「トイペ品薄のデマ発信源!」ネットで袋叩き やりすぎると法的リスクも


新型コロナウイルスの影響で「トイレットペーパーが品薄になる」というデマを職員がSNSで発信したとして、鳥取県米子市の「米子医療生活協同組合」が3月4日、HPで謝罪した。

この職員については、「トイレットペーパーデマの発信源」として、ネットツイッターなどSNSアカウントがまとめられ、批判が殺到していた。

Googleマップで「米子医療生活協同組合」を見ると、「心の底から許せません」、「貴男が流したデマのせいで、街からトイレットペーパー無くなったよ!!」と評価1の星がついた口コミが並んでいる。

ただ、編集部がツイートをさかのぼったところ、2月27日10時ツイートしていた職員よりも前に、同様の内容をツイートしていた人は複数みられ、デマの発信源が本当に職員かどうかには疑問の余地がある。

小沢一仁弁護士は、こうした「ネット私刑」の法的リスクを指摘する。

「最近は、何か人の感情を煽る事件が起こると、犯人捜しが行われ、犯人の素性が暴かれ、過剰なまでに叩かれるという風潮を強く感じますが、とても危険なことだと思います」

本当にデマの拡散元なのか?

小沢弁護士によると、(1)批判の前提となる事実が真実であるか、(2)批判が過剰なものではないか、が問題になるという。

「(1)は、例えばデマを流したこと自体は事実だとしても、既に流れていたデマを拡散したに過ぎないのに、デマを『最初に』流した人物であることを前提に批判されるケースが考えられます。

デマの拡散元と、これを広めた人は、いずれも法的責任を問われうる立場にあります。しかし、当然問われるべき責任まで同じわけではなく、デマの拡散元の方が責任は大きいと思います。

そのため、この点を取り違えて批判すると、やはり批判の対象となった人の名誉権や名誉感情を侵害することになる可能性が非常に高いと思います」

私人に他人を罰する権利はない

次に問題となるのが、単にデマを広めた行為を批判するにとどまらず、デマを流した人の個人情報(住所、氏名、生年月日、経歴、勤務先、交友関係等)を公にして拡散したりするようなケースだ。

「他にも、勤務先に電話をかけて解雇するように働きかけたり、執拗にクレームの電話をかけたり、取引先にまで電話をかけて取引を止めるように働きかけたりするようなケースです。

いわゆる『私刑』ないし『社会的制裁』に相当するものですが、私人に他人を罰する権利はありません。

たとえ批判の対象とされた人の行為が悪質であっても、それを罰する行為もまた違法行為となりえます。法的なレベルでは、どちらも悪い。どっちもどっちなのです」(小沢弁護士

ネット私刑」と呼ばれる行為は、最近多く見られる。2019年には、茨城県高速道路で起きたあおり運転事件で、車に同乗していた女性被疑者と似ているというだけで、「ガラケー女」とデマを流された無関係の女性がいた。

女性の代理人として現在裁判を進める小沢弁護士は、こう警鐘を鳴らす。

「デマを流す人を罰しようとする人は、おそらくは正義感からそのような行為に及ぶのだと思います。しかし、正義だと思っていた自分の行為もまた、違法行為にあたる可能性があるものです。その意味では、許せないと思って批判している人と同じことをしているのです」

【取材協力弁護士
小沢 一仁(おざわ・かずひと)弁護士
2009年弁護士登録。2014年まで、主に倒産処理、企業法務、民事介入暴力を扱う法律事務所で研鑽を積む。現インテグラル法律事務所シニアパートナー。上記分野の他、労働、インターネット、男女問題等、多様な業務を扱う。
事務所名:インテグラル法律事務所
事務所URLhttps://ozawa-lawyer.jp/

「トイペ品薄のデマ発信源!」ネットで袋叩き やりすぎると法的リスクも


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

いやデマを広めた人も法的責任を問われるんですけど。いっちばん最初じゃないから無罪! とか言ってるこの記事こそデマ発生元


デマは許されんが、特定班の情報がデマって事もあるからな。うかつに叩くのは危険。


人間は自分のためだけではさほど怒らないが「他人のため・公のため」と大義名分を得た瞬間、簡単に悪魔になれる


何人たりとも私刑をすることは禁じられてないだろ。それらが起こった後に刑罰を科される可能性があるだけだ。もしくは、民事訴訟で争いになるだけだろ。まず私刑なのか、ただの争いなのか判断しずらい事案に警察は介入したがらないだろ。


発信源じゃなくてもこんなアホなデマを拡散した時点で頭おかしいだろ。仮にも医療生協の職員だろうに


「デマです」とアナウンスはしても、映すのは空っぽの商品棚ばかり。米などの食料品に関しても、「次は・・・」などと、いちいち不安を煽るマスコミも結果的に高額転売、デマ拡散の片棒を担いでいるよね。


今回のことで転売屋が少しでも減ってくれればと思う。奴らは良心にうっっ耐えてもだめだから、デメリットの方が大きいと分からせないといけない。


マスコミに責任転嫁すればいいだけだから罪悪感なんてまったくないな。


早い段階でデマだって言われてたのに、商品棚が品薄なのは慌てて買いこんだ方たち(転売目的以外の)がいるからですよねww


こういう時に叩く奴らはデマで無実の人を叩いた場合でも相手に謝罪しないイメージ


デマを流した発信源をちゃんと見極めずに叩くのはよくないけど、デマを流すと袋叩きに会うぞっていう見せしめも大事な気が・・・?


マスコミはデマ流す側だから袋叩きにされる風潮が出来ると困るんだろうな


正直こういうのは騙される方も騙される方だと思った。かく言う自分も今後絶対に騙されないなんて保証は出来ないし、まずは安易に信用しないのがベターなのかなと。


やっぱ人間が国や社会を持つには早すぎた。人間が生まれながらの悪であることが証明された。人間は存在そのものが罪悪であると世界に拡散された。


▼ SNSは大衆によるただの流言飛語。 マスコミがやってるのは、ティッシュ製造会社や電通広告会社とグルで、金を受け取ってやってる「ステマ」。報道犯罪


こいつがデマの拡散元だって弁護士のお墨付きが出たってこと? 大罪人じゃん


毎度言われている事だけど発信機関と発信者を見て考えるクセを付けた方がいいよね。基本井戸端会議のノリの場所だし。真偽入り乱れているので自己判断を徹底で。先々考えるとお年寄りは要保護ってカンジがエエやろな。20歳以上60歳以下でやらかしたらちょっとシバきたくもなるけど


市内ではティッシュもトイレットペーパーも普段通りに陳列してたが・・・


「いっちばん最初じゃないから無罪!」なんて書いてないのですがそれは


確証もない情報で煽り運転の同乗者に似てるだけの他人をリンチして集団ストーカーしたり、事件の容疑者と同じ苗字ってだけで容疑者の親族にされ嫌がらせされまくった無関係の家族とかいたからな もうここまでくるとただの犯罪者トイレットペーパーの件もそうだけど何でもネットの情報を鵜呑みにせず真実とデマを見分けれるようになりたい


むちゃくちゃデマを発信してるマスコミに罰則しようよ


SNSが普及しても、結局デマの「伝播速度」が上がっただけで正確性は向上しなかったな


懐かしい名前だけどN国党とかいうカルト的な団体がやってた私人逮捕、「私人に他人を罰する権利はない 」記事のこのガバナンスであっているなら、単純に暴行集団になるじゃん。ということは、党首以外は逮捕されかねなかった、起訴されれば逮捕、なり執行猶予もあったかも?


魔女狩りこっわ。こいつらほんとかわいげの無いサウスパークの住人やな。デマも*もないやろ。


裁判所の判決が犯罪者や上級国民に有利過ぎて私刑でしかバランスを保てない社会がもうすぐそこに来ているような気もするけどね。その責任の一端はクズ弁護士どもにもある。


これ「お前のせいで高く買う羽目になったから差額を保証しろ」って言われたらどうすんだろ


もう、マスコミもツイッターはじめとするSNSも、かつての2ちゃんねると変わりませんよね。発信される情報は玉石混交、まさに「嘘を嘘と見抜けないと扱うのは難しい」  ただし、2chに比べ分母が大きい分、踊らされるアホが多いのが厄介なんですよねえ・・・




この記事へのコメント

人気記事