【驚愕】「まれにみる悪逆非道な犯行」と言われた事件も 判決が物議を醸した無期懲役裁判3選


 2019年は凶悪犯罪の裁判が多数行われ、その判決が何かと物議を醸した。特に世間を驚かせ、死刑が妥当と言われた裁判で「無期懲役」判決が下され、世間の声を司法が汲んでいないと批判が挙がった。

 そこで今回は、2019年に物議を醸した「無期懲役」判決について振り返ってみたい。

・熊谷6人殺傷事件

 2015年埼玉県熊谷市でペルー国籍の男が、住宅街に侵入し小学生2人を含む6人を殺害。凶悪事件として驚きが広がり、被告は死刑になるものと思われた。

 1審の裁判員裁判では、弁護側が被告には責任能力がなく心神喪失状態だったとして無罪を主張。しかし、裁判長は金を奪う目的で6人を殺害した上、証拠隠滅を図るような行動をしていることから、死刑判決を下した。

 ところが、2019年12月5日の控訴審では、被告が事件当時心神耗弱状態だったとして、「命を奪われた結果は重大で、責任能力の点を除けば、極刑をもって臨むしかないが、法律上の減軽をすることになる」と裁判員裁判を覆し、無期懲役とした。

 この判決に、遺族は「家族をなくしたことのない人間が法律だけで裁く世の中でいいのか」と憤る。ネットの反応も「統合失調症なら人を6人殺しても死刑にならないのか」「法律論だけで減刑していいのか」と怒りの声が上がった。

・新潟女児殺害事件

 2018年新潟県の路上で小学2年生の女児を誘拐し、わいせつ行為をしたうえ、殺害し、遺体をJR越後線の線路に載せ損壊するという非道極まりない事件が発生した。

 この事件で逮捕された男(25)は、裁判で傷害致死罪を主張。一方、検察側は死後硬直した女児を温めて性行為に及ぶなど、非道の限りを尽くしていることから「まれにみる悪逆非道な犯行」として死刑を求刑する。

 12月4日、新潟地裁は無期懲役の判決を下す。わいせつ、暴行、線路の上に死体を置き損壊するという極悪非道な行動を取ったとしても、法律論で「1人のみ殺害している」として無期懲役としたことに、世間からは異論が相次いだ。

 なお、この判決については、検察・被告側とも不服として控訴している。

新幹線殺人事件

 2018年東海道新幹線の車内で男女3人を死傷させた男(23)の裁判で12月18日、横浜地方裁判所小田原支部は無期懲役を言い渡した。

 この事件では、被告が「刑務所に入りたい」と事件を起こした上、逮捕後も反省の意思を示さず、「3人殺したら死刑だから2人にしておいた」などと話し、極刑に処すべきではないかとの声が挙がっていた。

 しかし、ここでも司法は「被告に前科がないこと」などを根拠に無期懲役とした。

 3つの事件は凶悪犯罪でありながら、精神障害や「殺した数」で刑罰を判断しており、「遺族感情の汲み上げや犯罪抑止に繋がっていないのではないか」との指摘がある。一方で、法曹関係者からは「司法は感情に囚われず法律に則って決められるものだ」と說明する。

 いずれにしても凶悪事件が多発する中で、抑止になっていない感もある刑法。その在り方について、考える時が来ているのかもしれない。

文 櫻井哲夫

画像はイメージです


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

日本の司法で卑怯なところって無期懲役ってのが期限なしってことじゃないところだよね。無期懲役って30年ちょいで出てくるってこと。米とか諸外国のように100年とかじゃないからな・・・弁護した人の近くに放流するようにしてくれ。特に性犯罪とか再犯多いんだから弁護士が責任とれよな。ゴーンとかも弁護した奴に責任とって欲しいわ


どーでもいいんじゃないのか?戦争だったら、敵を何百人何千人*ても違法性阻却事由で無罪だからね。違法性阻却事由も存在しているからね。人を*ても罪に問えない事案もある。


まぁ、韓国や朝鮮に蝕まれたような司法は、戦争による違法性阻却事由の無罪でも、ニダを*た許せないニダと言って法律を捻じ曲げるんだと思うけどね。


全部最近の事件だな。裁判官にも死刑廃止論が蔓延してんじゃないの?


まぁ、アメリカVS日本の司法だったら司法連中も逃げると思うけどな。総理大臣でさえ、過去に意味不明な死に方をしているからね。最近、アメリカは北朝鮮や韓国をよく思っていないからね。


だから私刑が生まれる


もっと被害者の「納得」に優先的価値を見出すべきだ。たしかに被告を死刑にしても*れた人々はかえって来ない。だが前に進むためには納得が必要なんだ。判例がどうのというなら、今こそそういう判例を作るべきだ。残された人々の未来のために。


今は退官したけど村瀬均みたいに裁判員裁判の死刑判決ひっくり返すのが生きがいみたいな判事いるからな


遺族感情を汲み上げると遺族の計らいで減刑される可能性もまったくないわけではありません。冷静に判断して遺族感情を元に量刑を計るべきではないと考えます。そもそも遺族感情が最高刑を求めるのは当然であって、それは検察の仕事です。検察の能力を超えて提出された証拠以上の裁量権を裁判官が振るえばどこぞの国の狂った裁判と同じ轍を踏むことになります。断じて認められません。


もう司法はAIメインに切り替えたら?機械的に判断すべき部分はAIに任せて感情部分を裁判官が軌道修正する程度で行けば疑問視される無期懲役の数も減るでしょ。ただし、AIメインの司法を行う時は基準となる情報部分を更新ないし変更する手順を明確に確立しないと古臭い価値観の判決ばかりになるけど。


余程の理由が無い限りは、一人*たら死刑で良いでしょ。裁判官が罪を軽減させたいなら、代わりに死刑になれ。被害者は*でやり直しなし、加害者は何故か更生の機会を与えるとか、どれだけ加害者に忖度してるんだ。


よほどの線をどこで引くかでまた揉めるだろうけどな。ここに挙げた事件はどれも「衝動的かつ計画的、残忍で更生の余地がない」から現行法でも死刑でいいはずなんだが


全く笑えないが「稀に良くある」という変な言い回しがしっくり来るくらいには、今の日本人の状態はねじれてる。そんな状態のまま外国人を受け入れをして大丈夫とは思えないが、明日には地震で壊滅するかも知れない国の心配しても無駄かな。


無期より重い刑は死刑しか無いからなぁ。死刑と無期じゃ刑の重さが全然違う。だから死刑を免れたら万歳三唱する奴まで現れる。無期と死刑の間にも無期より重い刑が必要だと思う。


「他人の人権を侵害したら自分も人権を失いそれについて加害者が抗議する権利はない」という思想がなるべく早く一般的になってほしい


たまにハンムラビ法典が正しく思えてくるよ、目には目を歯には歯を


こんな判決ばっかだといずれ遺族が加害者を私刑する司法への挑戦ともとれる事件起きるよ。そうなったら私刑された加害者は蔑まれ、私刑した遺族は拍手喝采で世間にも英雄として称えられるんだろうね。


この実例みたいに因果応報が成立してないから凶悪犯罪が減らないんじゃないの?


残念な事に裁判は加害者に無視された被害者の人権は一切考えず加害者の人権を守りながら開かれるから平等性の欠片も無い


1989年の女子高生コンクリート詰め殺人事件と比べりゃどれもこれもショボイ…猥褻略取誘拐・監禁・強*・暴行・殺人・死体遺棄事件でありながら犯人の当時未成年だった少年4人はその後出所して監禁や詐欺に殺人未遂やらかした上に過去の殺人事件の事を持ち出して脅迫すらやってるという死刑に出来なかった事が悔やまれるほどの酷さ。


ヤバイ事件起こしてるのにシャバに出てきてる凶悪犯が多すぎる。少年Aなんて小学生の生首を学校に置いて、切り裂いた口の中に犯行声明入れてたんだぞ


うん、刑法に遺族感情なんて一切関係ない。仇討ちではない事を理解しろ。


というか死刑にならないラインがかなり明確になってしまっている時点で、犯罪の抑止どころか増長してるでしょ。東海道の殺人は完全にそう


死刑を連発したら抑止力になるんですかね(笑。そういう人命軽視の風潮が凶悪犯罪を生んでいるのです(笑。


ここまで司法が無能だと司法は頼りにならんからって理由で私刑で加害者を*遺族や義憤に駆られた第三者もいずれ出てくるだろうね。そうなったとき司法はどう動くのかが気になる。


コイツらを税金で生かしとく理由は疑問だけどコイツらを死刑にしたからと言って犯罪の抑止になるかといえばそれもまた疑問…


私刑する奴がいればそいつも刑事罰を受けるまで。勝手にやれ。


とりあえず控訴されてる事件に関しては、最高裁で死刑の判決が出ることを願う。つか、さすがにこういう凶悪事件の判決は選挙の時に参考にするからな。しっかり頼むぞ。


まあ、司法がおかしいと言いつつ何もしない、出来ないバカしかこの国にはいないんだよ。去年、いい例が三件もあったってのにな。また、残虐な事件が起きて無期懲役判決が出た時に同じように何の役にも立たない言葉を匿名の場で吐き出すだけ。遺族のことを考えろとか、憤ってるフリをしてるだけで所詮他人事なんだよ。


↑お前も含めてな


>ゲスト それを理解した上で書いてんだからいちいち言ってくれんでもいいぞ


わいせつ、暴行、線路の上に死体を置き損壊するという行為より一人の殺害という点に重きを置くならもう人がさばいてる意味ねえだろ。AIにでもやらせとけや。


日本の無期懲役は無期限ではないってのがクソなんだよな。外国みたいに懲役100年とか200年ていう数字にして絶望感を味わってほしい。


村西とおるがハワイ撮影の件で340年求刑されたことがあったなあ…w


南米やアフリカみたいに日本で私刑が蔓延する事になってもおかしくないな。


最悪「自衛」するしかなくなりますね、あと死刑を「感情論だ」を振りかざしてマウントとる人は凶悪犯釈放される際にそっちに引き取ってください


正直な話、「考える事」すらやめるなら裁判を機械やAIに任せるべき、裁判員を*にするだけの裁判員制度も当然廃止で


情状酌量とか犯情・被害者感情・反省しているかどうかも量刑には考慮されるから、全般的に「法律だけで裁く」わけではないな。とはいえ1例目のは統合失調症であったかどうかと犯行の状況とに関連が無いから、ムリにこじつけて減刑してしまっている、言い換えると裁判所は統合失調症がどういうものかを理解しないままに判決を出している感がある。


「司法は感情に囚われず法律に則って決められるものだ」というのは正しいが、刑罰が犯罪者の更正のほかに(犯罪者を世の中に解き放つことによる)社会的リスクの低減や他の犯罪の抑制にあるのなら、その効果を充分に発揮できる量刑を科すべき。単純に既存の相場では計れない場合もあるだろう。そういったことを直感的に指摘するのを「感情」で片付けるべきではない。


無期じゃなく終身刑を導入して、維持費が賄えるのかって?そこは看守さんに頑張ってもらって「人減らし」するのさ、ケケケ


私刑だ仇討ちだと同情的に肯定する奴多いけど、犯人が誰なのか、どういう犯行だったのか、全ての事件で真相がはっきりするわけじゃないのにその元犯人に自分勝手に私刑を加える奴が出てきたら報復合戦になるだけだ。判決結果に社会が二分されるような性質の事件ならその事件に無関係の者同士の闘争にだってなりかねないって想像できないのかね。この連中は


ひとに危害をくわえることは、なにがなんでも悪なのだ


結局判決を裁判官が覆してしまうなら裁判員裁判なんていらないな


司法は感情に囚われず法律に則って決められるものだ この言葉は裁判員裁判と制度を全否定している。記事内のことには関係ないけど、情状酌量なんて言葉すら存在してはいけないと言ってるんだよね


オウムですらあんだけ時間掛けて全て解明したのか怪しいっていうか全ては分かってないんだろうしな、*たら死刑って脳死で判決下すと土壇場で実はこうだったって分かった時がやばい、そして弁護士や裁判官とかにあまり責任背負わすとそんな仕事誰もやらなくなって司法そのものが機能しなくなるからそれも出来ん


必殺シリーズが人気だった訳だ。


日本の刑法はあまりに刑罰が軽く被害者救済すらしない!故に、対価主義と贖罪主義を導入すべきである。1 対価主義にして、罪に価する刑罰を与える事を主眼とする。2 贖罪主義 犯罪者は自分の罪である刑期、被害者への賠償、贖罪をもって  許されるべきであり、特に賠償に関しては時効と賠償額の上限撤廃をすべき3 少年法の廃止は必須である。


>>憂国の士 今日も元気に逆張りガイジを頑張ってんな。人命軽視?むしろ人命を重く見過ぎて罪を軽くしてるせいで、凶悪犯罪が増えてるんだが*か?いや、*呼ばわりは、*に失礼か。


自分は別に場合によっては無期懲役でもいいとは思うが、犯罪者を血税で養う義理は無いから自分の食い分ぐらい自分で働いて稼げとは思う。ただ、永山基準とかいう化石賞レベルの基準は正直いらない。


裁判官「下級国民の判決なんぞ必要ねぇ!」


本当は全部死刑妥当のところを、建前は一応述べてるけど、実際のところは  「『羊達の沈黙』みたいに、サイコパス殺人鬼の心理を研究して、精神医療を発達させて、今後に役立てる」  のが本音じゃないかな? 先天的ならその原因・因子の解明、後天的なら治療法・完全更正法の確立、でも目指してる気がする。


なんだこのシャレにならない判決の数々は。辞めたらこの仕事




この記事へのコメント

人気記事