耳よりの知らせ JRによる痴漢防止対策の実証実験が話題 「車内通報は抑止力にも」


痴漢対策アプリ(画像提供:JR東日本

先日は痴漢の加害者を捕まえようとした際に、重傷を負った男性の妻を取材した。痴漢に苦しむ女性が多い中、JR東日本の実証実験が、話題を呼んでいる。しらべぇ取材班は、JR東日本から詳しい話を聞いた。

■女性の投稿が大きな反響呼ぶ

SNS上には、女性が「どの車両で痴漢の通報がありましたと車内放送するそうです」とした上で、「 被害者が行動したということが加害者にも伝わり、車内通報は加害者への抑止力にもなる」と投稿。

さらに、「『何号車で発生!』と、車両まで放送されたらその車両の乗客の意識は高まるため、全ての時間帯でやってほしい」と書かれている。この投稿には、26日午前11時現在、1.2万件のいいねが押されている。

関連記事:女子高生を執拗に追い回した男を逮捕 卑劣な行為に「すごい悪質」と怒りの声

■専用アプリをインストール

JR東日本はこのシステムの目的について、「列車内で痴漢行為を受けた乗客から車掌への通報を可能にし、車内放送で注意喚起を図る」「周囲の乗客に痴漢行為に気づいてもらうことで、痴漢行為の抑制を図れる」という2点をあげている。

スマートフォンに専用アプリインストールすると、列車内で痴漢行為を受けた際、アプリボタンを押すことで車掌に通報することができる。

車掌は、携帯するタブレット端末内の専用アプリの通知内容に基づき、注意喚起の車内放送を行う仕組みだ。

関連記事:「痴漢」を疑われた男性が線路に逃亡 「男性専用車両」を求める声相次ぐ

■痴漢が多いとされる埼京線で実施

車内放送の内容は、いくつかのパターンがある。「車内のお客さまより迷惑行為の連絡がありました」 「〇号車のお客さまより、痴漢の通報がありました」などで、実証実験中は事前に試験であることを告知するという。

期間は、第1ステップが2月下旬~3月中旬(土休日は除く)の午前7:00ごろ~午前10:00ごろまで。痴漢が多いといわれている、埼京線車内(大宮駅新宿駅)間で実施する。

関連記事:人気モデル、生放送で痴漢被害を告白し騒然 「キスしないと殺すぞ」

■検証作業も実施予定

第1ステップの結果を踏まえて、 2020年6月以降、第2ステップ埼京線車内で実施予定。お客様アンケートモニターアンケートを通じて、検証作業も行うという。

JR東日本は、社会的な課題の一つである痴漢問題の解決に向けて、国立情報学研究所の新井紀子教授などからの意見も得て、この実証実験を実施するに至ったとしている。

・合わせて読みたい→「JR外房線が始発から激混み・ヤバすぎ」は本当か? 総武線のほうがヤバかった

(文/しらべぇ編集部・おのっち

JRによる痴漢防止対策の実証実験が話題 「車内通報は抑止力にも」


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

これ無意味にポチポチ押したりするやつ出るんじゃないかな。そのへんの対策は出来てるのかな?


日本の女性団体  = 公明党の女性部


このアプリ使うと、公明党にデータ抜かれルヨ。 JR=国交省=公明党


JRの管轄は国交省。20年の歴史で、国交大臣の半分は公明党。 JRは公明党そのもの


駅前の一等地がパ*なのも、女性専用車両も、ハングルの案内板も、全ては「JRの管轄が国交省であり、大臣が公明党だから」


「重傷を負った男性の妻を取材した」 ← ちなみにこの妻って奴、120個ほどアカをフォローしてるが、9割が、企業系アカで、タイムラインはRTで埋まってる。典型的なRT屋だ。非フォローは1万を超えてるから、電通博報堂とグルなのが分かる。犯人の男もIT系社長。ヤラセ、自作自演だ。


「美人局」「冤罪」対策アプリも作ろう。それに、JR職員による不当捜査対策アプリと、駅員室対策アプリに、当直弁護士対策アプリ。それから目撃者アプリも作ろう。


あと、冤罪だった場合は、その利用者が逃げ勝ちできないように、IPを登録してくれ


パターン1:一般的なマナー放送 例)「痴漢を見かけた方はお知らせください」  パターン2:迷惑行為があったことを伝える放送 例)「車内のお客さまより迷惑行為の連絡がありました」  パターン3:〇号車から痴漢通報があったことを伝える放送 例)「〇号車のお客さまより、痴漢の通報がありました」


↑ 公式サイトにこう書かれてたけど、「痴漢があった証拠」には触れないのかな? 証拠がない、痴漢が起きてない、という結果になった時のフォローが丸ごとスッポ抜けてるって言ってんだよ


まぁいずれにしても、俺が連れの女を使って、JR職員に同じ事を仕掛けてやるから、期待して待ってろよ


JRの管轄は国交省。20年の歴史で、国交大臣の半分は公明党。JRは公明党そのもの




この記事へのコメント

人気記事