【衝撃】脳がはみ出た状態で産まれた男児が1歳4か月に 母親は「絶対に生き抜く」(米)


米テキサス州オースティンに住むオモボラ・ゴードンさん(25)に体重3316グラムの男の子、オジー君(Ozzie)が誕生したのは2018年10月1日のことだった。オモボラさんは妊娠中に「誕生しても長くは生きられないだろう」と医師に言われたものの、「この子ファイター。絶対に生き抜く」と信じて出産した。オモボラさんが“奇跡の子”と呼ぶオジー君は、もうすぐ1歳4か月を迎える。『The Sun』『Mirror』などが伝えた。

第1子を妊娠し数週ごとの検診を楽しみにしていたオモボラ・ゴードンさんは、妊娠20週の検診で医師から「胎児(オジー君)の頭囲の測定ができない」と告げられ、専門医を紹介された。検査の結果、オモボラさんは「小頭症か無脳症で、頭蓋骨の一部が欠損しており、そこから脳がはみ出ている。脳がきちんと発達していない可能性が高い」と告げられ中絶を勧められたが、オモボラさんと夫のチェコタさんは「産まれてみないことには分からない。この子の誕生までは命を育もう」と決意し、頑として首を縦には振らなかった。

しかし一方で、夫婦はオジー君の死を見通した‟緩和ケア”の準備を進めることに同意し、自宅から1時間離れたセント・ジョンメディカルセンターの医師と「誕生後にどのようなケアをするか」について話し合いを進めていた。オモボラさんはその時の心境をブログにこう綴っている。

「安らかに死を迎えさせるために何ができるのか…。そんなことを話していても、私の中では『この子はきっと生きてくれる。闘ってくれる。だって私の子だもの。緩和ケアなんて必要ない』と思っていたの。もちろん不安でいっぱいだったけど、私は『きっと大丈夫』と自分に言い聞かせ、祈るしかなかった。」

オモボラさんはその後も定期的に検診に通い、2018年10月1日にオジー君が誕生した。オモボラさんは誕生の瞬間の気持ちを次のように語っている。

「オジーは生きてるの? 死んでるの? 頭は大丈夫だった? 手足の数は? 私は大丈夫なのかしら…様々なことが頭の中を駆け巡ったわ。オジーは泣かなかったけど、くしゃみをして『あ、この子は生きてる』と分かったの。そしてオジーが私の胸にのせられた瞬間、私は息子に恋に落ちてしまった。顔の3分の1は頭蓋からはみ出した脳瘤で覆われていたし頭は変形していたけど、オジーは私にとって完璧だったわ。私の心は息子への愛で満ち溢れてしまったのよ。」

オジー君のもとには牧師がやってきて祈りを捧げ、最初で最期になるかもしれない写真撮影が行われた。医師はオジー君を集中治療室へ連れていくことはせず、一家は家族水入らずの貴重な時間を病室で過ごしたが、オモボラさんの気持ちは揺れていた。

「怖かったわ。トイレに行っている間にオジーが逝ってしまうのではないかと思ったり、気が気じゃなかった。でも1時間、2時間とすぎる毎にあの子は強くなっていったの。そして私は『この子は生きるんだ。どこにも行きやしないんだ』って確信したわ。」

そんなオモボラさんの直感通り、オジー君は2日後に退院した。退院後しばらくはホスピスケアを受けていたが、現在は自宅で過ごし看護師の訪問を受けている。また2019年2月には脳瘤の切除手術も受けており、来月1日には1歳4か月を迎える。

オモボラさんはオジー君の成長を‟奇跡”と語り、こう続けた。

「オジーの誕生後数か月は、感情的になり、精神的にも辛い日々が続いたわ。暗闇の中を彷徨っている感じだった。」

「今のオジーは発達障がいがあり、まだハイハイもできないし、痙攣を起こさないための薬も必要なの。聴覚や視覚障がいについてはまだはっきりとは分かっていないけど、それでもオジーの笑顔はみんなの心を溶かして温かくしてくれるの。」

「外出するとオジーのことをじっと見てくる人や質問してくる人もいるけど、そんな時は『この子は奇跡は起こるということを証明してくれているのよ』と話すわ。そして脳の一部がなくて外見が人と違っても、オジーを愛情いっぱいに育てていることを伝えるの。障がいがあるからといって、子供を愛さない親などいないでしょう。」

「私と同じような悩みを抱える人はたくさんいるはずよ。だからオジーの話をみんなに知ってもらって、インスパイアできれば嬉しいわ。それに『あなたは一人じゃない』って伝えたくて。」


オモボラさんのInstagramには家族の写真が多数投稿されている。その中でも一際輝いているのは、オジー君の笑顔なのだ。

画像は『Moby Gordon 2019年12月21日Instagram「someone was helping me set up some decorations for his little photo shoot.」、2019年8月10日InstagramYour personality is unmatched, your smile lights up the room」、2019年10月5日Instagram「Happiest baby on earth @ the happiest place on earth」』『anencephaly.info 2019年7月16日付「Ozzie Isaiah」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト


(出典 news.nicovideo.jp)




(出典 up.gc-img.net)





<このニュースへのネットの反応>

成長した後の子供のことを考えるって発想が西洋にない<ゲスト宗教的に「どうあっても我が子!」って念を自発するんじゃなく、自分で連呼して言い聞かせるタイプ。この発想もレディコミとかが広めちゃってるから日本もいつ「てんす」まみれに!

その子、親が年とって面倒みれなくなったらどうすんの? 社会に税金で面倒みてもらうの?

今は娯楽が充実してますからね。親御さんの経済力と支援があれば生きてりゃそのうちいいことありますよ。ベートーベンを聴かずに一生を終える人だっているんです。

可哀想に、親のエゴによって生かされていて

いやいや、常時見えてるって言うのはなかな*ごい。脳研究に大きな貢献をするかもしれない。

出産と中絶、一体どちらが親のエゴなのか。ただ五体満足で産まれても親の虐待で*れる子供は間違いなく憐れだと思う

色々と難しい事はあると思うけど、この母子に幸多からんことを……何なら俺の残りの幸運の2割くらいは持ってってくれてもいいんで

こういうのを生*のは金持ちくらいだったが今はある程度国から補助してもらえるからなぁ…このレベルなら大丈夫だろうが税金でブクブク太った障害者が犯罪しても無罪とかになって周りを只々不幸にさせるだけとかにはならないで欲しいものだ

こういうのに周りが口出すのは良くないんだろうな・・・

親の愛=全てが幸せにつながるかと言うとそうじゃないのが悲しい

無理に生*のだけが愛情ではないがなまあ、好きにするといい

案外結婚するならそこそこドライな人の方がいいかもしれない。盲目的な愛には付き合えない……。

*せてやれよ、かわいそうに…。ただの自己満足にしか思えないよ。

この親子、他人が受け入れないのを認めず、被害者面で訴訟起こしまくり、悲劇の家族気取りで国や団体に寄生して誰からも必要とされず生きていきそう

親のエゴで生かされてる事ですら怪しいよね。自覚できないでしょうし

こういう記事には必ず*せることが正義マンが沸くな。親がかわいい嬉しいっていってるんだから外野がかわいそうとか親はこんな悪い人間のはずとか妄想で語るのはおこがましいとおもうけどな。

おそらく成人は迎えられないであろう稀有な症例だからこそ、数少ない生存例としてこの子が生きていることが脳科学の研究にもなるし、役に立たないなんてことはない。

どうすれば……どうすれば、良いんですかね……

コメントにBJ先生がいますね・・・

見守ろう。結論は20年後だ

これ、生きるためにどれだけの労苦と金が必要なんだろうね。自然の摂理的には自分で生きていけない命は生きる資格がない。まあ、動物でも3才くらいまでは親が育てる例が普通にあるから、それくらいは仕方ないが、それ以上生*のはどうかな、と私は思うね。

産んで虐待して*ストレスのはけ口する親と、なんとしてでも自分が産んだ子が可能な限りその時まで幸せにいてほしいと願う親。どっちも悪と思う人多いようだし、自身も答えられない。ただ言えるのは、生まれてきた子供に罪は無い。

税金がどうのこうとか他国の話なのに我々日本人が日本だと~とか彼らの生活や理念にどうこう言う筋合いはないと思うが?ああ日本てこういう国になったんだったね忘れてたわ。

この子がいつか言葉を話せるようになったとして、果たして親に感謝するかが甚だ疑問だ

人体実験が人道的倫理的に禁止されている現在だととても貴重な事例かと。この子は医学と生物学の発展に大きく貢献するんじゃないかな。

この親子が決めたことだ、他人がどうこう言えない生きるのなら、出来る限りのことをして生き抜いて欲しいが

辛い人生が待ってるだろうが生まれてこないほうが良かったなんて言えないしなぁ。

どうしてこういう頭のおかしな親って、傷害を持って生まれた子供を、天使だの奇跡の子だの誤魔化すのかね。無理やり生かして、お前ら親が*だら障害児はどうするんだ?

もしも自分に子供が出来て、その子供がこんな重度の障害を持ってしまったら、自分だったらどうするのかとちょっと考えてしまう。世間の連中は、助けてくれないだろう*。まぁ、どうせ相手の居ない自分には関係のない話か。

*てしまうのは可哀そうだし、かと言って生*のも子にとって苦難に満ちた人生送らせる事になるだろうし難しい話やなぁ

責任を持って育てられるならまあ(笑。

死産になってもおかしくない状態にも関わらず無事生まれて成長してるのだから、生きるのがこの子の天命なんだろう、しかしこの形状の頭部で生命を維持できて感情もあるのだから人間の生命力って凄いもんだね

障害を持って生きる。それがなにか悪いことですか?手に余ったら放棄するのが良いことなのかい?気軽に、*せたほうが良いって言っているやついるが、自分がそういう自体になった時、同じ事言われたらどう思うんだい?俺は、生まれた時から発達障害を持って生きてきた。まぁ、幸せかと言うとなんとも言えんが、少なくとも不幸だとは思ってないぞ。そんな俺は41歳独身だww

頭の形の問題は、多分なんとか出来ると思う。今は、バイオプリンタって手段も有るから。近い将来、比較的安い値段で手術できる日もきっと来る。この親を*にしているやつがちらほらいるが、お前ら、偉そうなこと言えるほど、賢いのかい?

少なくとも、俺は偉そうな事を言えるほど、賢いとは思っちゃいないがね。

お前らのことじゃなくて、俺のことだからな。誤解はしないでくれよw

障碍者は生きる価値なし、*てやれとかいうぶっ飛んだ*が多数いますね

自分がこの状態で生まれたら自我を持つ前に死にたいと思う。

こういうのは正解なんかないぞ、幸せかどうかは時間がすぎないと分からない

確か数年前に、無脳症児が3歳だったか迎えたって記事があったな。その後どうなったんだろうか。 あとどうしても無脳症やそれに似た奇形児の話題あるとブラックジャックのセリフ思い出してしまう。

仮定の話出来るのはいい事だと思うが 様々な視点から物事見るのが大事よ

生きるところまで生きるしかない。俺も肺炎とかで今年中には*でるかもしれんからな。笑顔があるなら無感情じゃなく楽しいって感覚があるんだろう。それだけでも生まれてきた価値は十分だよ

>>PPPC お前が不幸でないのは結構だけど、その分周りに迷惑掛けて同級生とかが不幸になってるからな?本当、周りで迷惑を掛けられる側のことを、少しも考えていない脳内お花畑で酷いな。

榎木津「蛙の顔をした赤ん坊だ」



この記事へのコメント

人気記事