海外反応 日本には「悪路」なんてないだろうに、「なぜ日本のクロスカントリー車は優秀なのか」=中国


 日本車メーカークロスカントリー車の山岳部や砂漠などの過酷な環境下における走破性能は世界で高く評価されている。しかし、日本国内にはそこまで過酷な環境は存在しないが、なぜ日本車メーカーは優れたクロスカントリー車を作り上げることができたのだろうか。

 中国メディアの百家号はこのほど、過酷な環境で車に乗る人の多くは「日系車のオフロード車やクロスカントリー車に乗っている」と伝えつつ、日本国内には頑丈なオフロード車やクロスカントリー車に対する需要はさほどないはずなのに、なぜ日本メーカーは世界で売れるクロスカントリー車を作れたのかと疑問を投げかける記事を掲載した。

 中国国内では日系車と並んでドイツ車の人気が高いが、記事は「日本車メーカーが作るクロスカントリー車の信頼性の高さは極めて高く、クロスカントリー車の分野においてドイツ車は日系車にまったく敵わないのが現状」と指摘。ドイツの一部の高級車メーカーSUVを販売しているが、そのSUVで山岳部や砂漠などの悪路を走破しようとする人は少ないだろうと主張した。

 続けて、世界で最も走破性能を認められたオフロード車やクロスカントリー車はいずれも「日本人の手によって生み出された」とし、中国国内の状況だけを見ても、過酷な環境で車に乗る人の多くは日系車のクロスカントリー車を愛用していると強調し、このセグメントにおいて日系車メーカーは「確固たる地位を築いている」と指摘した。

 記事は、日本車メーカーが優れたオフロード車やクロスカントリー車を作ることができたのは「日本国内ではなく、世界に需要があることを見抜き、高品質な車作りという自らの強みを生かしつつ、クロスカントリー車に求められる強度や耐久性、信頼性を徹底的に追求したため」だと主張。これが日本の自動車メーカークロスカントリー市場で確固たる地位を築くことができた要因ではないかと主張した。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

日本には「悪路」なんてないだろうに、「なぜ日本のクロスカントリー車は優秀なのか」=中国


(出典 news.nicovideo.jp)


(出典 kurumanomatome.com)



<このニュースへのネットの反応>

山と谷だらけの日本地図見てから言ってる?


砂漠や山岳路など、動けなくなることが死に直結するドライブでは、走破できなくてもUターンして安全に帰って来られる信頼性が重要です。燃料や食料、牽引用具や予備部品を多く積載できる車格と、故障しないか壊れても容易に修復できる単純機構の車が強いです。日産パトロールかランクル40系かジープ20・40系が良いですね。日本国内に限定すると、ジムニーの2ストも良いですね。


パ・ジェ・ロ!パ・ジェ・ロ!


「ポツンと一軒家」を見てみろ、田舎へ行けば悪路は沢山ある


都市部から離れれば悪路だらけだぞ。


日本国内の道路は悪路といえど基本舗装されてるからねぇ


中華の悪路と日本の悪路と世界の悪路は違う。んで、日本車はそもそもパリダカ等で走る為にカスタムチューンをするような場合が多く、それが市販品に流用されているのだ。パジェロも元々パリダカ用マシンだし、海外輸出を考えれば万全の性能にするのは普通である


山岳部・豪雪地域・高温多湿と、車に悪い条件がさまざまあるんだよ日本は。


世界で通用するものを作れれば、日本国内の悪路は制覇したようなものだ?


山道の覇者はカブと軽トラ


悪路がなかったら酷道動画なんて誕生しないんですよ


日本には酷道というのが有ってだね、、、、


これに関しては日本が…というよりもテストコースでしっかりデータを取らない中国メーカーの体質の方が問題かと


案の定「日本には酷道がぁ~」「田舎に行けば悪路がぁ~」と言い出す人が出てきたけど、ちゃんと文字と文章を理解してるのかな?過酷な環境下であって綺麗に舗装されてない道路での評価じゃないんだ。しかも海外の過酷な環境って日本と桁違いの過酷さだぞ。


三日で錆びて、半年で真っ二つになる材料とか使ってないからじゃないですかね。


海外の悪路ってもはや道じゃないだろレベルじゃね?


表面だけ見て「どこ(の国)が作ったのか」よりも「(機構などを含めて)どれだけの信頼性が有るのか」の方が重要なんですよね  …それが分かったらもっと信頼されてますよね(嘲笑)


まずいね。コメント見てて、日本の酷道が世界(発展途上国)の一般道路よりマシだって知らない方が多いのわかったわ。砕石で舗装と*らされてない、雨ふりゃ溶けるような道路だって普通に有るんだぞ。そもそも日本は砕石つうか石資源に恵まれてるんだぞ。


何のために態々パリダカやらに出てノウハウ積み重ねたと思ってるんだ


田舎の悪路走ってるのは軽トラだけどな


象に踏まれる確率は0に近いのに象が踏んでも壊れないカンペンを作るのが日本です。


そりゃ「悪い環境」に対応しようと思ったら日本の一般的な「悪い環境」に留まらない極端な状況を想定して作るからでしょ(・ω・)そういう性能を求められるものは想定を越えた時点で破綻するから。その指標としてエンジンや空力にF1やル・マンを、走破性や耐久性にWRCやパリダカを、スポーツ性にノルトシュライフェを持ってきているのだろう。速いです終わり、ではなく完走は大事。


まずは換装したパジェロで乾燥したパリダカを完走した感想ですが…(激うま挑戦ギャグ)




この記事へのコメント

人気記事