戦斧と鎧を装備し、フルコンタクトで戦う「アックス・ファイティング」がガチすぎる


スポーツの枠に入れていいのか迷うレベルのガチバトルとなっています。詳細は以下から。

武器を用いて戦う競技には剣道やフェンシングなどがあり、多少マイナーながら槍術や薙刀道なども存在しています。

そんな武術の中でもひときわ異彩を放っているのが「アックスファイティング」。和訳すれば斧術とでもなるのでしょうか。

内容としては中世風の騎士鎧と鉄兜を装備し、戦斧でフルコンタクトスタイルで殴り合うというもの。戦斧の刃はさすがに潰していると思われますが、完全にガチな殴り合いのため攻撃力がバールのようなものを超えているのは確実。

以下の動画はアックスファイティングの闘士でありYouTuberでもあるSimon Rohrichさんが自らの対戦を撮影したもの。斧を取り落としても殴る蹴るもありという極めて激しいバトルになっています。

何より観客との距離があまりにも近く、ネットなどの安全策も取られているように見えない辺り、アンダーグラウンド感がハンパありません。またタイマンバトルだけでなく、5対5といった団体戦も行われています。

こちらの動画からはスマッシュブラザーズ感すらある大乱闘スタイルバトルも見られます。

以前BUZZAP!で紹介したマッドマックス感溢れる野外フェス、Wasteland Weekendでもバトルが行われています。

選手や観客に死傷者が出ていないのか気になりますが、本物のバトルを求める人にはこれくらいの刺激が必要なのかもしれません。日本人闘士の武者鎧での参戦が強く望まれます。

【戦斧と鎧を装備し、フルコンタクトで戦う「アックス・ファイティング」がガチすぎる】を全て見る

戦斧と鎧を装備し、フルコンタクトで戦う「アックス・ファイティング」がガチすぎる


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

ダウン後の追い打ちが無いけどそれでもかなりガチだね。 あと鎧って思った以上に防御力あることに驚いたわ。


ヘヴィファイトとはまた別ものかな?


不謹慎厨「はい濃厚接触。自粛しろ」


グレゴリウス山田先生を横に並べても違和感ねえな!


コレ、ちゃんと刃引きしてるよね?


刃引きなんかしたら試合がつまらなくなるだろ


確かに鎧が意外に頑丈そうだけどでも痛そうだなあ。途中殴り合いになってるしw というか斧がすっぽ抜けて観客席の方に行ったら終わりだなこれ…


あみ201がやってるやつかな


メイスじゃないだけ有情なのか…?


楽しそう!やってみたいな


これルーリングどうなってるんwwwww


面白そうではあるけどガチガチに装甲固めてる所は良いが指とか当たるとポロリしそうで怖いな。


誰か生ハムの原木担いで行ってこい


すげぇ、グラディエーターだ!


この記事だと戦斧?だけど、元々は剣と鎧で戦うスポーツだから。あと槍もあるよ。 それと、知ってる人もいると思うけど、中世ヨーロッパの武器は刀みたいに「刃で斬る」んじゃなくて、「重さで叩き切る」から元々鈍らが多いよ。俺が昔見た動画だと、武器よりも防具にこだわってるって言ってた。


兜と重鎧装備して斧ぶん回す…とんでもない筋力と体力を必要としそうだな…


剣道あたりと比べると重量感とパワーの迫力が強いね。その分、一瞬のスピードと連続攻撃が遅いけど、装備が装備だからそれは仕方ないか。


結構な速度で振り切ってるように見えるし、これはまた本格的な・・・。というか、武者鎧での参戦が望まれるて、武者鎧でこれ防げるものだろうか?鉄板とか仕込んでおけば大丈夫かな・・・


武者鎧だと割られそうだよなぁ……しかしまぁ、斧そのものないしは刃先が吹っ飛んだら客が*気がするんだが。どのみち斬れやせんのだろうから棍棒でいいんじゃないか?


メイス、ハンマー、アックス、ピックあたりは鎧をブチ抜いてダメージ与えるよう発展した武器だって昔ファンタジー系の解説本で読んだな  で、鎧は鎧で分厚く重くなってくから着たまま旅とかまず無理と


クッソ重い鎧なんてデメリットの方が大きいんじゃないかと思ってけどこんなに硬いならそら着た方がいいわな




この記事へのコメント

人気記事