来週から配られる布マスク「効果あるの?」 医師が検証してみた


 マスクが世界的に議論の的になっている。先日、日本政府は「一世帯2枚の布マスク配布」を決定したと発表した。 

新型コロナで変わったマスクへの評価

 以前から、マスクは、手洗いセットで効果を発揮するものの、単独では感染予防の効果はないとされてきた。世界保健機関 (以下、WHO)では、現在でも、風邪症状のある方や、感染者の介護をする方以外の一般の方へのマスク着用は推奨しないとしている。 

 一方、米国疾病予防管理センター (以下、CDC)も、一般の方にはこれまでマスクを推奨しないとしてきたが、先日、ガイダンスを変更し、布製フェイスマスクの使用を一般の人に勧めるという勧告を出した上、サイト上で布製フェイスマスクの作り方も掲載した(※1)。CDCは、あくまでも、人と社会的距離をとる(少なくとも6フィート、1.8メートル程度)ことが重要で、追加の感染拡大防止策として、布マスクの使用を勧めるというスタンスだ。 

 新型コロナウイルスの感染拡大で、これまでマスクが一般的に使用されてきたアジアだけではなく、ヨーロッパでもマスクが見直されつつある。 

 マスクに果たして効果があるのか、また、使い捨てのサージカルマスクではなく、布マスクの場合はどうなのか。今出ている最新の知見を、医師である筆者が検討したい(医師・医療ジャーナリスト、松村むつみ)。 

症状の人からも感染する 

 新型コロナウイルスは、感染しても8割が軽症あるいは無症状とされている(2割が重症化、5%は重篤化)。これまでマスク単独では感染予防には効果が無く、自分が感染していた場合、咳やくしゃみなどの飛沫を飛び散らせるのを防ぐことで、他者への感染を防ぐ役割があると考えられてきた。

 新型コロナウイルス感染症では、以前から無症状者からの感染が指摘されており(※2)、最近の研究では、最終的に症状が出る人も、症状のない時期から周囲を感染させている可能性が指摘されている(※3)。 

会話だけ、息をするだけでも感染する? 

 新型コロナウイルス感染症が、どのように感染するかを確認しておこう。新型コロナウイルスが飛沫感染・接触感染することは周知の通りだが、新型コロナウイルス感染症においては、「エアロゾル感染」という言葉が注目された。

 日本エアロゾル学会によると、エアロゾルとは、「気体中に浮遊する微小な液体または固体の粒子と周囲の気体の混合体」と定義されている。「エアロゾル感染」とは、飛沫感染の一つのパターンと考えられるが、くしゃみや咳などで排出されたエアロゾルに、新型コロナウイルスの感染力がどのくらい持続するのかは引き続き話題になっている。

 3月17日ニューイングランドジャーナル・オブ・メディスンに出た研究では、実験室内の密閉空間では、エアロゾル内のウイルスは、3時間後にも活性が見られたと報告されている(※4)。 

 3月26日JAMAに掲載された総説では、くしゃみや咳で排出された飛沫は乱気流ガスとなり7-8メートルは拡散するので、1-2メートル社会的距離戦略は、飛沫の拡散範囲を過小評価している可能性があり、マスクの使用法にも影響をもたらす可能性があること、マスクに関して、乱気流ガスに関してテストがなされなければならないことに言及している(※5)。 

 また、新興感染症と21世紀の健康脅威に関する常任委員会の委員長を務めるハーヴェイファインバーグ氏は、ホワイトハウス科学技術政策局のケルヴィン・ドログマイヤー局長に宛てた4月1日の手紙の中で、「最近の研究では、咳やくしゃみだけではなく、通常の呼気からのエアロゾルにもウイルスが含まれる可能性」について書いている(※6)。さらなる研究が必要ではあるが、会話するだけ、息するだけでも感染する可能性をファインバーグ氏は指摘しているのだ。 

風邪コロナウイルスに対して、マスクが効果ありとする最新研究 

 4月3日に科学誌「ネイチャーメディシン」に掲載された香港大学の論文では、インフルエンザおよび、通常の風邪のコロナウイルス感染症(新型コロナウイルスではない)にかかった246人の小児と成人において、マスクの有無でランダム化比較試験を行った。

 結果からは、サージカルマスクは飛沫に含まれるインフルエンザウイルスRNA、飛沫およびエアロゾル中のコロナウイルスRNAの検出を有意に減少させ、サージカルマスクが、症状のある人からのヒトコロナウイルスインフルエンザウイルスの感染を防ぐことができるのではないか、ということが示唆された(※7)。 

「布マスク」にも飛沫飛散防止効果がある可能性 

 これまでに検証されてきたマスクの効果は、主として使い捨ての「サージカルマスク」に関するもので、「布マスクがどれほど効果があるか」は、実はエビデンスは少ない。 

 2013年にケンブリッジ大学で行われた21人の健康な人を対象とした研究では、自家製布マスクは、医療用マスクよりも劣るが、何もしないよりは飛沫飛散防止効果がある可能性が示唆されている(※8)。 

 また、2015年に、布マスクと医療用マスクを比較したランダム化比較試験の結果が発表されている(※9)が、医療従事者において、布マスクと医療用マスク着用を比較したところ、感染予防において布マスクが劣っていたという結果だった。また、フィルター能力の低さ、再利用に感染のリスクがあるという指摘もなされている。

 しかし、これは、医療従事者を対象とした研究であることと、マスクを着用していたのが、医療従事者側であって患者側ではないことに注意する必要がある。 

なぜ「布製マスク」配布なのか 

 日本政府が発表した布製マスク配布は、賛否両論あるようだ。費用対効果を疑問視する人もいる。安倍首相は会見にて、月7億枚を超えるマスク供給を目指すとした上で、「布マスクは繰り返し使用できる。店頭では品薄状態が続き、急激に拡大しているマスク事情に対応する上で有効だ」と話した。

 日本政府は明言していないが、医療機関におけるマスク不足も背景にあり、一般の方が布マスクを繰り返し洗って着用することで、医療機関のマスク供給を改善する狙いもあるのかもしれない。実際に、CDCは、一般の方には「サージカルマスクやN95マスクを推奨しない。医療従事者や救急隊員のために確保される必要がある」と、ガイダンスの中で明言している(※10)。 

WHOの指針は今後どうなるのか 

 結論としては、サージカルマスクには劣るものの、布マスクにも感染拡大防止効果がある可能性はあり、今後さらなる検証が必要ということになる。

 WHOは、4月3日ブリーフィングにて、マスクに言及している(※11)。香港のメディアであるサウスチャイナモーニングポスト紙が、「上述の香港大学の研究を受けて、WHOは指針の変更を検討しているのか」をたずねたところ、「サージカルマスクやN95マスクは、医療従事者のために確保される必要がある」と、医療従事者を最優先にすることを強調した。

「感染が確認された人は隔離されるのが基本だ」とした上で、「地域の感染状況など、背景によっては、マスクが感染拡大予防に効果がある可能性もあるかもしれない」「鼻や口を物理的に何かで覆って飛沫飛散を防ぐことは悪い考えではないが、手洗いや隔離が重要だ」と強調した。

 WHOは6日、あらためて、マスクは医療従事者が優先であることを強調し、一般の人にマスクを推奨する国には、科学的なさらなる検証・研究を進めてほしいと呼びかけた。

 

リファランス 

https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/prevent-getting-sick/diy-cloth-face-coverings.html 

Rothe C et al. Transmission of 2019-nCoV Infection from an Asymptomatic Contact in Germany.NEngl J Med. 2020;382(10):970-971. 

Wei WE LZ et al. PresymptomatiTransmission of SARS-CoV-2Singapore, January 23–March 16, 2020. MMWR Morbidity and mortality weekly report. 2020;ePub: 1 April 2020. 

van Doremalen N et al. Aerosol and surface stability of SARS-CoV-2 as compared with SARS-CoV-1. N Engl JMed.DOI:10.1056/NEJMc2004973 

Bourouiba L. Turbulent Gas Clouds and Respiratory Pathogen Emissions Potential Implications for Reducing Transmission of COVID-19JAMA. 2020 Mar 26. doi: 10.1001/jama.2020.4756

https://www.nap.edu/read/25769/chapter/1 

Leung NHL et al. Respiratory virus shedding in exhaled breath and efficacy of face masks. Nature Medicine.  https://doi.org/10.1038/s41591-020-0843-2 

Davies A et al. Testing the efficacy of homemade masks: would they protect in an influenza pandemic? Disaster Med Public Health Prep. 2013. 7(4):413-8.

Maclntyre CR et al. A cluster randomised trial of cloth masks compared with medical masks in healthcare workersBMJ Open2015;5(4):e006577. 

https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/prevent-getting-sick/cloth-face-cover.html 

https://www.who.int/emergencies/diseases/novel-coronavirus-2019/media-resources/press-briefings?fbclid=IwAR09h1rc1I6ZPD7F9lXE9D1jmKBgV_-zkQA6jViVUqw3v3eyLaAyehBjctk

(松村 むつみ)

布マスクをかける安倍晋三首相 ©代表撮影/ロイター/アフロ


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

ゲーム依存を非難していたWHOが、いまやゲーム業界とコラボして自宅でゲームに賛成している。WHOは結局金になるかならないかで判断している。此奴らの言うことは、何一つ信用出来ない。


おい朝日、商品の布マスクにケチ付けられてんぞw訴えろよwww


WHOが否定ってことは効果あるのかな?(錯乱)


やってもやらなくてもほとんど同じだけど明確な悪影響は「メガネが曇る」くらいなので否定するほどでもない


ウイルスの大きさから言えば、ガーゼではスッカスカで透過してしまいますからね。効果としてはガーゼでも防げる大きさの飛沫や顔を触るのを防ぐぐらい。人間は顔を無意識に触るので、それが感染に繋がるという話がありますから。一概に効果が無いというわけではないと思いますが、効果としては微妙かと。


飛沫拡散防止と喉の保湿効果があればいいので、自覚症状がなければ”たられば”でマスクをしておいていいと思う。感染が確認された場合は安静に。


ざっと読んだ所、「一般人全員マスク着用で実際どれだけ防げるか正確な所はわからない、無いよりは良いんだろうが手洗いや隔離推奨のほうが効果が出るんじゃね」って意見っぽいんだが…否定的なのかこれ?


たいして必要でもない状況のくせにマスク買い占めるような奴を少しでも押しとどめて、必要とする医療機関にマスクが行くんであればそれだけで効果は十分あるので。


感染者が10人から8人に減らせただけでも効果的と思うけど。


マスクは感染予防には効果なしだけど感染拡大阻止には効果ありと前から言われてたはずだけど?それとも日本が感染拡大阻止策を講じられると困るのかな?あ、日本で登録されてる薬品の中で武漢肺炎に対応できそうな薬品が判明したんで量産等で準備が整い治療される前に医療崩壊させたいんですね。


アルコール依存の注意喚起するのと家で酒飲むのとは違うだろうに、飲みすぎちゃ駄目だしゲームもしすぎちゃ駄目って話。布マスクはそんなに効果ないけどしないよりましって事だな、ズボラな奴がちゃんと洗って使うか心配だけど。


WHOは布マスク否定からもう方針転換しましたよ?


布マスク配るよりかは仕事しなくて済むくらいの金を配った方がいい


閣僚が集まってる時に布マスクしてるのが安倍だけなんだから分かれよ


シンガポール「布マスク配るわ」アメリカ「布マスクありだな」WHO「医療関係者に布マスク推奨しないって言ったらマスゴミに切り取られたでござる」


日本はスペイン風邪の時も布マスク着用して感染防いでたし


布マスクは接触感染用(手から鼻粘膜あるいは鼻粘膜から手の無意識接触での経路遮断)で、飛沫用(咳)ではないよ、咳は出るのわかるんだから、何かで覆え!


1月には偉大なる専門家様()が大したことないって言ってたから誰がどう言おうが万全は期さないと駄目だゾ


むしろ未だにWHOの発言を信じてる人が居るのに驚き


仕事しなくて済むくらいの金を配れるならあるいはマスクを配るよりも効果は出るかもしれないけど、「全国民が仕事しなくて済むくらいの金」っていったい何兆円かかるのかという問題が


朝日新聞が布マスクはダメみたいなフェイクニュースを出したせいで一般人にも混乱が起きたけど、これはちゃんとした良記事。記事にもあるように医療機関での使い捨てマスクを十分確保するための布マスク配布であることを政府はちゃんとアナウンスするべきだった。ある程度学と意識の高い人はその旨発信してたがいかんせん発信力が低い。


政府は最初から言ってるしHPにもかなり初期からのっけてるぞ、マスゴミが安定の切り取りしてるからマスゴミしかみてない層が知らんだけ


ええからはよ布マスク配布せぇや。使い捨てマスク洗って使い回すよりはマシやろ。


いまだに咳やくしゃみをするとき口を抑えもしないで人がいるほうに向けてまき散らす*がいるし、ワクチンも薬もない状況で感染を少しでも抑えられるならあったほうがいいだろう。それに精神的な安心感で無駄な疲労の蓄積やストレスでの抵抗力低下を減らせるなら効果はともかく意味はあると思うよ。


マスクは0か100の判断じゃないでしょ。互いがそうやって気を付けることで感染リスクを減らすんでしょ。ついでに言えば布マスクも間にキッチンペーパーとかを挿むことで効果も上がる。


布マスクにキッチンペーパー挟めば良いやん。


いやいや、他者の見解を紹介するんじゃなくて、ちゃんと自分で布製マスクの効果を「検証」してくれよ。そうでなければ、記事を執筆するのが「医師」である意味がない。


マスクは空気(大気エアロゾル粒子)感染自体は市販のマスクでは貫通して防げないが、仮に感染した後のせき、くしゃみや唾等からの飛沫感染拡大を予防できる、という認識だった。つまりは自転車の夜間ライトみたいなもんで、自分のためというよりみんなのためなんだろうと。


別にWHOは否定的な意見じゃ無くね?布マスクより効果のある医療用マスクは医療関係者に優先すべきってだけの話をしてるのでは?


お金で意見変わる奴を参考にするだけ無駄だろ。


在庫有るから心配いらないみたいな言ったなかった?


まあ配られても使わないけどね。花粉症(スギヒノキイネ科*クサ)なんで一日で駄目にする自信()しかない。


何もしないで咳やくしゃみするよりはずっといいと思う。


マスク意外と効果あるって話では?繰り返し使う布と使い捨てサージカルの効果の差も当然といえば当然。病院等必要な場所へ優先しようってのは良い対策と思う。インフルエンザウイルス患者も昨年の4割位だし咳やくしゃみと一緒に飛び散るウイルス(飛沫感染)を防いで、うがい手洗い含め感染拡大抑制効果高い。つか初期に「人から人へ感染リスクは少ない」って言ってたWHOの信頼性ェ


不衛生な使い方しない限りマスクする事で感染のリスクが上がる事は無い、マスクに効果が無いかもしれなくとも、する事にデメリット無いんだからとりあえず着けときゃいいんだよ


記事を要約すると「マスクに感染予防の効果はあるかも知れない(要検証)けど、使い捨てマスクは医療従事者に優先して回されるべきだから、数が足りないなら一般人の使用は控えて欲しい」。つまりは「使い捨てマスクは医療関係者に回したいから布マスクで何とか凌いで!」って日本政府とあんま変わらん意見よ


60兆円くらい配ればええやん?


早朝から並んで買占め感染拡大を図る勢力がいるらしいし、実際にある程度の効果が見込めるという意味で意義がある。


アベノマクス


使い捨てマスクを生産してるのがチナだからそれを使えというのがチナの家来WHOなのさ


*か?布マスクは新型コロナ感染を防ぐ目的で配布する訳じゃない。そもそもマスクに感染症を防ぐような力は科学的に証明されていない。*が不必要にサージカルマスクなどを消費して医療現場が困るから、医療現場に適切なマスクを優先するための措置だ。


また安倍信の見苦しい擁護が始まったよ… 466億もどこにかけてるんですかねえ?あと最近パフォーマンス飽きて、周りと同じ紙マスク付けてたよ安倍ちゃんw


?WHOは6日付け、予防に関する根拠は無いが、ウイルス潜伏期間中に感染していると気付いていない人が他の人にうつさないためにはマスクの使用が役に立つこともあるという見解を示してますよ?


日常会話から仕事の会話まで全部LINEみたいなもので済ませればいいんじゃない?俺は陰キャだから普段から声すらほとんど出さないけど。


「医者以下医療関係者の皆様方に回す分まで買い占めてでもマスクが欲しいんならお前らは布マスクでも洗って使ってろ」が本意やぞ「コロナに効果的か否か」は端から問題の俎上にない


検証しなくても、日本企業が提携して育てて来た中国のマスク工場は中国政府によって強制的に中国用マスクとされているので、それしか選択肢がという事だけは決まっている。


「ウイルスは小さいので繊維の隙間を通る」というのは物理的には間違い。詳しくしりたかったら「エアロゾル学会 コロナ」で検索してみて。端的に言って、分子同士がくっつく力を利用してウイルス止めてるので、ウイルスよりでかい繊維の隙間でもエアロゾルは止められる(鼻周りとかスキマ多いからか結局実践では効果薄いが)。なんで、布マスクも止めないと限らない。止めるとも言えんが


もう資源がない貧乏国日本がマスクを他国から確保するなんて出来ないのですよ。他国も欲しがる状況でオイルマネーに勝てるわけがない。オイルマネーを使わなくてもアメリカやロシアの強引さにも日本は勝てないだろうし、働く事だけが取り柄の日本だったのに今ではそれすらままらなない。


WHO「(医療関係者がN95マスクの代わりに、サージカルマスクや)布マスクの使用することは、いかなる場合も推奨しない」「一般の人が(N95マスクを使用すると医療関係者にマスクが行き渡らなくなるので)マスクの使用することを推奨しない。布マスクは(WHOはデータを持ち合わせていないので)推奨(も反対も)しない」 WHOに信用無いのは判るが…今回は新聞社が戦犯よ


>ミリクジラ2 医者がやるマスクの試験ってのはマスクつけたグループつけないグループが年間単位とかでどう病気になるか、みたいな比較試験なんで。短期間で行うことは不可能。出すことが不可能なデータだよ。物理的な検証はできるから、マスクの製造会社にいうべきだね。ただ、すでにサージカルマスクで物理的な検証と臨床的な検証が反した結果にはなってるけど。


ティッシュやキッチンペーパーを挟めばそこにウィルスが引っかかるから、紙マスクの代用として十分役に立つよ。


あと、コロナは自分の意志で繊維の隙間を通る攻略はしないので繊維吸着されればそこで止まる。なので隙間はあるが、まったく効果がないという訳ではない。なんてことは誰でも解るのよ!!医者がわざわざ検証するなら医療用に比べて何%劣るかまで書きなさいよ!「あまり効果はない」ばかり言って「0%」と勘違いして口に手を当てずに咳する人間ばかり養殖してんじゃないわよ!


大した検証もしていないのに医療機関が今までマスク否定していたのは「トマトが赤くなれば医者が青くなる」みたいなもんかと思ってしまうよね。で、「医者が青くなるほど患者が押し寄せる」状態になってマスク推奨なのかと。


↑残念ながら「有意差がない」って論文ばっかだから建て前上は「差がない、0%」として扱うのが医学だからなぁ。帰無仮説ってやつだよ。ちゃんと明確に差が発生しない間は差がないものとして扱う。そうしないと、プラシーボでちょっと効果でた少数の実験だけでも「~%効果あります!」とか言っちゃえるからなぁ。感染症の実験なんて疫学かつ大規模だからなおさら。


データってのは「調べることで学術的か経済的に利益が出るもの」じゃないとなかなか大規模なのは出てこないから、今回の議題はぶっちゃけ医師だってよくわからんよ。もし検証するなら、どっかの街買い取って封鎖してマスク有り無しで数か月~数年経過観察する、みたいな実験しないといけない。んでマスクに効果なかったら大損、効果あっても結局売り方かわらん。そりゃ金出んし出さんわな


実は効果がなかったと後でわかっても無事なら笑い話にできるんだからとりあえずしとけよ。ただしウイルスまみれの環境では明らかにだめだぞ。


マスクの進化ってただの布切れからスタートしてるんで効果0はないです。 ただの布切れで効果があったから今の高性能なマスクになるように進化してきたのよ。


飛沫感染を多少なりとも防ぐのと、接触感染の原因の一つの「無意識に顔を触る」際に口と鼻を守る点では意味がある、って事か。感染者と近くにいる可能性が高い所ほど使い捨ての方が良く(効果面と衛生面)、必ずしもそうではないなら布マスクレベルにして、医療現場を優先する、か。これはある意味使い捨てマスクが市場にあまり回らず、布マスクが少なくなる事見越しての事なのかなぁ・・




この記事へのコメント

人気記事