住みたい都道府県ランキング!3位北海道、2位神奈川、1位は?


「いつかあんな街に住んでみたい」「老後を過ごすならあの街がいい」

 そんな空想、誰もが一度はしたことがあるだろう。好みは人それぞれあるとして、実際に多くの人から人気を集めている住みたい都道府県や街はどこなのか。ブランド総合研究所が調査を行った最新版「住みたい都道府県市区町村ランキング2019」の結果を見ていこう。

 このランキングは、47都道府県と国内1000市区町村を対象にした、認知度や魅力度、イメージなど全84項目からなる「地域ブランド調査2019」によるもので、今年で実施は14回目。「住みたい(居住意欲度が高い)都道府県市区町村ランキング」は、「各自治体に住んでみたいと思いますか?」という問いに対して、「ぜひ住みたい」を100点、「できれば住みたい」を50点、「住んでもよい」を25点、「どちらとも言えない」を0点、「あまり住みたくない」を0点として、加重平均した数値から算出した(有効回答数:全国3万1369人)。

「住みたい都道府県」はどこ?
1位東京、2位神奈川と首都圏が人気

 まず、「住みたい都道府県2019」1位は、前年2位の東京都となった。東京都は、「ぜひ住みたい」(14.1%)「できれば住みたい」(13.4%)「住んでもよい」(21.7%)と、合計49.2%の人が居住意欲を示した。

 そして2位は前年1位の神奈川県だった。神奈川県に居住意欲を示した人の割合は49.7%と東京都より高かったが、「ぜひ住みたい」と回答した人の割合が9.2%と東京都よりも低く、それが2位に甘んじた理由になった。

 3位は前年4位の北海道、4位は前年5位の大阪府、そして5位は前年3位の京都府と、順位の入れ替わりはあったものの、トップ5の顔ぶれは変わらなかった。

住みたい街の条件は?

住みたい街の条件は
「センスが良い」「教育・子育てしやすい」

 今回のランキングでは、都市の人気が高いことが見て取れるが、具体的にはどのような要素が居住意欲度に大きな影響を与えているのだろうか。

 同調査を行ったブランド総合研究所の田中章雄社長は、「『デザインセンスが良いまち』『教育・子育てのまち』という2つのイメージは、居住意欲度に与える影響が大きい」と語る。

 今回の調査では、各地域がどのようなイメージを持たれているのかについても30の項目を挙げてアンケートを行っている。そこで、調査対象になっているおよそ1000市区町村の「街のイメージ」と「居住意欲度」を重回帰分析したところ、「デザインセンスの良さ」「教育・子育て」のイメージが居住意欲度に最も大きな影響を与えていることがわかったのだ。

「よく自治体が『スポーツのまち』『健康増進・医療福祉のまち』『環境に優しいまち』などをうたっているが、実は居住意欲度に与える影響はほとんどない。もし『住みたい』と思う人を増やしたいなら、『デザインセンスの良さ』や『教育・子育て』に力を入れていることをアピールする方が圧倒的に効果的だろう」(田中社長)

 実際に「デザインセンスの良い地域・まち」のイメージがある地域を聞いたランキングで、上位に入った都道府県を見ていくと、1位東京都、2位神奈川県、3位兵庫県、4位京都府、5位福岡県となった。いずれも「住みたい都道府県ランキング」で、上位にランクインしている顔ぶれだ。

 一方の「教育・子育ての地域・まち」のイメージがある都道府県では、1位埼玉県、2位東京都、3位神奈川県、4位兵庫県、5位秋田県だった。

「住みたい都道府県」47位の秋田県が上位に入るなど、「教育・子育て」のイメージがあるトップ5の自治体は、必ずしも居住意欲度が上位の自治体と一致していない結果から、田中社長は以下のように語る。

自治体の外に住んでいる人からの居住意欲度を一気に上げるには、『教育・子育てのまち』のイメージだけでは不十分で、やはり『デザインセンスが良い』のイメージがカギになる。だが、『教育・子育て』は若い世代を呼び込むのに必須の施策。両方のイメージを向上させれば、結果的には居住意欲度だけでなく住民の住み続けたいという定住意欲度を高めることにもなるだろう」

ダイヤモンド編集部 林 恭子)



(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

武漢肺炎が蔓延していそうな所は、人気がありヒトが集まりやすいところだな。


コロナランキングにもなってるな


都心や広い土地はみんなあこがれるからな。同時にろくでもないのも多い


北海道はそんな甘くないよ。豪雪に慣れてないと地獄


地方都市が一番だと思う、そこそこ仕事もあって人口密度もそこそこ。東京は人口過密が酷い。


仕事をするならと住むならではランキングは違うだろうな


神奈川ったってエリアごとに全然違うんだが…


ええ・・・東京にずっと住んでるがこんな殺人的満員電車の街のどこがいいんだ。1日とかじゃなくて毎日乗って通勤してみろっつの。あと車もな


東京は働く街であって住みたい所かは疑問だな


沖縄は別に住みたくはねーだろあんなところ。旅行や別荘地として人気があるだけで


まあ、こういうのって単なる知名度ランキングでしかないから。


北海道、実質札幌市だけの票だろうなあ。 道東の根室とか「関東平野及び周辺全部農地しかない世界の千葉県館山」みたいな環境で都会育ちが耐えれるものじゃないし。 (根室ー札幌間が館山ー仙台くらいなので、それくらい移動しないと100万人都市が無い)


バイク乗りとしては三重県はいいところだぞ。西に行くにも東に行くにも便利で。


(金持ってるなら)住みたいランキング


北海道とか信じられないなアホだろあんな寒くて雪がヤベェ所なんか住みたくないだろ普通、現実を見ろ雪に慣れてるなら未だしも慣れてないなら地獄だ東京は空気が汚いからな鼻にティッシュを突っ込むとティッシュが煤かなんかで黒くなるレベルだ物価も高いし唯一の利点は交通の便ぐらいだそれも地域によるがぶっちゃけ他県でも良くね?となりがちだ


東京、混雑とか住環境が、ってコメあるけど、博物館や美術館、観察会や実験セミナーなんかの教育イベント、娯楽施設の密度とクォリティは頭一つ抜けてるんだよ。指摘されてるとこは確かに嫌なんだけど...


日本の刑務所の10分の1が北海道にある理由はなんでだろうか・・・


神奈川はいいイメージ無いんだよなぁ。警察が無能とか致命的だろ


瀬戸内海でのんびりと暮らしたいな。


地方都市って良いよね、人が多すぎない割に便利。うちの両親も定年後地方都市に引っ込んだけど中々良い所だよ。


北海道は札幌か旭川なら不便ないだろうしな。雪だって、あらゆる面で「慣れてる」から対処されてるし。東京の冬の方が過ごしにくいと感じたわ。


富山あたりが良いイメージ、行った事ないけど


観光で2~3日滞在するのと、住むと言う事の違いが分かってないだろ?少なくとも「満員電車とバスが1時間に1本以下」の両方の世界を体験してからだ。


神奈川っつっても川崎とか小田原あたり想像して「住みたい」って言う人いないだろうなぁ


23区内での地下鉄通勤だけど、乗車1時間、ドアtoドアで1時間半かかるというクソ経路。でも地下鉄で300円未満であらゆる買い物やイベントに行けるのは良い。


おれも蝦夷地で試されたい平岸高台公園でコントをやりたい


北海道とかいう気候が悪い地域に住もうとは思いませんが(笑。仕事があればそこそこ人がいる暖かい地方都市が最強(笑。


3位北海道?これ「旅行に行ってみたい場所」ランキングと勘違いしてないか?これが本当なら今頃北海道の人口は800万人突破してておかしくない(神奈川が900万超だからね)はずだが...。


このランキングの東京=23区内、神奈川=横浜、北海道=?


東京は働く場所だからなあ。住むなら神奈川のほうが良い。北海道は雪はすごいけどいうほど寒くなかったし住みやすかったなあ、ただ札幌とその他で分けたほうが良いと思う。


くそ田舎もん「おら東京さいくだ!」からの「こんなの聞いてた話と違うずら…」でしょ。物価が高いだの、通勤電車がやばいだの、保育園が空いてないだの…そんなの手元の便利な板で調べりゃ事前に分かる話だろうに。しかもそれを悪化させてるのはお前自身だよ、分かれよくそ田舎もん。


愛知県が10位だなんて驚き。ワーストから数えたほうが早そうだと思ったのに


関東大地震が起きなければいいが。


若い時は環境の良い田舎に住み 歳をとったら利便の利く都会に住む なぜなら若い時は頭も足があるが歳をとると両方だめになるからな


まあ大抵は逆をやりたがるけどな




この記事へのコメント

人気記事