【衝撃】人間の脳は自分が信じている考えを正当化するためにデータを歪めて記憶する(米研究)


iStock-1150955188_e

http://www.fotogestoeber.de/iStock

 人は自分が信じたいものしか信じない。どんなに科学的根拠を積み上げて説得しても、信念や偏見の前では無力であることが、これまでの研究明らかとなっているが、新たなる研究ではそれが裏付けられる形となった。

 『Human Communication Research』に掲載された論文によると、我々は、意見の分かれる話題を議論する時、自分が信じている考えを正当化するために、動かしがたい事実があるにもかかわらず、それを歪めて解釈し、自分に有利になるように記憶するという。

 さまざまな話題が人から人へ伝わっていく過程で、それぞれの偏見や主観が加わり、話の中の数字がすり替えられていくことが明らかになった。

―あわせて読みたい―

詭弁、あら捜しなど、ネット上で良く見る書き込みはある法則に基づいていた。目からウロコの面白い10の法則・効果
相手を議論で打ち負かそうとする人が良く使う20の誤まった論法(誤謬:ごびゅう)
一度信じてしまった情報を訂正するのは難しい。だが繰り返して正しい情報を共有することで訂正可能となる(米研究)
人は年を取ると自分がついた嘘を本当のことと思い込むようになる(米研究)
真偽検証が間違っていることも。フェイクニュースへの警告は真実を報じるニュースの信頼性を貶めている(米研究)

無意識に自分の考えが有利になるよう数字をすり替え

 米オハイオ大学の情報伝達学部が行った研究では、4つの議論の多い社会的話題をとりあげ、被験者たちにその統計的な数字を覚えているか、訊いてみた。

 すると人は、無意識のうちに意味もなく、その数字を自分の見解に合うように、頭の中ですり変えてしまうことがわかった。

 例えば、2007年から2014年の間に、アメリカの移民の数が110万人"減った"という事実を示しても、移民に反感をもっている被験者は、その事実を無意識のうちに歪めてしまう。

 2007年は1,280万人、2014年は1,170万人という数字をちゃんと示しているにも関わらず、彼らは正反対の数字を記憶に留めているのだ。

 その結果、2007年よりも2014年のほうがメキシコ移民の数は増えていると、多くの人が思い込んでいるのだ。

人々は自分で、間違った情報を発生させているのです。それは外部の情報源ではなく、自らが生み出したものです

 オハイオ州立大学の情報伝達の助教授ジェイソンコロネル氏は言う。

誤った情報は偏見と共に広がっていく

 研究者たちは、こうした誤まった情報が、社会の中でどのように広まるのかを研究している。

 研究で被験者たちは、メキシコ移民の数について真実を聞かされた後で、2007年2014年の移民の数について、自分が覚えていることを書かされた。

 こうした数字は、別の人に伝わり、またほかの人に広まっていき、さまざまな会話を通してその情報が伝わっていく。

 更にやっかいなのは、情報(数字)が第三者に伝われば伝わるほど、それを伝えた前の人がもつ偏見が情報と共に拡散されていくのだ。

 伝言ゲームのように、最初のほうは真実が伝わっているのに、後の段階ではいつの間にか誤まった情報になっていき、そちらのほうが真実として広がってしまうのは懸念すべきことだ。

問題は、誤った情報をあなたがシェアしているということなのです。自分の頭の中にある、いいかげんに覚えている情報をろくに精査しないでまわりに伝えることは慎みましょう。シェアするのなら、きちんと情報を確認してください。そうじゃないとあなた自身が間違った情報源になるだけです。(ジェイソンコロネル氏)

References:albawaba / theladders/ written by konohazuku / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52287732.html
 

こちらもオススメ!

―サイエンス&テクノロジーについての記事―

免疫細胞は周りの仲間の様子を見てから外敵に攻撃を仕掛けるかどうかを決めていた(米研究)
人工原子を利用した安定的な量子シリコンチップの開発に成功(オーストラリア研究
雨から電気を効率的に生成するデバイスが発明される(香港研究)
AIの創造性が人間を超える日が来るのか?
カナダのKFCではアレクサでオーダーすると、カーネルサンダースおじさんと会話ができる件

―人類についての記事―

知名度を上げたかった。3つの教会を放火したブラックメタルのミュージシャン(アメリカ)
限られた人にのみ発現するスーパーパワー(特殊能力・特殊体質)の種類とその発生確率をまとめた動画
免疫細胞は周りの仲間の様子を見てから外敵に攻撃を仕掛けるかどうかを決めていた(米研究)
思考を脳内で先に言語化して話す人とそうでない人がいるというツイートにTwitterユーザーら盛り上がる
低出生体重児で生まれた赤ちゃん約6500人の命を救った“ニセ医者”がいる(ドイツ・アメリカ)
人間の脳は自分が信じている考えを正当化するためにデータを歪めて記憶する(米研究)


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

今流行りのフェミニストとか中東のテロリストとかはこれなのかな?


どこぞのご半島の人の事かー


これある…人に言われて「そういえばそうだった」みたいなのごく最近あったから、マジ笑えない。


>中東のテロリスト… この文言もどこかの国にとっての歪めたイメージじゃないかなと。政治関連のニュースは基本的に歪んでるから、どれも真正面に受け取らなくなったのも、歪んだイメージの押し付け、洗脳も多いから。理想は、実際に会った人や自分が直接見たものだけを自分のものにしたいよね。ネットニュースは基本論外。


無意識のうちに正当化してるのは俺も他人もよくあるなぁ…


記憶するっていうか見たい現実しか見ないだろ。


「新型コロナウイルスはたいしたことない」とか言ってた奴、お前のことだぞ


私はあてはまりませんね。自分の都合のいいように正当化していたらこれまでのいきおいでだまされませんよ。


サイコロが「FACT」と「FAKE」だけでなく、「FACE」「FATE」という単語を作っているのがまた考えさせられるな。物事の表面(FACE)だけでは真(FACT)なのか偽なのか(FAKE)なのかわからない。間違えた先に待っているのは致命傷(FATE)と。


朝鮮土着生物の得意とすることであるが、一方で輩の習性をそのように説明するとあれらが人間であるという矛盾が生じるジレンマ


ブーメランぶん投げてて草投げるの下手だから帰ってくなくて川にブーメランがドボン。これが僕の研究結果です。


畑で黄色い動物を見たんだ。「きつねだ!」 と思って、その事を家族や知り合いに話したんだ。でも、「それたぬきだよ」 と全ての人に言われたんだ。……化かされたのかな?


*や老害や役職者なんて全部コレじゃん。


特に思想の偏ってる人は都合の悪いデータを無視したり、都合よくとらえたりしがちだね。そういう人たちって指摘されても正そうとしない変な頑固さもある。


被験者全員女だったのかな?wwwwww


…あんな、ここだけの話やで?仮面ライダー1号のマスクの色な、緑ちゃうねん。青やねん。『巨人の星』の星一徹な、ちゃぶ台返したの全話中一回だけやねん。『エヴァンゲリオン』のシンジ君な、言うほど逃げてないねん。ちゃんと戦ってるねん。サーバルちゃんな、「君は◯◯のフレンズなんだね!」とか言うてへんねん。ここだけの話やで?


勉強覚えれない理由に当てはまりそう・・・


僕は運動神経あるからコツさえつかめば帰ってくるようにブーメラン投げることできるけどね。大体の人は向いてないと思って途中でやめる。ギターのFとかBとかで挫折するのと同じことだね。(ここから子供並みの感想)貴重な体験で楽しかった。またやりたいと思う。(子供並みの感想おわり)


このニュース見て「○○とか正にこれじゃん」って嘲笑ってる連中。 お 前 の こ と だ ぞ


>ゲスト:この文言もどこかの国にとっての歪めたイメージじゃないかなと。←そうだね、こういう「どっちもどっち」的なことで煙に巻こうとするのが「ゲスト」ってのも毎度のことだね。


だから勘違いやデマを発信する時点ではまだ人間の機能として仕方がないんだ責任をもって認めて訂正できるかどうかそもそもそれ以前に自分の歪みに気付けるかどうかだ


掲示板でレスバしてる人たちのことかな?


右とか左とか、なんとかとかかんとかとか、何かしらに偏ってるやつには顕著な傾向。のめり込んでるから、一歩退いて客観的に見ることができない。で、一方後ろから客観的に見て分析しようとしてる人たちを、仲間じゃないからとか、当事者意識に欠けるとか言って排斥しようとするから、そういう人たちの意見を聞き入れることが背信のように誤解して頑なになる。偏った時点で世界に不要。


確証バイアスの仕組みか


少年犯罪が増えてる的な話ですかね(笑。


そうならないために学問がある。仮説、実験、結果、考察を示し、第3者による検証を経て認められる。提唱者が都合よく作ったもの検証されない。


南京の被害者の数字なんかもそうかな?


チョウセンヒトモドキの脳を人間の物だと偽って発表するのやめていただけます?


主催者発表の参加人数を盛る手段とかは...見栄?




この記事へのコメント

人気記事