統合失調症の女性、1株の花を盗んで有罪に…「もう限界」届かなかった家族のSOS


隣家の花壇に植えられていた花1株(時価約200円相当)を盗んだとして、「窃盗」の罪に問われた60代の女性に、東京地方裁判所は2月下旬、「罰金40万円」の判決を言い渡した。

女性(以下、仮名「ヨウコさん」)は「身に覚えがない。私はやっていません」と怒り、裁判官から控訴の説明を受けると、「私しますよ。納得いきませんから」とその場で控訴の手続きを取った。

しかし、その様子を傍聴席から見ていた家族はため息をついた。

「防犯カメラの映像は私たちも確認しましたが、明らかに本人です」「もう家族だけでは限界です」。ヨウコさんの弟ヒトシさん(仮名・50代)とヨウコさんの次女アカリさん(仮名・30代)は記者にこう語った。

「無実」を主張するヨウコさんと憔悴しきっている家族。いったい、事件の背景に何があったのか。(編集部・吉田緑)

裁判を終えたヨウコさんは「医療保護入院」に

裁判を終えたヨウコさんは、笑顔で「私、戦うからね」と記者に語った。グレーの上下スウェット姿に白髪まじりの縮れた茶髪。明るく陽気な女性に見えた。

ヨウコさんは生活保護を受けていたが、起訴された後に打ち切られ、住居は「不定」となっていた。これから帰る家もなければ、お金もない。しかし、家族はヨウコさんと同居できない「事情」を抱えていた。

裁判所を出ると、ヨウコさんは弟のヒトシさん、娘のアカリさん、そして出所者や受刑者の支援をおこなうNPO「マザーハウス」理事長の五十嵐弘志さんとスタッフと一緒に、車で区役所に向かい、生活保護費の申請を終えた。

その後は「健康チェック」のために病院に向かったヨウコさん。主治医からは「統合失調症」と診断され、「6カ月の入院が必要」といわれた。こうして、ヨウコさんは家族らの同意で入院する「医療保護入院」となった。

アカリさんによると、時期は定かではないものの、過去にもヨウコさんは「統合失調症」と診断されたことがあるという。しかし、裁判ではヨウコさんの病気について触れられることはなかった。

かつては「明るく、おもしろく、大らかな人」

「もう手に負えない状態で…こうするしかありませんでした」と肩を落としたヒトシさん。ヒトシさんによると、ヨウコさんは「明るく、おもしろく、大らかな人」だったが、約15年前から「別人」のようになってしまったという。

いったい、何があったのか。アカリさんは、ヨウコさんのこれまでについて語ってくれた。

<「うつ状態で寝たきり」に>

ヨウコさんは裕福な家庭に育ち、成績は優秀。絵や歌も得意だった。薬剤師の資格を取り、医師と結婚。アカリさんを含めて4人の子どもに恵まれた。

しかし、アカリさんが幼いころ、ヨウコさんは「うつ状態で寝たきり」だったという。そのため、アカリさんは父親とお手伝いさんに育てられた。

ヨウコさんは「死にたい」と口にすることもあり、「私は病気だから(起きられない)」と話していたという。病院にも通院していたようだ。

<回復し、4人の子どもたちを支える「明るい母」に>

アカリさんが高校生になるころ、ヨウコさんは回復していた。元気に料理を作ったり、子どもたちの送迎をしたりできるようになった。4人の子どもの母親として、地域のイベントで育児について講演したこともある。

当時、アカリさんは摂食障害になり、学校に行けない状態だった。そんなアカリさんを「よき理解者」として、心身ともに支えてくれたのはヨウコさんだった。「母には本当に救われた」とアカリさんは当時を振り返る。

ヨウコさんは度々、「人様に迷惑をかけてはいけないよ」と子どもに伝えていた。「万引きは絶対にいけない」とも繰り返し言い聞かせていた。

徐々に「別人」に…「夫への腹いせ」と万引きを繰り返す

うつ状態から回復し、約7年間はヨウコさんの心身の調子はよく、妻として、母としてそれまでの時間を取り戻すように家族のために時間を費やした。しかし、徐々に「別人」になっていった。それが約15年前、ヨウコさんが40代後半の時だ。

ヨウコさんはデパートで大量の高級化粧品を買うなど金遣いが荒くなった。掃除ができずに家をごみ屋敷にしたり、枯れた花を部屋中に飾ったり、使用済みの歯間ブラシを捨てずに取っておいたりするなど、理解に苦しむ行動が多々みられるようになった。家族が歯間ブラシを捨てようとすると、激しく怒りをぶつけた。

「今思えば、おかしかったなとは思います。でも、当時は父をはじめ、だれも病気を疑いませんでした。今まで母は家族に尽くしてきたので、これまで溜めてきたものが爆発してしまったのかなと家族で話していました」(アカリさん)

夫とも喧嘩が絶えなくなり、夫婦は離婚。別居となり、ヨウコさんは一人暮らしを始めた。

アカリさんと姉はすでに自立していたが、当時高校生だったアカリさんの弟2人は塾帰りに1年ほどヨウコさんの家を訪れていた。しかし、あるときから料理上手だったヨウコさんの料理の味が変わり、部屋もみるみる汚くなっていった。弟2人は徐々にヨウコさんの家に行かなくなったという。

ヨウコさんは財産分与で得た1000万円を1年で使いはたし、300万円もの借金を抱えた。また、「別れた夫への腹いせだ」とわざと万引きしては、店や警察に別れた夫を呼び出すなどの行為を繰り返した。

家を毎回「ごみ屋敷」に…母親に金銭をせがむ日々

<どこに住んでも家は「ごみ屋敷」に…大家「出ていってほしい」>

離婚後、ヨウコさんは薬剤師として働いたが、長続きはせず、生活保護を受けるようになった。

ところが、どこに住んでも家を「ごみ屋敷」にした。大家からは「出ていってほしい」と言われ、引越しを4回も繰り返した。

トイレをつまらせたり、畳を汚したりし、退去費用に100万円かかったこともある。費用は毎回、ヨウコさんの母親をはじめとする家族が支払っていた。

<ヨウコさんとの同居生活でこころが病んだ家族>

3年前の2017年、弟であるヒトシさんはヨウコさんとの同居を決意。しかし、同居生活は1年で幕を閉じた。

ヨウコさんは勝手に家から多額のお金を持ち出したり、近所の畑から果物を取ったりした。日常生活に使うものは「高級品」にこだわるなど金遣いも荒く、借金はみるみる膨れ上がり、その度に母親に金銭をせがんだ。母親が病に倒れたときも病室で「金を出せ」と騒いだ。

母親の介護に追われていたヒトシさんもこころを病み、ヨウコさんと衝突するようになった。ヒトシさんはアカリさんなどの家族に「いつか警察沙汰になるかも」と話していたという。

結果的に、ヨウコさんはヒトシさんの家を飛び出し、東京都内に出た。連絡を受けたアカリさんが駆けつけると、ヨウコさんは都心にある高級ホテルに宿泊し、高級スーパーで買った果物を食べていた。

トラブル絶えず、ついに警察に通報される

その後、ヨウコさんは東京都内で生活保護を受け、一人暮らしを始めた。しかし、近所のスーパー万引きを繰り返したり、近隣住民と揉めたりするなどトラブルは絶えなかった。

ヨウコさんに対する苦情の電話がアカリさんをはじめとする家族にかかってくることもあった。家族はその度に対応に追われ、家がごみ屋敷にならないように定期的に掃除に訪れた。子どもたちは4人で役割を決め、分担して対応に当たっていた。アカリさんは「お母さんがいなくなれば幸せになれるのでは」と悩んだこともあったという。

これまで、家族はヨウコさんに何度も病院に行くように説得していた。しかし、ヨウコさんは「行かない。病院の方から来ればいい」と頑なに拒否。病院の話をすれば「病気ではない」と激しく怒り、手に負えなくなることも少なくなかった。

限界を感じた家族はヨウコさんが住む自治体に相談。しかし、「診断書がないとこちらもどうしようもできない」と言われたという。病院に連れて行くことができないと説明したときは、「家族でなんとかしてください」と言われたこともあった。

「誰に相談すればいいのか分からない。相談しても相手にされなかったり、家族も『おかしな人』だと思われたりするのではないか」。このような恐怖から、家族は自分たちだけで問題を抱え込んでいった。

そして、ヨウコさんが何度も花壇の花を盗むことから、隣人が通報。今回の事件に至った。警察から連絡を受けたとき、家族全員が「ついにそのときが来てしまった」と思ったという。

家族の苦悩「誰にも相談できなかった」

ヨウコさんが逮捕された後、アカリさんは被害者の家に出向き、謝罪した。不起訴になる可能性もあったが、ヨウコさんは「私はやっていない」の一点ばり。最終的に起訴された。「担当の検事さんも悩んでいたようです」とアカリさんは話す。

留置場には4回ほど家族で面会に訪れた。その際にヨウコさんは「ここは居心地がいい」と口にした。その言葉を聞いた家族は、裁判のことよりも「(ヨウコさんが社会に)出てきたらどうしよう。またやるのでは」という不安に駆られるようになった。

助けてほしい」。その一心で、アカリさんは出所者の支援をおこなうNPO「マザーハウス」に連絡した。

「行政に相談したときにもっと助けてほしかったというのが正直な思いです。これまでは誰にも相談できず、本当に苦しかった。やっと話をすることができました」(アカリさん)

「家族も『被害者』」支援の必要性

「再犯を防ぐことは、被害者を生まないことにもつながる」と強調する五十嵐さん。再犯防止のためにできることは、刑事施設や更生保護施設などでの処遇にかぎられない。

ヨウコさんのように、中には福祉や医療の支援が必要な人もいる。その場合、刑事司法手続きの早い段階あるいは刑務所などの出所後に必要な支援につなぐことで、再犯を防ぐことができる場合もある。

また、刑事事件となってしまう前に、自治体などが住居や仕事をみつけるための支援をおこなったり、必要な医療・福祉につないだりするなどの社会的なサポートをおこなうことで、犯罪を未然に防ぐことも期待できるだろう。

「家族がなんとかすればよいではないか」という意見もあるかもしれない。しかし、五十嵐さんは「なんでもかんでも家族がやればいいという風潮には疑問があります。家族も疲弊しています。行政や民間団体がもっとサポートしていくべきではないでしょうか。家族も一種の『被害者』です」

ヨウコさんのケースのように、なんとかしようと追い詰められた末に、家族が問題を背負いこんでしまうこともある。家族がSOSを出しやすい環境づくりも必要だ。

統合失調症の女性、1株の花を盗んで有罪に…「もう限界」届かなかった家族のSOS


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

家族も被害者ってのは理解できなくもないが、そこまでひどくした加害者も家族だよな。


壊れた人間に対処する方法って、もっと知っておくべきだし、周知されるべきだと思うんだ。放置しておくと偏見は解消されないし、防げる被害を防げない、結果として誰も幸せになれないからの。


統合失調症だけではなくて、ベースに発達障害もありそう。本人の問題行動が病気の部分があるも、人格ベースもありそうな場合、家族がその責任をとることは何の解決にもならないし、逆に手を出せなくなる。犯罪者であれば医療を強制的にうけさせることができる。ほんとに最後の希望だと思う。


統合失調症に限らず、動き回る精神障碍者は家族だろうが行政だろうが面倒を見れない。見る人がおかしくなってしまう。人権はあるとは思うけど、精神異常を見る人までやんでしまう現状はおかしいと思う。早いところ眠らせてあげることが必要だと私は思う。異常者と暮らして睡眠障害などを抱えてしまった。あんなのになるなら眠らせてほしいと思う。


家族の同意で入院させられるのはどう考えても不当です。


>>下級国民まりもん 不当だと思うなら、お前が引き取ってやれ。


初動が肝心ってのはあるが15+年前か...放って置いて治るようなモノじゃないし


これもう本当にどうにかしてやれよ。家族可哀想だよ。


処分しろよ


花一輪で問題を可視化出来て良かったじゃん。プリウスミサイルとかまじで笑えないから


一人でも多く人為的に引き起こされる精神疾患を作らない社会にしないといけないけど周りの理解を得られないのがな


岩間はどうなったんだろうか


これおかしくね?何で裁判の前に精神鑑定してないの?


当人の頭の中では記憶がぶつ切りでつながってないんだろうね。何かをしなければと考えても思惑とは違うことをしてしまう。留置場の中では何かをしようにもできないので、やっと周囲のプレッシャーから解放されてのんびりすごすことができて一息吐けたというところか。息抜きが下手で責任感が強すぎる人だったのかな。


行政に動いてほしい気持ちはわからんでもないが、個人に肩入れもできないのがネックだな


裏事情を色々挙げたところで窃盗された他人には関係ないことなので、きちんと刑に服してほしいと思う。別れた夫への嫌がらせで万引き繰り返してた頃にももっとキツく対処したほうがよかったんじゃないかな


見に覚えが無いで済むのはやったほうだけだし、お咎め無しはちょっと違う気がする


統失だからって無罪にされたら、まじめに生きてる人間が損しまくるからイカンわ。自然の摂理から言えば消えてもらったほうがいいんだけど、現実的なところは似たような症状の人間だけの町をつくって入れるくらいしか手がないな。


もう楽にしてやれよ。


精神鑑定が大好きな自称人権派弁護士は金にならない仕事はしないんだよ。


統失があっても、責任能力があれば有罪だしな。


もはや善悪の区別もつかんし自分の行動も把握できないのだから、専用の施設入れてまとめて治療管理すべきだわ。人権ガーで野放しにしたって本人家族周囲の人間すべてが不幸になるだけじゃん。


家族が責任もって処分しなかったからこうなったし、処分と殺人の区別もつかない国も問題。俺の家にも子供を盾に家に居座る汚物がいるが両親が自暴自棄になって追い出さない。本当にくたばってほしい。


自然淘汰が起こらない状況では、全体としての維持コストがかさむ一方だな


処罰云々言ってる人は論点がズレてるのを分かってほしい。物事の良し悪しの判断の論理性が失われるのが統合失調症という病気であって、罰したところで治らないし、抑止力にもならない。


身内にも罹ってる人がいるんだが個人的には安楽死させてあげるのが一番だと思ってる。家族や周りの人間、そして本人のためにも


「人権が」とか「尊い命が」とかほざく奴いるんだったらそいつが面倒見ればいいよ


mnd748>あたまのおかしい奴の万引き程度で警察や検察が動くなんてありえない。被害店のほうにすら警察から”精神疾患者の保護のため立件見送りのお願い”が行くのが現状。「社会全員が理解を示して守ってあげなければならない」ということだ。


なんか嘘臭いな 当人統合失調症だろ 人を*てたって無罪になるケースがあるのに


行政にもっと助けてほしいって言われてもさ、必要書類持ってきてくれなきゃ何もできないの。それで決済まわそうもんならこっちが職務怠慢扱いされるんだから、ちょっとはこっちの都合も考えてくれよ。


統合失調症になった人を治療するにも当然金がかかるしな・・・


もはや認知症の徘徊ボケ老人と変わらない状態だよな 安楽死という低コストで処分品を廃棄出来る方法があるのに頭の無い現状を知らない無能役人しかいない現時点では無いもの強請りも同じ もう役に立たないいるだけで不幸をばら撒いてしまう哀れな存在であるならいっそのこと殺処分してしまうのが人情ではないのか? 本人ももう生きる事が苦痛でしかなだろうし


自分が祖父の介護をしていた時も 頭でダメだと分かり切ってる事も それが出来たらどれだけの人が助かるのかといつも自問してしまう堂々巡りがあった 合理的な点で言えばもう認知症や総合失調症などの頭がダメになってしまった人間は酷い事言うが存在が既に無価値以下の損失でしかないゴミを処分するのとは訳が違うが治せないし治すのにも費用が掛かる維持コストは凄いなら処分しかない


脳の病気だからなぁ。本人の同意なんか取りようがないし、こういう強制力を働かせられる機会にどうにかしないと社会で爆弾抱えるようなもんだぞ。


どんな理由があろうと俺は人と、自分たちの家族に迷惑をかける統合失調症を許さない 俺にも叔母で一人いるが もう*でほしい ドクターキリコでもいたら即頼んでるわ 毎日毎日うるせぇんだよ ブツブツブツブツブツブツブツブツブツブツブツブツブツブツブツブツブツブツブツブツブツブツブツブツブツブツブツブツブツブツブツブツブツブツブツブツ 許さない。


悪い人に全部押し付ければ解決だ、で済まない話は山ほどある。当人がもう当人を背負えないし家族も背負えないんだから。 介護施設が良いんだろうけど、判断力の落ちた当人が拒否し続けたらそういった施設に閉じ込める権限なんて無いよなあ……ウィルスが蔓延しても都市封鎖できないし命令もできない行政みたいに「当人の判断力が常に正常であること」が前提になってる気がする


知人も、話が通じなくて病院に連れていこうとすると暴れ出す母親から逃げてきた。家族は実害受けるものだし、生活保護で精神病院か何かにずっと居てもらわないと常に人生の重荷になり続けるんだよ


だから精神疾患(犯行時に事理弁識能力を欠いた状態だった)で減刑されたのなんて戦後では尊続殺人のあれくらいだって。精神疾患があろうが通院してようがほぼ適用されないよ39条なんて


この腐りきった社会で生きていくには自分も性根の腐った人間にアップデートするしかない。今の人間社会に適用できず病んでるのは悪人になり切れない人。他人を騙し利用し平気で傷つけられる「まともな人」にアップデートできない人は心を壊され*扱いされ性根の腐った人々にマウントをとられリンチされ続ける。この人も総合失調症になる前に「まともな人」になるべきだったな


「花一束を窃盗」なら、何度再*ても良いんじゃないかと思う。刑務所と医療施設の行き来になるだろうけど、そのくらいのセーフティーネットは、社会が用意できているわけだから。


障害者叩きに必*ナチスネトウヨ


自分の母親も統合失調症と診断されていてな、ここまでひどくないが税理士に訴えられる寸前までいったことある。当人に自覚ないしマジでどうしたかいいかわからない。


少なくとも軽度の交通事故起こして軽度の発達障害が発覚、死刑なんてのは困るので、罪状無視で強制処分は反対だな。


他人を引き取れだの面倒みればいいとか言ってる奴は処分してくれないのか?w


時間おいてから思ったけどこれって何割かウソはいってそう。真実を面白く記事にするには真実の中にすこしのウソを入れるといいとかあったし。偽名にして内容を少し変えるだけで事件の身内は似てるけど違うものって考えることあるって聞いた。


自由に安楽死出来る法案できないかな?私、第一号で良いから。


集団ストーカーこいつら仲間です


人権ってのは、人としての構成要件であり契約主体としての義務でもある「理性の保持」があって初めて保障される。それを著しく欠いているのであれば人権を制限して然るべきだ。つまり措置入院の条件を緩和して退院の条件を厳しくしろってことだ。


これを事前に防げなかった家族の責任と言うのは下衆の後知恵よな。真正面から向き合おうとして二次的に心を病んでしまったらどうしようもないし。優生学的かもしれないが「そう」なってしまった人は隔離するしかないのでは…日本語話せるけど日本語通じない人には説得は無理だろうし。


糖質をわからせるのって暴力しかねーんだよなぁ自分自身を認めないから、家族が認めさせるしかないぶん殴ってわからせる


加害者の統合失調症と呼ばれる方は現在60代で15年前から様子が変わったとのことなので、逆算すると45~50歳ごろに症状が顕著になったのでしょうか。この病気としては割と遅い発症ですが、兆候が出た時点で精神科や心療内科を受診していれば事態は変わったかもですね。成人する前後に病院に受診して主治医に恵まれた僕は逆に運が良かったのかな・・。


統失って何かしら原因があってなるものではなく実際はどうしてなるかも未だ解明されてない病気なので家族ですら被害者なんだよ因みに統失がどれだけ周りの人間からすると大変かはこの動画シリーズみればわかる非表示にする場合はチェックを外す→

(出典 ニコニコ動画)

、これ本人は演技してるわけでも悪いと思ってるわけでもないからね


>図々しい猫さんへ あなたのアップした動画を1~2分しか見てないので、早合点かもしれませんが、同じ統合失調症でも症状は千差万別なので、「こういうのが統合失調症」と決めつけられてしまうのはちょっと・・。確かにこの病気で適切な治療を早期に受けれないと悪化する場合も多々ありますが、逆に適切な治療を受けていれば寛かいして安定する人もいます。


認知症の祖父母に手を焼いたことがあるから、苦しみが少し分かる。でも周囲は「家族の問題」で片づける、親戚ですら。難しいところ。


助けたいと思うのはいいけど、それをその他大勢に押し付けるな、弁護士さん達で、金出してやれ。


なにより何でこいつ周りが100万単位でたかれるような金持ちばっかなうえに窃盗常習の犯罪者なのに生活保護受給出来てんだよこんなだから生活保護受給者は施設で管理すべきだとつねずね思うんだよな


こういうのが身内にいたら本気で殺処分できる法が欲しいと思うんだろうな


家族に統合失調症がいるが、一日中ずっと大きい声で独り言。深夜に奇声をだして警察沙汰なんてしょっちゅう。自分は正常だと言って病院から出してもらった薬も飲まない。もううんざり。


正直「家族だから」って理由だけで障碍者に一生を捧げるのはボランティア*でもなきゃ無理やで。相手は家族としての積み重ねを放棄してるワケだし。


精神に異常があって日々の生活にすら支障をきたすような人たちをその人たち以上の大勢で必死になって生かし続けることが果たして正しいのかという問題


責任能力無くね?


ma-kun5152さん、別に統失患ってる人が悪いんだって事じゃない、この記事の様に家族の人達まで一緒くたにして叩くのはそれは違うよって事、そしてそれは上で紹介した物を見れば理解できるよって事、あくまで病気だから仕方がないと言う事を示したかった


安楽死ができないのはよくないと思うよ・・・。壊れた人を生かして誰が幸せになるよ。本人さえも不幸になる


再犯の可能性が恐ろしく高いのに収監しないの???他の案件と対応違くなーい?窃盗でも収監できるやろ?


≫taketake「それは正しくない」と重度の精神障害者を対象に大量殺人をしたのが植松聖だった訳だが・・・。


血のつながりがそんなに上等なものかね。血がつながってなくとも家族のように大切にされる人はいるだろうし、逆に血がつながっていても本気で疎ましいと思われる人もいるだろう。家族だからという理由だけでどうこうする義務やら責任があるっていうのならそれはもはや血の呪縛に他ならないと個人的には思う。ジョジョかよ。


これで家族を非難するのは現実知らない人だけだよな。身近に痴呆でも総合失調症でもどっちでもいいけど日常生活に支障きたすレベルの障害ある人いたらどれだけ大変かわかる。支えてあげろって軽く言うけど支える側がストレスでダウンしちゃうレベルだぞ。


今の日本は自己責任社会 セーフティーネットは小泉純一郎と竹中平蔵がぶっ壊してその後多くの自民党によって完全破壊されたからな。幻想だよww残念だねえ


すまん、前半だけ読んで、これが国家単位だと韓国だよなって思った。賠償金ちゃんととっても未だ「けちゃんなよ?」っていって日本人全体がいい加減にしてくれって。あ、もしかして総統合失(ry


でも韓国の話題になると韓国を応援しだす弁護士ドットコムでした。


色々あるだろうけど、医師の癖に統合失調症と分からなかった夫は一体何なんだ。


精神疾患がある人にも人権があります。周りの人や家族の人権?それは知らん。みんなで支えあって生きていこうよ。by赤の他人


刑が有効なのはそれを恐れる理性があるからで、常に無敵の人な精神障害者は隔離する以外の手が無いよなぁ。例え暴力による私刑でも、何をしたから制裁されているのか本人が分からなきゃ意味無いし。バス運転席の真後ろの席に座っておいて、交差点を曲がるタイミングで叫んで運転手さんが急ブレーキ踏んだ時は、これで事故死したら狂人に*れたようなもんだと思った。


この家族に同情する。自分の家族がおかしいと思って病院に連れて行きたくても、本人が頑として行かないとなれば、その先に進めない。


>目玉の親父普通の人と同じように暮らせばいいのです。


さっさと安楽死を制定しろ


妄想と嘘を何故か一定数は信じてしまう人がいてそこから家族や関わった第3者を巻き込んで最終的に全員地獄に落ちるのは当たり前やぞ  分裂奴が血縁者にいたら必ず縁を切るべし 近くにいたら絶対にかかわるな


統合失調症ガイジは殺処分か施設に放り込んで監禁しない限り親類縁者は不幸になるだけだからな。座敷牢制度は必要だったからあったんだぞ。


人間であることも免許制にすれば?理性や知性があってこその人間でしょう。


その奇怪で不快な行動の数々は病気によるものじゃなくて憎しみによるものでしょ多分。金遣いが異常に荒くなったり部屋をゴミ屋敷にしたりしょっちゅう喧嘩になるのは、自分はここまで好き勝手出来るからなっていう威嚇とか脅し。本人が好きだと思ってるからやってるんじゃなくて、周りを極力不快にさせて力を示したいから無理やりにでもやってる。


図々しい猫さんへ>承知しました。僕としては投薬さえしていれば限定的に働けるし、国民保険料と最低限の税金は納めてるので、ここのコメント欄でつるし上げにあいたくないと恐れて返信した次第です。ご理解ください。


警察はなぜやくざや半グレを精神病院に連行しないんでしょうかね?


家族は万能じゃない。普通の人間だから限界はすぐ来る。こういうときの助けになるのが行政だ。


>殺処分とか安楽死とか言ってる方へ。 統合失調症は遺伝のような先天性の要因だけでなく、環境等後天的な要素によってもなることがあります。もっと言えば殺処分や安楽死をと言っているあなたたちがこのような病気にかかれば、今度は〇ね、〇せ、と言われる立場になるわけですが、そのような覚悟はおありですか?


病気だろうと、罪悪感なく犯罪する者、それを一切記憶しない(できない)者 を、自由に外出できる環境に置いてはならぬのでは? 「その病人にも人権が~」とか言っても、やられる側の者は たまったものではあるまい。


綺麗事では無い実体験。認知症でボケあがる手前で*でしまった母が居ましたが、そのおかげで母との思い出や介護はいい思い出として残りました。多分、後数年介護が続いて完全にボケてたら母との思い出は悪いものとなっていたと思う。


追記 健常者と統合失調症の患者の犯罪率がほとんど変わらないこと。分野によっては健常者よりも低いことも考慮してください。


精神疾患・障害からの回復について、日本人は根性論をまだ持っていると思う。回復する為に当人でも頑張れと言う考えがあり、自分の一番の主治医は自分という意味で正しいと思う。しかし、常に本人の思考が整うとは限らず、その場合、周りの人が面倒を見る事が必要だと思う。面倒を見るとは、見かけの様子に一喜一憂する事でなく、理論的に作業を促す事だと思う。ドライと見捨てるは違う。


少なくとも離婚後1000万使い果たした時点でやばいね、日常生活をまともに送ることが困難になった時点でそれが「障害」


なお新憲法案は家族を社会の基盤にしてるのでこういう手合いは家族負担になりやすそうな模様


つ 成年後見制度


>ふつらふつらさんへ 統合失調症患者と浪費癖の関連性の説明していただけませんか?浪費癖は健常者でもある人はあると思いますが。


統合失調症ではないが自分の父親を見てるようだ…。あの時は世話してた家族全員が父親一人のせいで破滅しかけてたからな。ただ行政はしっかり相談にのってくれたぞ。


>ma-kun5152 殺処分云々、それで良いんじゃない? どんな理由があっても、どんな可哀想な境遇だとしても、それは他人に被害を与えていい免罪符にはならないんだから。 法で裁けないのならば、殺処分とまではいかなくても一般社会から隔離しなきゃいけない存在だよ。 仮に私がそうなったら、生き恥晒して家族にも迷惑かけるくらいなら消える方がいい。


>>ma-kun5152、浪費癖のある健常者だろうが収支バランスの取れない身持ちを崩すレベルでの買い物をしだしたらもうそれって判断力がやばいってこと(買い物依存症とか)じゃないですか…身近な人ならお医者様を勧める


>abcdefg つ 成年後見制度 この制度は色々ヤバい記事をみたけど。寝た切りの爺さんと折半してた電気代を銀行から降ろす手続きが面倒で後見人をつけたら、寝た切りなのに支払う必要があるかと言われて余計二進も三進もいかなくなったとか。未熟な制度だから後見人がどう動くか結構滅茶苦茶らしい。


気持ちはわかるが行政に頼り切る風潮もどうにかならんか。別に行政はなんでも屋じゃないんだから。なんでも屋になって欲しいなら、もっと公務員の給料を上げて人数を増やした方が良い。薄給で大変な仕事なんて誰もやりたがらないから、働く人口も減るし成り手は今後どんどん減るよ。サービスの質と対価は一致すると学ぼう。


そもそも後見人は「家族の代わりに婆の世話をする人」ではなく不自由な「婆の意向に沿って各種手続きを補助する人」と言うことになる。付きっきりでもないから下手すると盗みをした婆が裁判をしたいといったら、その意向と裁判を受ける権利で裁判の手続きを主張する人が婆と後見人の二人になる可能性があるという事。その場で盗みを止めたいなら介護者かな。少なくとも要相談な話だぞ。


安楽死か殺処分か、どちらか選べ。


精神病は頑張れば治るなんて甘いどころか精神に作用する毒だよ。重要なのはその精神病にどう対処するのかだ。環境を変えるのか変えないのか、他者との接触を断つのか、それとも他者とのふれあいを積極的に行うのか。原因がわからないのが精神病の怖さなんだから、一概にこれで治る!なんて無いんだよね。




この記事へのコメント

人気記事