に進む子供たちがいなくなるんだから、学校で教えることは絶対に必要でしょ。


確かに必要ないからいらないって言いだすと、結構な数の人にとっては英語全否定が可能になってしまうなぁ……日常で触れる横文字や単語くらいは英語習わんでも理解できちゃうしな。まあ、教育内容の見直しも必要かもしれないけど議論は重ねるべきで、安易に必要ないからいらないはダメかと思う。


関数というものがあることは知っている必要がある。200円入れて、飲み物を買った際に、商品とおつりが出ることがすでに関数だからね。


将来役立つかは分からないけど、それが触れない理由にはならない。学校の授業は、大体はそんな感じ。


「義務教育と、さらに深く勉強する教育は分けて、後者は選択制にすればいい」?中卒でその選択ができるようなら、誰も人生後悔したり苦労したり*えだろ。今や高校も義務教育同然みたいな感じだが、大学で深く勉強する前に適性を探るワンクッションな訳で、高等教育が要らないってんなら中卒で頑張ったら良いんじゃないかね。確かに職種に応じては要らないよ


三角関数が理解できなかった*「生きるのに三角関数が必要か?」


それくらいは一般教養じゃねてかその理屈だとほとんどの学問いらなくなるけど習熟者の母数ないと学術は発展しないんじゃないかないつどこで必要になるかもわからんしな


なんで知識を無駄にした奴や先人の知恵に支えられてる自覚がない奴が判断の中心になるの?


一方、消費税課税に必要な原価計算の知識を有する割合が、全国民の1割しか無い件。


三角関数から政治批判に飛ぶのはいささかダイナミックすぎやしませんか…


三角関数を知ることが目的でなく、論理的思考を身につけることが目的なのではないか。


読み書きそろばん程度ができればよかった*一運転手だった俺が一次関数使う技術職に就いたときに本当に泣いたぞ。三角関数っていうか高校数学レベルの数式の解き方位は覚えておくべき。いつ何時ご利用になるかわからいよ。


知識あればあるだけ無駄にはならないでしょ。


「絶対に」は必要ではない。終わり。


関数なんかはもう和算でやってるぞ江戸時代は。橋下が国体の意味を知らない人間なのはわかったw


文系には不要!理数系には絶対必要!ただそれだけです。逆に六法全書を知らなくても弁護士はやれる!と言っているのと同じではないでしょうか。


では簡潔明瞭な反論を一つ「必修科目だからと言って、それらを完全に修得しなくても卒業できる」三角関数がわからなくても数学の成績が少し下がるだけ、興味がないならわからないままでも卒業には差し支えない。


tanとかおとといの講習会で使ってきたばっかだ。車両が安全に登坂可能な勾配の計算で。


勉強ってのは将来の選択肢を広げるために必要なもんで、選択肢によっては使わない物なんていくらでもあるけど選ばないのと選べないのは全然違う。三角関数は波形を扱う分野(音とか電気とかも含まれる)や3Dの制御(制御なんでプログラマ中心だろうけどゲームとかセンシングとか)とか工学系なら結構使う分野多いはず。


単に、頼りにする頻度が低いからプロに任せて良いのだ、くらいの話よな。橋下さんの職業たる弁護士と同じ。そういうものがある、という事だけ知っておけばよい。


逆にどんな選択しても必用不可欠な知識ってのはない気がする。国語英語も日本でコミュニケーションとるなら必要でも国外だと不要になるとか、そこまで言わなくても歴史知らなくても文字が読めなくても足し算引き算ができなくても、それなりかもしれないけど生活している人はいる。


三角関数に限らず定理や法則は人類が歴史的に獲得してきた財産なのだよ。パズルを解くようなテストの問題でやるだけなら三角関数はいらないんだと思う。けど、それら財産を基盤にして発展していくことを考えれば人類レベルで必要でしょう。


生活していくうえで必要不可欠かどうか、って話なんだからそりゃあ必要不可欠なわけがない。職種にもよるけど、三角関数なんて生活で使った人が国民で何割いるのやら。そんなの教えるなら別のこと教えろってのは理解できるよ


三角関数が何か分からない大人でも子供に勉強の大切さを教えられるようになったな。「こうならないために勉強しましょうね」と言うだけでいい


学校で教えることは世の中で生きていく上で絶対必要なものだけにすべきだとでも?橋本さんは大体賛同できる意見言うけどこれに関しては見当外れすぎる


単位が取れないと留年する可能性もある理系の人の気持ちも分かって欲しい・・・


三角関数は存在を知っていて、角度から長さ、長さから角度が求められることを理解している必要はあると思う。実際に頭で計算できる必要まではないかも。(そんなことは関数電卓にでもやらせておけばいい)


何を言ってるんやこいつ?そもそも必要不可欠な知識なんて多少の日本語と四則演算ぐらいやろ。数学で三角関数が全く不要になる領域ってあるんか?工学の分野では考えられないな……こいつが無知やから比喩が不適当なんやろな。もっとスパっとわかりやすく物言えばええのに


今は知らんが、三角関数は高等学校からの授業内容だったはず。つまりは高等教育なわけだからこれまでは絶対必要とはいえなかった。しかし、高等学校の無償化するにあたって、経済的な理由での進学不可ということがなくなったのでそれを知らないってことは*の証明になるので必須の知識です


文部科学省の指導要領に関して、これが絶対的な基準だと、信仰心の様に思いこんでいる学生は、きっと多いのではないか。三角関数教えるのにも、人件費などの負担を割かなければならないはず。


これは取り敢えず取って置くと言える物は、バッサリ切り捨てるなど、ある意味、要領良く判断するべき、予算の切り詰めであるかと思う。結局、何の為にあるのかで、裁いていく覚悟が必要かと。


ブラック企業に服従する従順さ以外、日本社会は何も必要としてない。


職業教育そのものを、否定したい訳ではない。単純に、労働の共産化、個性の画一化、という事でもないはずである。本当に必要なのは、我々が選んだリーダーを、きちんと助ける社会だと思える。


まあ知ってて損はない。


必要なことだけやってりゃいいんなら共産主義でもやってろ。学ぶということは必要があるかないかだけであるべきじゃない。そうだというのなら何故音楽の授業があるのだ?


バカのままで低賃金で働きたいならいいんじゃないのかなw(三角関数と微積分の概念位知らないと日曜大工すらままならんぞ・・・)


ある程度の枠組みの中で八割くらいは知ってないとまずいってのはあると思うけど絶対に必要な物なんてないんじゃないかな。絶対に必要な物以外全部切り捨てたら何も残らないと思うわw


究極読み書きすら生きていくうえで絶対に必要でもないからなぁ。困るだろうとは思うけど*ない*w読み書きできなくとも生きてる人いるわけだし。


数学ネタは定期的にバズるネタだからあえて振ってきたか?w 要は、三角関数を例に出してこれを難なく理解できたエリートさんたちが内輪のコミュニティだけで通用する価値観でもってものを決めると間違うよってことでしょ?算数・数学の教師だけど橋下さんに同感です。




この記事へのコメント