迅速化するけど「判定精度100%」ではありません 島津製作所・新型コロナキットで誤解広まる


島津製作所2020年4月20日から販売する新型コロナウイルスの検出試薬キットをめぐり、一部で誤解が起きている。

同社は「陽性一致率、陰性一致率はいずれも100%」とうたっている。だが、100%なのはPCR検査との一致率であって、判定精度が100%というわけではない。

「陽陰性の判別が100%って凄い!」

研究用に開発されたこのキットは、PCR検査に使うことで省力化・迅速化が期待できる。

同社の発表によれば、検査人員の削減や、2時間以上かかっていた検査を約1時間に短縮できるという。

同社の公式ツイッターは10日、「国立感染症研究所(感染研)が定めた評価方法で性能を検証しており、保険適用の対象となっています。陽性一致率・陰性一致率はいずれも100%です」と宣伝した。

この投稿を見たユーザーからは「陽陰性の判別が100%って凄い!」「陰性、陽性の率が100% すごい...」と判定精度の高さを評価する声が相次いだ。

島津製作所「的中率ではありません」

しかし、偽陽性、偽陰性がなくなるわけではない。ここでの一致率とは、従来のPCR検査での判定と齟齬(そご)がない確率を指す。

こういった誤解のツイートや、その誤解について補足の説明をする医療関係者のツイートも相次いだためか、島津製作所は元々のツイートの約8時間後に「従来のPCR検査(感染研法)と同等の結果(陽性または陰性)が得られたということです。病気の陽性、陰性を判定する『陽性的中率・陰性的中率』ではありません」ともツイートし、注意を促している。ただし、元々のツイートは約6万9000回リツイート(拡散)されたのに対し、「続報」ツイートリツイートは約4700回にとどまっている。

感染研の発表によれば、臨床サンプル(陽性10検体、陰性15検体)を使い、一致率が100%だったメーカーは、島津製作所以外に、ライフテクノロジージャパン、医学生物学研究所など4社だった(4月9日時点)。

新型コロナウイルス検出試薬キット


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

「精度はそのまま、素早い検査」このキャッチコピーでも貼っといたら?


謙虚だけど質はいいと宣伝になるから凄いわ


なるほど なんにせよ検査が素早くなるのは良い事だ やってる人達に休む時間を作っておくれ・・・


新型コロナウイルスの検査キットはもちろん重要だけど、新型コロナウイルスの抗体を調べるキットは出来ないの?それが出来れば、「既に抗体のある人は自粛しなくて良いです」となり、経済的には助かりそうだけど。


ああ ツベルクリン反応みたいな ヤツな


抗体を持っているから自粛しなくても大丈夫という概念はやめたほうがいいです。あくまで自分に抗体があり、発症をしても症状が軽かったり、不顕性感染で終わるだけであり、ウイルスを運ぶキャリアであることには変わりはありません。麻疹や風疹大半が抗体を持っていると思いますが、持っていない人にウイルスを持ってきたら大変なことになります。


今この状況で100%は求めすぎ 精度大幅アップと検査時間半減で十分やで


PCR検査と精度変わらず時間だけ短縮か・・・。あんまり意味無さそう


我々にはあまり影響はないだろうけど、検査業務を行なっている職員の労働環境は劇的に改善される。寝る間もないと聞くからな。


特効薬がある疾病でも誤診断あるのに、治療法すら確定してない感染症診断に100%求めるってどうなのよ?


PCR検査自体偽陰性率高くてCTと併用するようにって但し書きいるようになったし難しい所だね


普通に症状ある人(=有病率が高い)を検査する分には十分すぎるぐらいには優秀。症状のない(=有病率が低い)人を検査して100%は難しくとも、鑑別に使える分には使えるわけだからな


問題は臨床検査技師が検査する必要というのは変わらず、回転数が上がった分彼らの負担が増えるだけでは?という点。そのリスク負ってまでPCR検査と同じ精度のものを使うメリットはあるのだろうか


抗体がある人って2種類いるからな。すでに治って抗体を持っている人と、現在進行形で体内でウイルスと抗体が戦っているために抗体が生成されている人。後者はキャリアー(保菌者)と呼ばれ、人にも移ります


要するに感度7割て事か


PCR検査が精度が低いというデマが流れているが、コロナウィルスはRNAウイルスなのでRT-PCR法であり、cDNAに変換し、これを解析する方法。DNAと違いRNAは崩壊しやすく現状の技術でRIN値(簡単に崩壊具合)の低いRNAからの解析は困難。実験的にPCRは本当に正確なDNA量を調べるために使われている。RT-PCRを一括りにPCR検査というのはおかしい


この辺の事詳しくわからんけど、単純にPCRと同レベルの精度(低い高いではなく)やらでスピードは大幅に早いのなら、結果的に量を捌ければ、その分精度も上がって検査数も増やせるんだから、言う事無しじゃないか。あとは難度がどうかで変わるだろう。スピードアップの中にその難度軽減が含まれているなら、かなり良い物じゃないか。あとは実証かなぁ。がんばれ~


島津製作所も、従来のPCRと同レベルの精度を半分の検査時間で達成、って宣伝すれば良かったのにね。それだけで十分インパクトあったと思うんだけどな。 なんで100%の精度だなんて、100%確実に誤解されるようなことを言っちゃったのか


「陽性一致率、陰性一致率」と「精度」をごっちゃにして報道されたからそんな事言ってないって修正しただけじゃろ




この記事へのコメント

人気記事