【話題】「ゲーム依存の本質」とは何か? 香川県のゲーム規制に「必要なのは自分に自信を持てる教育」と若新雄純氏


ネット依存になる原因は?

"18歳未満子どもゲームを1日60分に制限する"ことなどを盛り込んで炎上した香川県の条例案。「子どもたちを依存症から守るための対策」としているが、一律で制限することや、科学的根拠を疑問視する声も多い。この問題に対して慶応義塾大学特任准教授などを務める若新雄純氏は、2月13日放送の「モーニングCROSS」(TOKYO MX)で「依存症の本質」から考えるべきだと主張した。

若新氏は以前からこの条例の方向性には疑問があり、どちらかといえば反対の立場だという。SNSスマホソーシャルゲームが社会の一部となる中、

「教育という視点で、制限するというやり方は本当に正しいのか、というのを考えたい」

と語りだした。(文:okei

「依存症になる人は、自信のなさから生まれる不安を誤魔化している」

若新氏によると、依存症には大きく分けて「薬物」「行為」「人間関係」の3つがあるという。スマホをずっといじってしまうなどが「行為」で、ホストクラブ通いやDVを受けているが関係を断てないなどが「人間関係」だ。薬物の場合は使う出発点が何であれ「使う」ことによって依存していくが、「行為」や「人間関係」に関しては、単に使っている時間が長いから依存するわけではないとのこと。

長く使っていても依存にならない人がいる一方で、

「依存症になる人は、ふだん友だちとの人間関係が上手くいっていないとか、周囲から認めてもらえず自分に自信がない人だと言われている」

とのことであり、自信のなさから生まれる不安や寂しさを誤魔化すために、ゲームに没頭し過ぎてしまうことが多いという。

スマホゲームを長時間やっていても、地元にたくさん友だちがいる、皆に頼られて仲間を率いるような人たちは依存症にはなりにくいと指摘する。つまり、「自分には居場所や活躍の機会がある」と思えていれば、依存症にはなりにくいといわれている。

厚生労働省サイト「依存症対策」欄には、依存症の発症について「孤独の病気」とも言われていることが説明されている。学校や職場での孤独感や自信のなさから、アルコールや薬物、ギャンブルに頼ることで始まる場合もあるとのこと。依存症は、精神的に何かから逃げたい心理で陥ってしまうようだ。

 

「制限することは、問題の本質ではない」

では、教育の現場は何を考えなければならないか。若新氏は、学校生活での順位付けなどを問題視する。中高生になると成績が張り出されたりして、「自分には価値があるのか」と不安になっていくというのだ。

「問題はスマホゲームを制限するんじゃなくて、すべての人がいい成績をとれるわけじゃなくても、どこかで自分には出番がある、自信を持ってやれるという場所や機会を、学校側は提供すべき」

その上で、「香川県は制限のほうからやろうとしているが、それが問題の本質ではない」として、「やっぱりどんな人でも自分に自信を持てる場をつくる教育が必要だろうと思います」と持論を語った。

MCの堀潤さんが、「教育現場では一時期、順位をつけないという教育もあったが、これにも批判は上がった」というジレンマを語ると、若新氏は、「順位はただの順位でしかないからそれはそれでやればいい」として、

「社会的な評価がなくても、無条件で"僕には価値がある"という自信のつけ方を真剣に教育の文脈で考えるべきであって、ツールの制限には意味がない」

と断言した。機器の利用時間を問題にするのではなく、依存症になる根本原因と向き合うことが大切、ということだ。

内閣府の調査によると、日本の若者は世界の若者と比べて自己肯定感が低い。まずはそうした部分から考えていくべき、と言えそうだ。

ネット上では若新氏の意見に対して、「自信を持てる教育うけたかったなー」「自信の付け方の教育ね。確かにそうかも」「うちの息子、就活で完全に自信を失って。変な行動をとっていたのでとても理解できた」などの感想が上がっている。



(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

ゲームに劣るつまらない世の中やけんしゃーないわ


酒とギャンブルは棚に上げて子供のやることを規制しようとする大人 こんな恥ずかしい生物が同じ日本人だなんてな


結局、別なもんに逃げるだけなんだけどねストレスの解消法なんて人それぞれやろ。目くそ優遇の鼻くそレッテル貼り差別やめろや


オレ個人としてはもうゲーム依存の問題じゃなくて香川県が今後どんな未来を迎えるのかが気になってる。誰も責任取りたくない、引くに引けない、でも面子や体裁が・・・公式回答で突っぱねちゃったしここから着地点をどこに持っていくんだろうね。オラワクワクすっぞ。


(親の金で課金するクソガキは論外として)自分の金と時間を好きに使って何が悪い


古戦場から逃げるな。予選31時間、(休憩7時間)インターバルという謎時間24時間、本戦17時間(休憩7時間)×4だけど。サイゲいい加減にしろ!


昔は小学生全員にソフトボールのチームに入ることを強制して、野球、ソフトボール好きでないと仲間外れになるように仕向けて野球を盛り上げていた。野球のおもしろさなんてその程度。だから、子供の権利が守られるようになったら野球はゲームにあっさり負けた。


香川県民の税金を久里浜医療センターへ横流しし、その過程でうまい汁を吸おうとする議員・マスコミらがでっちあげた、何の根拠もないただの妄想。


うどんばかり食ってるからこうなる


大義名分の子どもの依存を抑制するのは良いが、手段が間違ってるから叩かれてるんやで


少なくともこの県に住みたいなと思われないだろうね。規制する代わりにうどんは毎日3食保証します!とかあるのかな?


香川県の場合、その前に四国新聞がゲーム依存の連載記事をあげ続けた、日本新聞協会賞を受賞した、香川の新聞購読者の半数以上が四国新聞読者だった、という側面がある。権威づけられた情報にいかに踊らされるかの格好の実験台になったが、同時に権威づけられた情報がいかに不誠実なことかを示すことになったな。そしてマスコミ他社にそれを諫める気概がないのが日本だ、ってことも示した


子供が本当に喜ぶものは疎ましいのな。小さい子供や若い子がみんな演歌やスポーツ好きなわけないんだぞ


本音としちゃただただ怠惰にゲームして過ごしたいって目的の規制反対だろう。確かにゲーヲタは自分に自信のないダメ人間ばかりだしな。そこ矯正される展開になっちゃやっぱり規制でもされてたほうがまだましだったんじゃないの


ずいぶんふわっとしてるなぁ


一方的に悪者にして無理やり取り上げて、一体それに代わる何を与えてあげるの?それでそいつは自分に自信が持てるようになれるの?


学生の頃にゲームがなくてよかったと心底思ってるけどね。小中でハマってたら絶対大学は入れてないし、薬剤師の資格も取れなかったろうな。そしたら独身女なんてすぐ路頭に迷っちゃうよ。今の若者は誘惑が多くて大変だ。


小学生の時点でゲームにどっぷり浸かって、俺はゲームに感謝してるね。ゲームのおかげで1番大切なことが分かったし、ゲームのおかげで繋がった縁も今でもいきてる


ゲームの本質は承認欲求。文明を持ち集団で生活する人間はこれを標準で装備している。ゆえにこれを満たさないゲームは絶対に売れない。で、その本質を非として頭から押さえつけるとどういう人間が出来上がるのか。香川の役人は想像力がかなり足りないようだ


必要なのは県民の税金で海外研修というなの海外旅行に行かない香川県議員だろ?


>周囲から認めてもらえず自分に自信がない人だと言われている。この「言われている」という部分で*々々しさが加速するな。そんな曖昧な話じゃなくて、正確に依存症になった人の要因と統計を取ってから出直してこい。


やっぱりうどん食ってるようなのはダメだな


なんでダメかに対して「コミュニケーション能力が」とか「勉強時間が」とかもやばいけど「前頭葉が壊れる」とか意味わからん奴がほざいてる連中が提出した案件だからな...そんな簡単に前頭葉壊れるわけないやろ...


ゲームを長時間やっていても依存症ではないという人もいるとか、制限することは問題の本質ではないとかは、確かにその通りだ。ではどうやって自信を持たせるか、というのは各自で考えないとなあ。一説には親が子供を大事にする・肯定する言葉をかけるといいらしい。


こんな地域で育ってこんな制限をかけられた子どもが、大きくなって香川に住み続けるかどうか。15年後に期待だね


こんなの守るやついるのかなタバコや交通マナーと一緒なようなもんでは


ゲーム禁止は辞めておいたほうがいいな。うちはゲーム禁止!アニメ禁止!勉強だけやってろ!!って感じの毒親だったから反動で大学、社会人になって自由が生まれた途端、ゲーム・アニメ漬け→オタク化+落ちこぼれ→半ひきこもりとなる(実体験)。おかげで彼女も作れず結婚もせず仕事休みの日は家でゲームかネットか筋トレするだけの毎日。兄弟全員そうなってる。


今現在「ゲーム依存症」になってる人らにしたらこの条例は「死刑宣告」にも等しい。依存症になっている人は社会からの逃避先としてゲームを選んだわけで、もし新しい逃避先が見つからなければ人生に絶望して自*かねない。「県議会」という権威付けされたところからのこの仕打ちは、罰則がない名目上のものだとしても心が弱ってる依存症患者には大きな衝撃だろう。


必要なのは依存症患者及び依存症予備軍へのカウンセラーの派遣や相談出来る場所やコミュニティの構築や斡旋。時間を制限しても何の意味もない。それどころか今まで適切にゲームと付き合っていた層へのダメージの方が大きいのではないか。暴力や性衝動、社会的に認められていない欲求をゲームで発散していたのに、それらが禁止された挙句、現実世界に実害与えないか、そっちの方が心配。


子供がゲームに依存というけど、そうなるように仕向けているのは誰だ?親や大人や学校でしょ、自分達の不敵際を棚に上げて、子供に教育失敗のツケを押し付けるのは止めろ。


香川県議員は偏った情報しか取っていないのが分かる。ゲームの悪い影響ばかり勉強しているのだろう。良い影響もたくさんあるのは無視しているのではないか?そもそも依存症になるのは心の防衛機能であり、逃避出来ない状況まで追い込んでは廃人か自殺か・・・ロクな結末は待ってない。香川県議会は依存症患者を全員自*るまで追い込もうとしているのか?


コロナで中国忖度の春節回避緊急事態宣言の遅延をしたWHOにどれだけ科学的見地で1日1時間のゲームの根拠があるんだ?PTAのおばさんやどっかの名人のなんとなーくレベルだろ?wそもそも、ゲームへの依存いいはじめたら、あらゆるメディアや習い事や勉強ですら脳への悪影響はあり得るぞ?w


虐待やネグレクトならばともかく、子供の教育は親の仕事であって行政はよその畑にちょっかい出してないで自分の仕事をして欲しい


手軽に色々なものに没頭できるからゲームの需要が有るんであって、そこからゲームを取り上げるだけじゃ別の何かに依存するだけでしょうに この人の理屈じゃゲームを取り上げても読書なり映画に逃げることだって出来るぞ?


スマホ批判すると、オールドメディアさんたち的には、通信大手三社の超お得意様や海外企業への忖度でやりにくくなってきたら、WHOの何の科学的根拠のない雑な統計データみたいなもので、無理やり権威でアホな地方議員を盾に、社会に物言いたいという下衆な行為


極論言っちゃうと法律の範囲内で大人の雑な根拠のない決め事に程よく反しながら、うまく社会と折り合いつけていくのも子供の成長に重要だと思うが、それを雑に法律でしばるとなる教育を放棄した悪い大人だらけの香川県という印象しかない


こんなこといいながら、子供の直接的な虐待のSOSは、めんどくさいからって聞こえないふりをするんじゃねーの?^^;最近もそういう事件あったけどさ!


>K3 むしろいじめや親からの虐待からの逃避先に「ゲーム」を選んでいた子にはこの条例がトドメになるんじゃないか。何の希望も見出せない人生のなかの、唯一の希望、楽しみだった「ゲーム」を取り上げたらどうなるか・・・


言い出した奴は難しいこと考えてないと思うよやってますアピールする時に昭和脳だからとりあえずゲームとネット叩いときゃええやろて感じだろ


現実に手軽に褒められたり報酬得られたりがない


現在依存症の人>救えない 依存症予備軍>守れない ゲームと健全に付き合ってる一般人>迷惑なだけ これはいったい誰が幸せになる為の条例だ?老害香川県議員が頭ハッピーになるだけの*ーか?


90年代の頃の青少年保護育成条例での有害図書指定を形を変えただけのような気もするが...(WHOのお墨付きだものな)


香川県議員は規制依存症になってるな。権力を持っていると思っている人間が陥りやすい。




この記事へのコメント

人気記事