【悲報】品薄で店員が悲鳴「お客様が全員鬼に見える」 心理学者が指摘するデマ現実化の背景と“認知的不協和”解消のポイント


 「今まで笑顔だったお客様が、全員鬼に見えます」

 これは2月29日Twitterに投稿された、ドラッグストア店員の嘆きだ。新型コロナウイルス感染拡大の影響でマスクの品切れが続いているほか、「トイレットペーパーなどが品薄になりそう。製造元が中国です」という誤った噂が広まり、スーパードラッグストアなどに求める人が殺到している。

 この投稿者はドラッグストアに勤めて12年になる店員だといい、「楽しく勤めていた仕事だったのに。コロナによりマスクの供給不足となった頃から毎日毎日同じことを聞かれて、あげくキレられたりと増えてきました。『マスクの入荷はいつ?』『消毒ないの?』『いつもないじゃない!』今まで笑顔だったお客様が、全員鬼に見えます」と心情を吐露。

 また、ペーパー類や生理用品、ベビーおむつまで買いだめする客が増えたことに「デマ情報に流され買い込むから品薄になるんです。自分たちの首を自分たちでしめてるだけです」と苦言を呈し、「私はウイルスよりも、人間が怖いです。ストレスで、声をかけられるとビクッとし、またマスクだ。消毒だ。と恐怖です。会社からも、何度同じこと聞かれても、対応は優しく丁寧にと言われました。ですが、同じことを作業止められて毎回聞かれて、最後はすみませんと謝るんです。疲れます。とにかくノイローゼになります。どうか落ち着いてください。それを願うばかりです」と疲弊しきった状況を綴った(一部抜粋)。

 安倍総理は会見で、トイレットペーパーについて「ほぼ全量が国内生産。十分な供給量と在庫が確保されていることから、冷静な購買活動をお願いしたい」と呼びかけたが、デマにもかかわらずなぜ買いだめに走ってしまうのか。臨床心理士で心理カウンセラーも務める明星大学准教授の藤井靖氏は、「自分にとって重要なこと、不安を喚起させる状況、先行き不透明であること(自分には予測できない)。デマが広がりやすい3つの要素が揃っている」とした上で、次のような見方を示す。

 「今回のデマは“マスクの材料に紙が回されるのでトイレットペーパーなどが不足する”などというものだが、トイレットペーパーの原料は紙であるという真実が一部含まれている。また悪意のあるデマは最近、SNS上の情報リテラシーも上がってきていて広まりにくくなっているが、今回は『なくなるから早く買っておいたほうがいい』という善意と受け取れる内容がある。『真実』が含まれていて且つ『善意を感じられる』と、思い込みが強くなり、論理的な誤謬(あやまり)が起こりやすい。さらに今はどこに行っても在庫がないことが多いので、デマだとわかっていても『あったら買っとこう』という心理になってしまう悪循環が起き、結果的にデマ内容が現実になってしまっている。また、実際に起こっていることとはいえ、空っぽの売り場の様子が報道されることも一定の影響力を持っている」

 では、デマによる影響を解消するためにはどうすればよいのか。藤井氏によると、手に入れたい一方で買えない状況が「認知的不協和」という葛藤する心理を引き起こしているといい、「『欲しい』という欲求に基づいているので、人はまず買うことによってその葛藤を解消しようとするが、一方で買えない時間が長くなっていくと、今度はない中でどうするか、つまり『買えなくてもいいから自分が困らないように何かしら対処しよう』という矛盾の解消の仕方になってくる。そのため、時間が解決する部分もある」。

 また、「デマが現実化するプロセスは集団心理の成せる業なので、個人の心の持ちようをなんとかしようとするだけではどうにもならない話。一般的に、混乱が生じたときに冷静な判断ができるのは集団の中で10%程度の人。80%は周りの動きや情報に流されてしまう。そして、残りの10%は買い占めたり、転売したり極端な行動に出る。そのため、大部分の人のマインセットを動かすには、集団で逆のムーブメントを作り出す必要がある。例えば、フリマアプリトイレットペーパーが転売されているが、最近は『転売商品は売り買いすべきではない』『在庫は十分にあるから買い占めはするな』などという啓発を意図した文言を商品画像として出している出品が多数確認できた。本来のアプリの使い方ではないので全面的に支持できるものではないが、まずネット上で転売や買い占めは控えよう、倫理的によくないという空気感ができてくると、それが現実にも波及する可能性はある」とした。
AbemaTV/『けやきヒルズ』より)
 

映像:トイレットペーパー求め大型スーパーに長蛇の列

品薄で店員が悲鳴「お客様が全員鬼に見える」 心理学者が指摘するデマ現実化の背景と“認知的不協和”解消のポイント


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

デマがデマでなく現実になっているんだ。で、ほっとく以外に解決法はないのかよ。不作になった野菜の様に値上げすれば解決するかも、今買うと損と思わせれば買いだめしにくいだろ。


だからそうやって空の棚写して煽るんじゃねえよ


鬼殺隊に狩ってもらおう。


↑オチ的に最終回で解散する気がしてならないのだがあの漫画


結局品薄状況になっているのなら客にとってそれはデマではなく事実なんでないかい?客にとって重要なのは国内の備蓄や生産量の多寡という理路整然としたデータではなく、もっと直接的に目の前に見えるカラの棚なわけだし。この状況下でデマだ何だと言っても客観的に言って説得力に欠けると思う。


なので、どっかで誰かが言っていたけど、TVは店のカラの棚を映すよりも製紙会社の倉庫を映す方が良いと思う。それはデマと断言するために必要な、説得力のある絵だからだ。マスコミは全然そういう仕事をしてくれないんだよなぁ。こいつら揃ってアホかと思う。


TV局は公益に資するっていう建前で番組を作ってるけど、それが一番のデマだよ。


マスコミも主婦なんて聞き流しながら家庭のことやってるんだから中途半端なこと言ってデマのもとになるようなことするんじゃない。


入荷は未定ですと一筆書いて貼っとく手間省かなけりゃ誰も聞かんのに


品薄デマを流した人は勤務先(米子医療生活協同組合)にバレて処分された模様


マスゴミが煽って原因を作って日本人を叩く、いつもの芸


AbemaTVはネットに寄り添うふりをしているが、サイバーエージェントとテレビ朝日が出資して設立した反日企業。 サイバーエージェントはネット広告の電通みたいな会社。「サイバーエージェント 入社式 2ch」で検索すればわかる


デマによる影響を解消するには、煽るアベマ等のマスゴミに、制裁を課すしかない。営業停止1年位課せば、*なマスゴミでも理解できるでしょ。


フェイクニュース罰則法あくしろ。悪質なデマ流した奴は責任を負うべきだろ


んー、付け加えれば、代理性?パニックかなぁ。主たる要素に対する不安を、付随する要素の不安解消を行う事によって、自身の心の安定を図ろうとする。簡単に言えば、コロナでの不安を軽減する要素のマスクを確保することで、間接的にコロナへの不安を軽減する、だな。鬼滅が流行ったら関連商品が売れるのと同じと言える。ネガティブな流行とポジティブな流行。面白いよなぁ、人間って。


震災の時もなぜか東京で買い占め起きてたな


まあ、踊らされるバカがもっと少なかったら、民主は壊滅しても少しマシな野党が隆盛してるだろうし、便所紙もなくならないし、メディアもおまんまの食い上げになるとおもうよ


現実問題、売ってないんだからしょうがない。俺らにウンコするなってことか?


▼ AbemaTVの運営会社は、テレビ朝日と、ネット工作会社「サイバーエージェント」。 後者サイバーエージェントと言えば、アメブロの運営会社のイメージが強いが、辻希美や松居一代などの炎上ブログは運営側とグル。ピットクノレーと同じネット工作請負業務。 サイバーエージェントと言えばグラブルや在日企業


↑ グラブルバーサス作ったのアークだし、在日繋がり分かるなw


輸送が間に合わず(物理的に)問屋の倉庫に商品が残ってない。店舗が売る量を制限しないのが一番の原因、小売りの社長をつるせば済むよ。創作みたいに18個買ったとかやってる連中を襲撃するのも手ではある


そもそも店頭にデマ云々やらの注意喚起の張り紙でもしてりゃいいのに、結局店員の負担より爆買いの利益を優先させてるんだから同情の余地ないでしょ。


こういうのって、在庫が充分だというなら、個数を限定した予約販売とかではダメなのかな。入荷のタイミングを逃したり、早い者勝ちに負ける恐怖から、たびたび店頭に出向くも、その度に空の棚を目撃し、そのストレスから手近な店員に当たり散らす を繰り返していると思う。手に入る約束さえできれば少しは安心し、無闇に店頭に出向いてはイラつく、ということも減らせそうだけど。


今回のコロナに限らず災害時なんか何時もこんな感じだしな、小売りを続けたいなら慣れるしかないんじゃね。


verlies>それやるなら夢の国みたく再入場用に判子押す(だっけ?)みたいな事をした方がいいかもな。絶対偽名を何度も書き連ねる奴が出るだろうし。


衛生用品には配給札復活させたらいいんじゃないかなと思った。札持っていったら一家族にマスクやトイペなど不足品を無料で引換えてくれるなら、買い占めや高額転売で儲けようとする人も減ると思うし、買い占めがなくなれば次の配給までに物資は復活し足りなくなった人にも回るようになる……と思うんだけど流石に時代遅れか


この准教授、店員さんのケアではなくて、購入者の心理の説明の為いるのね。臨床心理の専門家でなく、社会学の先生でも呼べばよかったのにね。ちなみに「お客が全員鬼に見える」は、鬱が始まってます。ソースはワシ。


帰りにマスクの補充に寄って実際に群がる所見たけど凄かったな、余程消費激しくなきゃ💩なんて週に数えるくらいしかないのに


なるほど、カラの棚は有事を招くマスコミの情報操作か。いい加減にしろ


割り箸方式にしたらいいんだよ。弁当買ったら「割り箸はお付けしますか」って聞くだろ。割り箸の部分をテッシュにすればいい


デマの現実化に積極的に勤しんでるようなマスメディアやお抱えの心理学者なんかにとやかく言われる筋合いなんてこれっぽっちもない。


デマ流した奴が処分されたことを報道すればいいのに


手に入らない人へ、サービスカウンターで商品購入手続きしてください。優先して確保して送ります。尚、手続きの順に確保されていきます(笑)


実際には普通に流通してても、マスゴミボケカスどもが空の棚ばかり写してデマを蔓延させるからだろ


棚に商品置いてなかったら諦めてるよ。この状況で倉庫に在庫あって棚に並べてないとかありえないし。店員さんに聞くまでもない。


1週間もしないうちに、今度は大量のトイレットペーパーを抱えて返品させろとヒステリックに叫ぶ人間で溢れるぞ


お客様なんかいません。対等な売り手と買い手がいるだけです。売り手だけが異常に不利な立場で、買い手の不法行為まがいが許されている現状は異常です。明確な人権侵害だと思います。




この記事へのコメント

人気記事