注目度 「ただ、愛がほしいから」…妻たちが不倫する理由


不倫の代償がどれくらい大きいのかわかっているけれど、でも止められない…。なぜかそういう女性たちは、「不倫」という行為を正当化しようとしている気がします。「いけないとはわかっているけれど…」みな一様に口をそろえてそう言った後に続く彼女たちの「不倫をしている理由」。

「そんなの言いわけだ」と言ってしまうのは簡単です。しかし、ここは一度、彼女たちの胸に去来するものを探ってみたい、そう思ったのです。

誰かに愛して欲しかった

小学3年生の男の子のママAさん(42 歳)は、高校時代の元彼と不倫関係になってから2年。相手の男性も家庭がある身。奥さんと中学2年生の女の子、小学5年生の男の子の4人家族なんだそうです。ふたりが再会したきっかけは同窓会。思い出話に盛り上がり、LINEを交換。LINEでやり取りしているうちに「今度飲みに行こう」という話になりそのまま男女の仲に…というパターン

子どもが産まれてから主人とは、お互い『パパ』と『ママ』になってしまったんです。私はたまには夫婦のスキンシップをはかりたかった。でも、主人が『そんな気になれない』の一点張り」子どもが小さなうちは子育てに手いっぱいでそれでもよかった、と語るAさん。「でも、40すぎたころから、『私は女として、このまま枯れてしまうのだろうか』と思ったらものすごくむなしくなったんです」

もちろん子ども可愛い子どもは何にも代えがたい宝物。でもその一方で、女性としての人生をこのまま終わりにしたくない…という気持ちも抱いていたAさん。「そんなときに現れたのが、彼だったんです」朝起きたら「おはよう、今日も仕事頑張るね」とLINEをしてくれる彼。「好きだよ」「キレイだよ」と言ってくれる彼。「彼が私の心の虚しさを埋めてくれているんです」

今、Aさんは毎日がとても楽しく、充実しているとのこと。「もちろん道ならぬ恋だということはわかっています。でも、彼のおかげで私は笑顔でいられる。女性って、いくつになっても「女」として扱ってほしいものじゃないですか?」

「LIMO[リーモ]の今日の記事へ」

彼の存在は、人生のご褒美

小学1年生女の子のママCさん(38歳)は、開口一番こう言いました。「彼の存在は、神様が私にくれたご褒美だと思っています」Cさんの不倫相手は、Cさんがパート勤めをしている職場の社員。10歳年下の独身男性なんだそうです。

「会社の飲み会があったときに、彼と帰り道が一緒になって。そのときに告白されました。私はまったくそんな気持ちはなかったのでびっくりしたんですが…。でも、『私のことをちゃんと見てくれている人がいる』と思うと嬉しくて、涙が出てきちゃって」

Cさんのご主人はこれまでに何度も浮気を繰り返していました。「発覚した当初は『もう二度としない』と反省した素振りを見せるのですが、のど元を過ぎれば…ですよね」あきらめたように笑うCさん。離婚は考えていないのですか?と問うと「娘が夫のことが大好きで…。大人の勝手で娘から父親を奪うことはできないな、私が我慢すればいいんじゃないかって…そう思ってるんです」

「幸か不幸か夫は、私にはまったく関心がないので、夫を欺くのは簡単です」そう語るCさんの表情は、どこか寂しげに見えました。「もちろん、このままではいけないと思っています。彼には未来がある。彼に何度も『俺と一緒になってほしい』と言われているのですが、『娘から父親を奪えない』とお断りしています。彼には『どうぞいい人ができれば、私のことは気にせずその人と一緒になってね、私には止める権利はない』とは伝えています。

でも、身勝手だとわかっているのですが、どうかそんな人が現れませんように、彼との関係が1日でも長く続きますように…いつもそう願ってしまっているんです」

まとめ

今回お話を聞いたおふたりに共通していることはふたつ。ひとつは、「女」であることにいつまでもこだわりたい、と思っていること。もうひとつは「誰かに愛されたい」という気持ちが強いということ。

満たされない、愛を感じられない毎日は確かに辛いもの。しかし、彼女たちの「今、満たされている」という言葉は果たして本当なのでしょうか?不倫相手と現実逃避すればするほど、毎日が虚しくなってしまうのではないでしょうか。



(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

とりあえずこいつらを死刑にしてくれない事にはとても結婚する気にはなれんな


普通にただの言い訳で草も生えない


離婚してから付き合えばいいじゃん


すいません、せめて40代以降は身の程をわきまえてください。


可哀想な自分に酔って都合の良い言い訳を垂れ正当化してるだけ。子供の為に生きろとか旦那と妥協した生活しろなんて言わんが、最終的に割を食うのは子供だろうに


もらってるのは愛じゃなくて性欲じゃないですかね・・・


愛って、何だ?ためらわないこ〜と〜さ〜♪(本能の欲求の赴くままにですかね)やはり宇宙刑事ギャバンの歌詞は深いわー。


欲しいのはスリルだろ、生活に刺激が欲しくて窃盗する高齢者と何も変わらん


若さとは振り向かないことだからな。若いわぁ・・・


病気だね。 妻として成長せずに恋人のままで成長が止まってる。 体だけ大人になって考え方が子供のままって人がいるけど、それと根本的には同じだね。 現状を受け止めずに良かった頃のまま成長してないだけ。


ほんと迷惑だから離婚して


欲深い人間はたいへんだね。


不倫は心の殺人です


人生にはグレーゾーンも大事。どうかこの人たちが誰も不幸せにすることなく自分たちの幸せを守れますように。


yukky >もしかして本物の不倫おばさんですか?


承認欲求ですよ。夫婦が年を重ねても、ちょっとした努力をして、外見の女らしさや男らしさを保ち、相手を思いやる言動もしていたら不倫は必要ないわけで。欧米ではわりと普通に努力してることなんだけどね。


こういうのは夫が不倫してたらキレるんだろうなぁ(笑。


わたしの母は私が幼稚園児の時に浮気して家を出ていきました。30年以上前の話です。


じゃあ夫が不倫しても文句言うなよ


不貞だからね。離婚理由になるんじゃないの?


餓鬼か。その年になってもソレなら一生下向いて引きこもって生きてろ。世に出てくるな


★様々な「愛」の形があってもいいと思う(*^-^*)。夫がブサイクであれば、その夫の遺伝子を残さずにイケメンの遺伝子を残してもいいと思う。イケメンの子供でもブサイクな夫の思い出があれば、その子供にとってお父さんはブサイクな夫ただ1人なのだから。遺伝子ではなく記憶や思い出で十分だよ。


酔ってんなー。人生の飲酒運転もほどほどにね。


不倫という形だろうと愛が欲しいのなら、まずは離婚してからにしてくれ。


とりあえず不貞は石打ちゾ


*たいから*たってかw記事読んでないが


子どもは何にも代えがたい宝物←こんなこと宣っている女が不倫してるとか草も生えない・・・


じゃあ結婚すんな


不倫なんかしても夫にバレて愛が哀(れ)になるだけなのに。


別にいいんじゃない?お互い(夫婦)にそれでよければね?ただし、その道の負債を子供に押し付けている事だけは自覚してね?(親になってるなら)頭空っぽにして読む系?のハーレム(逆も)系小説とか良い例、結ばれた結果で現れるだろう子供が一番負債背負うんだよ?(極端な権力財力等の社会的力がない限りは)周りに認められないってのはそういう事になるんだよ?


「ただ、愛がほしいから」で旦那が不倫しても文句言わないなら良いんじゃないですかね?(鼻ホジ)


都合よく股座ほじられることを「愛」というのか


この手の人間の言う「愛」ほど信用できないものもない


人間もどきの猿がいっぱいいますな自分の事しか考えないで愛を誓った相手を平気で裏切れるとか控えめに言ってこの世から消えてくれねーかなー


別に愛を欲しがるのは構わんが、既婚者の場合民事上違法かつ道義的にも論外なので、ちゃんと対価は責任と誠意を持ってしっかりと払えよ?


なお、旦那が不倫をすると旦那が悪いと罵り、自分が不倫をすると私が不倫するような事をした旦那が悪いと罵る模様。「愛がほしいから」と言う理由なら、不倫する前に旦那をちゃんと愛する事。旦那を愛すれば、旦那も妻を愛する。それを怠り私可哀想と自分に酔って家族を不幸にするバカだよ。


ロマンスで素敵!^^ってか?


まとめて**ども


女なのか母なのか、どっちなんだ?


愛が欲しいなら別れてからにしてくれ。


愛にできることは、まだあるかい♪(笑)


とりあえず、鏡見ろ*ども


女性誌はこんな下らないことを書いてお金がもらえるのですか


金も欲しいから離婚はしない模様




この記事へのコメント

人気記事