【話題】SNSを実名のまま平気で使う若者。理由はリアルと地続きだから


【元記事をASCII.jpで読む】

TwitterInstagramも実名利用する若者たち

 10代の子たちがSNSを実名で使っている姿を見かけたことがあるかもしれない。匿名を好む大人世代と違い、10代のSNS利用事情は異なるようだ。

 マカフィーとMMD研究所の共同調査、「高校生、大学生、社会人20代・30代のSNS利用に関する意識調査」(2018年3月)によると、Twitterを実名で利用している10代は52.7%、大学生が44.5%、20代社会人が28.2%、30代社会人は14.0%となり、若ければ若いほど実名で利用していた。

 さらにTwitterを実名利用している人を対象に聞いたところ、高校生の41.1%は全体に公開していた。

 なお、Instagram高校生の35.4%、大学生の32.5%、20代社会人の32.7%、30代社会人の20.7%は実名で利用している。TwitterInstagramなどの複数アカウントが作れるSNSでも、多くの若者達が実名で利用し、全体公開にしているのだ。

 以前お伝えしたように、10代はSNSで複数アカウントを使い分けるのが一般的だ。そのなかに実名アカウントもあることが当たり前となっており、実名で言えないことは他のアカウントで流す使い方が一般的なのだ。

友達と交流用にリア垢活用が当たり前

 Appliv調べの「Twitterの利用実態に関するアンケート」(2019年6月)によると、15~19歳の85.1%がTwitterアカウントを所有し、そのうちの7割近くがアカウントを複数所有している。

 メインで利用するアカウントが「リア垢」(リアルでの知人・友人との交流に利用)という割合は、10代男性は51.4%、20代男性は42.1%、10代女性は42.4%、20代女性は40.5%など、若いほどリア垢をメインで使っている傾向が高い。

 以前ご紹介したように、若者の間では、ハッシュタグ検索などでリアルの友達同士や同じ学校の生徒同士などでつながり、情報交換している。つまり、つながるためには、自分を認識してもらう必要があるため、実名かつ公開状態で使ったり、リア垢を別途用意しているのだ。

 大人世代にとっては、TwitterInstagramはあくまで匿名で情報が集められたり、同じ趣味の人と交流できる場であることが多い。リアルの知人・友人との交流にTwitterを利用する割合は低いだろう。一方、10代にとってTwitterInstagramリアルの友人・知人とコミュニケーションを取るメインツールのため、大人世代とは個人情報の公開具合が異なるのだ。

 大人世代がかつて長電話をしたように、若者世代はSNSで友達同士交流している。新しいコミュニケーション方法として、大人世代も見習えるところがあるかもしれない。

SNSを実名のまま平気で使う若者。理由はリアルと地続きだから


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

リアルと地続きなのは良いことだ、犯罪自慢してるバカはともかく


ネット初心者にありがちな事でもあるんだけどな。


「意識が足りない」とか言う奴に限って防犯意識の高い子供や女子高生に対しては「自意識過剰」だの「誰も聞いてない」だの「かまってちゃん」だの言うんだろうな


小さいコミュニティ訓練する為にイントラネットで練習したらいいじゃん。なんでいきなり本番させるの? あほなの?


やるのは自由だけど、ほどほどにしときんさいや 社会的に*だ人もたくさんいるでな


別にいいんじゃないの。それで特定されて嫌じゃなければだけど


*発見器だから*な行動してなきゃー問題ないだろ、まあ*なことしたなって気がつくのは大概やらかした後な訳なので実名残基1でそれに挑むとかチャレンジャーだなって思うが


まあリアルにつながってるからってわかってるなら*なこともしないだろうしそれはそれでいいことだよ、ただリアルにも通り魔ってのがいるように自分に非がなくてもネット経由でリアルに被害が来るパターンもあるのは要注意だけど


デジタルタトゥー


逆に全部リアルでないとダメにしたらいいんじゃない?ネット関連全部。エロ配信とか、円光とか減らせるでしょ。


クローズドとオープンスペースが違う事への意識不足だね… まあサロン等で明暗でてきた感じの最新の文化傾向とも言えるから、まだ知らなくても仕方ないかもね。


リアルと地続きになったせいで体裁を取り繕うための茶番をネット上でもやられるから迷惑なんだよなぁ


*な事をしないように抑制したり、*発見に繋がるから良いんじゃないですかね?(怖い怖い...




この記事へのコメント

人気記事