「仕事が残っていても定時になるとすぐ帰る部下にモヤモヤ…」 管理職はどう向き合えばいい?


悩める管理職

担当する管理職向け研修の中で、ある参加者からこんな相談が寄せられました。

「うちのメンバーで、17時半の業務終了の鐘が鳴ると、一目散に帰るメンバーがおりまして……早く帰るのはいいのですが、仕事が終わっていなくても帰ってしまうもので、もう少し成長のための仕事を頑張ってくれないかなと悩んでいます」

皆さんのメンバーにも、そんな人いませんか? もちろん残業はしないに越したことはありません。あまりに業務量が多い場合は管理職が配分を考え直す必要もあるでしょう。

ただ、通常の業務量であっても、ときに重い仕事が回ってきて定時では終わらないことがあるものです。今回は、こうした一見やる気の無いメンバーをどのようにサポートしていけばいいのかについてお伝えします。(文:働きがい創造研究所社長 田岡英明)

"やる気が無い"のではなく"やる気を見失っている"状態

私が新卒で入社した平成一桁時代は、まだまだ右肩上がりの経済でした。なので、"今の頑張りが未来を明るくしていく"と思うことが出来ました。しかし、現在働いている方々の多くが右肩上がりの日本を見たことがありませんし、想像すらできないのが現実です。

そうなると遠い未来に対し、希望を見出すといったことが出来なくなります。私のように「ゆくゆくは良くなるから、今を頑張ろう!」とは思えないわけです。

定時になると仕事をそのままにしておいて、すぐ帰るメンバーの多くは、将来に希望を見いだせず、目の前の仕事に対する"自分自身のモチベーション"を見失っている可能性があります。ポイントは"やる気が無い"のではなく"やる気を見失っている"状態かもしれないということです。

やる気を取り戻す2つのポイントとは?

現代で働く多くの人が、目の前の仕事に対して意義や自分自身の充実を感じたいと思っています。しかし、現代社会は世代間ギャップやダイバーシティの広がりによりコミュニケーションが希薄化しがちで、仕事の意義や充実感を感じにくいのが実際です。

対策としては、次の2点が挙げられます。

1つ目は、瞑想や自分自身を振り返る時間を持つことです。Googleでは業務時間内にマインドフルネス瞑想を取り入れて有名になりましたね。必要なのは今という時間を感じ、自分自身の現在の状態を確認していく作業です。

2つ目は相互理解を促すコミュニケーション改革です。人は他者との関係性の中で自分自身に気付いていきます。お互いの本音を語り合える場を作っていき、本音のコミュニケーションを行うことで仕事の意義や充実感への気付きを与えていきます。

小さな階段の設計が一人ひとりのモチベーションを更に向上させる

仕事の意義や充実感をさらに上げるためには"成長実感"を演出することが大切です。以下の3つのステップを刻んでいきましょう。

STEP1:仕事を任せる(目標を決める)
STEP2:やり遂げる(達成経験)
STEP3:振り返る(内省)

管理職者はつい「今年は○○がしっかり出来るようになっていこう! 何かわからないことがあったら何でも聞きに来なさい!」と大きな仕事を、ざっくりと任せてしまいがちです。しかしコミュニケーションが希薄な社会においては、メンバーの方から聞きに来ることはなかなかありません。ふたを開けて見ると"何もできていなかった……"なんてことがよく起こっています。

そのため「今年の目標は○○」でも、それを小さく分解し、こまめに目標を伝えていくことが必要です。「小さな目標を決める→小さな目標なので達成しやすい→振り返りもしやすい」といった好循環を回していくのです。この達成経験が成長実感を上げ、モチベーションを更に向上させていきます。

今回は、仕事が終わってないのに業務終了の鐘が鳴るとすぐに帰ってしまう"やる気を見失った方"に対して、いかにやる気を取り戻していくかについてお伝えしました。

管理職の皆さんとしては、メンバー個々が自分自身を振り返る時間をとる工夫と、本音のコミュニケーションがなされる場の設計をしっかり進めてください。そのことが、モチベーションの高い集団を作り、組織成果を上げていくことでしょう。

筆者近影

【著者プロフィール】田岡 英明

働きがい創造研究所 取締役社長/Feel Works エグゼクティブコンサルタント

1968年東京都出身。1992年に山之内製薬(現在のアステラス製薬)入社。全社最年少のリーダーとして年上から女性まで多様な部下のマネジメントに携わる。傾聴面談を主体としたマネジメント手法により、組織の成果拡大を達成する。2014年株式会社FeelWorks入社し、企業の管理職向けのマネジメント研修や、若手・中堅向けのマインドアップ研修などに携わる。2017年株式会社働きがい創造研究所を設立し、取締役社長に就任。



(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

何時までに終わらせてって指示すればいいだけ、期限内ならすぐ帰ってもいいじゃん。やる気のあるなしなんて関係ない


仕事の割り振りが多過ぎるか、集中してる時に余計なこと話しかけて邪魔してるんだろう


そいつが仕事せずに帰っても回るくらい緩い職場なんですか?


実務者の仕事が残る=管理職が仕事できていない。


その部下の判断は良い。残業前提で、個々の能力に合わない業務させてる方が異常だから。


働き方改革が始まってる今、残業を強制するのはコンプラだ!パワハラだ!と言われ、下手したら訴えられるのがオチ


部下よりオマエが成長するのが先のようだな


仕事できない奴はクビにして優秀な人材を入れればいいだけ(管理職も含めて)


個人の努力で定時までに終わらせると、次からは仕事の量増やされる事を経験から学んでいたりする。


それを管理するのが、管理職の仕事じゃないの?自分の仕事やろうよ。


どうせ定時に終わらない量の仕事回してるからでしょ、あと色々な職場経験しましたが、仕事ないのになぜか遅くまで人が残ってる企業のほうが多いですよ


具体的に同僚とかと仕事の割り当てに差が無いことを示したり、それでいて進捗に遅れが出ていることや、後の工程に響くことを伝えるのが良いと思いますよ(真面目)。


一番は給料を上げることだが、若者のせいで難しい……。昔は結構社員同士親密になって、オフでは親戚の叔父さんと甥レベルの仲まで行く事も多かった。それなら気軽に小遣いをやる感じでボーナスを出せるが、今の若者は飲み会にも来てくれないだろ?そんな疎遠なやつにボーナスやるなんて簡単に言えないんだわ。金で釣ってきて偉そうとかブーメラン投げてくるのも目に見えてるし。


頑張れば頑張るほどできない奴の仕事を押し付けられるのでうんざりした。から今は適当に仕事してる。自分のケツは自分で拭けやw やってもらってるのに感謝もなけりゃやる気も出んわw


その仕事が今日中には終わらないと次の日の仕事に支障をきたすのかにもよるなまだ期限があるのなら明日でも良いけどどおしても今日終わらせないといけないのなら残業してもらえばいい、でもその量が過剰だったらり毎日残業しないと終わらないのなら会社が無能だから新人は正しい


残業して仕事頑張ると成長補正でもあるんか?そもそも残業代ちゃんと出てるの?仕事終わらせて帰ろうとしたら仕事上乗せしようとしてるんじゃないの?仕事終わらずに帰ってると言ってる仕事の締め切りはその日なの?言ってる事が穴だらけだな。所詮、自分の思い通りにならないからってつまらん事言ってるだけに聞こえなくもない。


>やごころんさん 自称有能だけど利用されるから適当にやる! なんて人間は数多く見てきましたが、結局それは過信であり、適当にやったツケを払おうとしても、邪険にしてきた周りが協力してくれるはずもないという悲惨な末路ばかりでした。「できないやつ」と自分にどれだけの差があるのか、適当にやり続けたらいつか抜かれるのか、きちんと把握した方が良いと思いますよ。


残業するなとは言わんが、残業ありきの作業量も顧みてほしい。


敗戦から75年、いい加減精神論や根性論では勝てないんだって学んだらどうかね?


ダラダラ仕事して残業代稼ぐほうが頑張ってるとみられる風潮


ええやん…会社回るんやったら…他人の仕事にケチつけても自分のプラスにはなりませんよ…自分の仕事しよう?


残業って基本は上からの指示が無いとできないもので勝手にしたらだめなんじゃなかったっけ?


仕事中は雑談する時間もない、ランチタイムはバラバラ。そうなると定時後に数分雑談するのもモチベを上げるのに大事な時間だと思うんだ。でも、以前雇用されてた会社だと、上司が追い出すように「いつまで残ってんだ!さっさと帰れ!」と帰宅を促すんだよ。その結果社内は常にギスギス。退職者続出。定時上がりが最良ってわけじゃないんだよなぁ。


10年前にも同じ見出しを見たぞ


翌日までの仕事が残ってないなら別に帰っていいだろ


成果報酬にすればいいな これをいうと日本人はきちがいみたいに騒ぐが


この記事の内容では業務量が多すぎるのか、上の仕事の振り分けなどが下手なのか、部下の業務能力が不足しているのか分からない。ただまあ、記事の研修の参加者さんはどうやったら部下が時間通りに終わらせる事が出来るかを考えた方が良いな。「頑張る」だけでは上も下も解決しない事がほとんどだからね。


管理職の職務を果たせてないのではないか?


それで職場が回っている以上残業はしなくていいと考える。区切りを重視するなら「今日はここまで終わらせろ」と指示すればいい。


職務内容が不明だと何とも。とりあえず期限守れてるならいいんじゃね、としか。


定時までに終わらない仕事量がまずダメ、一度頑張ってクリアするとクリアしたスコアが最低ランクになるってのもダメ。そういう事を繰り返してきたからなんだよね。今の仕事量って一回見直してみ?昔の効率が悪かった時の何倍量の仕事してる?その時に頑張ってた人が管理者なら当時の管理者の頑張った分はもうすでにこなしてるかもよ?会社の収益で黒字1%になれば十分なんだぞ


別に明日でもいいならいいじゃん。上司がもっと仕事を振りたいだけだろ。


帰ってもいいんじゃない?今の自分の力で可能な仕事だけ適当にやって能力向上せず、評価されず給料上がらなくても自己責任。そんなやつに限って研修制度が悪いとか評価をまともにしろと言う。会社ってそういうものでしょ?


任された仕事が終わってないのに勝手に帰るのが正しいわけない。会社に居ることが仕事じゃないんだぞ?量が多くて無理ならそう言え。そしてそう言うように教育しろ。


仕事やりつくして帰ったら翌朝何するの?ミーティング始まるまでやることなかったら残業する意味ないよね。


どうしてもその日のうちに終わらせないといけないなら残業すべきだが、それ以外ではする必要なし。残業は割増料金だから上司も帰らせるべき。えっ、成長のためで残業代よりも得るものが大きいから残業代を払うつもりはない?これまたご冗談を。


昔と違って給料は上がらないし、家事・子育てで忙しいのに、どうしてプライベートな時間を削ってまで会社に尽くさなきゃならないの?一家の生活を保障してくれるならいくらでも残業するさ。


愚痴る暇があるならお前がやる気出してやれよ


我々の雇用形態が時間制でやっている以上、時間で仕事を切り上げるのは正しい。部下は終わらないことを上司に伝えることが仕事だし、上司はそれを調整するのが仕事だと思う。


現場の人間が仕事のやる気を出さないってのは管理職や経営者が無能なだけ、まずはその辺を理解しろや


こんな相談をする管理職がいたら、そいつが無能なだけだと思いました。自分の経験や実績から後進の指導もできないのかこの相談者。


定時に帰るのは契約上普通のことだろ。残業代出して企業が労働者に『残ってもらってる』んだぞ。この管理職はまず管理の仕事できてない自分が悪いことに気づけ


記事の文だけでは判断しきれんけど、使えない(と思っている)コマは取り換えればええやんか


時間内に終わらないのは大体仕事が多すぎるか、誰かが邪魔してるか、指導が行き届いていないか、シンプルにそいつがゴミ そして大半は前3個 稀にどうしようもないゴミも居るけどそういうのはさっさと能力不足や怠慢を理由に多少無駄金払ってでもクビ切るように働くべき


管理職側を責める声ばかりだけど、この手の記事は自身が管理職側の立場になって考えるべき内容だとおもう。会社が悪い。管理職側が無能なだけではなく。


いつまでも部下に甘えんな。


ドイツでは時間負債といって残業させたら翌日の勤務時間が短くなるんですよ(笑。


まあ会社、管理職に問題はあるかもしれないが、部下も報連相がろくに出来ていないなら上司のストレスも溜まるぞ?部下の能力で業務の割り振りやスケジューリングが出来ていても、報告がされずに土壇場で実は間に合いませんってのが本当に困るからね


なぜ定時で帰るのか、ちゃんと部下と話して理由を聞いてないんじゃない?理由を聞けば原因がわかる、原因がわかれば対処法は見えてくるはず。原因不明のまま悩んでるような無能管理職は、いったい何をマネジメントして給料もらってんの?


そもそもの仕事の割り振りに問題がある場合が多いが、それ以上に、残業自体がして当たり前の考えがおかしいんだよ。休出や残業を前提として仕事を取ってきて、それを成果だ業績だと言われても、下の者には何も伝わらない。


個々人の能力に合わせて、仕事を割り振るのも上司の仕事でしょ。定時になっても部下の仕事が終わってないって、それは上司の無能振りを曝け出してるだけなんだが。




この記事へのコメント

人気記事