【話題】妖怪「アマビエ」のイラストがSNSで人気 伝承に脚光「疫病が流行れば私の絵を見せよ」


「アマビエ」――そんな名前の妖怪を、あなたはご存じだろうか。

直近の1週間ほど、この一風変わった妖怪のイラストが、ツイッターをはじめとするSNSに次々と投稿されている。アマビエには疫病に際して「自分を描いた絵を見せよ」と人々に伝えた、という伝承があり、新型コロナウイルスの流行が続く今、にわかに脚光を集めているのだ。

江戸末期に肥後に出現

アマビエは江戸時代末期の弘化3年(1846年)、肥後国(熊本県)に出現した怪異として、当時の新聞である瓦版にその姿が収められている

この瓦版によると、何やら海に夜ごと光るものがあり、役人が調査に赴くと、奇妙な妖怪が姿を現した。

妖怪は、

「私は海中に住む『アマビエ』である」

名乗り

「もし疫病が流行るようなことがあれば、私を描いた絵を人々に見せよ」

と告げて、再び海の中に消えたという。

この瓦版には、その役人が見たという「アマビエ」が描かれているのだが――。これがなんとも不思議な姿だ。しいて言えば人魚に近いが、くちばしが生えており、目はひし形、ただし黒目はくりっと丸い。また、足というべきか尾びれというべきか、は3つに分かれ、さらに長い髪のようなものが足元まで伸びている。描き手の画風もあってか、妖怪というより「ゆるキャラ」めいた雰囲気だ。

あの「いらすとや」にも登場

以前から一部の妖怪ファンの間では知られていたアマビエが、一気に注目を集めるようになったのは2020年2月の末ごろから。新型コロナウイルスの流行に、どこか息苦しい空気が漂うなか、瓦版にある伝承に注目し、アマビエの絵をツイッターなどに投稿する動きが、自然発生的に始まったのである。

ハッシュタグ「#アマビエ」を付けて、多くのユーザーが、自分流にアレンジしたアマビエのイラストを投稿しており、中にはぬいぐるみフィギュアを自作する人も。イラストレーターの、みふねたかしさんが運営する素材サイトいらすとや」にも5日、早くもアマビエが登場した。

Yahoo!リアルタイム検索の集計によれば、「アマビエ」を含む投稿は2月27日ごろまで1日10件弱程度だったが、3月に入って急激に上昇。8日には2万件近くに達するなど、「アマビエ祭」状態だ。

瓦版に描かれた「アマビエ」。実はアマビコの誤りという説もあるとか(「新聞文庫・絵」(京都大学附属図書館所蔵)より)


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

甘エビ


なんかちょっとカワイイじゃないか


見せよとは言ったが見せたら疫病が治まるとは言ってないよなw


もし疫病が流行るようなことがあれば、エロを描いた絵を人々に見せよ


いらすとやの仕事の早さマジリスペクト


本当にこういう姿だったのか役人がゆる絵師だったのか謎が深まるばかりである


五期の鬼太郎に出てなかったか?


ぱっと見、「アマエビ」に見えてしまった……


水木しげる先生の描いた妖怪画集にあった


なんだ、今は江戸時代だったのか…


10年前くらいにゲゲゲの鬼太郎で見た


アマビエのパチモンみたいなのもいるんだっけか


ちょっとくらい角大師まぜてもばれへんか


神社姫「知名度の差って残酷…」


同様の伝承を持つ妖怪でほかに「件」とか「神社姫」とかいるけど、年代的に神社姫が一番古いっぽい?


お、なつかしいものが出てきた。どこでも同じような名前の人に目撃されるというアレかw


甘エビなんて名前の妖怪が・・・と思ったらアマビエだった・・。


疫病を治す想像力の怪物に…は、無理っぽいか?でもぬらりひょんの超格上げもあるからなぁ


肥後国海中へ毎夜光物出ル所之役人行見るニづ(図)のぬえ□現ス 私ハ海中ニ住アマビ子申者也 当年より六ケ年之間諸国□□□□ □病流行にて私ヲ写シ人々ニ見セ□□と申て海中へ入□□ 右ハ写シ役人より江戸へ申来ル写也  弘化三年四月中旬


みなさん遠慮がちなんで私が代弁してよろしいか?・・・絵ヘタすぎなんだよ!おまけにググったら本来はアマビコだけど誤字でアマビエになったとか!字も下手かよ!




この記事へのコメント

人気記事