結局、キャッシュレスは誰のためなのか/猪口 真


消費税増税の対策として大々的に打ち出されたキャッシュレスによる還元事業。PayPayをはじめとして、ド派手なキャンペーンが繰り広げられているが、実態はどうなのだろう。

キャッシュレスなら〇%還元」という表記を見ることも多く、スマホをかざしながら決済する光景は、店舗によってはメジャーとなっているし、実際、各種統計データをみても、圧倒的に多いクレジットカードの利用率を筆頭に、スマホでの決済はかなり増加している。

ただし、気になる調査結果がある。「キャッシュレス推進協議会」が2020年1月10日に公表した、キャッシュレスポイント還元事業の事業開始前と事業期間中に実施した消費者と店舗向けアンケートの調査結果だ。

まず、今回はじめてキャッシュレス支払いを導入した店舗が、全体の34%を占めた。やはり、国の補助によって購買価格が下がるのだから、「お客様が来てくれるだろう」とびつくのも無理はない。しかも、端末費用や手数料も補助金やキャンペーンを利用すれば、ほとんど負担なく導入できるとあり、かなりの店舗で導入された。

さらに、37.8%の店舗が「キャッシュレス・消費者還元事業に参加する前からキャッシュレスの支払い手段を導入していたが、還元事業をきっかけにしてキャッシュレスの支払い手段を増やした」としており、還元事業参加店舗全体の70%以上が、今回の還元事業をきっかけに、キャッシュレスへの対応を強化したといえる。

実際の効果はどうだったのだろうか。かなり残念な結果となっている。

キャッシュレス・消費者還元事業への参加による売り上げ効果」

・「非常に効果があった」5.8%

・「効果があった」32.9%

・「あまり効果がなかった」38.3%

・「効果がなかった」23.0%

となっており、なんと6割以上は効果がなかったとしているのだ。

さらに、売上ではなく、新規顧客の獲得にはどうつながったのだろうか。

キャッシュレス・消費者還元事業への参加による顧客獲得の効果」

・「非常に効果があった」5.6%

・「効果があった」31.1%

・「あまり効果がなかった」39.4%

・「効果がなかった」23.9%

と、これまた6割以上で効果はなかったとしている。

では、売上や顧客という、マーケティング的な効果はなくとも、業務効率はどうなのだろう。これは現金を扱わなくていいのだから、かなり改善することが予想されるし、マスコミでも評論家の先生たちは、キャッシュレスで業務効率を上げると熱弁される人も多かった。

キャッシュレスの仕組みを導入・追加したことによる業務効率化の効果」

・「非常に効果があった」8.1%

・「効果があった」31.2%

・「あまり効果がなかった」30.2%

・「効果がなかった」30.5%

残念なことに、売上拡大、顧客獲得同様の結果となってしまった。

これはいったいどういうことなのだろうか。

普段の会話のなかでも、「現金使わなくなった」との声を耳にすることも増えたが、単純に、これまで現金で支払っていた人が、カードスマホ決済に切り替えたということか。(余談だが、実際、iDなどの決済は便利で速いが、アプリ立ち上げて画面を出して、というのは、意外にも面倒だったりもする。)

確かに、キャッシュレスにすれば、還元してくれるのだから、単に現金から置き換わっただけだとも思える。基本、増税されているのだから、消費意欲が増すまでには至らないのが本音か。

しかし、店舗側の負担は少ないとしても、この仕組みの導入には、莫大なコストがかかったはずだ。さらに、ド派手なキャンペーンは、Yahoo!にしてもメルカリにしても、一向に回収のめどは立たず、何千億の赤字となっているとも聞く。現に先駆的存在だったOrigamiは多額の赤字のまま消えた。

現状のスマホ決済の伸び率からしても、この店舗の「効果がない」という反応からしても、どう考えても、この巨額投資がまかなえるほどスマホ決済が普及していくとも思えない。

そして、6月にはこの還元事業は終わる。

これまで手数料無料だった店舗は、間違いなく、費用の負担を求められる方向にいくだろう。消費者に負担を求めるわけにいかないとなれば、それしかないはずだ。店舗側にメリットが感じられない、のにだ。

とすれば、この先、この流れはどうなるのだろうか。

加えてこのコロナ騒ぎだ。

もう、キャッシュかキャッシュレスかなど、吹き飛ぶほどのインパクトなのだ、もはや店舗には、1%の手数料ですら払いたくもないだろう。しかし、キャッシュレスに対しては、すでに巨額の設備投資と販促費用が投下されている。

流通を活性化させるために推進されてきたこのキャッシュレス。結局、誰のためのものなのだろうか。逆に、これまでの行き過ぎた投資が足を引っ張ることのないように願うばかりだ。

結局、キャッシュレスは誰のためなのか


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

圧倒的多数が同時に同じ設備を導入すれば旨みなど感じられるはずもないと思わんか?


使えるキャッシュレス決済方法が導入されて乗り換えても買う量は変わらんし


アプリ立ち上げて画面出すのが意外にも面倒だと思うような奴は、財布出して現金数えるのは面倒だと思わんの?


アプリ立ち上げて画面出すより財布出して会計金額見て紙幣出す方が楽じゃん。小銭の整理は面倒とかそういうのとは別、あれは一種の娯楽。


クレジットカード、デビッドカード、交通系カード、お財布携帯。日本は十分キャッシュレスされているのに、あの騒ぎ話一体何だったんだろう?


誰のためって俺のためだよ。賢いやつが得をしてバカなやつや情弱が損をする。バカは俺の養分になってりゃいい


4割効果ありゃ十分じゃね。現金なら0%なわけで。


誰が儲けたのかが載ってないのか…。読んで損した。


キャッシュレスが本当に意味を持つのは完全に紙幣硬貨が廃止されてキャッシュレスオンリーになってからよ。小売店に管理する現金が存在しないという環境は色々な事が劇的に変わる。今はそのための普及段階。


大抵いけるんやけど、ドライ*ルーでカード使えなかったのはビビったで。言うても数千円は持ってた方がええな(*´·ω·`)


ズレてんねぇ。キャッシュレス化で儲けたい連中の口車に乗ったんだよ。「便利にするから、我々に現金を預けろ。個人情報を渡せ。」便利になるのは嘘ではないさ。でも奴らのセールストークほど便利になるわけじゃあない。便利にする為のコストと奴らの取り分が上乗せされるしな。結果がこの程度なのは当たり前だな。


日常生活の現金払いの部分がキャッシュレスに置き換わるだけのことで、店舗利益が増えたら逆におかしな現象だと思うんだけど   誰が得するかと言うと短期的には別に誰も得しないというか、決算会社が後れを取らないように身銭切って競争してるだけでしょ


キャッシュレスの規格が多すぎるのがまずイヤ。どうしても推進したいなら日本国政府か日本銀行が運営する形式でマイナンバーカードにその機能を持たせれば良いのにそれをしなかった。 管理の怪しい企業の口車には乗りたくないね。


ペイペイという中国のキャッシュレスサービスが有名になっただけだったな。


マイナンバーカードでキャッシュレス決済できるようにしておけば、今回のような時の国民への給付が簡単に済んだだろうなと思う。しかし「日本国が保証するキャッシュレス」という安心感と国内全てで使える事が確定するので、キャッシュレス業者は赤字覚悟じゃないと太刀打ちできない


逆に4割が効果ありと判断しているのにそれにも投資したくないとかかなりやばい状況じゃね?


現金のほうがこの世で最も信用出来る貨幣だからな、電子マネーなんぞ新参者は信用できんよ。 サイバー攻撃やサーバ異常とか機械のトラブルに弱いし


ペイペイラインペイセブンペイファミペイラクテンペイグーグルペイetcetc……多すぎるから全部マイナンバーカード対応で一つにまとめてくれ、出来ないなら現金のままでいいわ


データ通信料縛りで使いにくいし、無料Wi-Fiも無い。消費税が0%にならんゴミ。そもそも景気が冷え込んでマネーレスなんですが...


カード会社のためにキャッシュレス進めたんでしょ(凡推理


海外からの観光客とかからするとキャッシュレスのほうが便利だろうな。俺も海外旅行するときは極力キャッシュレス使うもん。


還元事業終わるん?コロナやら五輪延期の景気対策で延長しないのかな




この記事へのコメント

人気記事