朗報|お勧め 「年収の高い人は本を読む」は本当? 年収と読書に関する研究結果とは


突然ですが、みなさんは読書をどれくらいしていますか?

読書というと勉強のように感じる方もいるかものしれませんね。ですが、読書を通して自分の体験したことのない世界や、いろいろな価値観に触れられるので、何かを学ぶという点でとても効率のいい方法なのです。

会社の先輩や上司と飲み会の席で話すことや、実際の仕事や子育ての経験など「経験から学べる」ことは多いのですが、実は「経験しなくても学べる」のです。

家の中で本を読むだけで、多くの人の失敗や成功、価値観、考え方に触れることができ、自分の人生に活かすことができます。

そこで、今回は「年収と読書の関係を示す調査」と「読書が年収アップにつながることを示す研究」から読書の大切さを確認し、そこから簡単な読書の始め方についても解説していきたいと思います。

年収別の読書事情

2019年10月のパーソルキャリア株式会社による「今どき1,000 万円プレイヤーの『読書事情』を徹底調査」では、以下のような結果が明らかになりました。

  • 「月に1冊以上本を読む人」の割合は、年収1,000万円層では63.4%、平均年収層では55.4%。

  • (「月に1冊以上本を読む人」の中で)ビジネス書を読む人の割合は、年収1,000万円層に多く、平均年収層の約3倍

  • (「月に1冊以上本を読む人」の中で)漫画を読む人は平均年収層に多く、年収1,000万円層の約8倍

つまり、「年収の高い人はよく本を読み、さらに漫画などよりもビジネス書を好んで読む」ということがわかります

忙しくて読書をする時間が取れないという人もいるかもしれませんが、世界で最もお金持ちの一人として知られるビル・ゲイツは、本を読むための時間を一定期間もうけ、小屋に引きこもってひたすら本を読むそうです。

彼は、何か新しいことを始めるときは限界まで本で情報収集をして、そのうえで他人とビジネスを始めるといいます。

このように世界を飛び回るビジネスマンでも時間をやりくりして本を読むくらいなので、きっと私たちにも工夫すれば1日15分や30分程度は本を読む時間をつくれるのではないでしょうか。

「LIMO[リーモ]の今日の記事へ」

「本を読むと年収が上がる」ことを示す研究

では、本当に読書をすると年収が上がるのでしょうか?

東京大学大学院心理学者である秋田喜代美教授らによる「子どもの頃の読書が成人の意識・意欲・行動に与える影響」という論文では、子供のころの読書の充実が成人してからの個人年収に影響を与える可能性が示唆されています。

さらに、子供のころの読書の充実が、成人してからの自己の意識・意欲・行動においての心理的な充実にかかわっていることも明らかになっています。

「自分は子供のころに本を読んでこなかった…」とがっかりすることはありません。成人となってからの読書習慣も行動力や意欲をかき立てることにプラスに働くことがあるということもわかっています。

何かに挑戦する前に、本を読んで多くの人の失敗や価値観を学ぶことで、自分のやりたいことに対しても前向きな意欲がわいてくるかもしれませんね。

明日から読書を始めるための簡単な方法

それでは、三日坊主にならないための読書法を紹介していきます。

今まで読書習慣がなかった人が、明日から机に向かって本を開くことはなかなかハードルが高いですよね。三日坊主にならないための読書には、ずばり「オーディオブックを使う」というのが良いでしょう。

「本を読む」という行為の中で最も大切なことは「自分の体験したことのない世界や、いろいろな価値観に触れられる」ことです。ですので、まずは「本を読む」という動作そのものにとらわれずに、オーディオブックを使って「本を聴く」と効率がいいでしょう。

また、心理学では1.5倍速や2倍速で聞くと集中力が高まることが分かっているので、オーディオブックで少し早めに聞いてみるのもいいかもしれませんね。

ちなみに、オーディオブックスマホアプリで配信されているのですが、もし「本を読む」ことを好むのであれば、もちろんそれでも問題はありません。

しかし人によっては、実際に本を読むと眠たくなるなど集中力が切れやすくなるので、「朝起きてすぐ10分読む」など時間を決めて集中して読むと効果的です。

というのは、人間の脳は「朝起きてすぐの状態が1日の中で最も集中力の高い状態である」というのとが脳科学明らかになっているからです。

まとめ

転職をしたり資格を取得するといったように、読書をするとすぐさま年収がアップするというわけではありません。それでも、読書を続けることによって、新しいことを学び自分の専門性を深めることで、長期的にみて読書が年収につながるということがいえそうです。

まずは、本記事で紹介した、

  • オーディオブック(倍速で聴くとさらに効果的)で本を聴く

  • 「朝起きてすぐの10分間」で本を読む

というようなことから、始めてみてはいかがでしょうか。

【参考】
子どもの頃の読書が成人の意識・意欲・行動に与える影響」(読書科学 第58巻 第1号)
今どき1,000 万円プレイヤーの『読書事情』を徹底調査」(パーソルキャリア株式会社



(出典 news.nicovideo.jp)







<このニュースへのネットの反応>

賞与が年ごとにばらつきがあったからわかったんだが、収入が少ない時ほど忙しいし本を買ってる場合ではないって感じですわ。余暇が無いと読書なんて無理。

本を読む=ページを眺める、ではない。勉強とかと同じだが、やればいいというものではなく、内容をちゃんと理解し、知識として修得しなければ読書したところで何の意味もない…。読むクセをつけるという意味じゃ習慣化を努力するのはいい事だろうけども、それで普段の仕事なりに役立つもの培うには読解と理解力と選定力がいるぜよ。

努力する人は自分になにが必要か知ってる、知ってることを学ぶために本を読む→知識がつく、能力が身に付く、年収=ではない

こういうのって賢いとか教養あるとか、、漫画みたいな低俗なものは~本は高尚~とかそういう問題でなく、単に「生活に余裕がある人は本を読む」イコール、金持ち富裕層は本を読む生活的・心のゆとりがあるという図式なんでないの。底辺貧乏人は余暇に趣味で本読んでる余裕なんてない*。時間持てあましてる自宅警備員とかは別だが

年収がある人がビジネス書を読む傾向にあるってだけだろ…。そもそも漫画とビジネス書じゃ単価が違うし。

本を読むから知識や知恵が深まり能力が上がるのか、元々能力があって効率よく生活して本を読む時間が作れるから本を読めるのか。

仕事を押し付けてその時間合わせに本を読んでる可能性もあるけどな…今は増えて来てる印象がある。

金持ちになりたいなら高い財布を買えと同じだぞ

じゃあもうあれだ、年収がン億単位の奴は高級マンションとか豪華な戸建に住んでる事が多いから、親戚一同の土地家屋を無断で売っぱらってでも金を作って高級マンションか豪華な戸建を買って住め。高級車も買えばいいよ。そういう事だろ(絶対違う)

年収が高い人は学歴が高い。これ豆な(笑。

読者の向上心の有無の問題だぞ。勉学心のある人はムリにでも読書時間を作る。あと、いい本は著者の生き様が書かれている。性根が悪い著者の本はウソや引っ掛けが書かれている。まれに自慢からかホンネや隠し技がポロッと出るコトもある。

賢さの基準として、本を読む人は年収が高いなら、本を書く人はもっと年収高いんやろなぁ… 専門的な論文とか書く人はもっともっと高いんやろなぁ…ってなことは無いんだよな。 賢いことは年収に関連はあっても必須ではない。 上のコメントにある「本を読む生活の余裕」ってのが正解だと思う。

戯論

『年収の高い人は旅行に行く』って言い替えたら分かるでしょう

ないない。てか図書館んで借りればいいような本でも買って一回読んだら平積みして部屋汚くするような人は収入と出費がアレになってたりするし

ゲーム漫画は大事な情報源、ゲームも絵本みたいなものだからね、電子書籍っていうのがあるくらいなんだし、TVゲームは読書してるのと同じ 必然的に、ゲームいっぱいやる子は、頭がいい

「月に一冊」で本を読む人になれるとかマジ?ふつう月に10冊くらいは読むよね?

20代の時、ビジネス書や自己啓発書・歴史書等は買って読んだけど年収とはあまり関係なかった気がします。教養があるかどうかという点で、当時の上司に褒められたり、面接で雄弁に話せたことはありますが、それ以上は期待しないほうがいいと思います。(趣味の範囲で読むのはありだと思います)

ネットに投稿された文章は面白いです、しかし、半分くらいは真実性が怪しいです。だから、ちゃんとしたソースで読書するべきです。

本質を弁えず上っ面だけ真似ても意味ないってそれ一番言われてるから。読解力や思考力のない人間がボケーっと文字流し見しても時間の無駄ゾ

本を読んで理解した所でそれを生かせる職場環境でなければ収入につながらず趣味どまり。

調査結果によると、研究結果によると...。こういうのは、「具体的なデータ数値や研究内容を見ると、ツッコミどころ満載でした〜」というのがお約束。

年収の高い人はパンを食べている

読書は手段であって目的は情報を得ることでしょ。ググれば情報は得られるだろうけど、内容が浅かったり誰もが知っている一般論が多く、本当に役立つ情報は書籍に多いので、結果、読書という手段を選択しているだけだと思うよ。で、年収が多い人ほど情報収集を怠らないってことなんじゃない?

本を読んでいる人ほど年収が高いという相関関係はありそうだけど(そもそも余暇が多いとか)因果関係は本当にあるのか気になるところだな。

単に「稼ぐ人は継続的に勉強をしてる」ってだけのことだぞ

本を買う金が無い。最低賃金790円で買える本がどれだけあるのさ?

そりゃそうだろうね。本を読むのが仕事のような大学教授が大体高収入だし。海外の論文や新聞を読んでるだけでも視野がめちゃくちゃ広がるし。個人的には古文書や*し文字をすらすら読める磯田道史先生のお話は面白くて大好き。

「年収が高い人はよく本を読んでいる」→わかる 「本を読めば年収が上がる」→?



この記事へのコメント

人気記事