話題 お勧め 医師が証言「一斉休校でも子供は公園で元気に遊んだほうがいいワケ」


3月2日、全国の小中高校の大部分が一斉休校に入りました。現時点では「春休みまで」との期限付きですが、長期的な見通しが立てられない状況に共働きの家庭の混乱が広がっています。この期間を子供たちはどのように過ごしたらいいのでしょうか。『病気は社会が引き起こす』が話題の医師、木村知さんに聞きました。

■一斉休校の根拠は?

当初、政府の新型コロナウイルス感染症対策専門会議が打ち出した基本方針では、小中学校の休校について「臨時休業等の適切な実施に関して都道府県等から設置者等に要請する」という記述にとどめていました。この見解が公表された2月24日時点では、行政も全国で一斉に休校するという考えはなかったのです。

ところが安倍晋三首相は2月27日、一転して「3月2日から春休みまで臨時休校を行うよう要請する」と踏み込んだ決断を下しました。しかも、3月2日に開催された国会での首相答弁によれば「この要請については直接専門家の意見をうかがったものではありません」(安倍首相)という話で、自民党幹部も寝耳に水だったようです。

そのあたりの政治的な動きはさておき、90人以上の感染者数を報告し非常事態宣言を出した北海道のような地域から感染者数が一桁の地域までが混在しているこの段階で「なぜ、全国一律に一斉休校が必要だと決断した」のでしょうか。明らかに納得できる理由があるなら、私たちも粛々と対応するでしょうに、根拠となるエビデンスは全く示されませんでした。これだけの大きな影響をもたらす決断を示すなら、何よりも科学的根拠(エビデンス)を明らかにして「○○という根拠に基づいて、一斉休校を要請する」というべきでした。

■いつ、休校を解除するのか

しかも首相は「春休みまで」と一応の区切りを示しましたが、単純に「キリが良いから」としか読めません。そもそもの始めを何の根拠もなく見切り発車したために、結果的に「一斉休校を終わらせる正当な根拠」を示すことができない状況に陥ってしまいました。

仮に春休みが明けると同時に一斉休校を解除したとして、果たして本当にそれが妥当なのか誰も判断することができません。むしろ根拠無く一斉休校をやめることで「ああ、新型コロナの感染拡大もひと段落したんだな」との誤解を広めてしまい、流行の第二波を引き起こしてしまう懸念すらあります。個人的にはこの段階で全国一律休校という措置を行う必要はなかったと思います。

■PCR法について、知っておくべきこと

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の主な特徴は、入院を必要とする重症から軽症、無症状まで幅が広いことです。感染初期で無症状〜軽症の場合はふつうの風邪と区別がつきません。だからこそ全例検査できる体制を早くつくって欲しいという声もありますが、これは簡単な話ではありません。

実際、3月6日から新型コロナウイルスに対するPCR法が保険適応されることになりましたが、検査を行う手技自体がウイルスを拡散してしまう危険があるため、しっかりした感染防御体制が取れない一般診療所では検査できないのです。

PCR法が100%正確な検査方法で、早期に診断がつき、肺炎に移行させない特効薬があるなら、全例検査の意味はあるかもしれませんが、まだそのような薬はありませんし、そもそもPCR検査は100%正確ではありません。また鼻やのどの奥から検体(PCR検査のための材料)を採る手技の熟練度や検体を採取する部位によっても検査結果が相当左右されるということを多くの人が知っておかねばなりません。事実1回目の検査で陰性だった方が、2回目、3回目の検査で陽性になった例が報告されています。拙著『病気は社会が引き起こす』(角川新書)でも触れましたが、感染症に「かかっていない」ことを証明するのは極めて難しいのです。

本当は感染しているのに「陰性」と判定されて普通の社会生活を送り、知らないうちに感染を拡げてしまう可能性があるわけです。これは非常に危険です。

さらにもし今、審議されている改正特別措置法案が通れば「陽性」者に対する行動制限まで課せられてしまいますね。「陽性」をたてに人権を無視した管理が無制限に行われるうえに、ますます医療現場の混乱と市中感染を拡げることになりかねません。

■風邪はすべて“疑似コロナ”とみなす

2009年パンデミックを起こした新型インフルエンザの場合は、高熱、咳、関節・筋肉の痛みといった特徴があったので、一般診療医が検査を受けるべき人を事前にふるい分けることがある程度できました。しかしCOVID-19は、プロの医者でもふつうの風邪と区別をつけることが難しい。

それならどうしたらいいのでしょうか。

私はCOVID-19が全国的に広がってきた段階では、検査陽性者だけを隔離するなどの特別扱いをし過ぎるよりは、むしろ風邪のような軽微な症状であっても一律に「疑似コロナ」とみなして自宅療養とし、出勤や登校をさせないとするほうが合理的だし、かえって安全ではないかと考えます。検査では白黒つけられないばかりか、特別な感染症扱いをし過ぎると、感染者が感染を隠して出勤したり、医療機関の間でのたらい回しも起きかねないからです。

呼吸困難やいつもの風邪と明らかに異なる辛い症状があれば別ですが、そうでなければ、ふつうの風邪と同じように発熱や脱水に注意をしながら自宅で安静に過ごす。高齢者や基礎疾患のある人に接触しない。症状が治まってから学校や仕事に復帰する。このように考えて行動する方が混乱もしませんし、なにより感染拡大阻止には効果的でしょう。極めてシンプルな話なのです。

もちろん重症化しないように経過を見守る必要はありますが、これまで公開されたCOVID-19に関する報告をみると、感染力は強い一方で、致死率は2002年SARS重症急性呼吸器症候群)ほどは高くないようです。また幸いなことに、子ども感染者数、重症者数ともに少なく、重症化リスクは低いことがわかってきました。無症状〜軽症ですでに治っている可能性すらあると思います。逆に大人が感染を家に持ち込むリスクのほうが大きいかもしれません。一斉休校の意味があるかどうか、この点でも疑問ですね。

■外で走り回ったほうがいい

突然の一斉休校で困ったのは親御さんたちです。実家など預け先がある方はまだ良いとして、仕事を休むわけにはゆかず臨時の学童保育や児童館を利用せざるを得ない方が大半です。

学童保育については厚生労働省文部科学省から「席の間隔を1メートル以上離して」との通知がでていますが、これも明確なエビデンスはあるのでしょうか。普段の教室に定員以上の子ども達が通ってくるわけですから消毒にも限界がありますし、接触するなという方が無理でしょう。

子どもマスク装着については賛否両論あるようです。咳などの症状があるなら当然装着すべきですが、マスクの取り扱いによっては、かえって感染を拡げるリスクがあることを覚えておいてください。たとえばマスクの表面は汚染されているので、汚いマスクを触った手で自分の顔や他の子どもの口、鼻周りを触らない、何かを食べるためにマスクを取り外したら必ず手を洗うなどの注意が必要です。小さい子どもにはちょっと難しいかもしれません。

むしろ子ども達の精神的ストレスを考えると、マスクよりも手洗いをこまめにさせた方がいいでしょう。指先だけぬらすような「手洗い」ではなく、石けんと流水をつかって指の間から手首までごしごし洗う方法を教えてあげてください。

また、学童や自宅に閉じこもっているより、換気の心配がない公園や運動場で元気に走り回って遊んだほうがいいですよね。親御さんたちの間で手洗いや換気などのルールを共有できるのであれば、お友達の家に遊びに行くのも良いでしょう。せっかく長期の休みになったのだから、親子で普段できなかったことにチャレンジしてみる機会にしてください。

----------

木村 知(きむら・とも)
医師
医学博士、2級ファイナンシャルプランニング技能士。1968年カナダ生まれ。2004年まで外科医として大学病院等に勤務後、大学組織を離れ、総合診療、在宅医療に従事。診療のかたわら、医療者ならではの視点で、時事・政治問題などについて論考を発信している。ウェブマガジンfoomiiで「ツイートDr.きむらともの時事放言」を連載中。

----------

医師 木村 知さん


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

「遊具撤去」「ボール使用禁止」「公園内走るの禁止」なんて散々やっておいて、どうやって「元気に遊ぶ」んですかね。雑菌ウイルス繁殖しやすい砂場で砂遊び?


ドッヂボールや野球がしたい 子供は元気に遊んだ方がいいって プレオンは言ってたじゃない


家で大人しくしていなさい


最近はタイトル見ただけでプレオンってほぼ解るから怖いわ


逆にここ最近近所の団地の公園とか子供が賑やかで微笑ましいけどな。塾だ学校だ習い事だって子供の姿もなくて寂れていたもの。あとは病気の経過観察で通ってる病院に老人の姿が極端に少なくなった。感染を恐れて用もないのに来なくなったからだと思うけどこれは喜ばしい。


潜伏期間の事頭から蒸発してんの? 休校前にかかってるかもしれないのに友達の家に行くのもいいとか正気かよ


専門家会議の内容を踏まえると、理屈は分かるが整合性取れてないのもあるなとおもったら、この人の専門は外科医じゃないか。。。。なんか今さら情報収集したのを独自に解釈したって感じかもな。信用しないわけじゃないが、情報の確度としては高くないと思う。そもそも風邪を擬似コロナと解するなら、今の時期ならほぼ全休校です。大して対処変わりません。この時点で信頼性が・・・・


当たり前だけどまだ寒い3月に外で遊んでたら余計に風邪を引くと思うのです(笑。


コロナ関係なくできないんだよなあ…


これに反論する医師は多い筈だから是非そちらも記事にしてくれよ。


この記事通りに外出して武漢肺炎にかかっても、この人達が面倒を見てくれる事は無いんだよな。


これ休校にした意味ある?


そう思うのは自由だと思うよ。 ただ人に勧めるなら医師とか専門家って自称してる以上責任は取るんだよな?


反日ヘイトのプレオンが推す、医師が子供は元気に公園で遊んだ方がいいと進めるということは、今はまだコロナウイルスの影響があるから、家でじっとしていた方がいいということでしょ。


イタリアでも 専門家「中国人移民は隣人であり友達^^ 大丈夫なので普通に接しましょう」→(二週間後、おんなじ人が)「いますぐ中国人を隔離しろ!!!!!」 と発言して話題になっています 


まぁ、別に遊べば良いんじゃね?各家庭で、責任をもって決めれば宜しい。ただ、集団生活で広がると責任を追いきれないから休校要請だったわけで


子供だろうと大人だろうと、誰も自身の感染の有無を確認も保証もできないからこそ、大規模な接触を回避する休校措置だと解釈してるんだけども  自宅で換気しながら過ごすのと、公園でうじゃうじゃ群れて遊ぶのと、どっちがマシか? という話なら、そら自宅じゃないのかなぁと


外に出て怖いのは鳥やネズミ、蚊、犬猫、家畜が保菌者になるのかどうか。感染者が多ければ多いほど変異する確率は高くなるし手が付けられん状況にならなければいいが。


で、別の医者は公園で遊ぶなっつって混乱させるだけというオチ


児童に(低学年だけの場合もある)学校の校庭を解放してるところあるよ。町の公園と違い児童だけが遊べるのでより安全。人混みのスーパーに買い物に行く時間に校庭でしっかり遊んで体力維持。


親子ランニングも見かけたなぁ。親のやり過ぎに注意ではあるが親子でストレッチとかどうでしょう。


公園でも風通しがほとんどない公園なら家の中の方がいいかも?


学校よりは公園の方が感染率は低いかもね


肺炎なんて高齢者の病気だからな。子供がかかることはまずない


この件で文句言ってる人いるが、新型コロナはインフルエンザと同じもんで『部屋に籠ってるとダメ』なので部屋に籠ってる子供よりか外で走り回ってる子供の方がマシと言えばマシなのは当然やで。


今回のコロナウイルスで「インフルエンザ」も大人が感染して自宅で子供たちに感染して学校にて流行さす構造がはっきりした。「インフルエンザ」も「コロナウイルス」と同じ様に流行したら学校閉鎖、大人も自宅から出ない要請しろ。普通に学校通学さして大人が家に籠れ。


プレオンの場合休校措置を批判したいだけなんであんまり深く考えてない


屋外の方が人口密度も低いし、下手に閉じ込めておいてストレスと生活習慣問題で体を弱くされても逆効果だからな。


まあでも、人混みは避けた方がいいな。数人くらいの友達内で集まる分には問題無いだろうが。


如何せん、今は感染していてもそれが判別できない状況だからな。


当たり前のことを、当たり前に書いている内容だったw ただ、"風邪" を "疑似コロナ" と見なすなんて、(仕事も生活もあるので)現実的には無理だから、PCR検査を受けられる環境が必要なんだろうにw


そもそも、あらゆる"検査"において、精度が完璧なんて話はありえないので、「完璧じゃないからうんぬん」みたいな反証は、まったく合理的じゃないw




この記事へのコメント

人気記事