話題 お勧め どんな戦争も、得られる利益より失う犠牲の方が大きい


『勝者なき戦争: 世界戦争の200年』(大月書店) 著者:イアン・J. ビッカートン


後引く犠牲と損害、勝敗とは?

日露戦争で日本は勝利したことになっているが、賠償金も、領土割譲も期待を遥かに下回り、国民に大いなる失望をもたらした。そもそも、アメリカが調停に乗り出したのも、満州における日露双方の権益拡大を牽制する意図があったからで、結果からすれば、自国のアジア戦略を戦わずして有利に導いたアメリカ日露戦争の真の勝者だったともいえる。

第二次大戦ドイツ、日本の敗戦に終わったものの、両国はともに民生中心の復興に専念し、戦争に加担しなかったため、「奇跡の復活」を遂げ、戦後三十年にして、経済大国になった。P・K・ディックは『高い城の男』で日独が戦勝国になったパラレルワールドを描いたが、米英が不況に喘(あえ)いでいた時期は、そのSFの通りの皮肉な結果になったといわれた。

本書はここ二百年のあいだに起きた戦争がもたらした結果に公正な歴史的評価を下そうとしているが、その結論は歴史上のどんな戦争も、得られる利益より失う犠牲の方が大きいということである。多くの場合戦勝国の損害も甚大であり、歳月の経過とともに勝利や敗北の意味は薄れるどころか、逆転しさえもする。

アメリカが矛盾だらけの中東軍事介入を行い、実質、タリバンやISなどのテロリスト集団を育成する結果となった今日、戦争は国家間の武力衝突から、テロやサイバー攻撃、経済戦争の形で日常に潜在するものになった。戦争で勝利した国も平和維持のための軍事負担によって滅びたという世界史の法則を顧みれば、どんな国家も極力敵を少なくすることでしか平和を維持できないことは自明である。連合国が作った二十世紀の後半の世界秩序も、旧植民地や共産国の逆襲によって綻びが出ている。軍需産業を抱える連合国とその協力国が国益をかざし、さらなる戦争に踏み切れば、おのが没落を早めることになる。

【書き手】
島田 雅彦
1961年東京都生れ。東京外国語大学ロシア語学科卒。1983年『優しいサヨクのための嬉遊曲』を発表し注目される。1984年『夢遊王国のための音楽』で野間文芸新人賞1992年『彼岸先生』で泉鏡花文学賞2006年『退廃姉妹』で伊藤整文学賞を受賞。著書は『天国が降ってくる』『僕は模造人間』『彗星の住人』『美しい魂』『エトロフの恋』『フランシスコ・X』『佳人の奇遇』『徒然王子』等多数。

【初出メディア
朝日新聞 2015年07月05日

【書誌情報】

勝者なき戦争: 世界戦争の200年

著者:イアン・J. ビッカート
翻訳:高田 馨里
出版社:大月書店
装丁:単行本(316ページ
発売日:2015-05-20
ISBN-10:4272530437
ISBN-13:978-4272530434
勝者なき戦争: 世界戦争の200年 / イアン・J. ビッカートン
どんな戦争も、得られる利益より失う犠牲の方が大きい


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

現状のww2戦勝国様方見たら間違いなく勝った方が負けた方より有利なような


>tem オランダ「喧嘩売ってんのか貴様」一番戦果上げたアメリカも極東の揉め事に世界の警察として首突っ込まなきゃいけなくなってる、逆に共産国との揉め事全部押し付けて暢気していられる日本勝ち組じゃね?w


一部の企業は利益が大きい 国全体で見ると失うものがおおきいじゃねーの?


でも負けたらシベリアの少数民族になる。


日露で言えば強国の白人に勝った時点で有色人種にしか成し得ない最大の目的を達成している、それがなければ今なお白人至上主義が世界の常識だったろうよ


戦後の独立戦争ラッシュを見て言えるのは、戦いを択ばず従う道はもうたくさんだ!って事じゃないかなぁと


あくまで国家単位でみた結果論。軍需産業等の企業や個人は儲かってるし完全に勝ち組になってるでしょ。


戦争した結果油が戻ってきたうえに天皇日本語宗教etsが維持されて満州国境警備で徴兵された人間が中露と睨み合わなくて済んでる、戦争しなかったらどうなってたんでしょうねぇ?ライフライン閉じられて殴りかかって来ないクソザコの末路なんて考えるまでも無いと思うが別解があるのかな?w


負けたらという前提での話。


愚物も愚民もヒトモドキもどこかで処分しなければいけないというのはある。


★ 日本は戦争で 敗北 したことにより 発展 と 平和 を手に入れることができた。敵に攻められたらむしろ敗北する方が利益は大きい。日本の島嶼や、領土の一部を近隣国に分け与えた方が近隣国の心証はよくなり経済は上向くだろう(*^-^*)


一次大戦までは帝国主義というぐらい積極的に戦争する時代があったように、得られる利益が大きい時期があるのも当然。その帝国主義バブルの崩壊が見え始めた二次大戦以降を紹介してるなら結論はそうなるね。


戦争目的に着眼しなければ何の意味もない、日本は天皇制の維持と禁輸を解いてもらう目的で戦争し、艦艇と海外領土引き換えに成し遂げた アメリカは?有色人種の優越はフィリピン落ちた時点で達成ならず、中国市場への参入も成らず、共産圏の防波堤を自ら壊したので自らが補填する有様、残るは虚構に塗れた正義()のみでそれすら疑問に思うアメリカ人もちらほら…


だからって抵抗しないわけにもいかないでしょ。中露あたりの属国になったら悲惨なことになる。この手の連中は相手が戦争を吹っかけてくる場合があるってことをまったく考慮しないのはどういう訳なのか。


おっかしーねー?今まで一度も勝ち星のない万年属国の朝鮮さんは近隣国の心証はよくなってませんねーw中国へのチャーター機、どうなってましたっけw


それでも侵略行為を働く国に対して、無抵抗で白旗揚げるより自由の為に戦わないといけない。それが一度でも失うと得難い利益だから


それでもやっぱ*のも*れるのも嫌だよ。戦争で潤う一部の奴らが安全な所でぬくぬくしてるのが一番許せない。


インドネシアなんかは350年続いた支配を10日で追い出し、軍事訓練に終戦時兵器のお土産まで付けてくれたぐう聖が居てくれたからオランダの再侵攻から独立できたけど、日本にはそんなぐう聖国家居てくれないからなぁ~


戦争で潤う一部の奴らが安全な所でぬくぬく> 中国共産党指導部批判止めろよ。


戦争国同士が損しても一企業や個人が得をする限り戦争はなくならないぞ


トータルで見れば失うもののほうが大きいんだろうけど、戦勝国の発展を見ればまぁ、そういうことでしょう。


という風にして、自虐史観を押し付け、牙を抜いておこうという目論見ですね。わかりますよクソパヨ。


レンドリース代をたんまり払わされて自国鉄道の電化すら遅れてる鉄道発祥国イギリスなんか見ると…ねぇ?日立の列車が快適そうで良かった フランスはフランスで米兵に「ナチス追い出してやったから股開け」なんて…


日清戦争勝利で台湾が、日露戦争勝利で千島列島の半分が日本領となったが太平洋戦争敗北で2つの領土だけでなく北方領土、竹島まで失うおまけ付き。戦争に勝者は無くとも敗者はいる。


国同士の戦争論なら、何故国と言うものかあって集団が分かれて住んでるのか、それを知らない考えない無知がより争いを増やす 言葉通りの住み分けすることで争わずに済むのだから その境目を侵せばどうなるかも同様 同じような考えで集まってるから安心度は比較的高く社会を円滑に回し易い 義務教育で国の意味とその構造と役割そして住み分ける意味ちゃんと教えろって


元寇に負けて西日本がモンゴル帝国の属国になっていた方がよかったんですかね(笑。


それでもまぁ確かに京都と違いドレスデン灰にされて、餓島やインパールが誤差にしか見えないドイツ人捕虜100万餓死させられ、国分割させられフリー悪役として使われるドイツ君よりはマシかぁw被害者のユダヤとかどの国も迫害してたのにねw


日本は戦争したくないけど喧嘩売ってくる国があるからしょうがないんですよね。  レーダー照射とか、核開発とか、一帯一路とか


戦争による利益よりも戦争による不利益の方が大きのは確かだ、だからこそ戦争を起こさないための努力が必要だ、その為には防衛力という力が必要だだが現在の日本は米国の威を借り自らの防衛努力を放棄している、今や東アジアにおいて中露に対する米国の優位が揺らいでいるいまこそ憲法を改正し防衛費を大幅に増額し自衛隊を大幅に強化し自主国防の体制を整えなければならない


日露戦争における日本の目的はロシアの南下政策の阻止だろ。満州からさらに朝鮮を窺うロシアに対して日本は緩衝地帯の維持のみならず満州の経済的権益も奪うことができた。戦費や死傷者と天秤に掛けるのは領土や賠償金でなく主権国家日本の独立だよ。その意味で払った代償より得た利益の方が大きかった。


戦争せずに侵略された場合の利益と犠牲も併記して?できるもんならな


戦争で勝った国は景気が良くなる。これ世界の常識。


アメリカ独立戦争「は?」


白人の列強支配に今のチベットウィグルを知れる日本で「どんな戦争も、得られる利益より失う犠牲の方が大きい」なんて世迷いごと信じる奴おらんやろw


部族単位の地域紛争を除き19世紀以降の戦争の殆どが結局巨大国際資本とその協力利権者の為の戦争でしかない 支配者気取りのその傲慢な思想と手口を日本人は戦前からいまだ理解できてなく周知できてないから戦後もいいように転がされ奪われ続けている ちゃんと陥れられ敗戦した失敗から世界の動きを研究してれば陰謀論という間抜けな言葉での印象操作は鼻で笑えたろう


経済的に見合うと思われる所まで防衛力を削ったら侵略されるよ!って事。後はひどい話なんだけど「命のお値段」が低く設定されている国は侵略に踏み切りやすい。


敵を少なくする?同じ神を信奉してないからという理由で*に来るカルト相手にどうするのか教えて欲しいね


民生中心の復興に専念し、戦争に加担しなかったため、「奇跡の復活」を遂げ、戦後三十年にして、経済大国になった。>敗戦国故に世界的軍事戦略からの解放と政治経済的にノーマークであった為。


戦争の規模と終結時の状態次第です。


戦争した場合の利益と損失を比べるのもいいけど、戦争しなかった場合の利益と損失との比較も必要では。戦争する場合の利益と損失差がマイナス10で、しない場合の利益と損失差がマイナス90だったら、するほうがマシという考えもあるだろう。


>ちょっさん 白人支配で一番マシなのはイギリスとかいうクッソふざけた状況だからなぁwアメリカ?インディアン見れば解るだろう、オーストラリア?アボリジニ見りゃ分かるだろう、え?同じアングロサクソン・・・?


経済的にも外交的にも追い詰められた方は一発逆転を仕掛ける。戦争の原因の一つだと思うけどな。如何に事前の外交交渉が大事なのかって話。


★ 日本人の中には「相手に手痛い打撃を与えてから・・」みたいな意見を言う奴がいるが、その結果が、 ヒロシマ 原子爆弾 や 自爆テロ攻撃「 カミカゼ 」だとなぜ気がつかないのか?それとも、もう一発今度は京都や東京あたりに「 コバルト60爆弾 」食らいたいのか!?


政治・経済だって実力行使を伴わない戦争だよ。個人的には受験も交通もだが。どんな戦いでも戦う気力を無くしたらダメだろ。無くしたらアトは惰性で生きて行くだけ。


WW2の参戦国は勝敗に関わらずベビーブーマーが生まれて戦後25~60年くらいは好景気になったけど、65年を過ぎたあたりから逆に負担になって今の不況を作っているし最終的にプラスにはならんでしょ。軍備は否定しないけど、開戦は外交の敗北から始まるよ、外交努力を無視してとにかく戦争ってのは間違ってるよ


人類にとって最後の問題は、核戦争の問題だ。核戦争というのは、自分だけが勝つということはないんだ。そうだろう。人類がみんな死滅しちゃうんだからby田中角栄


好んで戦争したいなんて全く思わないけど、抵抗しないことで失う命も利益もある。戦争をしたくないなら起こさせないように抵抗する努力はいつの時代も大事だよ。


★ 今のご時世、武器を持っていない民間人を殺傷することは出来ない。それは日本人も中国人やロシア人もそう思っている。日本は軍備の一切を放棄しアメリカ軍にも帰ってもらって非武装中立を実現しよう。武器と武器で争うのはバカのすること。非武装中立が出来る国家は日本のみである(*^-^*)


ここには「九州」は韓●領土なる寄生虫が寄生しているようだ


南北戦争の流れで黒人に権利与えなくちゃならなくなったファッキンコンカラーどもが次の奴隷求めてアジアに進出しただけだぞ。日本が日清・日露で負けてたら米露EUでアジアを切り取ってアジア人は奴隷化してた


>韓国   日本中で在日扇動してテロ起こし日本人*ます宣言したお前が言うとクッソ空虚だなオイ


「これから韓国サマ中国様が侵略始めるけど抵抗するな」って言いたいのがよくわかりますよ*在日


つーか毎度毎度この朝〇人は頭空っぽだな。 当時日本が何もしなかったら共産主義に呑み込まれて地獄に堕ちてたっつうのにw …あっ、何故か結局今もヘル朝鮮なんだったな(笑 ご愁傷様でーす


筆者は「囚人のジレンマ」を知らないのだろうか?


国家間でも個人間でも「都合の悪いものが敵になる」より「都合の良いものを敵にする」方が多いような気がするのだけど


権力者は勝ち負けなんかどうでもいいからな。平民は失うものばかり


利益を得る人間と犠牲を被る人間は同じではない。戦争を始めるのは権力者だが真っ先に犠牲となるのは民衆なんだから


戦争がいかに儲からないか。銃を買うのは民間人だぞ。軍需産業にとって一番いいのは緊張状態が維持されることだし、それも大抵の場合その技術で別の民生品なりを作ってた方が良い。


最初から日清戦争を無視してる時点でなあ


戦争は相手に犠牲を強いるものであり、自国の利益の為では無く、不利益から守るために行うものだ


GHQが思想統制して、日教組がミスリードしてるまんまの記事だな。   自由ってのは与えられるものじゃない、どんな犠牲を払っても手に入れないと、永久に手に入らない。  


国民全員無抵抗に*れるか、戦って犠牲者を出すか選べと言われ、戦ったら犠牲者が出るから絶対に後者を選んではいけないというのが今毎日のように叫ばれている「二度と戦争をしてはいけないという反省」


代わりに技術レベルの進歩は倍速を超える。生活に役立つ多くの技術が戦後の技術転用の結果だという事実も受け止めねばならない。日本みたいに娯楽で新技術を生み出すいい意味でイカれた国ばっかりじゃないんだよ。


その犠牲の中に自分が入らなきゃ好き放題言えるんだけどなぁ。安全な場所からあーだこーだ言うんじゃなく、お前が戦えって言われた時に無理だからね。だからこそ自衛隊は重要だと思うし尊敬してるわけで


日本統治の初期案とかボツになった計画みると日本の有識者よく頑張ったって思うほど酷いぞ…識字率の結果無視してローマ字表記押し通そうとするわ、重化学工業全解体とかやろうとしてたからな。


失うのは命と物資。得るのは金と領土と地位。命なんて勝手に増えるから得るものの方が大きい。植民地の人間を派遣すればいいから、失うのも最初だけ。


戦争は確かに犠牲が大きいが、狂った連中に負けて支配されたらもっと犠牲が大きくなるからな。別にチベット、ウィグルに限らず、中東でイスラム国に支配された地域とかアフリカで武装勢力に支配された地域とか悲惨の一言やぞ。


何で国=全国民になるんだ?例えば米国が戦争をします、本土は攻撃されません。そしたら軍事関連企業の株主とその労働者は潤う。職も金もない一般市民は、なくなく戦争に行く羽目になる。戦争の情報を伝えるマスコミやSNSも閲覧者が増えて儲ける。その利益は株主とその仕事に従事してるヤツで分配する。金なんて均等に回るハズがない、だから戦争で儲けるヤツと失うヤツが居る。以上


記事が正しいならアメリカは戦争なんてしないはず。現実は第二次大戦の頃からずっとアメリカは戦争を避けないどころか望んでしかけてる訳で


国民の不断の努力で守らなければならないものもある。


軍備と外交に努力と資源をつぎ込める国だけが「戦争をふっかけると損」という状況を作れるのに、何を寝ぼけてるのか・・・


第一次大戦に(半ばむりやり)参戦した日本は結構プラスだったと思うんだけどな


利益ってさ、何を指すかによってぜんっぜん変わってくるよね


★日本は戦争を仕掛けてしかも敗北した、失う犠牲の大きさは日本も熟知していると思う。戦争で敗北して、現代にいたるまで近隣の国々から臭いもの扱いされ。韓国では「 親日 」という言葉が「売国奴」という意味になっている。そして日本が近隣の国に文句を言おうものなら。「なに?原爆、もう一発食らいたいの?(*^-^*)」などと言われる始末。


でっていう。だから九条護憲だ、侵略されたら戦わずに植民地になりましょう、が正論にはならないんだけど。


でも戦争したらスッキリするよね、漫画のキャラクターに難癖付ける国や病気で大変でも旅行やマスク買占めを行う国、このコメントにいる赤色とかいなくなるからね。


ドイツ統一戦争は第一次世界大戦でドイツが敗れる遠因とかそういう理屈ですかね。こじつけ?言った者勝ち?


お前それ植民地だった国の前でも同じこと言えんの?っていうか、利益が出れば戦争してもいいのか?個人的には戦争に巻き込まれたくはないが、戦争して利益が出るのであればそれもいいだろう。まあ、俺みたいなロクデナシがいるからこんな世界なんだろうなw


アヘン戦争は?…欧米列強は戦争で植民地を獲得してたんでしょうが。結局は破綻したけど、ベルサイユ条約だってドイツはとてつもない額を英仏からむしり取られる事になってたぞ…


日露戦は日本がロシアに支配されるかどうかという存亡をかけた一大決戦だったんだから、ロシアの魔の手を撃退した日本はどっからどう見ても勝者に決まってんだろ。賠償金が取れなくて大量の借金を抱えたなんてのは結果論に過ぎん。


>100H(ヒトフタマルエーイチ)かと言って大戦しなければ増えないって事はないんで…(発展途上国見ながら)不景気なのも需要と供給のバランスが狂ってるのと金持ちが金を吐き出さないだけ


もし日本が無抵抗になって中国の属国になったら、我が国が誇る平和憲法、日本国憲法第九条が中華人民共和国憲法に改正されてしまうぞ! これは憲法改正させないために戦わないといけませんね?


尤も不景気を解消するにあたり、需要<<<<<供給を解決し、金持ちに無理やり金を出させる手段で手っ取り早いのは戦時体制移行ってのは否定しないけどw兵器やその部品を幅広い工場で作る方が社会保障よりずっと経済回るのも事実


日本のような敗戦国民が「どんな戦争も失う犠牲の方が大きい(キリッ)!」って言っても、戦勝国民の笑いものになるだけでしょう。酸っぱい葡萄ってやつだよ。


どうせ内需回す目的ってだけなら原子力(核融合が理想)戦艦作って八八艦隊観艦式~♪で事足りるし専守防衛なら十分使えるでしょ、それこそ対潜に取り組んで対艦ミサイル迎撃に定評がある海自なら猶更、相手がアメリカじゃ無ければ沈む方が難しい


名無しさん>>当事者にならなけりゃ戦争のデメリットがほぼ無くなるからそれは比較対象にはならんよ。自分の戦略目標のために自分で血を流すケースを持ち出さないと。朝鮮戦争だって日本にとってはただの特需だし(掃海で亡くなった方はいるが)。


そりゃ経済面だけ見るなら損だろうよ。 ただそれだけで「戦争は損のみ」と切り捨てるには視野が狭いと言わざる得ない。 宗教、経済、国防、権威、国民生命、国民権利と多方面の側面で行われるのが戦争だ。 結果論になるが日本は戦争には負けてるが、日本の象徴である天皇制も残ったし一応は独立もしている。 これで戦争しないで全面降伏してたならまた違う結果になっただろう。


チベットは戦争したか?新疆のウイグル族は?現在の内モンゴル自治区になったモンゴル南部及び東部は?


イギリスは戦争のコストを嫌というほど知っていたのでドイツに譲歩しまくったがドイツは調子に乗るばかりでなんら事態の解決にならなかった。結局ドーバー海峡まで押し込まれ、そこから必*逆襲をする羽目になった。第二次大戦の話だ。チャーチルは”早い段階でナチスを叩き潰していればホロコーストも無かっただろう”と懐古している。結果論だが戦争をするべきタイミングは”ある”


身近な例でいうと、不良ってさ…時にはそっち見ただけでも「何見てんだ!」って襲い掛かってくるよね。物音がした方を反射で見ただけだったとしても。その上さ、その後の聴取で「あっちからケンカを売ってきた」とすら言うよね。「理不尽」には「言葉」や「高潔な精神」だけでは抗えない事の方が多いのよ。


当時の多くのアジア諸国は欧州の植民地として隷属していた。 もしこれで日本が戦争を起こして植民地を解放しなければ、その国々は未だに植民地だっただろう、日本もまたどこかの国の植民地にされてただろう。 当時の価値観であった白人>有色人種の差別は今より酷くなる。 戦争を全て肯定する訳ではないが、全否定してこのような結果になるのだけはしてはいけない。


科学で考えるのならば、戦争が無ければ人間の技術は基本的に発達しないというのも又事実でして、功罪ありますよなぁ。又、ドンパチだけが戦争でもありません。経済文化技術etc今や陣取り合戦は形を変えております。努々表面の平和に踊らされる事の無い様に努めたいですな。


そう言えば一昔前まで資金援助だけして兵を出さなかったら一番金出しても下に見られてましたっけ…これって不利益じゃ無いんですか?


孫子の兵法にもあるけど戦争起こすのは一番の下策。コストがかかりすぎるのもそうだが、戦争は起こす前には勝つか負けるか分からん。戦後に超大国となったアメリカですらベトナム戦争では負けた。戦争で利益を得られるのは「圧倒的な勝利」を掴んだ時だけ。勝てるかどうか分からず、例え勝ってもピュロスの勝利じゃ意味がない。人命を賭けるにはあまりにも効率の悪すぎる投資。


侵略戦争については【何かを得る社会的階層】と【そのツケを払わされる社会的階層】が別であり、かつ戦争の決断が前者によってなされる限り戦争はなくならないと答える。  自衛戦争については「*か戦うかの二択について選択の余地がある場合の方が少ない」と答える。


「どんな戦争も」とか風呂敷無駄に広げちゃうと穴だらけになるんだよなぁ


戦争で勝つことの利益を知らないバカの戯言。戦争で負けることの悲劇を知らないバカの戯言。


だから負けて良かったって、酸っぱい葡萄では?少なくとも敗戦国で自虐史観を植え付けられた人間がこうやってウダウダ悩む間、アメリカ人はUSA連呼して楽しく暮らしてんだろ。戦争は失うものは多いだろうが、勝って得るものより負けて得るものが多いとは思えんね。


失う犠牲は大きくないよ。大きく見えるのは、個人単位の狭い視野でしか物事を考えれない弱い頭に問題がある。親の*からやり直せ。


軍需産業は確実にもうかるんじゃない?アメリカが戦争をやめられない理由の一つとしても良く言われてるし。




この記事へのコメント

人気記事