注目 お勧め ニートや子供部屋おじさん、氷河期世代の失敗とは?


 就職氷河期に学校を卒業したため非正規労働に就いている人への支援を政府が始めようとしている。一部の自治体が彼らを対象に採用試験を行ったところ、非常な高倍率となり話題になったばかりだ。1976年からプラスマイナス5年の間に生まれた2000万人は、団塊ジュニアとか氷河期世代と呼ばれている。いまや40代。中年となった彼ら彼女ら15人に、その失敗談を語ってもらったのが、本書『ドキュメント しくじり世代』(第三書館)である。彼らはどこでしくじったのか?

 数人のプロフィールを紹介すると、こんな感じだ。ちなみに肩書は現職の人もいるが過去形の人もいる。

 ・テレビディレクター 大学卒業後、テレビ局を目指すも全滅で制作会社へ。40歳を過ぎたところで体調を壊し退職。現在は親元でニート生活。  ・お笑い 高校卒業後、大手芸能事務所の芸人養成校へ。一度もブレイクしたことはないが、しぶとくフリーで芸人を続けている。普通の社会人になるなら死ぬと言い切る。  ・バンドマン 高校在学中からバンド活動を開始、卒業後もフリーターを転々としながらデビューを目指す。現在は住み込みの期間工で糊口をしのぐ。  ・劇団員 大学在学中に小さな劇団に所属。卒業後就職するも1年で辞めて演劇一本に絞る。仕事は一度イメージビデオに出演しただけ。田舎に帰り結婚したが、夫にはそのことは内緒。子どもはいない。  ・子供部屋おじさん 地元で神童と呼ばれ県下一の公立高校に進学。しかし大学卒業時に就職氷河期が直撃、不本意な就職を経て現在は実家に籠もりネットの世界に没頭中。

 全員匿名だが、おおよその出身地と家庭環境、学歴、職歴などを明かしている。なんとなく、こんな人もいるだろうな、とは思っていたが、生々しい言葉を聞くとインパクトがある。

敵は団塊ジュニア

 いつの時代でも青春の夢破れて、という人はいるが、彼らはその数の多さ(団塊ジュニアだから)と競争の激しさで特徴づけられる。異口同音に「団塊ジュニアの敵は団塊ジュニア」と語っている。

 小学校では1学年に12クラスなんていう団塊世代顔負けのすし詰め教室も珍しくなかった。まだ大学が現在ほど増設されていなかったので、大学受験では浪人が当たり前。いまはFランと言われるクラスの大学でも高倍率だった。「偏差値50前後から下の高校生にとって、当時大学全落ちは当たり前でしたからね、大学の滑り止めが専門学校」という話も。学歴や偏差値にこだわる人が多いという指摘もある。

 さらに大学卒業時に就職氷河期を迎えた人が多い。本書の中にも有名なブラック企業に就職したが、捕まるのが嫌で退職。20年くらい実家でごろごろしている人が出てくる。一方、高卒の人はバブル期だったので、大手企業に入った人も少なくない。

 もちろん成功した人もいる。しかし、出生数が多かった分、競争に弾かれて不本意な人生を送っている人が多いということなのか。

俳句で再起した著者

 著者の日野百草さんは自身の経歴をあらまし、次のように書いている。

 1972年生まれ。高卒で新聞社のアルバイトから大手出版社に潜り込みそれなりの人気ライターになったが、その立場は同世代の連中に奪われた。三流出版社に非正規で入社し、やがて自分の雑誌を持ったが、売れもしない本ばかり作る古株の同世代に役職を奪われた。

 その後、通信制大学で学び、俳句の世界にも入り句集も出した。それまでの上崎洋一名でのサブカルチャーの仕事を生かし、現在は福祉学、社会学の観点から同世代を対象にフィールドワークをしている。近著に『ルポ 京アニを燃やした男 京都アニメーション放火殺人事件』(第三書館)がある。

 「我々は過度の競争と景気の波に翻弄されてきた」と振り返りつつ、「氷河期のせいにするのも40代となるともはや甘えでしかない」と書いている。

 必要なのは「諦め」であると同時に「再起」だと。

近づく「8050」問題

 本稿では紹介しなかったが、本書に登場する15人の中には、社会的にはエリートの立場の人もいるが、その人間性に疑問を持たざるをえない人もいた。また漫画や自営業でそれなりに自立している人もいる。しかし、結婚できなかったり、さまざまな事情を抱えたりして、自分は「しくじった」と認識している人たちだ。

 政府がこの世代への取り組みを始めたのは、この世代の親が80代になり、中には当事者が引きこもったまま50代になる「8050」問題が浮上してきたからだ。働かずにいまは親に寄生している人も、親の死とともに生活の基盤を失ってしまう。生活保護など社会保障費の増大を政府は恐れているのだ。本書でも「無職はほぼ手遅れでしょうけど、非正規はなんとかしたいですね」という言葉が出てくる。

 ふだん表に出ない当事者たちが隠さずに自分を語った本として注目に値する。


BOOKウォッチ編集部
ニートや子供部屋おじさん、氷河期世代の失敗とは?


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

>ニートや子供部屋おじさん、氷河期世代の失敗とは? こういう言葉を真に受けて被害者面してる人とそうじゃない人で、失敗だとは思わない人、成功している人もいる。底辺ばかり見て記事書いて、コンプレックスある人の心揺さぶってネットニュース書いてるんじゃない! あと、こんな記事書かれてこの年代のおっさんは悔しくないのか? BOOKウォッチ編集部覚えたゾ


広告代理店がかんがえた「子供部屋おじさん」で流行語大賞ねらってまーすw


なんか例であげられてる人たちって最後以外は世代関係なくね?いつの時代・世代でも厳しい進路だと思うが。


ホリエモンと前澤友作の印象が強すぎてな。引きこもりならネットで稼げばよかったんじゃねーのとか思ってしまうわ。


最近、氷河期世代が失敗したような論調増えてるけど、しくじったのは政治家とそれを支持した連中なんだよなぁ。ゆとり世代の扱いと一緒で、なんで被害を受けた側が失敗した扱い受けなきゃいけないんだ?


>ゆとり世代の扱いと一緒で、なんで被害を受けた側が失敗した扱い受けなきゃいけないんだ? こういう風にまんまとこの記事にのせられる*がいるから、作られた氷河期世代とかいうステレオタイプのイメージが出来上がってるんだよ。被害者面は損しかしないからやめておけ、おっさん。氷河期世代なんてないから! ネトウヨ並みのレッテル張り、イメージ戦略過ぎる。


いつの時代も上手くいく人はいるしそうでない人もいる。特定の年代を被害者扱いするのはいかがなものかね。そんな連中に支援や金を使うなら若者にもっと回すべきだろ


氷河期知らない人がいるな。大卒求人倍率が1を切るとか、大卒だけど高卒と嘘ついて就職するとか、非正規ですら雇われないとか、努力とか才能じゃないところでババ引いた上に、すべて「自己責任」って片付けて無かった事にしようとしたんだよ。


その世代だけど実際就職きつかったぞ。国立一流大卒だけど、それでも大手企業には履歴書送っても完全にスルーだったしな。


まあ「氷河期なんてない!そいつらの自己責任!助ける必要ない!」って言うなら言ってたらいいよ。結局生活保護で税金食いつぶすだけだけどな。


子供部屋おばさんもいるんですがそちらはスルーですか?


40代だって普通に家建ててるし、海外旅行とかしてるし、テレビ見てても全然普通だから分かるわけない


まぁ、同年代のおばさん達はろくなものじゃ無かったな。キモいを流行らせ、コギャル汚ギャル、援交を流行らせ、ルーズソックス、たまごっち。フェミニスト賛同者ろくなもんじゃねーわ。


うまくいかなかった奴らは生活保護とかで上手く行ってる奴らにぶら下がればいいだけなんですけどね


当時の状況が厳しかったのは確かだけど、未だに氷河期連呼してる人は、むしろ時代よりも当人の被害者意識の強さのほうが問題の原因な気がするわ


過当競争に陥ったのは政治の失敗というのは確かだと思うんだけど  つうかね、この世代で正社員だから大丈夫とかそんなことはなくて、実際本当に極端な状況なんだよ、50代以上とそれ以下の給与体系(そりゃ会社にもよるけど) 今の20代は昇給とかである程度将来設計が可能だろうけど、44になった私は転職活動中です


コミュ力のない歯車をコミュ力のある潤滑油が繋いで仕事してたのが旧来なのに歯車に直接コミュ力を求め始めた、氷河期世代がやられたことの問題は今も企業内でノウハウを下世代に伝達する方法が失われるという形で残ってる、現在進行形だよ。


攻めすぎも守りすぎも生き残れないことに気付かない愚かな世代としか。籠城は応援が来なければ最終的にジリ貧で終わる。それか一発逆転を狙いすぎるか。


生活保護など社会保障費の増大を政府は恐れている < 人を切り捨てた代償は甘んじて受けよ(笑。


そりゃ人それぞれだけど、成功した人がいるから自己責任って理論は成り立たんだろう。


ぶっちゃけ子供部屋おじさんって恥ずかしいと思ってるから過剰反応するんであってスルーしとけばそのうち誰も言わなくなるだろうに。この記事にも効いてる奴いるっぽいけどね


おじさんはいるけどおばさんとは言わない。つまりそういう事(特定層へのヘイトスピーチ)


まだ氷河期の自己責任だの当事者の意識の低さだのズレたこと言って擁護してんのか昔から今も間違え続けてるのは「政治家」と「経営者」しっかり直視しろ


つーか世間一般が認識しているニートや子供部屋おじさんとマスゴミのアホ共が言うニートや子供部屋おじさんって意味ズレてると思うんだけどちゃんとわかってて使ってるわけ?昨今のマスゴミ共の知能の低さから見ると適当にしか見えないんだが?


いい加減、国のマクロ経済政策の失政を完全無視した個人の努力や自己責任論に固執するクソ記事やめてくんない?


木を見て森を見ず、なコメントしてる奴がいて草


自分が考えた「しくじり世代」って言葉流行らせたくて必*おっさんの記事じゃん


税金を投入してでも救済するべきだと当時から言われていたな。それを政治家と国民が無視した結果が今ってだけですよ。今になって大慌てしてるけどもう遅い。あと20年後には氷河期ピーク世代が引退し始めるので覚悟しておくように。


つーか芸人やらバンドやら目指すも成功せずフリーターやニートとなるって世代関係なくね?


この世代は就職失敗という烙印を持った人たちがフリーターや非正規に落ちているので特に多いですよ。転職市場も今ほど活発ではありませんでしたし、新卒のブランドが消えたら非正規続けて中途採用狙う以外に道はありませんでした。何とか這い上がれた人もそれなりにいるとは思いますけど…


お前らがちゃんと政治家を見極めないとこういうことになるんだぞ?(ろくな政治家がいない点についてはここでは議論しない)


本当にしくじったのは政治家や日銀、危機感が持てなかった経営者。そしてバブルが未だ経済的に悪い状態だったと認めたくないバブル世代。


>キモいを流行らせ、コギャル汚ギャル、援交を流行らせ、ルーズソックス、たまごっち。 たまごっちは別に良いんじゃないの?それこそ同期のポケモンが今でも流行ってるんだからお世話に特化させて世話好きの女の子にバカ売れしたんだろ?そうじゃなかったら2010年位にアニメ化なんてしなかったんじゃないの?


少数なら個人の問題。無視できないほど多数がこうなればそれは社会の問題


幼少期から、テレビとネットでくだらないニュースを見過ぎた。その結果、リアルで生きていくという現実をはき違えた。その結果が今の日本。結局は、教育の失敗と本人の甘えなんだよなあ。


ニート、子供部屋おじさん、氷河期をひとくくりにするのだとしたら政治が失敗したとしか言えないと思うなあ。全然カテゴリ違いの人間だし。これはそういう本なの?


椅子取りゲームで椅子をゲットできても、その前の世代は、新人は3年は使えないとか言われていたのに、即戦力を求めて、3年分を入って1か月ぐらいで働いているやつと同じことできなければクビだし、限界以上にサービス残業で働かないクビ、壊れて辞めていく使い捨て世代。


>大手企業には履歴書送っても完全にスルー←君個人の話をみんなそうだったってことにされてもw べつにどの世代だって大手が無能に見向きもしないのは一緒だろw そうやって被害者意識全開で生活保護貰おうとしてるのミエミエすぎるから叩かれるんだよw


何が悪かったかって言えば「あなたの変わりはいくらでもいます」とか言って、求職者や労働者の心をおっちゃった企業かねぇ?取る気もないのに書類審査ではじかないで、圧迫面接やるような*企業もあったし;


自己責任ではないけど、じゃあこの20年何してたんですかって話になるんだよね。40代のおっさんを誰が助けるのかって、同年代で処理するしかない問題


この世代は知っている。最近子鼠が反原発でいい顔してるけど、あいつの本性はそんな高尚だったり筋の入った人間ではなく口から出まかせの*だと言う事を。ケケ中が御大層な事をいってもどうせ嘘しかつかない*塵であるという事を。


ちなみにこの頃、賃金の上昇を抑えたり、そのものを減らす事で、所謂氷河期を通常通り雇い入れ、景気が戻ったらそこら辺帳尻併せよう案みたいのも出たんだよね。団塊世代の猛反発にあってその案消えたけどね。自分らの正に子供の世代に「お前らはいいから*でおけよw」って突きつけたのが、日本の団塊世代です。


バブル崩壊後、赤字国債毎年40兆~積み上げ続け、氷河期世代を自己責任で一切救済しなかった一方、高度成長期とバブルの恩恵をフルに受けたジジババの医療費負担割合下げたりしてたな。そして氷河期世代がジジババになるまえにソレを引き上げることはもう決まっているっていう。許さんよ。




この記事へのコメント

人気記事