問題提起香川のゲーム依存症対策条例、本当の狙いは「ガチャ規制」? 検討委員が「理解してもらえない。残念」とブログで語る


 「18歳未満ゲーム1日60分まで」などの内容で物議をかもしている、香川県の「ネットゲーム依存症対策条例(仮称)」。条例検討委員会の1人である、香川県議会議員・高田よしのり氏(社民党)は1月26日、自身のブログを更新し、条例の内容について「時間規制」ではなく本来は「ガチャの規制」が主な狙いであったと説明しました。

【批判を受けて削除された「不健全なお金」の記述】

 高田議員はブログの中で、ソーシャルゲームの「ガチャ」による依存症の危険を指摘しつつ、「これは社会問題です」と強く批判。「中高生が簡単に手を出せてしまう現状は恐ろしいこと」「ゲーム会社にも責任がある」「私はゲーム依存症対策は、『ソーシャルゲームでのガチャの問題がほとんどすべて』と言って良いと思っています」と、条例の主眼はあくまで「ガチャに伴う『依存症』対策」であったことを明らかにしました。

 しかし、現在公開されている条例の素案(記事末にも全文を掲載)を見ると、「ガチャ規制」については一切盛り込まれておらず、「18歳未満ゲーム1日60分まで」といった“ゲーム全体に対する規制”ともとれる内容になっています。これについて高田議員は、

「私としては条例の中でガチャに伴う『依存症』対策と明確に入れたかったけれども『企業活動への妨害』にも受け取られかねないことから、ガチャの規制など具体的に書けず、腰砕けになってしまいました。残念ながらこれは県条例としての限界です」

――と、時間規制は本意ではなかったと説明。また、こうした配慮・譲歩にもかかわらず「民間の企業活動に公権力が踏み込むこと」などの批判があったことについては、「とんでもないです」「本当に悔しいです」ともつづりました。

 一方で「1日60分、休日90分」という時間規制については、「時間規制など、条例にいれても実効性はなく、元よりなじみません」と懐疑的な姿勢も。しかし「保護者に意識して欲しい、家族で話し合ってほしい、この注意喚起を少しでも気にしてほしい。子どもガチャを止めてほしいという思い」から「あえて入れた」とコメント。根拠がないといった指摘があることについては「これ以上長い時間にすれば、逆にその時間までのお墨付きを与えてる結果にもなることから、私は基準として妥当な時間だと思います」との見解を示しました。

 高田議員がブログを更新すると、ネット上では多くの反響が。しかし、現状では「論理が歪んでいる」「ゲーム依存じゃなくてガチャが問題なのでは」「この論旨からスマホパソコン全般を制限する最初の案が出てくるとは思えない」など、高田議員の主張と、実際の条文との食い違いに「理解できない」とする声が多数。また当初、高田議員がガチャについて書いていた「このお金からは何も生産しません。まさにギャンブルマネーと同じ経済循環しにくい、不健全なお金です」という文章についても批判が寄せられていましたが、その後高田議員は指摘を受け、Twitterで「誰かが儲けると誰かが損をするというお金の流れでは価値を生産しないということを言いたかったのですが、当然お金の流れはそれだけではないし、誤解も与えました。申し訳ありません」と謝罪。現在はブログから当該部分を削除しています。

 なお、高田議員はTwitterでのやりとりのなかで、「当然委員ですから関わってはいますが、ブログに書いたことも私の個人的認識であって、県議会の総意ではありません」とも説明。上記はあくまで高田議員個人の考えであり、議会による公式な見解ではないと断っています。

 条例は成立すれば4月1日から施行される予定で、現在は香川県ホームページにてパブリックコメント(意見公募)の受付を行っています(2月6日まで)。また、編集部では1月21日以降、検討委員会への取材を申し込んでいましたが、委員長の大山一郎議員(自民党)の公務が立て込んでいるとの理由から、今のところ取材は実現していません。

「ネット・ゲーム依存症対策条例、何が大事なのか。」(高田議員のブログ)


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

何言い訳がましい後出ししてんねん それが目的なら今から直接やってみろや


いやガチャってむしろ一番短時間で高額な方では


高田よしのり(社民党)あっ ふーん……


まあ名指しで批判することになるからわからんでもない。言うとおりこれを起点として各家庭で話し合いが進めばいいね。結局家庭内の躾が大事な話だ。


ガチャは害悪だろうが、そんな話だったっけ?兎も角、当たり外れの商売が廃れて、本来のゲーム性で勝負してクレメンス。


後出しなら何とでもいえるよな、本当だとしてもガチャ規制で釣って条例通ったらいつの間にかゲーム規制になってるんだろ。心配なのはこれ釣られたうつけ者共がホイホイ賛成派に行くことだな


社民党で察しました


この人ガチャ規制について一切触れてないのにガチャがーって言い訳するのはアスペなんじゃ…


誰かが儲けると誰かが損をするというお金の流れでは価値を生産しない↼いったいどういう幸せな人生を送れば、高田議員のような経済観になれるのかwほとんどの人間は御大層な会社理念に忠実に動いてる会社なんてごく一部だと骨身に染みてるし、どこまでも営利目的の集団だと割り切ってるよw


パヨクの批難されるとそういうつもりじゃないって言い出して逃げるの本当嫌い


自分の地位を脅かしそうなくらい批判集まったから尤もらしい後付け理由つけて言い訳か。皆さん、ゲームもいいけど政治や選挙にもしっかり興味持ちましょうね。こういう議員はしっかり落選させなきゃねw


最初から当たって砕けろでガチャぶちあげて散っていったら、多分英雄になれた。


やっぱ左翼って*だわ


ガチャで売ってるデータの原価が問題だ


未成年のガチャ規制はうなずける部分もあるが(いまでもペアレンタルコントロール機能があるんだが親世代が理解ないからな…)実際出てきたのが 何 故 か 時間規制と表現規制で支離滅裂なんだよ、理解できるわけがないまずはこの条例案の撤回、それと大山一郎をはじめとする検討委員会の暴走を止めろよ


そもそもPC離れしてるのに、万能なインターネットに触れる機会がなくなれば、過疎化が進む香川県はこの世から消滅するね


コメンテーター()とかならバカ&無責任でも色々使い道あるけど、県議でこれはちょっとね。法律・経済・教育と何も知らんのはさすがにヤバい


そもそもゲーム自体がどんなものかも理解してないんだろうな。イメージだけで悪いものだとして一律禁止したがる活動家特有のアレ。


本当の狙いはバヨクのプロパガンダを疑わせないためだろw


こいつら批判されるといつも「そういうつもりじゃなかった」とか「本当はーーー」とか言い出すな 小学生かよ


支離滅裂な条例案が止められない状況にあることが本当の問題なんだろうな…。


wataken>結局提出はこの規制「委員会」だからね。何人いるのか知らないけど、県議会の過半数くらいいたら、天をあおぐよねw


じゃあ何でガチャと全く関係無い条文を提出するんですか????


「理解してもらえない。残念」それはこっちの台詞だ。


金が無ければ終わりのガチャなんかより、無限の世界を開拓するマイクラの方が依存性が高いんですがそれは。


仮に、あるいは、万が一、真意がそれとしても逆効果。以上。


え?ガチャ規制が目的?そんなの草案におまけ程度にしか書いてなかったやんけ!山田太郎氏による件の条例の草案の分析→sm36232706


前にどこかでソシャゲの運営関連の話で、ガチャみたいなのが無いとまともに運営出来ない的な話があったのを思い出した。詳細は覚えてないけどね。


言い訳ではなくホントにその意図だったとしたら、残念なのは世間の理解が得られなかったことではなく、その意図でその結論にたどり着くアンタの頭の中身だよ。


ガチャ規制は出来るならやってくれていいけどそれ一県だけがやって意味ある?ってのと、条文に微塵も書かれてないのに今更そんなこと言われてもって感じ。


ガチャなんて時間制限してもできるだろう。 課金規制とかならわかるけど、


選挙にはこういったアホみたいな議員を当選させない、または落選させるために選挙にはちゃんと行かないとね。もちろん応援したいほどの政治家がいるならそれに越したことはないけど。


最初からガチャに目標を定めるべきです。あの足元見た高額の福引きが問題な訳ですから。でもそれは最初ほぼ述べられていません。言い逃れも大概にしろ。


更に言えば時間制限は金への依存性を高めるまるで逆効果の手段です。故に言い逃れと判断します。やるなら月1万までの課金制限等、当たりの確率は5%以上、合わせ絵、5つ以上のパーツ(当たり)がないとまともに進めないようなゲームバランスの方を問題視すべき。


高田君は詐欺師かバカの二択な。


議員がどうこうより、金銭感覚がおかしな連中が煽り合ってるゲームもあるしガチャ・課金規制はしたほうがいい。ギャンブル依存症と変わらない


結局支持集めるために思い付きで適当に言葉並べてるだけじゃん


十分に笑いも取れたんだから、もう引っ込めたら?香川県の新たなキャラ付けだと考えてるなら好きにすればいいけどさ。住民が可哀そうだろ。


最初からガチャ規制・課金規制明言なら多少は理解を得られたでしょうに。あとそういう大事な事はブログじゃなくちゃんと公で発言して欲しかった


仮に狙いがガチャだったとしてもそれならそうとはっきり示しておくべきだった。アニメやゲームを趣味に持つ人達はこれまで犯罪者予備軍だ脳に異常だと散々虐げられてきたんだから、遠回しで色んな意味合いに取れる発言をしたら過剰反応が返ってくるのは当然の事よ


ガチャが課金上限しても、捨てIDが増えてカードトレード(交換)したら破綻する。引き率25%にしても一部は引けない、課金増える。MSのように消耗品にすればいい。100%からどんどん減っていく。GMだけは標準配置可能とかな。IDが増えるだけか


理解されないのは残念だとのことですが 理解されるような内容・形で条例提出できないような行政で県民のほうが残念がってますよ


主婦の機嫌取りにしか見えない


まあ条例というよりはモバイル・ネットインフラに通信制限でもかけたほうが効率的かと


ぶっちゃけそれは親がやる事だ、他人の子供に対して他人が口を出すなよ。ガチャなんて30分もあれば、50連は回せるんじゃないか?言ってる事に納得ができないのだが


バカが更にバカを積み重ねていってるなこの件


ガチャ規制とゲーム規制を結び付けてしまった事で今後ガチャ規制に反対する人が増える事になったな。無能極まりない


ガチャの悪名が高いから一般人に対してガチャをスケープゴートにすることで問題の矛先をそらそうとしているとしか思えないんだけど・・・。


そもそもゲーム依存対策を目的としながらも、なぜ60分としたのかの根拠もなく、条例の中身が依存対策になっているのか疑問。ガチャを持ち出してきたのも、スマホゲームの問題点を苦し紛れに出してきたにすぎず、昔のゲーセン出入り禁止と同じ理屈。


批判が大きくなってビビって言い訳してんだろ。ガチャ対策なら時間の規制なんて*えだろう


一億歩譲って本当にガチャ規制のための条例だったとしよう。…で、この条例でどうやってガチャ規制すんの?まさかソシャゲ依存のやつは60分以上課金ガチャ回し続けているとでも?


本当にガチャ規制が目的だったとしたら時間制限は見当違いもいいところ。反対意見が続出したから急ごしらえで考えたせいでちぐはぐになったんだと思うが。


無能な政治家は無能な上司に通じるものがある。ことあるごとに自分の意図したことを言語化できずにまるで相手が理解してないように言う or 自分の意図したことが他の人とずれてて批判されると実はこうだったと嘘をつきまるで相手が悪いかのような言い回しをする。


ごまかしには1ミリも触れてやらん、本当は何だい?


「ガチャ規制」を掲げれば批判が収まるとでも思ってんのか?規制したけりゃ消費者庁に言えばいいし、サイゲームスやスクエニにカチ込めばいいだろ。


じゃあパ*も規制しろよw


香川県民を更に羞恥死させる発言しないでほしいと思うわ~、あなたにできる事は言い訳にもならない発言をするのではなく、自身の無能さを認識してちゃんとした「有識者」に解決案(実現可能かつ実行可能かつ最大効果があり犠牲が最小かつ問題解決の根からができる事前提で)を聞いてくれば?「有識者」なら出せるでしょ?問題を出すだけなら一般人でもできる、解決案出せるから有識者だよ


それよりも『百十四銀行 止まれ無視』対策条例が一番しっくりくるのでは?『止まれで止まれ条例』


ガチャ規制したいなら何でスマホ除外したんだ?ガチャの温床ってPCのブラウザゲーとスマホのソシャゲアプリだろ?


俺もソシャガチャゲーは大嫌いだから規制出来るならしてもらいたいもんだけど、テメーみたいな声のデカい無能のアホな行政の所為で「ガチャ規制派はゲーム否定派だ!」みたいな短絡的な論調がまかりとおるようになったらどうしてくれんだよ。わかる?この(条例の)罪の重さ……


直ぐに言い訳をする左翼、だから、自民党以外の選択肢がなくなるんだよこの*。与党も*だが、野党はもっと*だからな、救えねえよ


社民党議員が提案したのか・・・ ( ´_ゝ`)フーン


本当も何も、出てきた法案の内容がすべてだし、本来と意図が違うものになったというのなら、やめるのが筋だろう?


草案みるとPC、家庭用ゲーム機、携帯機がメインでガチャはオマケ程度


プレイ時間を規制されたらガチャで強キャラを引くしかないじゃないですか…


ガチャ規制には賛成だがちょっとなあ。問題になってるのにガチャ規制できないとか。


いずれにせよ目的と手段がリンクしてない上にムチャクチャなので到底受け入れられないし激しい批判は避けられない。 弁明の代表がこういう人なせいで今回の条例案は何かもっと先の布石ではないかと疑われてもしょうがない。


無能な安倍内閣がなんの対策もしないのが原因だろ。


ゲームよりガチャを規制しろって意見に後から乗って言い訳してるだけじゃないか。


プレイ時間に条例で干渉しといてコイツは論旨を何処に着地させたいんだ。


じゃあ最初からガチャ規制の運動を国に働きかけろ。今さら言い訳じみた後出しちゃんけんしてるんじゃねーよw てか後出しじゃんけんにもなってねーよw


ガチャはギャンブル依存症に入ると思うが。ゲーム依存症とあまり関係ないんじゃないかな。まあ保身のために言い訳に走ったとしか思われんよ


ガチャを規制したいなら最初からド直球にそうすりゃいいんだよ。それだったら理解も得られるだろうに何言い訳してんだ。


ガチャは確かに*だけど触れたものの無い物に適当に規制かけようとするその精神が気に入らない。子供からやり直せ。


実際の条例にガチャの「ガ」の字も入ってないんだから、まあ、信用される訳無いわな…。誰だよ、言い訳すらまともに出来ないこんなのを当選させたやつ…。


これ条文に「ゲーム会社は県民が依存症にならないように対策を取らねばならない」みたいなこと書いてるのなんなんすかね?多方面から理解されな…そういえばこいつ社民党だったな…支持率(


ガチャ規制したいならプレイ時間ではなく使用金額を規制しないと


こんな後出しの言い訳にツッコミ入れるのもアホらしいけど、そもそも最近のソシャゲは「時間を掛ければ無課金でも課金者と同じことが出来る(=課金者は時間をお金で買う)」形式が多いんだよなぁ。そこで時間を規制すればどうなるかくらいは、流石に分かるよね?


企業活動への妨害になるかもやからガチャ規制できへん…せや、ゲームそのもの規制したろ…ファッ!?


ほんと、やることなすこと本末転倒だよね、こういう議員って…。


「ゲーム時間規制しまーす」→大炎上→「違うし!ガチャ規制ってだけだから!」→それならなぜ金額規制としない?(今ここ)


時間を規制したら、他県プレイヤーとの遅れを取り戻そうと余計に課金額を増やすでしょうに。とっさに出した言い訳だとしたら単なるバカ。本気で考えてたのならバカすら褒め言葉になる別のナニカ


んで、ガチャの課金等で問題になってる新聞記事は?社会問題化しているか?


ガチャ規制が狙いなら、子供のゲームを規制するのではなくてスマホ・ソシャゲの規制をしたらどうです?


そんな主張を誰が理解するかっバーカ


内容はともあれ、危険を恐れずに実名を出したことに評価したいと思う。自分の信じた正義を成すために多くの民衆の自由を犠牲にしたこの議員、いや、その検討委員会は一体どれだけの敵を作ったのだろう、と考えるだけでも恐ろしい。自分だったら絶対に身バレはしたくない。


ガチャの主戦場はスマホのソシャゲ。それすらわからないのにゲーム規制とかやったんか…


むしろ何故理解してもらえると思ったのか。そして依存症どうこう言うなら何故パチスロを対象外にしたのか。


明確にゲーム"時間"って言ってただろ。言い訳乙。謝る事が出来ないヤツって本当最低だな。良い大人で社会的立場持ってるなら尚更。


直接ガチャ規制してない時点で100%嘘だし、これでも頑張って言い訳考えたんだろうな。クオリティは小学生未満の的外れなものだけど。


ポプ子(#4-B)「答えろ!ガチャでいくら負けた!?」


誰も理解できない天才


前の記事でコメントしましたが当初からそれが目的で後出しなんかでは無いですよ。ニコニコの記事では記述されてなかっただけで当時の余所の記事にはきちんと書かれていました。前回同様内容がボロボロなのは擁護できませんし左巻きは大嫌いですがそれとこれは別の話です。ここの記事だけの知識で後出し批評批判とか狭量左巻きを笑えませんよ。


時間の規制がなんで課金の規制につながるんだよ…結局叩かれてる中身変わんねえじゃねえか


今更だけど、議事録もない、県外からのパブコメも受け付ける気はない これで「理解してもらえない」って高度なギャグかな?


議員の誰もが口を閉ざしたくなる状況で、このように意見を述べたことをまずは評価したい。その上でやはり、この条例は依存症対策の観点からみても支離滅裂なものになっていると言わざるを得ない。本来の目的を達成するためには、まず長時間スマホ使用者の詳細な実態把握が求められるし、もしガチャ規制ならば、課金額の制限などを検討するほうが先決だろう。


言い訳するなら白紙に戻してから出直してこい


こういう正直者だけが*を見るルールから、子どもが学ぶべきことなど無い。子どもは議会の玩具ではないし、所有物でもない。(また親の所有物でもない)


ゲームやスマホの節度を守った利用について、科学的根拠をもとに、啓発が必要であるなら啓発すればよい。(脳トレで有名な東北大、川島隆太氏の研究とか)統計学的にも不十分なデータをもとに、一足飛びに条例化する前に、もう一度案を練り直してほしい。


ガチャ規制したいんならそこだけピンポイントにやってください現状だと香川どころかあらゆるゲーム開発に影響が出かねない内容ですねずみ一匹の為に地球破壊爆弾使おうとするドラえもん状態です




この記事へのコメント

人気記事