話題 お勧め 達筆すぎる「春はあげぽよ」が話題 どうして書いた?作者の思いを聞いた


2020年2月13日に投稿された次のようなツイートが、いま話題となっている。

「春はあけぼの」といえば、平安時代の女流作家・清少納言の随筆「枕草子」であまりにも有名な一節だ。しかし、「春はあげぽよ」とは......?

しかも現代のギャル語を取り入れた「枕草子」風の一節が、見事な書でしたためられているではないか。このツイートには、4万近い「いいね」が付けられ(2月17日現在)、今も拡散中だ。

ツイッターには、「こう書かれると、もはやギャル語ですら芸術みありますね」「壁紙にしたいです!」「ステキすぎます」などといった声が寄せられている。

この「春はあげぽよ」を投稿した書家の蒼喬(そうきょう) さんは、いったいどんな思いで書いたのか? Jタウンネット編集部は電話で詳しい話を聞いた。

FGOの「公式書家」だった
「春はあげぽよ」 蒼喬(@sokyo1226)さんのツイートより
春はあげぽよ」 蒼喬(@sokyo1226)さんのツイートより

Jタウンネット編集部の取材に、蒼喬さんはこう答えてくれた。

「私は伝統文化の一つである書道の師範を務めておりますが、一方で書道の裾野を広げる活動を行っております。
その一つが、『Fate/Grand Order』、通称『FGO』と呼ばれるゲームの中の、公式書家です。そのゲームの中に、清少納言モチーフとしたキャラクターが登場し、さまざまな必殺技を繰り出すわけですが、その背景として文字を書く仕事をやりました。
清少納言の設定が、あたかも現代のギャル風で、セリフギャルっぽいわけです。だんだんおもしろくなって、軽いノリで、ツイートしてしまいました。ほんの出来心なんです」

蒼喬さんは謙遜しながら、語ってくれた。「FGO」は大変な人ゲームだが、蒼喬さんは書家でありながら、ゲームの演出にも参加しているという。

「いとえもし」 蒼喬(@sokyo1226)さんのツイートより
「いとえもし」 蒼喬(@sokyo1226)さんのツイートより

FGO」では、清少納言が登場すると、蒼喬さんが書いた枕草子が背景に現れ、「いとえもし」などと叫ぶらしい。同時期に、「いとえもし」の書も投稿したのだが、ツイッター上では「春はあげぽよ」の方が反響が大きかったという。

「書道という文化を後世に伝えていきたいというのが私の願いなのですが、そのためには現代のサブカル文化であるゲームアニメライトノベルなどとも積極的にコラボしていくことも大事かなと思っています。今回の『あげぽよ』が何かのきっかけになってくれるといいのですが......」

書道18年という蒼喬さんだが、年齢はまだ24歳だという。今後の活躍が楽しみだ。

「春はあげぽよ」 蒼喬(@sokyo1226)さんのツイートより


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

いと爆死


ほんとに綺麗、季節も相まっていつまでも見ていたくなる。あげぽよって意味知らないけども。


あの演出のを書いてる人かw


去年の夏に「おきゃんぴい」かました人かw書家の人がやると味わい深いな、言葉の意味はまったくわからんがw


財布の紐、白き灰がちになりて、わろし…


「春はテンションあがるわー」という意味に取れる。たしかに。


書家は生きているウチが華だからなぁ。あちこちに営業するよ。


清少納言かわゆす


清少納言(英霊)「ぶぶ漬け、いと美味し」


続き 夏はよきよき 秋はばえばえ 冬はつらたん


マジをかし


先生何やってんすか(笑)


CMに出てきそう。


ピーナッツ


きんいろモザイク


あじわいぶかい


説明できないけどなんかいいね。


あの頃の日本文化は……。特にシモの文化は今より遥かに酷いという話が……。


現代に置き換えれば、芸に明るい女性グループで最先端を行く人だから。あのパリピ全開の現代語を駆使するのは正しい姿だと思う。いとをかし を いともえし(萌えし)ではなく いとえもし(エモし)に設定付けた人もすげーよ。


冬は・・冬は・・・わっかりましぇーーん!!! 冬はつとめて な


銀さん「将軍様何やってんだよ!?」(バランスと将軍様の中の人が同じ)


そうか、●●年前に高校古文で口語訳の後にギャル風に訳していたあのせんせーは正しかったのか……(当時は授業も真面目に聞いてなくて引いてごめんなさい)


またGoogle検索が汚染されるな・・ある意味文化破壊


この程度で壊れる文化ならいらん


デカ枕草子


「いとおかし」をギャル誤訳すると「マジヤバい」らしいな。しかしこういう感性で枕草子の序文を読み返すとなんとも可愛らしいというか。ホタル光って超エモいとか雨降ったらさらにエモいとか、世界めっちゃ輝いて見えてそうでね


今では芸術とされている百人一首とかの歌も、内容を紐解けば結局のところは男女の色恋を歌ったものが大半だ*。


押しを語ってエモくなったり映える風景を語ってエモくなったりしてるから実質全時代のツイとインスタみたいなもんだよ(暴論)


きんいろモザイクで覚えた


いまの日本は「さげぽよ」だけどね。


さげまんとさげちんの闊歩するこんな世の中じゃ ぽいずn


当時の最先端のファッション(文化)の先端を行く人だったからだいたい解釈があってて困る…w


コピペのことかと思った


そうそう白くなりゆく生え際


関わった人が楽しんでるなら何より。FGOやった事無いけど。


かわいい。清少納言もギャルとまではいわんでも、枕草子の内容がSNSみたいな感じあるし親和性ある気がする。


平安味ある~


「春はあげぽよ」って藤島康介の「パラダイス・レジデンス」第2巻32ページに既出なんだけど、、、良いのか?






この記事へのコメント

人気記事