速報 注目情報 匿名化データなんか集めて、なにやってるの?


Photo: Getty

安心感を抱かせつつ?

個人情報を勝手に収集されてうれしい人なんて、どこにもいないことでしょう。でも、その情報を匿名化して、個人が特定されないように収集しますといわれたら? なんとなく安全なように感じませんか? それならば協力してもいいのかなって…。

匿名データでも個人情報に紐付けられちゃう

ところが、このほどハーバード大学の2人の学生が、インターネット上に流出した匿名データを収集分析可能なツールを開発。いろいろ大手企業などが、ユーザー情報などの流出を謝罪するニュースって、北米でも相次いできたのですが、そのいわゆる匿名化されたデータの数々は、簡単にユーザーネームメールアドレス紐づけして、個人の特定へ大きく近づけてしまうことが明らかにされていますよ!

匿名データでも十分ですけど...

ちなみに、今回の分析結果から考えられるのは、そもそも企業は、ユーザーからデータを集めて、別に個人なんて特定せずとも莫大な利益を上げていることです。たとえば、わかりやすい例としまして、ここにペットショップと花屋さんとゲイバーで支払いをしたレシートがあるとしましょう。そうすると、この情報から企業がほしいのは、ペットと植物とLGBTについての広告ターゲットがいるということだけです。別にそのレシートの持ち主の名前も年齢も職業も家族構成も必要ありません。ターゲットにあった広告さえ見せられれば、あとはその相手がどうであろうとよいのですから。

あるいは、もっと漠然としたデータ収集であってもよいようです。つまり、とあるサービスを使っている人は、全体的にどういう年齢層や性別で、どのあたりに住んでいて、どういうものに興味を持っているか? わざわざ個人を特定せずとも、全体として、どんなユーザーが多いのかさえ判明すれば、もうそれだけで、かなりターゲットを絞った広告を配信したり、営業をかけたりできてしまうんですからね。

こうやって考えるならば、どんなに収集データが、プライベートな個人から切り離されていても、分析する側には多大のメリットがあり、基本的に匿名化したデータ十分ではあるわけです。でも、もしも流出して悪用されたら? 意外と個人をも特定できる仕方で集められている莫大なデータが、ブローカーから悪意ある人物組織の手に渡ったり、挙句の果てに広告以外有害な目的で使われてしまったら? その可能性は無限大でもあるでしょう。

そう思うと、匿名化して集めるからといって、ユーザー情報の収集に協力してよいものか、非複雑なところでもありますよね。



(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

つまり右に対魔忍の広告が出るという事。


コンビニで買い物すると性別年齢を入力されちゃうだろ?そんなざっくりデータでも、その商品を買った世代と性別のデータがあるとターゲット層が絞り込める。paypay作って正確な年齢や住所、メアドを提供すればさらに精密なターゲッティングができるので、効率的なクーポンの提供や自社の別のサービスをお勧めしやすくなる。そして、詳細なデータは他社に高く売れるのですよ。


ビビッドアーミーのことか───────っ!!!!!


おのれWin10!


非複雑なところ<単純って意味だろうか?


会員登録時に入力した個人情報からメールアドレスを抜粋します。そのメールアドレスを各社が収集したビッグデータで検索するとあら不思議、あなたのオタク趣味や性癖までモロバレです。


ビッグデータ解析は商機を探るのにも使えるからな。 周知の事実で調べるまでもないが『2月14日が近づくとチョコの売上が上がる』というデータからプレゼント用のチョコの新作をその直前に発表するとかね。 これは『誰が買ったか』という部分がない匿名データであっても価値がある。 大量のデータというのは集めて分析すれば大抵は何らかの価値が発生してしまうんですわ


某便所の壁を見ていると♂x♂漫画の広告が表示されるのは…いや、そんなハズは…


一度自分たちで監視社会否定しておいて結局監視社会に向かってるっていう


youtubeでもアカウントなくても1回見た動画の傾向に沿ったお勧めでグイグイとトップ画像埋めてくる。違う系の動画見たら即変わる。もう許可とかそんなん無しに行動の大部分のデータが収拾されるシステムが出来上がってる前提で物考えようよ。


「この鬱陶しい広告を表示させてほしくなければ、この有料プランにサインするんだ。断るとどうなるかわかっているな?サントリーは本気だ。視聴者どものションベンが金麦に変わるまでやめるつもりはないんだ。諦めろ。」


これが進むと、個人商店や中小企業が益々疲弊して少子化も進み、新しい企業が生まれず一極集中化、暴動を引き起こし国家崩壊って所まで読めるけど大丈夫?


youtubeで女子中学生陸上の動画をお勧めされる。別にスポーツ好きな訳じゃないのに


AI動*ときの前提情報としてビッグデータが重要で、そのためにはこうした匿名情報が結構役立つみたいだけど、この記事みたいなデマのせいで日本は既に乗り遅れててアメリカとか中国に完敗してるからもうどっちでもいいんじゃない


それを参照出来る権限を持つ人間のモラルの問題では?


ルートがそのままクラッカーに利用されてちゃ、放っておく訳にはいかないはず。Cookieレベルのデータ収集は問題外。使うだけ抜かれる物はルートとし簡単に使われやすい。LINEなどのメッセージアプリ、ウィルス対策アプリ、ジオアプリ、マッチングアプリ、Tiktokの様な動画アプリ、検索アプリ、それらは歳を取りボケてから対策しようにも無理。使う前に考えた方がいい。


え、マーケティングの基本やん >匿名化データなんか集めて、なにやってるの?


WEB閲覧履歴が広告に使われるくらいならまだいい。GPSデータを追跡して個人の活動エリア、活動内容、時間帯を特定したり、収集したデータを信用スコアと称して個人の不利益になるような活用をするなどが問題だ。昨今は明らかに情報の活用のされ方が本人の意図しない領域に拡大している。しかもその情報は本人の意思で消すことができない。プライバシーは個々人で防御した方がいい。


某やわらかバンク傘下のアプリは気をつけよう。ロシアの例の事件は氷山の一角、中東に情報を売りに行ったという話も有名らしいね。むやみにアプリをいれないが吉。本当は、Android端末は上級者向け。人生を切り売りしてるYouTuberやネットで面が割れている状態と変わらない。端末が安い理由はそこにある。広告主の言い成りになっているのが今のGoogleのサービス。


企業関係のソフトウェアが軒並みやられてるのがいい証拠。一応、ネットのトラブルに気をつけようみたいな勧告日本政府出したけど、認知も低い。今、モバイル端末が世に出て一番、悪用されてるなと。VPNとかを普段使う海外の人と比べ、日本のセキュリティレベルの低さが伺える。というかVPNの指導がないのがおかしいんだよな。




この記事へのコメント

人気記事