【問題提起】「既読スルーで返事しない」ほど痛い人はいない


明らかに連絡は届いているのに、「既読スルー」のまま返事をしない人がいる。ネットニュース編集者の中川淳一郎さんは「『気乗りしないオファー、断ることが明らかな打診には、一切レスをしない』という人は、“大人の中二病”をこじらせており、一言でいえば“痛いオッサン”だ」と断じる──。

■「大人は立派」なんて大嘘

幼い頃、「大人は立派なもの」だと思っていた。「大人はそれなりの分別と常識をわきまえた存在であり、だからこそ子どもは大人の言うことを聞かなければならないのだ」といったことを教えられた記憶もある。

だが、自分が実際に大人になってみてわかったのは、決してそんな立派なものではない、という事実だ。わかりやすいところでは、昨今話題の「あおり運転」だろう。いい大人が感情をコントロールできず、運転で怒りや苛立ちをあらわにする。痴漢や下着泥棒は「ムラムラして、つい……」と犯行動機を語り、街中や電車内で暴力行為に及ぶものは「ムシャクシャした」などと供述する。これのどこが「立派」なのだろうか。むしろ、子どもよりも未熟である。

自分のことを振り返ってみても、「酒はやめろ」と何度言われても飲んでしまうし、酒量がかさんで数年に一度くらいは路上で寝てしまったりもする。まったくもって、バカである。

■いい年こいて「痛い」ヤツがいる

かくして、大人といえども一概に立派ではないことを日々痛感しているわけだが、最近、「大人の中二病」とでも評すべき、くだらない自意識をこじらせたバカな大人が想像以上に多いと、改めて感じるようになった。

大人でも「ずぼら」「怠惰」「信頼感がない」「嘘つき」「約束を守らない」「ドタキャン癖」といった自分本位な一面が目につく人は少なくないし、度が過ぎれば呆れられたり、距離を置かれたりするものである。ただ「大人の中二病」の場合、周囲は「この人、いい年こいて、なんでこんなに『痛い』の?」と感じて、呆れるよりも憐れみを覚えてしまうのだ。

この「大人の中二病」について話を進める前に、「中二病」について軽く説明しておこう。まずはWikipediaからの引用である。

中二病(ちゅうにびょう)とは、「(日本の教育制度における)中学2年生頃の思春期に見られる、背伸びしがちな言動」を自虐する語。転じて、思春期にありがちな自己愛に満ちた空想や嗜好などを揶揄したネットスラング

また、ニコニコ大百科では「症状」として「愛想が無くなり孤独を好むようになる(いわゆる“孤高”)」や「突然ブラックコーヒーを飲みだす」などの振る舞いを紹介し、こう解説する。

〈共通するのは自分を良く見せようとする自己顕示欲、あるいは自己陶酔、少年期による心の悩みなどである(中略)「本当の自分を探す」等と言いはじめたら危険。即座に治療を開始する必要がある。〉

■「大人の中二病」、たとえばこういうケース

話を「大人の中二病」に戻そう。先日、私が実際に遭遇したケースである。

2019年10月、私はとある広告関連のイベントプランナーとして関わった。このイベントに、いわゆる「インフルエンサー」(SNSフォロワーの多い人)を招くことになり、知人のA氏にも声をかけることにした。

A氏はイベントで紹介する商品の周辺事情についてそれなりに造詣が深く、SNSではインフルエンサー的な立ち位置でもある。そこで、イベントの趣旨やギャランティの金額など詳細を明記し、メールで参加をオファーした。

私ともう一人のプランナーで手分けをし、当日は総勢20人のインフルエンサーイベントに呼ぶことになっていた。声掛けをした人はすべてリスト化し、参加について「○」「×」で整理。未確定の先約が入っていたり、業務状況次第で予定が流動的だったりする人たちには「まだ答えられない」を意味する「△」をつけた。

ノルマである20人を達成するべく、「×」の人が出れば別の候補をクライアントに提案し、その都度、呼んでも構わないか判断を仰いだ。

■皆がきちんとレスするなか、唯一、返信しない男

A氏も含め、最初に声をかけた20人のうち19人からは2日以内に「○」か「×」か「△」の返事が来た。そこで「×」の人数を考慮しつつ、「△」の人には「○月×日までにお返事ください」と確認のメールを送る一方、別の候補者にも声をかけていき、リミットの数日前までには19人の参加者が確定した。唯一、返信がなかったのがA氏である。

こちらとしては「Aさん、忙しいのだろう」と判断し、クライアントには「A氏は『×』ということにしましょう。あと一人は、責任をもって当日までに見つけます」と伝えた。仮にA氏が直前になって「○」と言ってきたとしても1人分のギャラが増える程度なので、予算のバッファー内で十分処理できる。

だが、最終的にはイベント開催時までA氏からの返事はなかった。とはいえ、20人目の参加者は問題なく見つけることができたし、イベント自体は非常に盛況だったので、クライアントも満足してくれた。少なくとも、参加者への打診や調整に関して我々に特段、問題はなかったはずだし、A氏に対して礼を欠くような振る舞いがあったとも思えない。

■「一切返事をしない」というポリシー

そうして、A氏から返事がなかったことなどほとんど忘れていた1カ月半ほど後、突然、A氏のことをよく知る共通の友人(X氏)から電話が来た。ちょうどその時期、私が精神的に落ち込んでしまったことをあるコラムで書いており、X氏はそれを読んでくれたらしい。

「最近、落ち込んでしまったそうですが、もしかしてAさんが影響していますか?」
えっ? 何の関係もありませんよ! なんだか突然、ドーンと気持ちが落ちてしまったんです。これまでも数年に一度くらい、この手の落ち込みを経験しているので、持病みたいなもの。大丈夫ですよ!」
「そうですか。ひとまず安心しました……。いや、実はここのところ、Aさんは『気乗りしない案件とか、断る案件には一切返事をしない』というのをポリシーにしているそうなんです。落ち込むときって、些細なことが原因になる場合もあるじゃないですか。もしかしてAさんからメールの返信がなかったことが、中川さんが落ち込んだ一因になったのではないかと心配になったんですよ」
「いやいや、そんなことは何も影響ありません。『Aさん、忙しそうだな』くらいの印象しか持ちませんでしたし、落ち込みには何も関係ないです」

こんな調子で、X氏とは簡単に会話を終えたのだが、A氏の妙なポリシーに関する情報は完全に寝耳に水である。そして湧いてきたのは「Aって『大人の中二病』の痛いヤツだな……」という呆れと憐憫の情だ。ちなみにA氏は、アラフォーのいい年をしたオッサンである。

■A氏の思考を想像してみると……

この「気が乗らない案件、断る案件には一切返事をしない」というポリシーから浮かび上がってくるのは、以下のようなA氏の思考だ。

【1】オレ様のようなすげー人間から、必ず返事をもらえるなんて思うんじゃねーぞ
【2】お前ごときがオレ様と一緒に何かをしようなんて、1兆年早いわ
【3】オレ様に「うん」と言わせたかったら、もっと条件のよいオファーを出せ
【4】オレ様は売れっ子なので、別にお前ごときから仕事をもらう必要もない。こちらにも仕事を選ぶ権利がある
【5】オレ様が手掛けている仕事のほうが、お前から来るクソ仕事より社会的意義がある

まぁ、実績や知名度などあらゆる面でユニークな、堀江貴文レベルの独自性を備えた人物であれば上記のような考え方でも理解できるところはあるし、こちらも基本的にはレスをもらえない前提で打診する。万が一、返信でもあれば「えっ? マジで返事が来た! ああ、よかった」となるだろう。

しかしながら、A氏はいくらでも代替が効く程度の存在である。当然、私としてもA氏に何かを依頼したり、連絡を取ったりすることは金輪際ないだろう。いま、どれだけ調子よく仕事が回っているのか知らないが、将来、お前に対してオファーが激減して実入りが減ったとしても、そのバカげたポリシーを実践し続けろよ、と思う。いやはや、それほどまでの実力派だったとはお見逸れしました。素晴らしいですね(棒)。

私の知り合いでこの話にピンときた方、おそらくあなたが思い浮かべている人物は、たぶんA氏で間違いない。A氏はおそらくこの数カ月程度のあいだに、多くの打診や相談に対して返事をせず、相手を困らせたりしているのだろう。

■「電話やメールはオワコン」とうそぶくオッサン

思えば2010~2011年ごろ、「オレは最近、連絡にはツイッターフェイスブックのメッセンジャーしか使わないんですよね。もう電話とかメールなんてオワコンなんで」などと得意げにのたまうオッサンがけっこう出現していた。これは「最新鋭SNS(笑)を使いこなすオレ、かっこいいぜ!」という自意識の表れだったのだろう。

ただ、この話でいうと、会社によってはセキュリティを考えて、独自ドメインからのメール送信と電話のみを外部との連絡手段として許可し、SNSのメッセンジャーでは業務上のやり取りを禁止している例もあるのだ。相手の事情や合理的な情況判断にもとづいて臨機応変にツールを使いこなすのが、本当の意味で賢いビジネスパーソンである。

これを「新しい時代の流れに即していないし、柔軟さに欠ける」「頭が堅い」「バカじゃないの」などと腐すのは簡単だが、相手には相手のルールがあるもの。そして、そのルールやポリシーをきちんと尊重しあえる大人どうしでビジネスをおこない、しっかりと利益をあげているのである。

■「大人の中二病」は、あまりにダサい

こうした「大人の中二病」的所業は、日々さまざまな場所で見ることができる。

エレベーターに乗ったら絶対に奥へ行き、ボタン押し係にはならない」「分煙ではない店で『すみませんタバコの煙をこちらに吹かないでもらえますか?』などと言われたら、『この店は喫煙可ですよね?』と毅然と返す」「電車のドア付近にいても、駅での乗降時には絶対に外に出ないようその場で踏ん張る」「飲み会で自分が会話に入れなかったり、話題がつまらなかったりしたら、遠慮なくスマホに集中する」……いずれも「大人の中二病」患者らしい、痛々しさやダサさ1000%を表す行為である。

そしてA氏の振る舞いが決定的にダサいのは、周囲に対して自分のポリシーを(おそらく嬉々として)吹聴していることである。X氏から私に対して「もしかしてA氏に連絡したけど無視されて、傷ついたのですか?」という連絡があったことからも、それが想像できる。

「オレ、中川淳一郎からのオファーを無視してやったんだよね。あんなヤツのオファーなんて受けられるかっつーの。オレを軽く見るんじゃねーよ! オレ様のいまのポリシーからすりゃ、中川なんて蚊帳の外よ!」とでも周囲の共通の知り合いに触れ回っているのだろうか。だとしたら、真性のバカである。

A氏から私へのオファーは過去に何度かあったのだが、私からA氏に仕事を依頼したのは今回が初めてである。私としては、A氏がインフルエンサー的立場になったことを嬉しく思い、これまでの仕事でのお付き合いに対するお礼の気持ちも込めて、誠実に打診したつもりだった。

正直なところ、私はA氏になんの悪感情も抱いていなかった。しかし、失敬なポリシーやら、それを周囲に吹聴しているだろうことを思うと、今後は“痛いオッサン”事例として遠慮なくネタに使わせてもらうつもりだ。おかげで、こうして今回のコラムのネタにも困らずに済んでいる。

■要するに、くだらないマウンティング

ところで、「大人の中二病」をこじらせた人々の根底に潜んでいるのは、どのようなメンタリティなのだろうか。私は結局のところ、自意識過剰さに由来する、一種の「マウンティング」なのだと捉えている。実にくだらない。

「大人の中二病」患者の態度から見え隠れする感情は、たとえば以下のようなものだ。

【1】やりたくないオファーに反応したら負け。「無視」が一番カッコいい!
【2】忙しい人のほうがエライ
【3】いろいろなオファーが来ているオレ、すげー!
【4】自分に馴れ馴れしく声を掛けてくるヤツは無能な暇人。優秀で忙しい売れっ子は、そう簡単に反応しないことを知れ
【5】相手が不快に思ったとしても気にしない。オレのことを重用する人は他にいくらでもいる
【6】深い人間関係、幅広い交流なんか不要。オレ様の才能にはそれ以上の価値がある。いちいち対応が丁寧だったり、ペコペコしたりするヤツは無能
【7】オレ様に出動を仰ぐのであれば、よい場所をお膳立てして厚遇しろ

■「常識的である」ことがアドバンテージになる

こうしてアラフォーオッサンが「中二病」に罹患している事例を見ると、「さっさと治せよ」とつくづく思う。

私自身は「挨拶ができる」「返事(返信)ができる」「お礼が言える」「約束を守る」程度の幼稚園児でもできること(そして「大人の中二病」患者にはできないこと)を忠実に実践し続けてきただけで、20年近くフリーランスとして生き残り、仕事に困らない程度には売れることができた。そう考えると「常識的である」というだけで、ビジネスの世界では十分アドバンテージになると見ることもできそうだ。

いまは仕事の引き合いが殺到していて、奇妙な自分ルールを周囲に強いても容認してもらえているかもしれないが、そうした状況は、よほどの天賦の才でもない限り、長くは続かない。自分が圧倒的能力を備えた孤高の天才だと思えないのであれば、「常識的」であることだけは忘れないほうが、最終的に得をする。

----------

【まとめ】今回の「俺がもっとも言いたいこと」
・「大人の中二病」とでも評すべき、自意識過剰で傲慢なメンタリティの中年が増えているように感じる。
・今は仕事の引き合いが重なり、多忙だとしても、将来はどうなるかわからないのだから、おごりを捨てて何事も誠実に対応するべきだ。
・最終的に自分を助けてくれるのは「常識的な言動」であることを忘れてはならない。

----------

----------

中川 淳一郎(なかがわ・じゅんいちろう)
ネットニュース編集者/PRプランナー
1973年東京都生まれ。ネットニュース編集者/PRプランナー。1997年一橋大学商学部卒業後、博報堂入社。博報堂ではCC局(現PR戦略局)に配属され、企業のPR業務に携わる。2001年に退社後、雑誌ライター、「TVブロス」編集者などを経て現在に至る。著書に『ウェブはバカと暇人のもの』『ネットのバカ』『ウェブでメシを食うということ』『バカざんまい』など多数。

----------

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/oatawa


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

プレオン長文とか価値がないのが約束されてるから読まずに書くが、今すぐ返事が欲しけりゃ電話しろ。手元の便利な板は何の為のもんだ?


便利な道具なのに、既読スルーはダメだの、電話をかけて大丈夫かメールで確認取らないと失礼だの、人間が面倒なルールを作ってドンドン不便になる。こういう勝手なルール押し付けてきて、守らない人を見下すもの大人の中二病だろ。そして大抵は、勝手に作ったルールは押し付けてくるくせに、歩きスマホ禁止とか一般的なルールには従わない


これ書いてる奴も相当性格悪いんだなって印象でした


中二もクソも仕事の連絡を無視するのはそれ以前の話。「社会人として信用できない人間だからもう依頼はしない」と思っとけば済む話をグダグダ妄想付きで記事で鬱憤晴らすなよ。


20人に1人でフォローきく案件だったんだろ、別にどうでもいいじゃん。社会に出て1番の問題って、フォローできねぇ体制の方だよ。この記事と同じ規模だと、20人に対して15人。→15人プランに変更、割増しになることを報告。→当日になって2人ドタキャン。2人遅刻。→2人には遅刻料金上乗せ、揉める。→キャンセル者に後日請求分を13人で支払うか、幹事が払うか話が進まん


本人と会ったわけでもないのに、妄想と伝聞で批判し、あまつさえそれを記事にして世間に広める。中二病だの常識だのとどの口で言ってんだ


なんてのがしょっちゅうある。後、知人であっても、プランナーの感覚や都合で気軽にクライエントに依頼するのもよくない。依頼を受ける側からしたら、「え? 何でよりによってこの時期に?」何てのがしょっちゅうある。はっきり言うと、そういう空気の読めない人間には連絡しない・できないなんてのはしょっちゅうある。中二病と話が全く別物。この記事書いた奴こそ、大人になれよ


プレオン記事って、いつも誰かに対する誹謗中傷の内容ばっかりだわ。


要約すると「俺が困ってるのに助けを頼んだヤツが既読スルーしやがった、ゆ゛る゛さ゛ん゛ん゛ん゛」と(自分が相手に要求したい)マナーや(自分の中の)常識を盾に批判しているだけ


既読スルーされたという事実のみで相手を憶測で中傷するアホ記者


既読した上で返事がねえんだから「参加の意思がねえ」で終わる話だろ。この記事書いてる人は「営業メールなんかにもすべて丁寧に回答しないやつは幼稚な人」ってスタンスなんだろうけど、それこそ記事中で書いてる”自意識過剰で傲慢なメンタリティの中年”じゃないんですかね?


晒しスレ常駐のクソカスみたいな思考だな。ネトゲ廃人でコミ障の末誰からも相手にされなくて逆恨みしてそうな気持ち悪さ


ネットニュース編集者とやらの自己紹介記事かなコレ?


返事しなかった奴に直接言えばよくね?


うわぁ…これは痛いな、記事書いた奴が。


タイトルでマウントを取り出すのは、プレオンやハーバー、しらべぇなどのマスゴミの特徴だな。


うわー、メンドクサい奴に絡まれたって感一杯。


【まとめ】この記事主は痛い。


怪文書やめろ


上の皆様方に同意。


こいつ、何もしてないのに逆恨みで刺しそうな思考してるよな。


肩書がPRプランナーだから、これはプレオンの露出度を高めるための炎上マーケティングなのだろうな……と信じたいが、本気で言ってる可能性も否定できないのがプレオンの恐ろしいところ[PR]


公に見せることが目的の記事で暴言を並べるのも十二分に『痛い』と思いますが。50歳も近い人間が同じ手で『誠実に対応』『常識的な言動』とか打ってると思うと鳥肌が立ちますよ


既読スルーできないと記事や上記のコメ欄のようになるわけだ


プライベートの話かと思ったら仕事の話か。そりゃ仕事上での既読スルーはダメですし、やるヤツがいるなら二度と仕事は持って行かないのがお互いの為です。プライベートなら好きにすればヨロシ。


勝手に想像して自分の世界で盛り上がってる中川淳一郎さん自身が中二病なのでは?


例外として、仕事なんざ一切受け付けていないのに勝手に掲載依頼や出演依頼を申し込んで来るクソ会社は以前ならよくありましたが、そういうところなら無視でいいですけどね。


「大人の中二病」患者の態度から見え隠れする感情は、たとえば以下のようなものだ。←ここからが笑いどころだから見とけ見とけよ~


こんな記事書いてるほうが痛いわ


中川 淳一郎が一番痛いって事がわかった


途中で読むのやめたけど自己紹介かな?


 フォロワーが多い人をこちらから選んだ、ということは初手同意得ていないような? 書かれている情報だけなら『インフルエンサーであってイベントや広報を専業にしているわけではない』&『気乗りしない案件には対応しない』と受取れるA氏への理解が足りてない。自身の情報収集能力不足をA氏が悪いと責任転嫁しているだけのように思えた。


我々はこういう記事書いたり掲載して他者を見下す連中の事を良く知っている。そう、中二病の第二段階とも言える高二病だ


長すぎ。要点だけでええんやで。


この記事書いた奴は、自分の頭に盛大にブーメランがぶっ刺さっている事に気がついてなさそうやね。


自分が既読スルーされて相当傷ついたんやろうなぁ、かわいそうに


世の中はあなたを中心に回ってるんじゃない。うじうじすんなよ。


既読スルーで厨二扱いとかめちゃくちゃだな。というか、電話じゃなくラインで仕事の確認とる神経が理解できない。


そんなに返信してほしければ変身されるほど面白い話すればいいじゃない。記者なんだろ?


返事が来ない時は電話するか、直接会える距離なら会いに行くかしないと。自分のやり方に相手が必ず乗ってくれるなんて考えは傲慢です。


中川 淳一郎(なかがわ・じゅんいちろう)がブーメラン職人かつヘイトを撒き散ら*迷惑な奴という事が理解出来た。


むしろこんなしょうもない事を怒って記事にしちゃう記者が痛いわ そもそも既読=読みましたよって事なんだから別にそれでよくないか?返信欲しいなら返信くださいって書いとけよ


大変だなこんなにひねくれるほどネット社会にやられてしまったんだな・・・苦労してるんだ。同情は微塵もしないけど


釣りですか?


この記事は既読スルーしたほうがいいんですかね


50近くにもなってまだこんな黒歴史的文書を世に出すんだな;;ご愁傷様。。


散文はチラシの裏にでも書いてて(笑。


なぜ既読スルーされたのかにもよるだろ。あんたとはもう切りたかったんじゃね?


押し売りを素性を確認せず歓迎してもてなせって内容の記事だこれ


既読スルーとか甘い。プレオンの記者なんか縁そのものを切った方がいい


時間の大切さを軽んじた結果生産性が終わってるってのがこの記事に詰まってるよね。sla*でやり取りした後改めてメールを送るべきとか言ってたsla*使い方講座のゴミ講師こないだ見たけどほんと無駄が好きな奴はいい迷惑。


理不尽を蔓延させる朝鮮アプリLINEを全面的に推す「プレジデントオンライン」。


前々から「痛い」をどういう意味で使ってるのか統計取りたいと思ってた


すごいおれさまが既読スルーされて顔真っ赤なのはわかるけど、そんだけ相手から軽く見られてたんだろ。まさか知人のフォローを真に受けてるのか?そりゃオファーも断られるわ。いい大人なら大事にしたい関係ならメールの一つでもマメに返すさ。


インフルエンサー集めるイベント(笑)とか、人脈広げたい意識高い系勘違い小物インフルエンサーとイベサーにしか利益無いイベントじゃねぇか。勧誘無視されたからってフジコって怒り心頭のまま記事にって・・・ガキですか?


こういう気持ち悪い奴がいるからラインって苦手だわ既読スルーどうこう言われるのもだるいんで「ラインなんか開かない」に限る


LINEしてる奴は基本構ってちゃんで他人はどうでもいい。そしてこの記事を書いた奴も構ってちゃん…


電話する人は仕事ができない


既読機能の無いツールを使うのが正解


使い分けの問題でしょ。公私ともに本当に大事な所では使えないだけ。


中二病の大人批判してる俺、格好いい!! でしたね。


メールもラインも、本来返事が必要ない程度の用事を『一方的に伝える』手段でしょ。社内・業務連絡は返すべきだけど、そりゃTPOの話で既読スルーと纏める類の話じゃない運用ルールの話。 返事が欲しいなら、リアルタイムで双方向の意思疎通が図れる手段を用いろよ。


素直に既読スルーやめてって言えずにこんなネチネチと だから!そういうとこ!


仕事の話なら電話すれば? 込み入った内容なら文章+会話とか普通だろ。仕事の話をLINEだけで済ませるのが許されるのは新卒までだ。電話した上で着信拒否されたら上司にちゃんとホウレンソウしようね。




この記事へのコメント

人気記事