海外反応 我が国では朝の定番なのに! なぜ日本人は「お粥」をほとんど食べないの?=中国メディア


 日本で「お粥」といえば、風邪など体調が悪いときに食べる食事というイメージがあるが、中国ではそのようなイメージはなく、特に中国南部では消化に良いとして朝食にお粥を食べる人が多く見られる。

 日常的にお粥を食べている中国人からすれば、日本人が日常的にお粥を食べないことに大きな好奇心を抱くようだ。中国メディアの今日頭条は18日付で、日本人はお粥よりも「炊いたご飯」の方を好むのはなぜかと疑問を投げかける記事を掲載した。

 記事は、弥生時代の古代日本人は米と雑穀をしっかり煮て「お粥」のようにして食べていた可能性が高いと伝え、西暦3ー4世紀になって甑(こしき)が中国から日本に伝わると、日本人は米を煮る以外に甑を用いて「蒸す」ようになったと紹介。しかし日常的に食べていたのはお粥であり蒸した米は祭祀に使用されていたと紹介、当時の日本人にとって米を蒸すのは「神聖な料理方法」だったようだと説明した。

 また蒸した米を器に非常に高く盛り付ける「高盛飯」は、大饗の儀や春日大社の若宮祭などの行事に使用されていると指摘し、多くの日本人がお粥よりも炊いたご飯を食べるのが好きなのは、日本人にとって蒸した米の食感に近い炊いたご飯は、お粥よりも価値があるという伝統からなのではないかと考察した。

 こうした点に加えて、日本では弁当文化が発達したが、離れた場所にご飯を持っていくうえではお粥よりも炊いたご飯の方が便利だったことも、日本で炊いたご飯が広く食べられるようになった一因なのではないかと主張した。

 同じ米であっても、日本と中国で好まれる食べ方に差があるのは興味深い。中国でも鍋料理は広く食されているが、日本のように鍋の最後に炊いたご飯を入れて「雑炊」として食べる文化は中国では一般的ではない。鍋の残り汁で麺をゆでることはあってもご飯を入れることはなく、これも日本と中国の米の食べ方の違いの1つと言えるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

我が国では朝の定番なのに! なぜ日本人は「お粥」をほとんど食べないの?=中国メディア


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

奈良の茶がゆは知らないらしい、、、


茶粥のことを書こうとしたら先に書かれていた(笑)あと、少なくとも関西圏の戦中戦後すぐ派以前は、粥を好む人多いよ。冷や飯を入れ粥にして食うあたり(米からの炊きお粥でなく)関西圏では温かい簡便食の粥はインスタントラーメンにとってかわられた気がする


咀嚼しないと食べた気がしない。


手間の問題かなあ、炊飯器だと普通に米炊くより工程多いから


自分の食べたい物食べればいいじゃない^^;私はラピュタパン・サラダ・コンポタです。適度に軽くていつもこれ


まぁ習慣文化ってものよ・・・お腹膨れるから結構食べるけどね玄米とか使うとなおよし。基本的に鍋で煮るだけなんだけど、それでもパンや炊いておいたご飯よりは時間かかるからなぁ。日本ではご飯を食べる為のあれこれがあり、中国でも粥を手間なく食べるためのあれこれがあるんだろう


知らねえよ!大体中国人でも本国以外じゃそんなに食ってないだろうし日本に限らずコメ食う国でも一般的じゃないから中国が特殊なだけだ。いい加減中華思想を元に日本に変な疑問をもって絡むな、鬱陶しい!


Q.我が国では朝の定番なのに! なぜ日本人は「お粥」をほとんど食べないの? A.日本だから


記事の書き方なのかしらんが大陸人は押し付けがましい言い方しかできないんか。近年よくいる内臓が脆い人間には朝粥が結構いいんだけど、こんな言われ方じゃやってみようとも思わんわな。


精米した白米を食うのって江戸時代あたりじゃなかった?(それで脚気になるとか)じゃあその前は玄米だから調理法も違うよね?


「おとっつぁんお粥が出来たわよ」「いつもすまないねえ」<これのせいか病気の時に食べるイメージが未だ強い


今は色んな用途があるけど、米を炊くだけの機能しかない電化製品を作る国も大概だぞ。


おじやなら食欲のない朝とかによく食べるけど、お粥はほとんど食わないなあ。やっぱり基本は炊いたご飯が食べたい。


おどれらの基準なんぞ知るかボケ。


炊き立てのご飯の方が美味しいからです・・・


お粥より雑炊の方が好き


粥→白米(ほぼ不可)白米→粥(可)あと保存期間もあるかなー。南部で粥って大丈夫か?


あと他の料理の質というか、油っこい料理の有無の差もあるんじゃない。


文化の違いだと思う。日本の粥は病人食のイメージ。中華粥は(特に広東粥は)調理にものすごく手間が掛かるけど(焦がさないよう4時間くらい付きっきりで煮込む)主食にできるし激ウマだ


日本も何百年も前の貧しかったころは粥がメインだったよ。


日本の米は冷めても粥にする必要ないぐらいおいしいから。


おかゆにしたらおむすびにできないしお弁当に入れられないし冷凍庫で保存したりできないから。


文化、気候、嗜好、辺りの違いなのかな?お粥の方が水っぽさのせいで傷みやすいからとか?


最近利用したビジネスホテルの朝食バイキングにおかゆがあったのは中国人向けのサービスだったのかな


それを言っちゃ駄目じゃない? "なぜアメリカ人は「ごはん」をほとんど食べないの?"とか、言い換えれば何でも通じちゃうよ?


おかゆは日本でも定番だよ。病人食の。なんつーか、元気な時は噛むものを食べたいね。逆に中国人は寝起きがとんでもなく悪くて起き抜けは病人レベルなのかも?


米を砕いてより消化しやすくするってのは今でもやってるのかな


「お粥」は水増しした貧乏食だろう。シナ人て昔から1日2食なのに「お粥」なんて消化良すぎて腹減るだろうに。


単純に米の味の違い 米に対して取り組んできた手間と時間が違うんですよ。 炊飯器と炊飯釜についても同様のことが言える。 朝に出汁を効かせたお粥もまた良いもんだとは思うけど、残念ながら俺はパン派だ。


早朝炊いた米で朝食、残りの米を握ってお結びにしてお昼に食べるが、保存方法の無い頃の一日二食だったような(計3合~4合くらい?)


インディカ米はお粥にしても形がしっかりしてるから旨いんだよね。その代わり普通に炊くとパサパサしてる。ジャポニカ米は炊くとふっくらだけど、粥にするとドロドロになってしまう。その性質の差でしょ。


うちの実体験からすると、中国人は朝におかゆより三明治(サンドイッチ)や漢堡(ハンバーガー)、鹹豆漿(くみ上げ豆腐)を店で食べてるのが多かったでち




この記事へのコメント

人気記事