問題提起餓えている子供がいるのに無駄に廃棄される「恵方巻」。「食品ロス」をなくせ


shige hattori / PIXTA(ピクスタ)

◆まだ食べられるのに捨てられている食品は年間643万トン
 毎年2月、節分での恵方巻シーズンに向けて、農林水産省はこの1月17日、食品ロス削減を呼びかけ、コンビニスーパーなど26事業者が食品ロス削減の取り組みを行うとの回答を得た、と発表した。

 恵方巻は節分に恵方を向いて食べると縁起が良いとされる巻き寿司のことであるが、他方で売れ残りによる大量廃棄が問題となっている。本来食べられるのに、消費期限が近いために廃棄されたり、食べ残しとして捨てられたりしてしまう――。

 こうした食品ロスを大幅に削減するため、2019年10月1日に食品ロス削減推進法が施行された。関係省庁への政策提言など、食品ロス削減推進法の成立に尽力したのが、全国フードバンク推進協議会だ。同協議会の米山広明事務局長に取材した。

農水省の推計値(2016年度)によれば、日本において、まだ食べられるのに捨てられている食品は食品関連事業者から約352万トン、一般家庭から291万トン、あわせて年間643万トンに及びます。国連世界食糧計画(WFP)の食糧援助量は380万トン。つまり、日本だけでその1.7倍の量を廃棄していることになります。本当にもったいないですよね」(米山さん)

農水省資料より

◆40人学級の6人が相対的貧困
 一方で、日本においても格差が拡大し、子どもの貧困が深刻化している。厚労省によれば、日本における相対的貧困率、つまり、収入から税金や社会保険料を引いた実質の手取り分での収入の高低で、真ん中の値の半分に満たない層が13.9%(2015年統計)。つまり、40人学級の場合であればそのうち6人が相対的貧困にある。

相対的貧困にある世帯の子どもたちは一日のうちまともな食事が給食だけということもあり、こうした子どもたちには支援が必要です。そこで、私たちが取り組んでいるのがフードバンク活動です。

 一般の家庭や企業から余った食品や、安全に食べられるのに、包装の印刷ミスや外箱の変形などで売れない食品を寄付してもらい、福祉施設や食品の支援を必要とする世帯に無償で提供するというもので、食品ロス削減や子どもの貧困問題対策として全国に取り組みが広がっています」(米山さん)

 全国フードバンク協議会は、加盟する33の団体の活動支援や、政策提言をすることで、フードバンク活動を普及、推進している。フードバンク活動は欧米では長い歴史があるものの、日本ではまだまだ知られておらず、支援のための食品を集めるのにも一苦労だという。

◆課題は、食品を寄付する企業の免責

全国フードバンク推進協議会のウェブサイト

「大きな課題としては、寄付する企業の免責ですね。提供品による食中毒などのリスクを懸念して二の足を踏む企業は少なくありません。米国では、ビル・エマーソン食料寄付法というものがあって、故意または重大な過失がない限り、食料を寄付した企業が責任と問われることはありません。日本でも同様の制度が必要でしょう」(米山さん)

 食品ロス削減推進法が施行されたことを受け、日本政府は今年3月中に基本方針をまとめるとしている。その基本方針の中にも、企業の免責について調査・報告を行うことが含まれるのだという。廃棄される食品自体を減らすための業界の取り組みも重要だ。

農水省資料よりその2

「いわゆる、『3分の1ルール』という納品期限についての慣習があります。例えば、賞味期間が6か月の商品だと、卸業者は賞味期間の『3分の1』にあたる2か月以内にスーパーなどの小売店に納品しなければいけません。2か月より納品が遅れた商品は店頭に並ばず、メーカーに返品されたり廃棄されたりしてしまいます」(米山さん)

◆世界では8億人以上が飢餓状態、約13億トンが食品ロス

農水省資料よりその3

 食品ロス削減推進法では、「事業者の責務」として、食品ロス削減に取り組むことが明記されている。農水省の発表によれば、2019年10月の時点で、総合スーパー11社、食品スーパー60社、コンビニ8社が納品期限の緩和もしくは予定しているとのこと。

 貧困世帯の支援のみならず、温暖化による異常気象が頻発する中で、被災者支援としても、フードバンクの重要性は増してきている。

2019年秋の台風被害でも、私達は現地のフードバンク団体と連携して、長野県宮城県埼玉県被災地に食料を届けました。日頃の連携があるので、スムーズ支援物資を送ることができます」(米山さん)
 
 食品ロスを大幅削減することは国連のSDGs(持続可能な開発目標)でも掲げられている目標でもある。WFPの統計によれば、8億人以上の人々が飢餓状態にあり、また食料のために自然環境が破壊され、生物多様性が脅かされている中で、世界の年間食料生産量の3分の1にあたる約13億トンが食品ロスとなってしまっている(国連食糧農業機関等の統計)。

 こうした食品ロス・廃棄は、生産から加工、輸送、そしてごみ処理の過程で、膨大なCO2を排出する。その量は、年間で世界全体の排出量の8%と、日本の国としての排出量の全体の2倍以上という多さなのだ。

 餓えている人々がいるのに食べ物を無駄にし、地球環境にも悪影響を与えるような馬鹿げたことは、何としても止めなくてはいけないだろう。一般の市民も余計な食品を買いすぎない、家庭や外食で食べ残しをしない、フードバンクに寄付するなど、食品ロス・廃棄や、子どもの貧困をなくす取り組みに協力していきたいものだ。

<文/志葉玲>

shige hattori / PIXTA(ピクスタ)


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

日本は食料廃棄率が世界一ですから。


豚の餌になる


毎年縁起物が大量に廃棄されるって話聞くと勿体なくてならない。


無駄な廃棄が良いとは言わんがね。共産主義の国じゃねぇんだ。仮にその日無駄にならずストックされたところで別に貧乏人に無料配給されるわけじゃないし、消費しなけりゃ今度は生産者が飢えるだろ。ハーバーって文字が見えたから本文読まずに書いてるけど、その辺中身で触れてんの?


この日本は、貧しい子供よりも、裕福な老人たちを大切にする国。老人たちの為に腐るほど食べ物作って廃棄する。貧しい子供たちは百貨店には行かない。


何故いつも廃棄と飢えてる人がいるをセットにするのかわからない。


まーた出たよ「子供ガー」


で、この記事書いた人は飢えた子供のために何をしているの?


世界中の飢餓を救うなんて言わないが、せめて日本の都市部からだけでも食べ物で不自由する人を無くしたいものよな。フードバンクはとても良い着眼点に見えるし、上手く立ち上がってくれたら生活保護費の削減にも一役買うだろうよ。


給食を子供に合わせて作ろう、ではなく完食を強要しよう、となるのがこの国のクソ学校。


自分達に出来ること、つまりそれは「残さず食べること」だ。食べ切れなくて残しても捨てずに保存して必ず完食する。だから俺は残すと分かってて買ったりは絶対しない。だからTVとかで「食べ物を食べる以外の目的で使う」ところを見ると心底腹が立つ。お前等も「食べ物を粗末にするな」とか言う前に食べ物残すの止めような?


ハーバードは順序だてて説明することができず、話題が飛び飛びになるからロクな記事にならない。記事にする前に誰かに確認してもらうことをお勧めする。


飢えている子供なんていつでもいるのに恵方巻叩きに利用すんなハーバー。そもそも毎日毎日大量に廃棄が出てるんだからその恵方巻やクリスマスケーキの廃棄量なんて微々たるもん。それなのに「僕は食品ロスに協力してます」なんてのはエゴそのもの。捨てる権利の行使や衛生問題のコンプライアンスも守る必要があるんだし廃棄は必要悪だと受け入れろ


残さず食べても飢えている子供は楽にはならん、なんて言ったら怒られるかな


これが右翼ご自慢の大日本帝国ですか…


これ元々関西だけの文化じゃなかった?無理やり全国に広げといて恵方巻が悪いみたいに言うなよ、元々そういう文化がなかったんだしそりゃ食わない奴もおおいだろうよ。


単純に高いんだもん。そりゃ一緒に並んでたらおにぎり買うよ


ロスを減らし貧困を救い飢餓が減らせたとしても結局食べる口が増えることになり新たな飢餓が増えるんですけどね…。加工に必要な分も含め飼料として再利用されない食材が無駄な環境負荷なのは確かだけど、人口が増えてもその分負荷になるという…。人倫としては根本的解決にならずとも貧困を救うべきだが現状としては環境負荷を与えつつも経済の上では収支が取れている不思議な構図


アフリカに恵方巻送るんでしょうか?(笑)


ハーバーってなんでいつも扇動記事とか煽り記事になりがちなんだろうか…?


食品廃棄と貧困は別の問題だろ


恵方巻きのいいところはべったべたの海苔でガチガチにかためた冷や飯を頬張らされるおかげで翌朝に食うお椀に盛ったほかほかのご飯のありがたさがよくわかるってところかな。


今時「フードロス問題」と「途上国の子供の飢餓」を並列に語るのは何処のバカかと思ったら、ハーバーだったか…。最初の表題からして、「◆まだ食べられるのに捨てられている食品は年間643万トン」で、記事のメインはフードバンクについてだから、“消費期限”の近い恵方巻は同じフードロスでも方向性が違うのだが、そちらの問題には触れてないし…。


絶対的貧困と、相対的貧困をごっちゃにしているな。


共産主義者のたわ言 実際問題、共産主義国家の方が飢餓が多い現実


餓死した子供って日本じゃほぼゼロでは?あったら発狂沙汰やしなぁ。廃棄はそれなりに余裕がある層やろうな


食品の廃棄が減っても飢えた子供がタダメシ食えるわけじゃないぞ


規格外品を寄付すればそれ目当てで購入を控える層が出て来る。半額札を待つハイエナ・100円セールにだけ行列ができるミスドがそれを示している。現に出ている売れ残り廃棄を数値管理して生産量を最適化しない本部が悪い。(日持ちしない)米/麺類は売り切れを前提とした入荷量にするしかない。


フードロス減らすってことは生産量減らすってことだから餓えてる人達に行きわたるワケじゃねーだろ?まさか消費期限切れの食い物渡すワケじゃあるまい


自分が行ってるジム下にあるイオン系小スーパーには恵方巻きが沢山積んであった。関東で無理にやるものじゃないな、、


日本の廃棄率って米国の3分の1ぐらいなのにまだ世界1とかデマながす奴いるんだな。まあ、日本叩きネタってそんなんばっかりだけど。


無駄をなくすことは大事だけど、その飢えてる子供に金出して買ってやらないのか?まさか捨てるぐらいならただでよこせって飢えてる子供ですらしない*発言してるんじゃなかろうね?


そんなにロスロス言うんなら、買って食べるなり配るなりすればいいんじゃない?


捨てられる恵方巻きとハーバーじゃハーバーが憎い・・か。黙らせたいときはハーバーの記事持ってくるに限るな


もっと日持ちする感じに作ればいいのにね。海鮮とか貴重だしもったいない。


ハーバーが売れ残りを買い締めて飢えた子供に配ったら良いんじゃないか?


日本企業が飢えてる国から取り上げた訳でもなければ、作って直ぐ飢餓国へ輸送したとして安全に消費出きる距離でもない。飢えてる子供がいる、と廃棄ロスは何の関係も無い別々の問題で繋げて書くのは只の悪印象への誘導ですな。消費期限の近いもののフードロスを許容できないなら美味しい食事は成り立ちませんよ。更には日本の企業は大体は頑張ってる方です(某巨大スーパーから目を逸らす


ぜひ今年の恵方巻の廃棄量を過去10年間の結果と併せて出してほしい。本当に企業が食品ロスに取り組んでるかがこれで分かる


これだけやっても儲けが出るんだったら売上寄付するほうが効果的な貧困対策だったりしてな。まぁ勿体無いのは確かだけど。


餓死を起こすような所で子供を作ったり産んだりするのを止めれば良いのでは?


んじゃ恵方巻文化なんて辞めたらいいだろ。まぁ一部の奴らが必死に流行らそうとしてるだけでハロウィンのようには都合よくならないか


アカの他人の子供が飢えていようが*うが知ったこっちゃねえよ。


ワイ「分かった!!無駄買いもしないし無駄な廃棄せんとこ!!」 貧しい人「お腹すいたなぁ…」


やっぱり頭が、ハーパーオンラインだよな。前の記事で見かけてから気に入っちゃったよ!記事のコメントはどうしたって?必要ある?


効率化された現代社会によって人類史上最大数の人口をまかなっているのが前提。


ホームレスがいるのに空き家があるみたいな話ですか?(笑


大量に余ったものを無料で提供すると需給バランスが崩れる、売れたはずのものが売れなくなり、企業の収益が悪化する。供給過剰は良くない。


途上国で飢えてる人の現実を知らないのかな。避妊せず子供を作って親が食べまくったり酒を飲んだり私腹を肥やすのにお金を使って子供にあげないのが原因なのに。外国のおっさんおばはんは太ってる人が多いけど子供はガリガリ。日本だって同じだと思う。これらを同列に扱うのはナンセンス。


絶対的貧困ではないんだなこれが。相対的貧困なだけな訳で。世帯収入が4世帯で手取り244万以下ということは、だいたい300万以下の年収の世帯収入ということ。


飢えとセットで出すべきは他国の資源を奪ってる国だと思うんだがなぁ?つい最近にも他国の水源枯渇させたなんて記事があったくらいだし。そっちは忖度で出さないんかね?


そもそも日本人は限定物に弱いんだから、売る側も数を絞れば完売するだろうにって思ったけど、そこから「まだ売れる」って調子に乗って作り過ぎたら結局余るかwまあ食品ロスを無くしていくと余分が出なくなるので、それはそれで貧困者への提供も減るんだろうけどね


食品ロス無くしたらその食品の生産者に金が入らず出回る食品自体が減ってますます飢餓が増えるんじゃねーの?


真に必要なのは教育であって、雑に物資をばら撒いても同じことの繰り返しになるだけなんですよ。後フードバンクに夢見すぎたと思う。あれ運用が難しすぎて現状足元ガタガタだし個人でもできる学校建設支援の方が10倍いい


今年はどこも売り切ってた感ある。19時にスーパーに来た夫婦が「無いよ!?油断してた!」って言ってた。


俺の家の近くのスーパーは廃棄ゼロだったが イオンとセブンのホールディングにでも直接言えば?


恵方巻きもいらねえが、ハーバーもいらね


餓えた子供って親や保護施設が真面じゃない場合が大半でしょ?フードロスとどう関係あるの?


恵方巻も勿論無駄に廃棄されているが、毎日営業しているファーストフード店や回転ずし店、食べ放題の店ほどでは無いのでは?


過剰とされる加工品があるからこそ潤沢だし、期限を厳しくしてるからこそ食中毒も少ない訳で。早い話がフードバンクに格安、または無償で寄こせって事でしょ?頭おかしい。


無駄な廃棄は無くした方がいいが、飢えた子供の話すんならハーバーが買い占めて飢えた子供たちに配れば良かろう。フードロスと飢餓の子供を無理矢理結びつけるな。


ハーバーの言ってる事は意味不明だが、恵方2関しては企業努力が足りない。中の具をもうちょっと考えろ。カレー巻きとか中華風とかあんだろうがよ


国内にしろ他国の気が地帯にしろ、なんで飢えるのかっていう根本的な構造の問題に目を向けない限り、食品ロスを改善しようと余った食べ物寄付しようと、貧困層の飢えは解決せんよ。


一応言っておくんだけど、飢えている子供と食品ロスは全くの別問題だと思う。単純に「もったいないから食品ロスをなるべく出さない適切な運営を」と進言すればいいだけかと。


よっと さま>見方を変えると、生産量を減らす=仕事が減る⇒解雇、というカタチで逆に飢える人が増えるかもしれないですね。


『わかった!!消費期限が短いからダメなんだ。添加物山盛りにして(昔の?今は知らん)マックのバーガーみたいに何年も腐らないものを作ればいいんじゃね?』というのは冗談として、クリスマスケーキだってもう少し考えて売ってるんだから、恵方巻も頭使えよ。所詮地方の風習?だし全国展開には無理がある、ルールも食べ物もめんどくさい。「みんなでワイワイ食べきる」に改造しとけ。


恵方巻は美味いし好きだけど高すぎるんだよな。同じコンビニで買うならデイリーヤマザキの手作りパンのほうがリーズナブルでメニューも豊富、しかも量も多いときたもんだ。




この記事へのコメント

人気記事