最新 注目情報 子どもへの体罰がなくなる、親が身につけるべき「肯定表現」


 今年4月から、改正児童虐待防止法が施行されます。これに先立つ昨年12月厚生労働省の「体罰等によらない子育ての推進に関する検討会」が、「体罰等によらない子育てのために」と題したガイドラインの素案を公表しました。

子どもの健全な成長を阻害

 そこには、「これらは全て体罰です」というフレーズとともに、何が体罰に当たるかの具体例が次のように示されています。

・口で3回注意したのに言うことを聞かないので、頬をたたいた
・大切なものにいたずらをしたので、長時間正座をさせた
・友達を殴ってケガをさせたので、同じように子どもを殴った
・他人のものを盗んだので、罰としてお尻をたたいた
・宿題をしなかったので、夕ご飯は与えなかった

 素案によると、これらの体罰だけでなく、次のような、心を傷付ける行為も虐待として禁止されています。

・冗談のつもりで、「お前なんか生まれてこなければよかった」など、子どもの存在を否定するようなことを言った
やる気を出させるために、きょうだいを引き合いにしてダメ出しや無視をした

 これらに当てはまることをしてしまったことのある人も、少なくないに違いありません。そして、年齢が上がれば上がるほど、その割合は増えるように思います。以前から、親や教師による体罰は当然のように行われていました。

 中には、「殴る方も痛い。その思いを堪えて、子どものために殴っているのだ」という親側の声や、「親から殴られたことを覚えているが、今では感謝している」という体罰を経験した側からの声のように、体罰を肯定するかのような声すらあります。

 しかし、筆者は体罰に断固反対です。「結果的に体罰を受けてよかった」「身に染みた」と感じた人もいるかもしれませんが、逆に体罰により、これ以上ないほどネガティブインパクトを受けて、成長が損なわれたというケースの方が圧倒的に多いと思えてならないからです。

 ただし、最も必要なことは、体罰をしないで済むための具体的な方法を浸透させることだと思います。それも頭で分かっているだけではなく、行動で発揮できなければ意味がありません。じっくり考えてから行動に移す状態では不十分で、どんなときもとっさに、瞬間的に発揮できる状態になっていなければなりません。

 なぜなら、体罰をしてしまうケースというのは、カッとなっているときが多いわけですが、カッとなっているときでも、いわば無意識の中でも、体罰ではない行動を瞬間的に発揮できなければならないのです。そのためには、体罰をしなくなる訓練が必要です。

 こう言うと、「そんなうまい方法があるとは思えない」という反応に接しますが、それができるようになる方法があるのです。企業や団体で、ビジネススキルをその場で向上させる演習プログラムを実施してきた経験を踏まえると、ハラスメントを防止するためのプログラムが役立ちます。

否定表現を肯定表現に言い換える

 その方法とは、「否定表現を肯定表現に、意味を変えないで、瞬時に言い換える」という方法です。それも、否定表現をおくびにも出さずに、目の色にも、顔の色にも出さずに口に出すのです。左図の否定表現を肯定表現に言い換えてみてください。

 過去の演習参加者は、次のような肯定的表現を発表しています。朝令暮改→変化をいとわない、意志が弱い→協調性がある、計画性がない→臨機応変、暗い→落ち着いている、過去にこだわる→経験を大事にする、などです。

 簡単なように思えるかもしれません。すぐにできる人もいれば、なかなか口に出せない人もいます。肯定表現が瞬時に口に出せる人は(1)モチベーションレベルパフォーマンスが高い(2)相手にストレスを与えにくい(3)ハラスメントを起こしにくい――という傾向があります。

 筆者は、体罰は否定表現の行き着く先にある行動だと考えています。それとは真逆の肯定表現を瞬時に繰り出すことができれば、間違いなく暴力的な言動は減少します。暴力的な言動をしないように意識しようと、いくら頭で考えても、なかなかそれを行動に移せないものです。

 逆に、あまり頭では考えなくても、否定表現を肯定表現に瞬時に変えるという行動が発揮できるようになると、暴力的な言動をしないという意識が高まってくるものです。行動が意識を変えるのです。

モチベーションファクター代表取締役 山口博

子どもに体罰をしないためには…?


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

体罰無しで!っては十分わかるし、そうあれば一番良い。だが、その5つのやらかした事に対する教育の解決策にはなっていないような・・・つまり、本当にやっちゃいけない事に対する教え方にはならないような・・・うーん、かといってどうすればいいか・・・まぁ、その答えが出ていないから、こういった話が昔からあるんだがな・・・


体罰がって方々、痛みを知らない子供が大きくなって殺人や凶行に暴走しがちなんだけどそこんとこどうよ?まぁ、今の親世代がすでに痛みを知らないから虐待や死亡事故になってるんじゃないの?


英語やプログラミングも必要かもしれないけど、空気を読むんじゃなくて人の気持ちを考える教育や道徳が必要じゃないの?道徳って宗教論にハッテンしちゃうから難しいだろうけど。


暴力等は警察がちゃんと対処すべき。この世のあらゆる悪事は警察の怠慢が原因です。


親が自分の気に食わないことを子どもにぶつけることがダメであって、とんでもないことをしでかしておいて、何食わぬそぶりをしてる様なのには、それなりの対処が必要だと思うけど。反省の態度やら、その都度の対応を教えてやることは、フッツーに考えれば公理をしつける親として当たり前の教育のはず。今の児童が常識外れというならその親に返る言葉。体罰がすべて悪いわけではない。


この手の記事を読んでいつも違和感を覚えるんだが、教育ってこれをやればみんなちゃんと育ってくれる、というような単純なものなのかね?人間はそんな簡単な生物なのかね?一部のうまくいった例だけをみて、全員がこうすべきみたいな浅はかな考えは改めるべきじゃないか?


子供の知能と理性が未発達だからこそ育児が大変なのに、未発達の子供に通用するのか?体罰は無い方が良さそうだってのはわからなくもないんだけど、一律にそれで解決すんのか?って疑問はあるな。コイツラが成長結果を集積してるようにも見えんし、体よく自分の仕事の宣伝してるようにしか感じない。


益々子供作らない親が増え、子供捨てる親も増えそう


どこかしら、『子供は親のもの』なんて考えがあるからとしか言いようがないな。大人になってセミナー受けたぐらいで変わるなら苦労しないよ。


一律で体罰がダメでは無くて、大人に置き換えたら犯罪行為になるのは体罰OKでもいいように思える。


幼児に8キロも歩かせるお使いをさせた番組があって、初めてのお使いって番組なんだけど体罰も虐待でもなく、感動して体罰や虐待の意識なく親が真似するんだって、こっちの方が問題じゃないかな?


体罰は「毒になる親」の中でも犯罪とされているな。今から20年以上前の本だが、これによると体罰は「好ましくない行為をした時の罰としても役に立たない」と研究で示されているそうだ。まあ、最近の研究だとどうなってるか知らんが、個人的にも体罰には反対だ。




この記事へのコメント

人気記事