問題提起 “自称”小児性愛者の悩み「自分が犯罪者になってしまわないか恐怖」


 中学生、とくに中2の女生徒を好むという、自称ロリコン(正確にはペドフィリア)、40代前半の介護士で新婚男性の原田 一郎さん(仮名)。

 前編では、精神保健福祉士・社会福祉士の斉藤 章佳(さいとうきよし)氏の著書、『「小児性愛」という病―それは、愛ではない(以下、同書)』(ブックマン社)を原田さんが読んだことがきっかけで、取材が行われた。

◆「中学生との行為」を妄想

 原田さんは、自身がペドフィリアであることに深く悩み続けているという。

「妻とのセックスよりも、ロリコン物の画像や動画を見ながら自慰行為をするほうが、よっぽど気持ちいいんです。ひどいときは仕事中にも、中学生女の子デートしたり、はっきり言えば、セックスをする妄想をしてしまいます。このままでは、自分が本当に犯罪者になってしまわないか、心配です」

 切羽詰まった表情で本音を語る原田さん。そもそも、原田さんがペドフィリアになったきっかけはいったいなんだったのだろうか。

「自分の育った家庭環境はごく普通だったのですが、両親が共働きで家に不在がちだったため、年の離れた姉にまるで奴隷のような扱いをされていました。学校でもいじめを受けていたし、異性には相手にされなくて。ストレスのはけ口は、自慰行為でした。中学生のときに、父親のAVを見つけたのですが、AV女優が制服を着ているロリコン物だったんです。衝撃を受けて、そこからはもう、そういった作品や妄想でしか興奮できなくなりました」

 同書によれば、原田さんのようなケースは珍しくないようだ。

◆“逆境体験”が原因で…

 まず、斉藤氏が精神保健福祉部長で、各種依存性症を取り扱う、榎本クリニック(以下、同クリニック)を2006年5月から2019年5月まで受診した子どもへの性加害経験者117人のデータによると、機能不全家族で育った人間は46%。いじめ被害の経験に至っては54%と、一般人の被害経験の有無よりもだいぶ多い印象を受ける。

 そういった“逆境体験”により、たとえば自慰行為をしているあいだはつらい記憶を忘れられるからと、アルコール依存症のように、自慰行為に耽溺するようになることもあると、同書では説明されている。

 そのこと自体は理解できなくはないが、ペドフィリアの場合、自慰行為の際に利用する“ネタ”が、児童を対象にしたものであることが問題だろう。

「自分は本物の児童ポルノを所持していたこともありますが、本物を見てしまってからは、本当は年齢的には出演しても問題がないAV女優の作り物の作品では、興奮できなくなってしまいました。だから、児童ポルノは害でしかないと思います。自分が言うのもおかしいかもしれないですが……」

 実際、同書によれば、児童ポルノと加害行為への結びつきは強いという。児童に対する性加害経験者は、児童ポルノ100%に近い割合で見ていたというデータからも、そのことがわかるのではないだろうか。

「AVでも見て、自慰行為で満足しておけばいい」という言葉は、ペドフィリアには当てはまらないのだ。

◆再犯防止アプローチで注目される「治療的保護観察」

 それでは、どのようにペドフィリア、とくに実際に性加害を行ってしまった人間へ、再犯防止といったアプローチをすべきなのだろうか。同書が提案するのは、カナダの制度である、「治療的保護観察」を参考にするというものだ。

 これは、性犯罪で受刑した者は出所後の保護観察期間中、再犯防止プログラムの受講が義務づけられているというもの。プログラムには薬物療法も含まれているが、同クリニックでも、薬物療法を実施している。

「性的な衝動を抑えられないから処方してほしい」と、自分から希望する患者もおり、薬物療法“だけ”では再犯防止には不十分であるものの、並行してさまざまなプログラムを行うことで、効果が高まることは間違いないそうだ。

 同クリニックでのプログラムは、全員が同じものを行うわけではなく、再犯リスクによって受講するプログラムの密度が変化するという。

「クリニックの受診も考えたいですが……まだ自分は“加害者”ではないですし、『小児性愛障害』の診断基準(通常13歳以下の子どもとの性行為に関する強烈な性的に興奮する空想、性的衝動、または行動が反復する)にも該当しないんでしょう。それなら、受診したいならまずは加害者になってからってことなんですかね」

 原田さんは、強いコンプレックスから、無理やり偽悪的に振る舞っているようにも見えた。

「ただ、本を読んだだけで自分の悩みが解決したわけではないですが、自分だけが苦しんでいるわけではないとは思えたような気がします。そのことだけでもよかった」

 原田さんは、そう言って話を終えた。

 彼のような、世間的にロリコンペドフィリアとされる人物のことを、気持ち悪いとして片付け、存在自体を見ないようにしてしまうことは簡単だ。しかし、被害者を出さないためには、加害者の心境を知ること、そして、どう対策すればいいのかを知ることが大切になってくるだろう。

 同書は、読んでいて性加害者の身勝手さに何度も不快にさせられるし、性被害を受けた経験がある人にとっては、読むこと自体がつらい一冊でもあるため、被害経験のある人にはおすすめできない。だからこそ、実に貴重であると感じられる内容だった。<取材・文/関圭一>

写真はイメージです(以下同じ)


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

パン食と殺人行為への結びつきは強いという。殺人犯は、パンを100%に近い割合で食した事があったというデータからも、そのことがわかるのではないだろうか。


YESロリータNOタッチ、自覚して理性が働いているならまだ大丈夫


ドラキュラは生き血を吸って人を吸血鬼にしないと*でしまいます では同情してる連中は血を吸われて*でやりますかね わたしは嫌ですが


小児性愛になってしまったのはもう仕方がない。それは病気でも何でもない実際好きなんだから。ただ何とかして邪心を発散し続けないと不味いのも事実。そういう意味でもじどポはあった方が良いと思うけどな。勿論ちゃんと最後の一線は守って。このままじゃロリコンを拗らせた自制心のない輩の毒牙にかかる子供が増える一方だ


まあ、二次元で消化するしかないだろう。殺人欲求が高いからってスナッフビデオを許容しろって話になるわけないのと同じ。


仮にわたしが人を万人単位で人を*かねない手段と心の闇を抱えてたとして一体誰が止めたり救えるというのでしょうかね 結論から言えば私自身が自制することを除けば 万人が*かわたしが再起不能にされるぐらいしか解決の方法がないような気がします


後天性の大体は代償行動か勘違い。


嫁さんいるんかーい こじらせたのが少年期なら結婚までこぎつけたのは結構すごいことでは それとも外見・・・あっ


中二(13~14歳)を好むのにペドフィリアなの?だいたいは第二次性徴むかえてる相手が対象なのに?いや、だから自称か。欲求と社会の不一致が大変なのは間違いないけど、この人に関してはプレイや心理療法みたいな正規の範疇でなんとかなりそうなもんだけどなぁ


こういうのって規制で2次元とかで発散できないほうがヤバイ気もするんだが。


ポルノの影響は科学的に立証されていないようだ→論文『児童ポルノ規制における保護法益について』髙良幸哉(scholar.google.co.jp等で閲覧可)それから事件を起こした人ばかりがニュースになり目立つので、小児性愛者は遅かれ早かれ子供に手を出す犯罪者予備軍だという世間的偏見をこの取材対象者は内面化しているように見えるし、そういう当事者は多いと思う。


欲望が全部性欲に集中してるのが理解できんが、男性性というアイデンティティの確立に失敗したんだろうなということはなんとなく分かる。


こういう苦悩を抱えてる人を理解する気が無いのが今の世界ですよね…二次元で消費すれば良い、という話ではあるのですがそうではない人も決して少なくないはず。「イメージビデオが多い分性犯罪者は減るが黒歴史を抱える女の子が大勢いる」のと「児童ポルノを廃絶した分性被害に遭う女の子が増える」、どっちがマシなのか…結論は永久に出ない気がします…


自分で小児性愛障害の診断基準に該当しないって言ってんじゃんwww ペドフィリアでもないただの強*魔予備軍だぞw


子どもの時、おねえちゃんに冷たくされたから、その世代の女の子に(エッチで)優しく受け入れられたいってことでいいでしょうか???


妄想だから興奮するんだろ。画像や動画はそもそも欲情するように仕組まれたものなんだから「製作者さんありがとう」でいいんだよ。「近所の○○ちゃんをみると*します」くらいになったら警察にいって相談してこい。


自分は痴漢したり*したりはしないんだろうなという結構強い確信があるんだけどロリコンの人も同様なのでは(笑。


そういう人も居る、だから子供を犠牲に…って言うのは間違ってるよな。今は3D技術も上がってるからそういうので我慢できるならいいが現実じゃないと我慢できない人も世の中には居そう。完全なvirtual空間でもできればそういう人達も救えるのかもしれないが、夢物語よね


では自らの手でちょんぎりましょう。


自覚症状に苦しんでいる人なら大丈夫じゃないかな…


子供が犠牲になる方が見てて辛いからロリコンはもう去勢しろよ


中二の子とエッチしていい存在はないんだから、いくら妄想したって自分を追い詰めるだけだよ。殺人したいなら戦争行けばなんとかなるかも知れんけど、それより難しいわ。


*機能付きアンドロイドの開発が世界を救うよ。見た目年齢はお好みで外見も自由に作れる!結婚する必要もなく飽きたら買い換えられる、少子化はやむなし


「児童に対する性加害経験者は、児童ポルノを100%に近い割合で見ていた」…レイパーとDHMOの摂取に強い相関があるって話かな?


やっぱり…2次エロは最高やな!現実?(勃た)ないです。


『児童ポルノは害でしかないと思います。自分が言うのもおかしいかもしれないですが』←おかしいだろ。うっかり娘ができちゃって欲望のままに振舞わない内に、さっさと離婚して潔く自害して下さいませ。


ロリータコンプレックスとアリスコンプレックスこの違いを理解したうえでペドフィリアを語れ。  中学生? 冗談が過ぎる


犯罪者になるのは別な問題 私は美しい成人した異性が好きなんですけど 好みのタイプの異性を襲いたくなったら・・とか言ってたら オカシイだろ 性癖が変わってると犯罪者予備軍みたいな印象操作 どうかと思う 襲うのは異常性欲とかじゃないか? 犬猫を好きでも襲ったりしない普通の人間はな・・


ィェースロリータノータッチだよ!


てめえが犯罪者にならないか心配だ?てめえがどうなろうか知るか!被害者や家族の事考えろや。こんな感覚ならいつかやら*。やら*前に隔離しとけ。


対象年齢がどんどん下がっていって卵子を通り越して卵子生産者まで行った奴もいるからな!あと、ロリコンは脳の病気だって完顔阿骨打先生が言ってた!




この記事へのコメント

人気記事