異常事態 父親と娘の性交は「合法」か?


 1月17日三重県の津地方裁判所で、再婚相手の娘(当時14)と性交したとして監護者性交等罪に問われた義父(45)の判決が下されました。

JBpressですべての写真や図表を見る

 田中伸一裁判長は「動機や経緯に酌むべき事情は全くなく、常習性もうかがえる」として懲役7年(求刑懲役8年)を言い渡しています。

 ここで、どうしても思い出さずにいられないのは、昨年3月28日に隣の愛知県名古屋地裁岡崎支部で下された「無罪判決」です。

 鵜飼祐充裁判長は、娘が中学2年生の頃から「同意していなかった」にもかかわらず、暴力を振るわれ性行為を強要されていた事実を「抵抗が可能だった」として無罪判決を下し、大きな波紋が広がりました。

 ここで素朴に疑問に思う人がいると思います。中学2年、13~14歳の娘と性交することそれ自体が、とんでもないことなのではないか?

相手が13歳以上ならOK!

 この素朴な疑問に、日本の現行法は、やや驚くべき「正義」の答えを提供します。刑法第177条を確認してみましょう。

刑法 第177条

十三歳以上の者に対し、暴行又は脅迫を用いて性交、肛門性交又は口腔性交(以下「性交等」という。)をした者は、強制性交等の罪とし、五年以上の有期懲役に処する。

十三歳未満の者に対し、性交等をした者も、同様とする。

 これはいかなることか・・・?

 後半は、12歳以下、つまり「小学生」以下を対象として、何らかの性的な行為があれば、無条件に「罪」となることを主張しています。幼稚園児とか保育園児、乳児であっても同様です。

「子供」と性交してはいけない。

 では前半は何なのか?

 13歳よりも上の年齢なら、つまり中学生以上であれば、合意の上での性交は法の処罰の対象とならないことを主張しているわけです。そこに、2人の関係性は何も規定されていない。

 つまり、父親が娘と交わろうが、母親が息子を犯そうが、合意の上での行為であれば、それらは罰せられることがない。

「岡崎判決」が主張するのは、この「無罪」であると思われます。

 つまり2020年時点での「性の成人」は13歳なんですね。驚くべきことかもしれないし、何も驚く必要のないことかもしれない。

 皆さん、ご自分のティーンの時代を振り返ってみてください。どのような「ウヰタ・セクスアリス森鴎外)」、蒼い記憶をお持ちでしょうか?

 青春時代ですから、疾風怒濤の記憶が胸に残る方もいるでしょう。

 日本国の現行刑法は、主体性をもって臨んでいる限り、13歳以上つまり性の成人に達した個人の行為であれば、たとえ親子の間であろうと、罰せられることはない、と主張している。

 前回稿(「性の成人式」と女帝問題の接点=https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/59017)にも記した通り、日本古来の「成人」は今でいう中学生、つまり第2次性徴の顕れる時期に設定されていました。

 武士などであれば「元服」、庶民にも男子は「フンドシ祝」などと称され、古くは母親、あるいは母方の叔母たちなど、血縁の年長女性たちから、性の手ほどきを受けて、男女の別なく様々な「夜這い」の風習が地方地方に存在していた。

 2020年の日本でも、親子の間に合意がある限り 13歳以上の子供に、親が「性の手ほどき」をしても、それは違法行為ということにはならない・・・。

 そういう「にっぽんの根っこ」が厳然と存在していることに、ここでは注目しておく必要があると思います。

 こうした事実はしばしばタブーとされ、記録にも残らず人々も口をつぐんできましたが、ちょっとしたきっかけがあると、かなり近年まで残っていたことがはっきり記されることがあります。

 一例として、横溝正史の小説「八つ墓村」などのモデルとなった「津山30人殺し」大量殺人事件を振り返ってみましょう。

昭和中期まで夜這いが当たり前

 1938年、昭和5月21日の未明、現在の岡山県津山市内にある集落で、たった2時間ほどの間に28人が殺害される「津山30人殺し」の殺人事件が発生します。

 この事件をきちんと取り上げると、それだけでいくら紙幅があっても足りませんので、ここでは、犯人のT(1917-38)がこのような行動(大量殺人ののち自殺)を取った動機、背景に絞って確認してみます。

 1937年、満20歳となったTは徴兵検査を受けますが、結果は「丙種合格」ABC評価でいうならCで、実質的に不合格となってしまいました。

 理由は、小学校卒業頃に肋膜炎を患ってから体調を壊し、さらに結核に罹患してしまったことでした。

 ここからが問題になります。

 Tが丙種合格、つまり実質C評定の不合格となると、それまで肉体関係を持ってくれていた、村の女たちから「丙種合格」や「結核」を理由に、性的な接触を断られるようになった・・・というのです。

 これと並行して、閉鎖的な村の中で心ない噂などが立てられるようになり、Tはだんだんと孤立、山の中で猟銃の練習などに励むようになります。

 最終的に11軒の家を襲撃、3軒は一家全滅、4軒は生存者1人のみ、合計28人が即死し、重傷だった2人が落命して犠牲者は30人という、途方もない事件となりました。

 さらに加えて言うなら、この時期の当該集落は23世帯111人の人口とのことで、全世帯のほぼ半分が襲われ、人口の4分の1が非常に深い恨みを持って命を奪われたことになります。

 そして、その背景にあった集落内の夜這いの関係が、捜査の過程で明らかになったというものです。

「八つ墓村」は過去の記憶か?
内田春菊の1970年代

 津山事件が起きたのは昭和13年、いまから82年前のことで、逆に言えばいま82歳以上の人は事件があったとき、すでにこの世に生まれていたことになります。

 こののち日本は第2次世界大戦に突入、多くの成年男子は兵役に取られ、戦地で命を失うものも多かった。

 戦争が終わる1945年は、事件から8年後になりますが、さて、たった8年程度で、長年の村の風習が変わるというようなことがあるでしょうか?

 82年の年月が経過した今、岡山県津山市内で夜這いの風習があるとは、あまり思われません。また、全く関係ないことですが、私の母方の郷里も津山にほかなりません。

 親から子へ、と伝えられる生活習慣のようなものは、そんなに簡単に変わるものではないように思うのです。

 善くも悪しくも私は「夜這い」の風習がある共同体で育つことはありませんでしたが、生活習慣の基本は大正生まれの両親から「三つ子の魂」で植えつけられてしまったので、1920年代の常識が2020年を生きる私の中にも永続しています。

 そういう意味では、1938年、あるいは戦後の1950年代あたりにも、ごく普通に残存していた地域があったのではないか?

 冒頭に記した津の事件、結婚相手の娘と関係を持った「養父」は45歳とあります。2019年に45歳とすれば1974年頃の生まれと思われます。

 また岡崎で無罪判決を受けた「実父」は、2017年時点で19歳だった娘の父親ですから、20代で子供を作ったと考えれば2020年時点で40~50代と思われます。

 であるとするなら、生年は1960~70年代の範囲に収まり、津の事件の「養父」と世代的には重なります。

 これと「津山30人殺し」のあった1938年との間には30数年のタイムラグがあります。ざっと一世代ということになる。

 これはつまり、津山の「夜這い」が当たり前と思う世代の子供(例えば1940年代生まれ=戦後のベビーブーマーを含む)が、夜這いの風習を環境遺伝的に温存し、それがさらに1970年代生まれ(第2次ベビーブーマー)まで引き継がれた可能性を考えると、きれいに理解できてしまうかもしれません。

 今日、多くの人は非難するでしょう。「親がティーンの娘に何ということをするんだ!」と。

 しかし「実父や養父が娘の処女を奪って<使い物>になるように仕込んでから外に出す」のが当たり前という本音を、どこかに隠し持っていた日本人は、ほんの少し前まで少なくとも地方には確実に存在していたと考えられます。

 長崎県長崎市出身のマンガ家小説家、内田春菊さん(1959-)は、養父から虐待を受けたサバイバーとして1970年代長崎での現実を赤裸々に証言しています。

 内田さんの小説「ダンシング・マザー」は彼女のお母さんモデルとしています。

 それによればお母さんの生年は昭和10年=1935年、津山30人殺しに先立つこと3年、いまだ日本の性が、古来の共同体に「開かれていた」時期に九州で生を受け、24歳で産んだ自分の娘(内田さん)がティーンの時期(1970年代)、養父に暴行されるのを結果的に容認していた様子が描かれています。

 日本の本音は、まだまだ非常に原始的なところにあるのではないか?

 それはそもそも、古代に日本皇室からして、如実な実例が豊富にみられることからも、否みがたい事実であるように思われます。

(つづく)

[もっと知りたい!続けてお読みください →]  「性の成人式」と女帝問題の接点

[関連記事]

香港版「肉体の門」141ガールが見たデモの深層

ハリス大使への人種差別行為、米国が韓国糾弾

日本には至る所でいまなお古い風習が残っている


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

地裁判事ははやりたい放題だからな。政治的信条で歪んだ判決を下す奴はまだマシで、酷いのになると派閥闘争で判決出す人間の屑までいる始末。


ソンなコト言い出したら、平安時代の貴族だって財産相続の為に甥や姪と結婚を繰り返ししたりしてたケド。今の時代にもなって過去の先人達を貶める必要も無いが、もっと非道い風習とか隣国みたいなコトしてた時代は存在した。今の時代にはふさわしくないダケで。


冒頭の判決は親子云々じゃなくて「抵抗が可能だった」の基準がありえないくらい厳しいのが問題なのでは?本当に合意があるならあとは単に倫理の問題でんなもん法律で決めることではない。焦点当てるところがズレてる。


全ての動物の世界で、若い♀との性交に成功しているのは、若い♂ではなく そこそこ歳をとった♂が多いという記録が残っているってきいた気がする、男ならば歳をとればとるほど若い女の子と交われるのかも知れない


ヤスアキちゃん>うん、野良猫のメスは必ずしもボス猫序列に忠実に交尾するわけでなく、むしろ地域に新しく来たオス猫を積極的に誘惑する。アナグマだとそれは特に顕著だときく。それを経済的序列で常に男性優位を位置づけ、捻じ曲げているのが人間だ。結局それが近親交配に向かい、このようなことに行き着く。よくない。夜這いも本来はアウトブリードの本能に根ざす。本来の目的と逆だ。


畜生のすることじゃないの。刃物突きつけられて命か貞操かと脅されても合意になるんなら法律なんていらなくね


日本の司法なんか、加害者保護優先だからインドとなんら変わらない!日本司法の全体の構築し直しの時期に来ていて、加害者でなく被害者最優先の法律と救済を最優先に、加害者への徹底的な贖罪を求める対価主義と罪の加算方式の導入は必須!特に、性犯罪と詐欺罪への厳罰と*通罪の復活と超厳罰化を望む!逃げ得を許さず、バゥンティハンター制度により徹底追跡!


そういうのはエロ漫画のシチュだけにしとけって学ばなかったのか…


当時は普通(合法)でも、今では駄目なものって沢山あるけど?


まぁそうじゃなけりゃ中高生のカップルも逮捕されちゃうからな


人間を食べる・こ○すのは違法か合法かみたいな話。イスラム法やキリスト教圏なら死刑なんじゃないかしらね。上の立場から命令されたら、結局強制と同義になるから犯罪な気もするんだけど。


「父親が娘と交わろうが、母親が息子を犯そうが、合意の上での行為であれば」父親と娘は「交わる」、母親と息子は「犯す」、同じ行為をしてるのに何故言葉を変えたのか?そして合意の上の行為は普通「犯す」とは言わないと思う


名古屋のは取り調べの供述がボロボロで検察もよくこんなの証拠として提出したなってレベルのお粗末さだったからでしょ。DVD鑑賞会で検察の主張と供述内容が食い違えば当然そうなります。紅林麻雄っていう冤罪王がやってくれたせいで取調べは慎重に行われ裁判官の判決も証拠に忠実であるようにという判断でしょう。たとえ真っ黒であったとしても取り調べが問題あったらそりゃ推定無罪。


検察は状況証拠から負けるわけがないと踏んで甘くみていたんでしょう。検察の落ち度です。多分、逆転裁判の高裁でひっくり返って最高裁まで上告するでしょう。なんにせよ、一審で騒ぐような裁判じゃないです。それより取り調べはもっと厳格にお願いしたい。これだから紅林の系譜は…。


なにそれ?中学生と同意の上ならやっていいのか。ならやりたいが・・・


ん? じゃあ援助交際なんかは、売買春になるから違法というだけで、金銭のやり取りがなければ、中学生以上との性交は(合意の上なら)合法ということか?


夜ばいより先に、青少年保護育成条例で18歳未満の子供とやると淫行として処罰されるという事実を知るべき。検察側の作戦で強制性交罪で起訴したら失敗したので、次に監護者性交等罪で起訴したら有罪が勝ち取れた、、、ものすごくざっくり説明するとそういうことになる。事件の背景で一概には語れない2つの事件をゴッチャにするとか、テレビの情報番組並に酷い記事だと思う。


昔の社会と今の社会はインフラの整備・医療の進歩・電化製品の普及などにより別物なのでは?今起きてることを昔の社会通念の上で語られても…ねえ? ふと思ったのだが某新聞社のオーストラリア版のアレって、この記事書いた連中の事だったんじゃないのかなぁ?


宣伝ぽい見えるけど、一応現在巷で大量発生してるフェミテロについて、いつくかコメントをあげている(私のブログではない):http://nico.ms/ar1858551


父子相*自体を禁ずる法はない、ただし別の法に抵触する危険はあるし妻帯者の不貞・親という立場の悪用など倫理面の問題もある。記事中個別の事例については強要など刑法に抵触するレベルの問題点が散見されるので論外。


性的虐待は認めたのに、監護者性交等罪を認めないのはおかしいわな。法務省も冤罪を恐れるのはわかるけど、何らかの法律改正は必要だわな。親子の性交は互いに好意的なら別にいいけど、お父さんの子供産みたい、とは普通ならんでしょ。


監護者性交等罪が出来る前の話なので無罪。何ら不思議ではない。いつまでこの事件をひっぱるつもりだよしつこいな全く。


★愛があれば合法である。日本では昔からの慣習である(*^-^*)。


性に関する経験値や理解は年齢によらないから成人しても未熟で痛い目を見る人は結構いる。個人的には正しい性がどうとか言う価値観は相容れないが、リスクに対処できる知識については教育の過程で教えるべき事だと思う。ただ教育制度のアレコレをみても望みは薄そうだけど。冷静に性問題を議論できる識者が居ないのは問題。


親が性交を拒否した子供を精神病だと言うことにして座敷牢に監禁しても、精神病院にぶち込んでも警察は目こぼしします。それなのに拒否できたできなかったという議論を裁判で行っている気持ち悪い状況です。裁判官がまともなら拒否できたという主張を一蹴するはずです。


中学生とするのは合法だけど、性交目的で同伴した場合はアウトというね。まぁ買春や合意なき性交を罰する為の法だけど。合法だからって嬉々として近づいちゃダメですよー。不審者又は痴漢として逮捕か、誘拐犯として通報されちゃうからねー。恋愛も不純異性交遊として退学。でも少子化なんで子供作ってね☆というのが日本の現状。


高校生以下との*を禁じた淫行条例には引っ掛からないんですか(笑。


年齢もだけど近親者ってだけで縛られてると思ってたよ。割と昔のままってのが残ってるのな。


まず「古来の(僻地の)風習は実は日本全体で常識だった!実例として〇〇という地域でこのような伝聞が残ってる!だからアレやコレはそういう奇習が背景になってる!」っていうよくあるオカルトの雛形を事実と混同・断定するべきではない。事実であるとするなら、噂や伝聞ではなく、客観的・科学的証拠を提示すべき。噂や伝聞や憶測(だけ)では証拠足り得ない。


他の方も指摘してるが、そもそもとして「ある法令に反するとする訴えが認められなかったこと」と「それに対する保護(法益)が認められない・なされていない」のはイコールではない。分かりやすく極端に例えると、当該記事は「ハンドル操作を誤って花壇に突っ込んできた車の持ち主を”窃盗罪”で訴えたが認められなかった!日本政府の財産権の認識は杜撰!」みたいな構成でモノ言ってる。


冒頭の有罪A、無罪Bの話。Bについて何の説明もないけど、Bは当時19歳についての起訴だぞ。それ以前の件は起訴されてない。裁判結果の是非はともかく、この記事は誘導的で不誠実だと思う


ヒトにいつ行為能力・責任能力が備わる(=”子供”から”大人”になる)のかは、個体差、対象となる行為、その時代や地域の社会通念によってまちまちで、「時代も場所も関係なく普遍的に、すべての個体が、1人の例外もなく、生後〇〇日で××を理解し、責任を果たせる能力を有するように変化する」なんて事はない。


だが目安として「概ね一般的に〇〇歳くらいからは理解して出来るようになるでしょ」という判断は必要で、その年齢が、対象となる行為・担当する各種法令毎に異なるのは何ら不思議ではない。また”外観的には同じモノ”を扱っているように見える2つ以上の法令において、それぞれの目的や扱う法益が必ずしも同じとは限らない。(親法を補佐するものもあれば、全然別系統ということもある)


あと記事は人間の認識や習慣は早々変わらないってスタンスだけど、(個人差やモノにもよるとはいう前提で)自分は割と変化しやすい、世間や人間なんて流されやすいモノだと思うけどね。20年前なんて個人の趣味でインターネットやってる奴はキモオタだから*てもいい、15年前でも好きで個人でPC所持してる奴はオタク側、みたいな状況だったのが今やネットも個人機器も常識じゃん。


最近の司法は狂ってるとしか言いようがない。最高裁判事しか国民が罷免できないのも歯がゆい。


沢越止「普通でしょう」


名古屋の件は裁判長がやましい心があったから無罪にしたのだろう


そりゃ、いとこ同士で結婚までなら可能な国だもの。


近親相*は世界的にタブーなんじゃないの?


?各種条例違反になるだろ??検察側の掲げた罪状に関しては・・・という注釈が付くんじゃないか?


*を条例違反程度で済ませていいのかって話でしょ。


日本の特性という話に持っていくなら、他国との比較が必要なんでないの?


実父もそうだが再婚相手に手を出されるとな、恐ろしくて抵抗できないだろうし、まだ自立できる年齢でもないから合意しかなくなるわけだが、最近の司法は狂ってるし、時代遅れだな


望まずにそうなってしまう人達の為の救済なんだろうけどさそろそろ13歳以下の行為とか16歳から結婚可とかを変えたら?


そもそも近親相*の時点でアウトだと思いますけど


司法が時代遅れだと言うのなら、それは立法の責任であり、つまりは国会議員の責任であろうねw


あまり触れたくない話題だなぁ。浮世離れすぎて。


一般に、多くの自治体では、青少年保護育成条例で、18歳未満の者とみだりに性行為を行なった場合に処罰する旨の規定があります。過去に、同種事案において、相手方である青少年とは結婚を前提とする等真剣な交際を目的とするものであって無罪主張を行なった例がありますが、最高裁でそうした目的は認められないとして、有罪とされました。


ヒトはこんなに理性を重んじ法を作り、動物とは違う!と主張するのに、義父は前の夫との子を*、実の子と交わるのも厭わないって野良ネコと同じ事してるんだろう??


親子間の性行為が禁止されてなくても、親子での結婚は認められてないし認める流れにもなってない。性行為して子供出来たらどうするの?シングルマザーで私生児扱いにせざるを得ないし、子供が大きくなった時どう説明するのか?子供には絶望的な話。結局同意が有ったとしても、子供が出来たら絶望的なのは変わらない。奇形、障害が有ったりしたらWハンデ戦。


韓国人だといつものことですね




この記事へのコメント

人気記事