問題提起 隔離されたクルーズ船内は「命の問題にもつながりうる状況」 臨床心理士は“拘禁反応”を危惧


 クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」が横浜港に入ってから1週間、船内では環境の改善を訴える声が高まっている。

 9日、船内には食料や飲料水、生活用品のほか、緊急性の高い500人分ほどの医薬品などが積み込まれた。昼と夜の食事については3品から選べるようになったほか、替えのシーツや枕なども支給されるようになったという。そして、延長分の宿泊代を含めたすべての旅行代金を、クルーズ船の運行会社が全額負担する報告がなされたことで、乗客たちには安心が広がった。

 一方で、部屋から出られない心理的なストレスや体調面の不安は残る。バルコニーがある部屋の乗客は部屋から出られず、バルコニーがない部屋の乗客は船内の散歩が許されたものの、ブロックごとに順番が決められている。そんな乗客のストレスによる不安を解消するため、運行会社はカウンセリング窓口を設置した。

 検体検査で陽性と診断された夫が下船し、自身は検査を待っている女性は「(代金賠償は)少し気持ちが楽になったけど、本当の安心ではない。(夫が下船して)寂しいですけど、もう辛抱する、我慢するしかない。いま平常心で待っているが、荷物も全部整理して、もし検査で陽性になったらすぐ病院に行けるようにしている。19日に皆さん下船する予定だが、私は濃厚接触者で主人の感染が確認されてから14日を計算するというニュースも見て、19日に帰れるのかなどを考えている」と話す。

 臨床心理士で心理カウンセラーも務める明星大学准教授の藤井靖氏は「乗客の方々の日々の生活は想像を絶すると思う。そんな中で、資産の有無に関係なくお金のことは当然ストレスになるので、代金賠償が確定したことは一つの良い材料だ。また過去に感染症のパニックが起きた時に相談窓口が機能した事例もあり、カウンセリング窓口の設置も乗客の心理的健康を守るために役立つだろう」と評価。一方で、船内に長期間留まる状況は「大げさな話ではなく命の問題にもつながりうる。感染拡大を防ぐという意味でこうした措置がとられているが、いわば監禁状態に近いと思うので、いかに心身の安定を保ち人命を守るかを考えていかなければならない」と懸念を示す。

 こうした状況では、刑務所など自由がきかないような状況に置かれた時に起こる、幻覚や妄想などの「拘禁反応(拘禁症、プリゾニゼーション)」が出る恐れがあるという。

 「船内は刑務所ではないが、自由が阻害されているという意味では同じ。精神的な影響は大きく2パターンで、幻覚や妄想、過度な興奮状態になったりする“普段はないようなものがある状態”と、無気力になったり意欲がなくなったり(抑うつが強まったり)する“普段あるはずのものがない”という両方がある。心理学における人の感覚遮断に関する実験では1日以内でも起こりうると言われていて、他の例だと病院でも入院による環境の変化で心身の状態が一気に変わって、ないものが見えたり聞こえない音が聞こえたりという精神的な変化がしばしば起こる。加えて、睡眠が阻害されたり情緒が不安定になることもある。そのあたりは非常に心配だ」

 ではどのような対策が必要なのか。藤井氏は「理想的には早期に下船できるようにすべき」としながらも、それが実現しない前提でいえば、(1)基本的な欲求を満たす、(2)情報の提供、(3)個人の意味づけのサポート、が重要だとし、「船内の状況では、普段の生活において自然と五感で得られるような情報が阻害されていると思う。会いたい人に会えない、食べたいものが食べられない、自由に風や気温の変化を感じられない、という中で、五感で感じるべき基本的な欲求を満たすために、例えば港の一区画を区切ってとにかく短い時間でも船から下ろして、そこでだけは動けたり、買い物できたり、食事ができたりする、ということを交代制ででも出来るだけやる。また、船内のアナウンスも含めて、検査の進捗や全体的な方針の変更、船内環境についての情報の更新頻度が少ないと思うが、今後の見通しや先の予定の情報があるかないかは、精神的に大きく影響するため、増やすべき。館内放送で部屋のスピーカーから情報や人の声が聴こえてくるだけでも、『大変なのは自分だけではない』という安心感につながりうる。そして、現状19日まで待たなければいけないという中で、『期日がくるまでただ待っている』という状態は、非常に苦痛だ。自身の体調への不安が常にベースにあるとすればなおさら。例えば『本を読む時間にする』『知識を蓄える期間にする』『絵を描くなど創作に励む』など何でもいいので個々人が少しでも前向きな目標を作れれば、精神的な健康を守るために必要な意味づけになるのではないか」とし、「精神的な状態が悪化すると身体にも影響し、新型肺炎以外の疾患の発症リスクも高まる。乗客の多言語対応という課題はあるが、メンタルサポートの体制もさらに充実させていくべき」と指摘した。
AbemaTV/『けやきヒルズ』より)
 

映像:クルーズ船で“陽性反応”の男性「元気なのでまさか、と」

隔離されたクルーズ船内は「命の問題にもつながりうる状況」 臨床心理士は“拘禁反応”を危惧


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

それはそれ、気の毒だけど隔離をやめる理由にならんよ


そんなこと言ったって、解き放つわけにもいかないんだし。上級国民なんだろうから、2,3週間程度我慢することもできるでしょ


元々長期間海の上で隔離されるの前提のクルーズ船だろ。全然マシな状況だと思うわ。むしろ隔離病棟としてこれからも使っていいんじゃないかと思うくらい


ぶっちゃけネットができてSNSで発信されてる時点で相当自由だからなぁ、不満点がシーツ交換してほしいとかそーゆーレベル


そんなにご心配ならボランティアとして乗り込まれてはいかがか…とまではさすがに言いすぎかな。まあ「心配してくれている」ってだけでも安心するのかもしれんし。


隔離が不満ならだけど、じゃあ船の船籍の国に帰ってどうぞ。


うん、気の毒だけど、パンデミックで大勢の死亡するリスクを拡げることの責任を取れるなら下船を勧めてくれ。まだ船内のカジノや露天風呂、カフェ、ラウンジ、スポーツジム、カジノなどを限定的に開放することを勧めた方が・・・アレ?何か書いてるうちに同情する気が薄れたけど気の毒な事だよ


てか何なら気晴らしにちょっと航行してもいいんじゃないか?燃料とかの問題もあるのかもしれんけど。


「クルーズ船」っていう分かりづらい言葉をマスコミはチョイスしたわけだけど、普通は「豪華客船」って言いますよね。


また人権団体が出張ってくるのか


下船させて万が一の事態が起こったときに責任を取れるのであればどうぞ。


国が認めれば支援はするし薬品も含め物資は届けられる、それでも下船は認められない。ウイルスは人を選ばないからな、女子供、妊婦。みんな*ちまう。


上陸したって隔離が代わるわけでもあるまいに。むしろ豪華客船の船室のほうが良かったってなりそうだがな


拘束に基づくストレス性身体疾患や死亡を生まないよう努力するしかない、閉塞空間で発作起こすタイプだから閉じ込められる恐怖はわかる


シムシティとかなら簡単な解決法があるんですけどねぇ(悪い顔)


一番かわいそうなのは従業員だよ


だから何??昔から伝染病は隔離が基本でしょそんなこと言うならあなたが単独で助けにいけばいいじゃないですかこちらに迷惑かけないでください


漂流中のウエステルダム号とか船内どうなってるんだろうね、興味出る。


自由が制限されている船内において、新型コロナウイルスの恐怖で乗客の心身にかかるストレスは尋常ではない。でも、だからと言って乗客を一人でも下船させたら感染が拡大するおそれがあるので、船内での隔離は已む無し。


チャーター機で戻ってきた人が検査2回が陰性で3回目で陽性反応出たとかゆー時点で、今までの規定日数出た上で陰性だから平気ってのがひっくり返ってるからなぁ、待ってるたびに前提が覆りまくる中国の嘘情報無視して一から調べるしかないレベル


実際上陸できたって隔離されるだけだろ。どっかの狭いホテルか病院に。豪華客船より設備は悪いし、散歩どころかマスコミいるからカーテンも開けれないぞきっと


世が世なら、爆撃で全員*べきところなのだが。生きているだけ有り難いと思え、ウイルス保有者。


隔離されたクルーズ船内は「命の問題にもつながりうる状況」  ←そんな事は分かりきっているが、拡散して被害が増えることのほうがいいことなの?それに、どうして日本の港に張り付いてるのかを、日本が納得する説明ってできるの?


しょうがないけどパンデミックを引き起こしては手遅れなので海上に留まってくれ


政府は最初っから他の船同様に拒否してりゃよかったのにね。中に遊ぶところあるだろうけど、隔離目的で時間限定でしか部屋から出れないみたいだし、大変だろうな。


豪華客船に隔離なんてかなーり人権に配慮されてると思うんですよね(笑。


なんとかアベガーしたいだけ abemaの脳味噌にはそれしか詰まってない


まず彼らは自分たちが疫病に晒された隔離対象者だという自覚を持つべき


本来なら邦人だけ引き取ってさっさと出航しろってところを寄港させてやってんだぞ。寄港料と補充にかかってる金を請求してしかるべきなのにな


いちいち日本人の生命を脅*な


ロシアとかも対応に文句つけてくるけど、どうぞ船引き取って最良の対応でもしてくださいって感じだよなー


マスコミ「クルーズ船の対応がー」 実際に今クルーズ船に居てツイッターで現地報告してる人「周りが思ってる以上にめっちゃ快適やで」 草生えるんすよね


会社でも起こす人結構いるよね


問題は他の国と違って国が民間にお伺いをたてて、許可が必要。実際、政府に協力してるところは少ない!もっと国が軍を動かし近くのホテルを強制的に確保すればもっとしっかりとした隔離もできるし病院に対しても専門的な病院に検疫をするよう強制すればもっと早く全員検疫できる。場所が少ない、医者が非協力的では3000人以上の人を何処に隔離するだよ!と言う話だ!


政府関係者に出来ることはクルーズ船から日本人だけを下ろし、他の人はそのままクルーズ船で自国まで順番におろしていくしかないが、その間に感染が広がる可能性もある。だが、日本国民が安全が確保できるまで降ろすな!という以上、降ろすわけにもいかない!要は責任を誰がとるんだと言う話だ!それに、ロシアが異常と言いながらアメリカも日本に任せると発表


他の国もダンマリで、早急に帰国させろとも言ってこない。ある意味、ほとんどが感染者だと解ってるから受け入れたくないのではないか?実際日本人だけならそんなに多くない!自国の国民は自国で守れ!って思うが、感染の疑いのある人は自国民であっても入国拒否している国もある。結局、日本政府は責任を押し付けられ、八方ふさがりなんだろ。


長期間の船旅ってこういうリスク前提なのだが。伝染病が発生したら全員に伝染覚悟だよね。




この記事へのコメント

人気記事