社会問題 56歳男、コンビニ店員に暴行し大暴れ その理由は「笑顔がない」【キレる中高年事件簿】


 接客業では「お客様には笑顔で対応」と教育される。大手ハンバーガーショップマクドナルドが「スマイル0円」を標榜し、笑顔の接客を基本としていることはご存知の通りだ。
 名目上「笑顔で」と言われても、店員も人間。機嫌が良くない場合や体調不良、そして客の迷惑行動などを目にすれば笑顔は消え、眉間にシワ寄せたくなるもの。そんな表情に難癖を付けたモンスタークレーマーがいる。

 事件が発生したのは、2016年1月3日午前5時過ぎ。鹿児島県枕崎市のコンビニで、生花店を経営する56歳の男がレジで会計後、対応した44歳の店員に「笑顔がない」などと、因縁にも似たクレームを入れる。腕っぷしに自信があったのか、男は店員をコンビニの外に連れ出すと、土下座を強要したうえ、腹部を蹴り上げ、腎臓を損傷する怪我を負わせる。当時、店には2人以外に客や店員がおらず、止める人物がいなかった。

 犯人の男は店の常連だったそうで、生花店経営者として歪んだ正義感を持っていたのか、笑顔を強要した様子。口頭注意でも越権行為だと思われるが、土下座を強要したうえ暴力振るうことは、明らかな「やりすぎ」である。この事件後、被害男性が警察に相談し、事件が発覚。男は傷害と強要の容疑で逮捕された。

 このニュースが流れると、「意味がわからない暴力団でもこんなことはしない」「弱い人間をいじめて楽しんでいる。卑劣だし許せない」「無愛想な店員にイラっとすることは自分もあるが、暴力や土下座は論外」と怒りの声が噴出することになった。

 逮捕された男は経営者であり、接客について持論を持っていたのかもしれないが、「笑顔で対応しなければいけない」というルールは、少なくともコンビニエンスストアにはない。男の行為は、単なるモンスタークレーマーによる暴行にほかならない。

画像はイメージです


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

店員さんの顔とか一々見てない自分からしたらどうでもいい事なんだが…そんなに笑顔って必要?


暴力はやりすぎだけど気持ちはわかる。最近の店員はなんかやる気もないよね。たとえバイトだろうと責任感を持って全力で働くべき。買い物ってのは店員と客のコミュニケーションの場でもあるってことも忘れるな。接客店員ってのは客に全力で尽くすもんだよ。逆に客も過剰に要求してはいけない、楽しく買い物ができるwin-winの関係を築きたいもんだね。


低賃金のバイトにそこまで求めるなってのは甘えだからな。どんな待遇だろうと仕事は仕事、全力で取り組むべき。嫌なら自営業でもすりゃいい。


ただでさえ接客業は人手が不足しているのに何してくれてんの、この老害! 人間がレジ打ってくれるだけありがたいと思えよ、そのうち無人店舗だらけになるんだからさ。


笑顔は別料金となっております。


「歪んだ正義感」と言うか「不機嫌な不都合」の解消だろう。


相手の顔見て話すの苦手だから見てない。だから笑顔だろうが無愛想だろうがどっちでもいい。


チップを渡せば笑顔になるよ


こういう働きにくさを作ってる人はどんどん駆逐されるべき。コンビニ店員なんて合間に椅子に座って待機しててもいいぐらい神経使ってると思う。


>接客店員ってのは客に全力で尽くすもんだよ。 お客様は神様の呪縛って案外強いな


>接客店員ってのは客に全力で尽くすもんだよ。 逆に客も過剰に要求してはいけない 2文で矛盾するのスゲェと思う




この記事へのコメント

人気記事