最新 注目情報 いまだ男女不平等なのに、なぜ日本は女性や弱者に席を譲らない国になってしまったのか


ファイナンシャルプランナーの花輪陽子です。年末年始は日本で過ごしましたが、食べ物や娯楽など日本の方が圧倒的によいところも多いものの、満員電車ストレスは大きいと感じました。日本では、「席を譲る譲らない論争」が繰り返されていますが、シンガポールではどうなのかをお伝えしたいと思います。

■アジアの多くの国は“助け合い”に慣れている

まず、国土が狭く人口が少ないシンガポールでは通勤ラッシュが日本とは比べ物にならないくらい軽く、乗車時間も短いです。また、時間厳守が日本ほどは徹底してないために(15分以内だと許容範囲)、電車を一つ待つ人が多いです。日本から帰って来てすぐにシンガポールの通勤時間の電車に乗りましたが、ビジネスマンなどは席に座ろうともしないというのに驚きました。席に座っているのは、体が不自由な方、高齢者、子供、女性などが目に付きます。男女平等と言われているのに女性が座るのはおかしいと思う人もいるかもしれませんが、妊娠している方もいますし、生理痛などホルモンに影響を受けやすいということもあります。海外ではより体力のない人に席を譲る精神なのです。気がついて譲るスピードもものすごく早いので驚かされます。

もちろん、日本の電車の中は戦場のように過酷で通勤時間も長いので、余裕の度合いには大きな差があることも否めません。しかし、シンガポールをはじめとしたアジアの多くの国では幼稚園の時から困っている人にすぐに手を差し伸べるという習慣がたたき込まれています。例えば、大きい荷物があったら、みんなで助け合う、一人でトイレに行くのが怖い場合は同級生が一緒に行くなど。ボーイスカウトガールスカウトなどの活動に参加をする人も多く、皆で声をかけて助け合うことに慣れています。

■シンガポールでは痴漢をしたら実名顔写真で公開も

また、日本では度々電車の中の痴漢問題を耳にしますが、シンガポールで痴漢などをしたら大変です。日本語で検索をしても過去の事件がいくつか出てきて実名顔写真付きで公開されています。そのため、混雑をしている電車を避けたり、男性は両手を上にあげるなどをして疑われないように工夫をしているようです。見えないようにしようと思っても、監視カメラも至る所についているためにすぐに捕まえられてしまいます。痴漢以外にも泥酔をして暴力を振るうなども禁固刑や罰金の対象になることもあります。このような重い罰もあるために女性専用車両などをつくる必要もなく、酔っ払いに絡まれることもなく、治安が維持されているのです。

そもそも、日本人は席を譲りたくても他人に気軽に話しかけることすらできないという人も多いかもしれません。「高齢者だと思われてショックを受けるのでは」「妊婦ではなかったら失礼では」という憶測をする人もいるようです。ですが、シンガポールは見知らぬ人でも立ち話をしますし、とりあえず可能性があれば譲っておこうという感じのようです。妊婦じゃないのに、お腹がいっぱいでさすっていたら、海外で席を譲られたという話も聞いたことがあります。私もシンガポールで同じような形で2回ほど勘違いしてしまい、「本当にごめんなさい」と言いましたが、相手はあまり気にしていなかったようです。

■子供にはマナーを強制せず、母親だけに育児を強制しない

また、公共の交通機関やタクシーの中での飲食も禁止のため、電車の中で飲食をしている人もいません。では、子供をあやすためのお菓子なども利用できないのかと思うかもしれません。しかし、中華圏は子供に対して非常に寛容です。子供が泣いていると、周りの人が全力であやしたりします。日本では子供の声がうるさいとよく言われることがあるようですが、中華圏では少子化ということもあって子供は社会の宝だという考えが浸透しているようです。シンガポール人は外国人の子供に対しても非常に優しいです。5年も住んでいると、顔見知りのお店などでは親戚のようにかわいがってもらえるのです。

母親だけに子供の面倒を見ることを強制する文化もありません。日本では子供が泣くと、泣かせている母親が厳しい目で見られる場合が多いです。しかし、シンガポールでは子供が泣くのは当たり前という考え方があり、優しい目で見守ってくれる人が多いですし、あやすのを手伝ってくれる人もいます。

日本と、同じように経済発展したシンガポールとの違いはどこから来るのでしょうか。アレクサンドラ・トルスタヤ著『お伽の国——日本 海を渡ったトルストイの娘』(群像社)では、トルストイの娘が1931年にアメリカ合衆国に亡命する前に2年間過ごした日本についての記録を読むことができますが、その中で当時の日本人の母親について描かれたシーンがあります。

おかあさん――母親――それは日本の家庭では常に目立ってはならぬ存在である。

お母さんは淑やかで奥床しく、静かな立居振舞で、誰に対しても声を上げたり怒ったりせず、対立的な立場は一切とらぬ。夫婦で買い物をすることがあれば、品物を店員から受け取るのはお母さんで、温和しくそれを抱えて家路につく。

道すがら、あなた方のすぐ傍を、片手に大きな包みを抱え、もう一方で幼児の手を引き、背中には赤ん坊を負ぶった婦人達が、間断なく行き交うことだろう。そうして同時にその前を、煙草をくゆらせながら、手ぶらで平然と行く、君主のような男を見掛けることだろう。

電車に乗ると、十~十二歳くらいの少年にいそいそと世話を焼き、空席に座らせて、自らは赤児を背負った下駄履きで、バランスを取りながら通路に立ち、吊り革にぶら下がっている婦人に出会う。

お母さんは普通『自分の為の人生を』などと言われても理解すらできず、ひたすら『旦那さん』に尽くして、子供達の世話をして、一生を終えるものなのである。

■「100年前の母親像」を要求する日本の社会

100年前に外国人フィルターを通して描かれた典型的な日本人の母親の姿と、外国に出ている私が、現代の日本の電車の中で見かける母親の姿はそれほど大きくずれているものではありません。おんぶひもがベビーカーに変わっているくらいではないでしょうか。海外ではベビーカーのままバスや電車に乗り込む母親に対して誰かが手を差し伸べるのが当たり前です。また、父親、祖父母、ヘルパーなどに育児や家事を分散させます。そうすることによって母親は自分の人生を取りもどすことができるのです。

世界経済フォーラム(WEF)の「グローバル・ジェンダー・ギャップ指数」2019年版によると、日本は調査対象となった世界153カ国のうち、121位(2018年110位)とG7のなかで最低でした。政府は社会のあらゆる分野において、2020年までに指導的地位に女性が占める割合を少なくとも30%程度とする目標を掲げていましたが、実際2020年になっても現実は遠く目標に及んでいません。それは、日本という社会全体が、今でも母親に対してトルストイの娘が驚きをもって見た100年前の母親像を要求しながら、同時に指導的地位に就くことを求めようとするからではないでしょうか。

日本が抱えている、少子化や女性の社会進出が進まない問題を少しでも解消させるためにも、まずは電車の中で子連れの母親(父親)や体が不自由な人に対して暖かい目で見守り、必要な際には手を差し伸べてあげてほしいと願います。外国人旅行客が増えたためか、大都市ではずいぶん電車の中のマナーが改善されたとも感じます。今後も日本により多くの外国人に訪れてもらい、より多くの日本人が海外に出て、世界の常識を目の当たりにすることが重要なのではないでしょうか。

----------

花輪 陽子はなわ・ようこ)
1級ファイナンシャルプランニング技能士
外資系投資銀行を経てFPとして独立。2015年からシンガポールに移住。『少子高齢化でも老後不安ゼロ シンガポールで見た日本の未来理想図』など著書多数。

----------

※写真はイメージです(写真=iStock.com/kohei_hara)


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

本当の弱者はヘトヘトになって座ってる人(譲る気力もない)


通勤電車内だけで無く、社会全体が弱肉強食の余裕の無い世界に日本は既になっている。この社会を是正しない限り、弱者・女性優先の別世界の人間はこの日本の世界に転生しない方がいい。


ファイナンシャル・プランナーなら、エコノミック・アニマルのケケ中平蔵が全ての元凶であると理解できるであろう。苦情はどうぞソチラへ。


日本の昔の良妻賢母と呼ばれる母親像は、自分は下がって夫を表に出し、夫の言うがままのように周りに見せながら見えない手綱で操る女性ある。


今の日本で通勤ラッシュに乗ってる人は全員弱者だろ


ファイナンシャルプランナーってこの程度の人間なんだよね 経済の学問が進まないのもよくわかる


そもそも平等になることは差をなくすこと。あらゆる人間に差がないなら席譲ることもしなくていいし、子供を連れるのも自己責任。海外には海外の風土、気質、文化があるから比較もあまり意味をなさない。日本のそれらを無視してまぬけな政治家などが我々に奇妙な律を押し付け続けるから、様々な歪みが生じる。


欧米基準の男女平等幻想って、もうとっくに賞味期限切れてるんだよなぁ~ 


衰退国家は人心を荒廃させるので(笑。


男女平等と言いつつ女性への特別配慮を求めているあたりがフェミ様だよな。


なってしまったのか?ちょっと前に昭和生まれよりも平成生まれの方が席譲る人多いって統計をどっかで見た気がするんだが。


日本は武士道の国なのでレディーファーストなんてありません。嫌なら日本から出て行け。


文句言う元気があるなら立っててよ。こっちはそんな気力もないわ


妊婦と一般女性を区別しろ。あと、前まで女性は弱者枠にいたから、散々恩恵受けいただろ。男女平等と唄ってるのだったら、都合のいい恩恵を受ける時だけ使い分けすんなよ。あと、被害者一択加害者にはなっていないと主張するフェミニストは、社会的責任の放棄すんな。


まじでプレジデント*でほしい こいつら生きてるだけで害だろ


そうか、見せしめにもっと排除されたいか


★ 日本では女性差別が横行している。「結婚」すると女性は男性の性奴隷にされる。結婚せず、子供も作らず、平和な毎日、気の合う友達と仲良くいた方が幸せである。幸福を追求しよう!!


物のせいにするのはあまり良い意見ではありませんが、あえて何かのせいだとするならば携帯/スマホのせい。なぜなら、それらがないころは「席を譲る自分」と「席を譲らない自分」の比較であったが、今では「おばあさんが座ってスマホ」と「自分が座ってスマホ」の比較になるから。どこのだれか知らない人が自分の趣味をするくらいならみんな自分のことをしたいというのは自然だと思う…。


つまり、時代が変わって価値観の基準が変わった、ということ。 私は移動中はそんなことをせずに景色を見たい(急ブレーキをかけるかもしれないし…)ので、そんなことはしないし席は変わるけど(2人以上の人が来たら2人掛けの席を立つくらい)、みんなそんな余裕があるわけではないし…。


レディーファーストは安全ではない場所に女性を様子見がてら先に行かせたのが起源というウソを言っても信じられそうだわ。まぁ、実際問題、馬車への乗車や扉を開けるの際に男性が補助をして女性を先に行かせる方が、スムーズにいくからだろ。


※注意:プレオンです


>シンガポールは見知らぬ人でも立ち話をしますし日本では、おじさんが女性に話しかける行為は「性的消費」です。絶対にやめましょう。


男女平等に扱わせたいのか、女性を特別扱いさせたいのかどっちだよ?


社会的弱者の女性と子連れと障害者の為に、専用車両を設けたらどうかな(棒)


割りと「平等」には成ってきてるぞ。だが、ホントにしないといけない「公平」ってやつを成そうとするとだな、自分の理想と違うって叫んで女性側が拒否するんだよ。自分達の優位が崩れるからな。所詮その程度の考え。


女性や弱者に席を譲ったら、先着順なのに不平等だよね?


クソ共が増長してるから。以上


弱者には譲るが、なぜ女性に譲るの?妊娠してるとか事情があるならわかるけど。女性だからって席を譲ってもらう発想してる頭の弱者のせいでま~ん(笑)っていう輩が増えるんですが


弱者・被害者面して平等っていう差別を創るコイツらとか、どっかの国とかが嫌われるのがよく解る記事。


男女平等大いに結構。ただそれらを掲げて男性に対するヘイトをまき散らすのは気に入らない


若者だって、例えば部活とかでケガして骨にヒビがはいってたりとか、打撲してたりとか、その日によって腹が痛かったり頭痛かったり、腰悪くしてたりツライ時だってあるよ。精神疾患とかだったらツラクても目には見えないし、若者=強者とは限らないだろ。譲ることを強制するのが間違ってると思う。譲りたい人がゆずればいいし、譲らない人が悪人と決めつけるべきではない。


日本人は昭和高度成長期に経済的豊かさを求めるあまりに、人を慈しむ精神を捨ててしてしまったんだろうね。自分にとって、赤の他人と言われる立場の人たちであっても、同じ社会で一緒に生きる「仲間」「同胞」なんだっていう、仁愛・友愛の気持ちが希薄になってしまった。私達、ひとりひとりが「他人を慈しむ気持ち」をもってこれからの人生を生きて、社会を徐々に変えていくしかないよね


平等と言いつつ弱者だから譲れって言ってる時点で矛盾してるんだが?私達は平等だ!だから、女性には席を譲れってことかな?ちょっとまじで何を言ってるのかわからないです。ついでに、そんなにシンガポールを押すならシンガポールに住めば良いんですよ。誰かはやってるよ?っていって善意を強要してくる同調圧力嫌い。コイツってアレだよな…ライアーゲームじゃ真っ先に*タイプだよな


最近の女性からだって男性に100年前と変わらない価値観で女性を養ってほしいという話も聞くし、昭和の時代からかかあ天下という言葉もある。シンガポールでは痴漢は防げていたとしても冤罪は防げているんですか?弱者だから助けられて当然と考えるのは大人の女性ではなく無責任な女の子です。日本にはレディがいないためレディファーストが普及しないといったのは女性教授だそうです。




この記事へのコメント

人気記事