【話題】なぜ政治の話はタブーなのか? 20歳代の投票率は30%、「難しくてよくわからない」無関心な若者に知ってほしい損をしないための話


なぜ政治の話はタブーなのか? 20歳代の投票率は30%、「難しくてよくわからない」無関心な若者に知ってほしい損をしないための話
なぜ政治の話はタブーなのか? 20歳代の投票率は30%、「難しくてよくわからない」無関心な若者に知ってほしい損をしないための話

「商売のときは政治・宗教・野球の話はするな」とされていることをご存じだろうか。なぜこの3つの話題がタブーなのかを考えてみると、タブーというよりも話さない方が無難であると言った方が正しい。
自分と違う意見を支持する人たちと言い争いたくない、そこから関係を壊したくない、という思いからきているのだろう。空気を読み、協調性を重んじる日本人らしい考えだ。
日本人は幼いころからそうした空気を察知し、若者は政治について周囲と話す経験がないまま大人になる。インターネット上の意見や街中で行われる選挙活動を見ても、選挙が自分の生活に結びついている実感がもてない。どこか自分とは関係ない世界のように思ってしまうだろう。その結果、若者は政治に無関心になってしまった。国政選挙の年代別投票率がその現状を示している。
平成29年10月に行われた第48回衆議院議員総選挙
〇10歳代が40.49%
〇20歳代が33.85%
〇30歳代が44.75%。
(全年代を通じた投票率は53.68%)
令和元年7月に行われた第25回参議院議員通常選挙
〇10歳代が32.28%
〇20歳代が30.96%
〇30歳代が38.78%
(全年代を通じた投票率は48.80%)
<参考:総務省 / 国政選挙の年代別投票率の推移について>
https://www.soumu.go.jp/senkyo/senkyo_s/news/sonota/nendaibetu/
令和元年参議院選挙では投票率50%を割り、予測を大幅に下回った。平成28年に選挙権年齢が20歳以上から18歳以上に引き下げられたが投票率は低下しており、10~30代の政治への無関心は深刻な問題だ。有権者の約半分が投票をしていないこの現状、見て見ぬふりを続ければ、日本の未来があぶない。
あぶない理由
〇投票率が高い高齢者向けの政策が優先され、若者が得をしない税金の使い道が増える
〇組織票(宗教団体・労働組合など各種団体の票)が有利にはたらく
政治について難しくて自分の意見がまとまらない、知識不足のため人前で意見を言うのが難しい、そう思う人もいるだろう。そこで二人のゲストから話を聞き、政治を少しでも身近に感じるためにできることはなにか考えていく。
● 公開日時:2020年1月21日(火)14:00 ウェブマガジンSOCIO https://00m.in/BpZKa


▼ 記事概要・ゲスト紹介


無難を選んで生きる社会は平和なのか?


瀬戸岡紘さん(元駒沢大学経済学部教授)は、日本人が政治を語りたがらない理由は2つあるという。『1つ目に、日本は社会の安定度が諸外国にくらべて高いために、政治のことを話題にしなくて済んでいるからです。たとえばアメリカでは、業種間・地域間・階級間などの格差が大きく、社会の安定度が低いため、政治について多く語られます。2つ目に、世間に政治の話を抑制する空気が漂い、政治家の態度がそれを助長しているからです。とくに学校の先生はリスク回避の意識が強く、踏み込んだ政治の話を避けます。社会について学ぶ場であるはずなのに、子供たちは理由がよくわからないまま、なんとなく政治の話はよくないと思ってしまうのです。どこか浮世離れした政治家の行動や発言が、私たちの生きる社会とは別物だと思わせるのも問題です。』


瀬戸岡紘(せとおか・ひろし)


元・駒沢大学経済学部教授。
アメリカ 理念と現実: 知っているようで知らないこの国を深読みする 』の著者。
駒沢大学経済学部教授
【略歴】
1945年 東京に生まれる
1968年 早稲田大学商学部卒業
1975年 同大学院商学研究科経済学専修博士課程単位取得退学
1977年 駒沢大学経済学部専任講師、同助教授を経て現在に至る
1987-88年,1997年および2007年 コロラド大学客員研究員
専攻 アメリカ経済論
著書 『グローバル時代の貿易と投資』(共編著、桜井書店、2003年
『ソ連崩壊と新しい社会主義像』(共著、時潮社、1996年
訳書 トム・メイヤー著『アナルティカル・マルクシズム――平易な解説』(監訳、桜井書店、2005年
E.S.グリーンバーグ著『資本主義アメリカの政治理念』(青木書店、1994年)ほか


『アメリカ 理念と現実: 知っているようで知らないこの国を深読みする 』
アメリカ 理念と現実: 知っているようで知らないこの国を深読みする 』

Amazon.co.jp: アメリカ 理念と現実: 知っているようで知らないこの国を深読みする (22世紀アート) eBook: 瀬戸岡 紘: Kindleストア


お金への影響を知り、自分にとって損か得かで考える


佐竹忠(さたけ・ただし)


会社経営。
『我総理大臣なりせば: 日本の未来のために』の著者。
【略歴】
昭和14年4月1日高知県四万十市に生まれる
昭和32年春、椎茸栽培に着手、成功の後上京
昭和36年7月、単身上京し町工場に住み込み就職、 板橋工業(株)
昭和38年4月、青山陸送(株) 運転手新 車の陸送
昭和40年2月、柏自動車(株)タクシー乗務員
昭和41年4月からタクシー乗務の傍ら4年間、 村田簿記学校に通学
昭和46年5月、城北三菱電機商品販売(株) 経理課
昭和48年税理士試験 簿記論合格
昭和50年5月、国内証券会社、経理部
昭和61年3月、イギリス系証券会社東京支店、経理部
平成元年8月退職、(株)オーロラクリエイト設立(事業に失敗解散)
平成4年3月佐竹鍵店を開業、6人の弟子を育成、現在5店舗を統括
平成12年、宅地建物取引主任者試験合格
平成26年9月「我総理大臣なりせば」を東京図書出版から発売
平成29年7月「朝ぼらけ」をAmazonから発売
平成29年12月「終着駅の手前」をブイツーソリューションから発売
平成30年、鍵屋を営む傍ら執筆活動を続ける。
「間違った明治維新の歴史」平成30年3月
日本人が知っていなければならない仏教の話」平成30年5月
「高めなければならない社会常識の話」平成30年6月
「元号令和が意味するもの」令和元年5月
 その他多数、これらをまとめて「佐竹の社会塾」のタイトル電子書籍の出版を予定
佐竹忠の連絡先
info@satake·key.comメールアドレス


『我総理大臣なりせば: 日本の未来のために』
『我総理大臣なりせば: 日本の未来のために

Amazon.co.jp: 我総理大臣なりせば: 日本の未来のために (22世紀アート) eBook: 佐竹 忠: Kindleストア


▼ SOCIOについて


SOCIO(ソシオ)は、「あたらしい自分と社会をつくる」をコンセプトにしたウェブマガジンです。毎記事で1つのテーマを取り上げ、各界で活躍する作家が質問にお答えします。社会問題から人生のお悩みまで、さまざまな気になることを作家とともに考えていきます。SOCIOを通して、みなさまが未来について考える機会をお届けしたい。そんな想いで、発信してまいります。
公式HP: https://www.socio22.com/
Twitterhttps://twitter.com/SOCIO_sns
「あたらしい自分と社会をつくる」ための3つのメッセージ
① 多様性:多様性が求められる社会で、他人の主張を無視しない。
② 気づき:その中にある気づきを育み、自分だけの行動指針を生み出す。
③ 営む:ひとり一人の決断の連鎖で、社会をアップデートする。


「あたらしい自分と社会をつくる」ための3つのメッセージ
「あたらしい自分と社会をつくる」ための3つのメッセージ

SOCIO


▼ 運営会社について


株式会社22世紀アート
「みんなを幸せにする出版社」を企業理念に掲げ、「出版とは、今、社会が必要とする情報を発信すること」という思いのもと、誰もが「本」に触れ、「本」を生み出し、「本」を愛する人になる。そんな文化インフラを作るために、20名のスタッフにより運営されています。
代表者  : 向田翔一
所在地  : 〒105-0003 東京都港区西新橋1-5-12 佐野ビル6F
設立   : 2014年12月
事業内容 : 書籍・電子書籍制作及び出版
TEL   : 03-5941-9774
FAX   : 03-5941-9773
MAIL  : info@22art.net
公式HP : https://www.22art.net/
Twitter  : https://twitter.com/22artnet
Instagramhttps://www.instagram.com/22art_tokyo/?hl=ja


HOME | 22世紀アート


▼ 最新の記事


未来に残したい日本の美しい自然



記事リンクhttps://00m.in/MiOKf


「働きやすさ」と「働きがい」が生まれる職場


『「働きやすさ」と「働きがい」が生まれる職場』
『「働きやすさ」と「働きがい」が生まれる職場』

記事リンクhttps://00m.in/pDDru


なぜ政治の話はタブーなのか? 20歳代の投票率は30%、「難しくてよくわからない」無関心な若者に知ってほしい損をしないための話


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

信用できない人の前では話さない


金持ちと政治家が利権を手放したくないため。 今の政治的無関心の状況を維持すればウハウハだから。 絶対に教育に「政治を考えよう」なんてものは、意識的に入れないようにされている。 そしてどんどん格差が広がり、他の社会問題が出ても、何一つ主張しない若者たち。 凶悪犯罪と自殺率は増加の一途を辿っている。


今の若者が応援したい人はyoutuberとかイラストレーターだから。いかに社会と距離を取るかということをテーマに動いている。今の若者は社会が嫌いだ。大切にされていないと感じるからだ。


政治と宗教とスポーツはどこで導火線に火が点くか分からないからビジネスライクな関係で火薬庫のそばで火遊びするチキンレースはするなよって話。


そりゃあ、嬉々として政治の話する人の頭がおかしい事言うの多いから、同類に見られたくないしそんなの呼び込みたくないから話さんじゃろ


政治と宗教の話をすると飯がマズくなる 古事記にもそう書いてある


政治の話が難しい? 自分の国の何がどうかを理解もしないゴミは日本で生きてる資格ないよ? 世界的に見れば日本はシンプルだよ。それが理解できないんじゃ赤ちゃんレベルの知能しかないんじゃないの?(嘲笑


若い人が政治の話をしないのって多くの人が自分に分からない話では盛り上がらないからだと思うよ。政治の話は何を言っているのか理解できないんだよ。それよりも簡単で面白い共通の話題はたくさんあるのだから。少なくとも自分はそうだったよ。


学生時代に自分達は社会の、国の中の一員であり、だからこそどう係わっていく必要があるかなんて教育をさせたくないからなあ、日教組だけでなく政府が 年号暗記するような間抜けな歴史教育ではなく日本や世界に影響のあった正しい歴史と民族がどう成り立ち異なるから国と言うものが分かれておく必要がありまたどうして対立するのかなどの基本の義務教育が本来必要 目指すは日本第一主義


自分の主義主張と違うものはカスでクズでどんだけ罵倒して人格否定してもいいと思ってる人間ばっかだから。


政治の根本である筈の自国を大事にしないから結局自分達は外国や資本家に踊らされ搾取されるだけになってる、という現実を正しく知るためネットでいろんな主張の短い動画を漁るといい 色々見比べてけば誰が何の目的で騙して搾取しようとしてるのかも見えてくる ここまでの見識が無いとマトモな話し合い自体できないし半端な知識の論議は双方不毛不快なだけだから避けたくなるのは分かる


欧米人は政治の話が好きだもんな。日本の場合はお上にドゲザしなかった人間はすべて切り捨て御免でジェノサイドされているから仕方がないね。


 政治の話をすると*にされたり非難されたり排除されるからだろな(経験則)。政治について話題にするといきなり『共産党の人?』とか言われたことあるし。興味ない人からしたら異星人や異文化圏の人と変わらないんじゃないかな? それだけで排除対象になる。まあ、民主主義国家としては拙いが、民主主義の意味を理解はしても実感してないと推測できる。


政治の話するとなんかうさんくさいみたいな扱いになるよね。自分の国の政治くらい関心持てよ。そんなバカばっかだから民主政権なんて悪夢が生まれたんだぞ。無知無能無学のゴミどもめ


当たり前だろ。商売で関係ないこと喋るなよ


小学校の時にベトナム戦争の話ばかりしてアメリカの悪口言いまくってた先生がいたっけな。ああいうのがいいの?ちなみにその先生、ソ連のアフガン侵攻や中国の天安門事件なんかはダンマリだったね。


政治に興味持たなきゃいけない理由としてはまず「騙されないため」だな。政治に興味ないとか政治の話なんか胡散臭い!って見下す連中ほど政治的陰謀まみれのテレビや新聞を鵜呑みにするのが今の日本です。


喧嘩になるってことは政治への関心が高まっているってことでもあるし、民主主義としてはイイことのような気もしますねえ><


そいつらがいっつも見てるテレビや新聞だって政治の道具なのに自分は政治と関わらず生きていこうとか思ってられるおめでたい連中が一定数いることに震えが止まりません。


個人的には別に政治の話を積極的にしろとは思わない。ただしそれの影響に文句付けるのにも止めてねとしか。何でも嫌なことから逃げてりゃその内袋小路に追い詰められて逃げられなくなるよ。


本当の事を書くと、1950年以前に生まれた老害共(今の70歳以上)が学生運動なんてイカれた事をしたせいで、政治を論じる事がタブー化されたのが1点。GHQの占領下で日本人の自尊心がおかしくなるように、NHK朝日毎日が反体制の記事を永久に書き続ける仕組と、戦後に生まれてくる子供を反日する日教組が作られた2点。この3点セットが明らかに国民を政治から遠のけてる。


結局、近年、完全服従した日本に対してアメリカはそこまで締め付けない、後20年経てば1950年以前生まれは消える、このままNHK朝日毎日をぶち壊して、日教組への教師の加入も下がり続ければ、日本が戦後本当の民主化を迎えると思う。その民主化に備えて、労働者中心の社会の構築、ほぼ一民族一国家の維持、SNSを通じた全国民による対話を目指すべき。後は議員のAI化かな。


タブーじゃなくするにしても時と場合と節度は必要だよ。高校時代の部活のOBの集まりで突然今度の選挙に出る○○さんって人俺の知り合いだからよろしくな、って言われたときはさすがにみんな引いたよ。


政治の話がタブーになったのは、一重に狂産党と昨今の夜盗のせい。あと志位るずがトドメを刺したかな。政治に興味のある方は狂気、という風潮を作ったのだからね


あのタブーは地雷が何処にあるか判らんからタブーなの…東京から名古屋や大阪の商談先行って野球の話する?どう考えても見え透いた地雷でしょ?そういう事。


損どころか降伏したくらいに奪われるんだよなあ。どこに外敵が潜伏していて自分や家族に何かされるかもしれないから、むやみやたらに口にできないというのもある。情報共有大事


自民党支持者って中国から闇献金を貰ってた議員を叩くどころか何故か野党を叩きだすような変な人達でしょ(笑。そりゃ絡まれたくないんじゃない(笑。


昔から飲みの席で政治・宗教・野球(個別球団)の話をしてはいけないというのは日本のルール。100%対立を生むからね。


どこに敵(反日工作員)が潜伏していて自分や家族に何かされるか分からないから。故に外面は無知or無関心を装う必要がある、それだけ。


ぶっちゃけ中国と韓国の言いなりにならないようにだけ気をつければいい。




この記事へのコメント

人気記事